(新着順 2ページ目)顧問税理士・会計士の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

顧問税理士・会計士 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 (2ページ目)

顧問税理士・会計士 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

265件中 51~100 件目 RSSRSS

現状で加入している保険を確認する

おはようございます、今日はあの高橋名人の誕生日だとか。 てか名人、もう50歳を超えられているのですね…。 保険について書いています。 保険加入の時機について少しずつ話を進めています。 商売を始めた時点で保険加入(保障内容の見直し)が必要です。 まずサラリーマン時代に入っていた保険を確認することが大切です。 そもそもどんな内容の保険に入っていたのでしょうか? 例えばこれまでに入っていたのが「...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/23 07:00

商売を始めるとき

おはようございます、今日は呉の孫権が即位した日だそうです。 三国志では正史でも演技でも狂言回し的な役割ですね。 保険について考えています。 必要な保障額について確認した上で、改めて保険加入を考える時機について。 まずは一番分かりやすいところから。 それは商売を始める時です。 例えばそれまでどこかの企業に勤めていた人が自分で起業するとき。 この時点で次の二点が問題になります。 ○始める商売...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/22 07:00

まず保障額の想定について

おはようございます、本日は暦上で小満の日です。 万物が成長し一定の大きさに達する頃とのこと。 保険について書いています。 保険加入を考える時機、出来事について考えていきます。 その前に大前提として。 保険加入を考える場合の保障額について改めて。 保障額というのは「死んだら、病気になったらいくらもらえる」という金額です。 この金額ですが、大きく二つに区分できます。 ○商売用の保障 仕入代金や...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/21 07:00

保険加入を考えるポイント

おはようございます、今日はローマ字の日だそうです。 tsumarikonoyounikakutoiukotonanodesuga,dounandesyoune,kore. 保険について書いています。 保険の機能や種類について色々と書いて来ました。 くどいようですが、個人的見解として保険は保障、掛捨てが基本だと考えています。 ただ、これが唯一無二の正解だとも思っていません。 多分に好みの問題も関わ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/20 07:00

保険会社に運用を任せるくらいなら

おはようございます、今日はボクシングの日だそうです。 あれ、グローブをつけているだけで素人は疲れてしまいそうですね。 保険について書いています。 基本は掛捨て、手元資金を残すことを考えるべきだと紹介しました。 これはあくまで私個人としての見解です。 くどいようですが、私は保険の本分を保障性だと考えています。 しかし、中には保険の本分は運用、特に節税にあると考えている税理士さんも数多くいらっしゃ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/19 07:00

基本は掛捨て(個人的見解を含む)

おはようございます、今日は子供らの運動会の予定です。 はてさて、天候はどうなったことやら。 保険について書いています。 手元資金の重要性と保険について考えています。 その上で、掛捨てと積立に関して少し考えてみます。 かなり個人的見解を含みますが。 基本的に、保険は掛捨てで加入することをオススメしています。 私自身も掛捨てオンリーです。 お客様に保険加入を勧める際にも、積立をオススメすることは...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/18 07:00

死んでから金持ちになってもねぇ

おはようございます、今日は電気通信等の記念日だそうです。 通信という言葉も中々に包括的な意味を含んでいますね。 保険について書いています。 保険加入によるデメリットとして手元資金が減る、ということを挙げました。 商売を続けるに辺り、手元に自由に使えるお金があるかないかはとても重要な要素です。 とんでもない量の保険に加入している人をみかけます。 それこそ「死んだら大金持ち」というレベルです。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/17 07:00

手元資金の重要性

おはようございます、本日は旅の日だそうです。 温泉旅行とか行きたいですねぇ…。 保険について書いています。 保険のデメリットである「お金が出ていくこと」について補足します。 少し違うニュアンスで書くと 「手元で自由に使えるお金が減る」 これが中小企業の経営においては問題となります。 事業経営において、手元資金は本当に重要なポイントです。 すごくざっくばらんにいえば ・手元にお金があれば大し...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/16 07:00

当たり前だけどお金が出ていく

おはようございます、今日はJリーグ開幕記念日だそうです。 確か私が高校1年生の時だったかなぁ…。 保険について書いています。 保険の保障能力は他の手段には代え難いものです。 特に中小企業において、社長その人に起こる不慮の事態に対処するにはやはり保険が一番現実的ではないかと思われます。 ただし、では保険が無条件で良いものかというとそうではありません。 なぜなら保険に加入するということは ・保...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/15 07:00

保険の保障能力は代え難い

おはようございます、今日は蜀漢成立の日ですか。 三国志、やはり人並みに中高生時代に結構読みましたねぇ…。 保険について紹介しています。 保険の機能として保障と運用ということについて取り上げました。 まず保険のメリットを確認しておきます。 やはりなんといっても万が一の時に備えとしての保障能力は保険に勝るものはありません。 例えば社長さんが不慮の事故で亡くなった場合に、会社にどんな影響があるか?...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/14 07:00

掛捨てと積立

おはようございます、今日は巌流島の戦いの日だそうです。 史実的には諸説ある戦いですが…創作というのは偉大ですね。 保険について書いています。 保険の機能として保障と運用を紹介しました。 これと密接に絡んでくる保険の二つの種類について考えてみます。 保険には次の二種類があることはみなさまもよくご存知かと思います。 ・掛捨て 支払った保険料は還ってこない ・積立 支払った保険料が一部還ってくる ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/13 07:00

節税も運用の一つ

おはようございます、本日は戸塚でアカペライベントのスタッフをしています。 やはりイベントは楽しいですねぇ…。 保険について書いています。 保険会社が契約者から預かったお金で運用をする、という話を書きました。 契約者は保険会社が運用した成果を分けてもらうことになります。 また、保険にはもう一つ分かりやすい運用効果があります。 そう、保険勧誘の際に使われる常套手段である節税です。 例えば会社経営...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/12 07:00

保険会社は運用をする

おはようございます、今日はコンピュータがチェスでトッププロに勝った日です。 最近読んだ本で、コンピュータは進化の方向を間違っている、という話を読みました。 保険について書いています。 まず保険の本分である保障について書きました。 次に保険のもう一つの機能である運用について考えてみます。 まず大前提として。 保険会社は保険契約者から保険料を預かります。 預かった保険料を保険会社がどのように使うか...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/11 07:00

貯蓄は三角保険は四角

おはようございます、今日から愛鳥週間です。 最近、以前よりも鳥が減ったように思います。 保険について書いています。 保険の本分は保障である、と書きました。 それを端的に紹介する有名な一文があります。 「貯蓄は三角、保険は四角」 例えば学資保険を考えてみます。 利率、運用利回りは今は除外します。 10年後に控えた大学受験に向けて100万円を用意していくことを考えます。 ・毎年10万円ずつ積立...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/10 07:00

保険の本分は保障性である

おはようございます、今日はアイスクリームの日だそうです。 …少し本格的なシーズンより前倒しですね…。 保険について書いています。 機能として「保障」と「運用」の2つがあると書きました。 まず保険の本分としての「保障」について考えています。 通常、保険は保障が欲しくて加入するものです。 自分に何かがあったときに家族の生活を守りたい。 社長に何かあったときに会社が傾かないようにしておきたい。 社...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/09 07:00

保険の機能

おはようございます、さすがに冬物の服は片付けても良いですかね。 朝夕の肌寒さがまだまだ残っていますが…。 保険について書いています。 まず大前提として保険は金融商品の一つだ、ということを確認しました。 では保険という金融商品にはどんな機能が備わっているのでしょうか? 大きく2つに分けられます。 ・保障(万が一の備え) ・運用(お金を増やしていく利殖的活動) 実はこの二つの機能は他の金融商品...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/08 07:00

保険について

おはようございます、連休も終わり、本格的な5月病のシーズンとなりました。 新しい生活に入られた皆様は自分の心身と向い合って頂きますよう。 先日のことです。 郵便局で振込手続きをしていたところ、隣の窓口でおばあさんが必死に保険についての説明を受けていました。 どうも満期がくると100万円が受け取れる!という商品のようです。 で、おばあさんはその100万円という単語に見事食いついているわけです。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/07 07:00

作品制作の根っこ

おはようございます、暦の上では立夏です。 先日海に行ったときは、まだ風の冷たさを感じましたが。 漫画家さんについて色々と書いています。 商業誌や同人誌、ウェブ漫画等の発表媒体から漫画原作作品への広がりなど、広く浅くではありますが紹介して来ました。 ただ、色々と理屈はこねましたが、一番の根っこは 「私は描きたい」 という気持ちではないかと思います。 昔から「芸人と乞食は一度やったらやめられな...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/06 07:00

結構いい加減な契約みたい

おはようございます、今日はマルクスの誕生日だそうです。 語れるほど深くは知りませんが、経済の力を信じすぎている、というイメージはあります。 漫画家さんについて書いています。 漫画原作作品に関わるお金についてですと、ここ最近で有名なのはこれでしょうか。 「テルマエ・ロマエの原作料100万円」 テルマエ・ロマエといえば昨年一番のヒットを叩きだした作品です。 私も原作を読んでいますし、映画は妻と観...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/05 07:00

お手軽・・・なのかな?

おはようございます、今日は江戸川コナンの誕生日だそうです。 我が家の長男次男もすっかりコナンづいております。 漫画家さんについて書いています。 漫画原作作品について少し考えてみます。 作品としての面白さで「ストーリーと絵」の評価と書きましたが、もう少し抽象的にいうと世界観の構築とでもなるのかと思います。 ルポ漫画等でない限り、基本的にはフィクションです。 フィクションなんだけど、あ~こういう世...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/04 07:00

漫画原作作品

おはようございます、今日からGW後半です。 今年は年初に北海道で散財したので、少し遊びに行くくらいで…。 漫画家さんについて色々と書いています。 こと評価の高い漫画というのは ・話としてしっかりと読ませる何かがある ・絵が綺麗 何をもって話が面白いか、絵が綺麗かは評価が分かれますが。 例えば昨日紹介した原作と作画のコラボなどは、一般的評価からすると絵的に綺麗と言われ難い作品群を、分かりやすく...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/03 07:00

作画と原作のコラボ例

おはようございます、今日は郵便貯金の日だそうですね。 先日、郵便局の窓口で保険販売をしていましたが…次のネタはこれにしようかと。 漫画家さんについて色々と書いています。 ウェブ漫画上での原作者と作画者のコラボについてです。 実例として、結構な有名ドコロを。 ・ワンパンマン(原作版) ・ワンパンマン(リメイク版) 上が原作者さんの作品で、下が週刊少年ジャンプで連載をしていた漫画家さんのリ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/02 07:00

原作者、作画担当

おはようございます、八十八夜だそうです(場合によっては明日?)。 茶摘みの歌も歌える時機が大分限定されるんですよねぇ…。 漫画家さんについて書いています。 ウェブ漫画の展開、成功例等について書いてみました。 もう一つ、ウェブ漫画から広がった例について少し。 それは原作者と作画担当のコラボレーションです。 商業誌には編集部というストッパー、関門があります。 それ故、作品のレベルは常に一定以上に...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/05/01 07:00

ウェブ漫画からの成功例

おはようございます、4月も終わりですか…。 今年ももう3分の1が終わるのですねぇ…。 漫画家さんについて書いています。 今日はウェブ漫画から色々と展開した具体例でも。 ・琴浦さん(マンガごっちゃ内) ・作者さんのサイト この作品ですが、元々はウェブ上で無料掲載されていたものです。 が、面白いということになり気がつけば単行本化され、今年に入ってからはアニメまで放送されました。 漫画原...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/30 07:00

ウェブ漫画からお金が生まれる行動

おはようございます、さて、今日はなんの祝日だったでしょうか? …29日、色々と変わっていま何だったのかよくわからなくなります。 漫画家さんについて書いています。 ウェブ漫画が集まっているサイトについて取り上げました。 ここで、ごく常識的に考えると 「漫画を無料で掲載してしまってどうやって金銭的価値が生まれるのか?」 という疑問が出てきます。 肝心の作品自体はすでにウェブ上で無料公開されている...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/29 07:00

ウェブ漫画が集まっているサイト

おはようございます、今日は初めて緊急地震速報が発表された日なんだとか。 ここ数年ですっかりと当たり前になりましたね。 漫画家さんについて書いています。 インターネットの広がりに伴って、自分で書いた作品を紙に印刷せずHPなどに掲載する人が本当に多くなりました。 少し検索すると、立派な長編マンガなども相当数あることが分かります。 そんな中、ここ数年の間にウェブ漫画をまとめて掲載するようなサイトが一...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/28 07:00

ウェブ漫画の広がり

おはようございます、ソクラテスの刑死にちなんで哲学の日ですか。 東西哲学史ももう少しきちんと勉強せねば。 漫画家さんについて書いています。 商業誌、同人誌の話を色々と書きましたが、どちらも紙に印刷されているのは変わりがありませんでした。 しかし、最近では紙に印刷しない形でのマンガ制作もごく一般的になってきました。 インターネット(という呼び方も最近はあまりしませんね)が流行するようになったこの...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/27 07:00

同人作家としてのレベル

おはようございます、本日は「良い風呂の日」だそうです。 温泉、しばらく浸かっていないなぁ…。 漫画家さんについて色々と書いています。 商業誌側に同人誌業界の動向が影響を与える、という話でした。 同人作家さん内でも当然にレベルの違いがあるみたいです。 例えばそれなりに人気のある作家さんが自分の本をごく少数しか発行しないと 「あいつはお高くとまって出し惜しみしている」 なんて言われることもある...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/26 07:00

実は相互補完的な商業と同人

おはようございます、今日はDNAの日ですか。 ネイチャーでの発表論文は確か1ページの簡単なものでしたっけ? 漫画家さんについて書いています。 思っていたよりも力がありそうな同人誌業界について。 実際、同人誌の世界は商業誌にも多大なる影響力を持っているようです。 同人誌の多くは、商業誌で連載されている漫画やゲームなどを題材に作品が作られています。 ここらへん、著作権だなんだは確か色々な理屈で乗り...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/25 07:00

商業誌の方が御小遣い稼ぎをしたり

おはようございます、今日は日本ダービ記念日ですか。 競馬、一度もやったことがないですねぇ・・・。 漫画家さんについて書いています。 商業誌と同人誌ではお金の回し方がだいぶ違う、という話を紹介しました。 やはり同人誌で面白いところは ・値段設定が自由 作家さんに人気がある、という事実があれば多少高くても売れるでしょう。 ・売ったぶんはすべて自分の取り分 印税という仕組みでないので、量が出れば結構...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/24 07:00

お金の掛けどころ、値段設定、印税という仕組みなど

おはようございます、今日は地ビールの日ですか。 私の場合、最初の一杯から焼酎なのでビールを飲む量は少ないですね。 漫画家さんについて書いています。 同人誌の世界ではお金の掛け方が商業誌と色々違うのかな、と。 ○商業誌の場合 ・印刷する紙の品質はそれほど高くない ・大量なので仕入原価も押さえやすい ・配送等の手間が大変 ・作家さんの原稿料、単行本が売れた時の印税などを用意 印税:単行本などで設定...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/23 07:00

そんなに売れるんですか?というお話

おはようございます、今日はアースデーですね。 ここでも少し書いていますが、環境と企業という関係はもっと掘り下げていきたいテーマです。 漫画家さんについて書いています。 商業誌を表とするなら同人誌は裏通りかな、と紹介しました。 ただ、もはや裏とも言っていられないくらいの大通りであることは間違いないようです。 同人誌作家としてある程度の人気が出てくると、その人の作品を買いたいと思う人が増えることに...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/22 07:00

同人誌業界

おはようございます、今日は民放の日だそうです。 ここ数年、テレビをほとんどみないもので流行り言葉などは何が何やら。 漫画家さんについて書いています。 商業誌(ジャンプだのマガジンだのサンデーだの)での連載が一番の花型っぽい、という話を書きました。 漫画という形式は経済誌やPC誌、果てはパチンコ雑誌にまであるようですから思っているよりも幅は広いのでしょうね。 ただ、単行本だなんだがきちんと発刊さ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/21 07:00

商業誌

おはようございます、青年海外協力隊の日だそうです。 昔、ご家族が参加されているという方がいたなぁ…。 漫画家さんについて少し。 まず漫画家さんのお仕事場というと最初に思いつくのは商業誌でしょうか。 ジャンプなりマガジンなりサンデーなり。 ヤング誌、青年誌、もうちょっと大人向け、果てはアダルト系まで。 雑誌で連載をもつ、というのはやはり一番分かりやすく、花型なのではないかと思います。 ただ、や...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/20 07:00

漫画家さんの諸々

おはようございます、本日は飼育の日とのこと。 我が家では三年ほどヤドカリを飼育しております。 商売について諸々と書いてみました。 ここからしばらく、漫画家さんのことなど書いてみたいと思います。 皆さんは漫画を読まれますか? 私はずばりドラゴンボールど真ん中世代です。 ジャンプ黄金期と呼ばれたころに小学生、中学生時代を過ごしましたので、やはり人並みに漫画は読んでいました。 最近では雑誌を買うこと...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/19 07:00

節税のための節税は難しい

おはようございます、良い歯の日です。 幸いにして子供らはいまだ虫歯なし。 商売と節税について少し。 節税策を二種類に分類すると ○事業活動の結果として節税になるもの 事業を円滑に進めるための諸々の活動をした結果節税になります。 設備投資をした。 保障性を高めるために生命保険に加入した。 結果として経費が増えるので節税になります。 これは事業を阻害しません。 ○節税のための節税 これもいく...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/18 07:00

趣味、副業、節税のこと

おはようございます、今日は恐竜の日だそうです。 最近では日本にも結構な数の恐竜がいたことがわかっていますね。 商売の根っこ、資金源、実行役、会社の大きさ等々触れて来ました。 ここでまた先日とあるところでされた質問について。 「趣味なんかを副業として始めて損を出して節税したい」 最近はこういう手段で節税をしている方も増えてきているようですね。 この質問について、私なりに見解を述べると ・...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/17 07:00

経営っていっても色々とあるよね

おはようございます、かの有名なクラークの「ボーイズビーアンビシャスデー」なんだとか。 あれもその一言だけが独り歩きしているお話ですね。 経営者同士の噛み合わない話について。 結局のところ、昨日紹介したBさんは、元々いた大手企業の資本家において子会社をつくった、ということなのだそうです。 ですので、資金源なり人手なりは肌感覚として分かっていなかった、ということなのでしょう。 商売の根っこ、とい...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/16 07:00

資金源、実行役

おはようございます、4月も折り返しですね。 新入社員の皆様は如何お過ごしでしょうか。 商売の根っこについて色々と考えてみました。 一番は「なんか面白い」とか「これが好き」というシンプルな部分。 そこにお金勘定だの税金だの、諸々がくっついてきます。 先日、とある方とお話していて「経営者の匂いが経営者」という話が出ました。 仮にAさんとします。 そのAさんが自分と同じ業種のBさんという方とお会い...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/15 07:00

税金の知識を学ぶ機会がない

おはようございます、今日は予定では船釣り。 最近風が強い日が多いので、どうなることか。 商売の根っこについて考えています。 税金に関する意識について少しだけ。 源泉徴収票を読めない人があまりにも多い理由として ・税金について実践的な知識を学ぶ機会がない 租税教室みたいなものはあるのですが、どちらかというと内容は 「税金がどう使われているのか」 「税金がないとどんな社会になるのか」 こうい...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/14 07:00

源泉徴収票が読めない人々

おはようございます、ひこにゃんの誕生日ですか。 キャラクター事業って面白そうですよねぇ…。 商売の根っこについて考えています。 会社に雇われず、面白おかしいことをやる人が増えること。 昨今のIT技術を使えば、雇われずともできることは相当にあります。 そういう人が増えるほうが色々なことが良い方向に向かうと私は考えます。 実はこのことは税金に関する知識についても思うことです。 現在の日本は税金に...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/13 07:00

雇われない人が増えること

おはようございます、今日は世界宇宙旅行の日だそうです。 無重力はぜひとも体験してみたいと思っています。 商売の根っこについて考えています。 法人という道具が自己目的化して色々と問題を起こしている。 世界で起こっている色々な問題の根っこは法人という組織が幅をきかせすぎていることだと本当に思っています。 となってきたとき、自分にできることで一番面白そうなのは ・面白おかしいことをやる自営業者を...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/12 07:00

環境問題は企業が解決できるのか

おはようございます、今日は日本でのサマータイム制度廃止の日だそうです。 過去に日本でサマータイムをやっていたことに驚きです。 商売の根っこについて考えています。 法人が自己目的化していることの違和感について少々。 こういうお話を書くと ・そうはいっても資本主義社会なのだから ・競争社会において企業を無視した話が荒唐無稽だ ・現実をみていない 等々の反論が自分でも簡単に思い付きます。 これは現...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/11 07:00

法人と属人性

おはようございます、わかりやすくヨットの日だそうです。 まだ一度も乗ったことがないですねぇ…。 商売の根っこについて考えています。 そもそもは商売をやりやすくするために作られた法人という道具。 しかし気がつけば道具であったはずの法人が目的化しました。 この一つの理由として、法人は死なないということがあります。 例えばアップルなんかはここ数年の動きを思い出すとなんとも象徴的だなぁ…と。 あの会...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/10 07:00

いつのまにやら立場が逆に

おはようございます、今日は合唱指揮者関屋晋さんの命日です。 神奈川でも大活躍をされていた重鎮でした。 商売の根っこについて考えています。 楽しいことややりたいことを実践すること。 そのための金勘定についても少し考慮していくこと。 金勘定等についてすっきりさせるには法人が便利であること。 こんな流れでお話をしていきました。 私はいまもって上記のようなことを前提にして商売に向かい合っています。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/09 07:00

独立採算、税制優遇

おはようございます、今日は花まつりの日ですね。 お釈迦様の誕生日…と言いながら、新暦でやっているのは日本だけのようで。 商売の根っこについて考えています。 一事業につき一法人を設立させることについて書いています。 法人を独立させることには次のようなメリットがあげられます。 ・その事業だけでの採算が分かりやすい 色々と混ざっていると判別しにくいですが、事業が絞られていればそれだけ判別もしやすくな...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/08 07:00

法人を独立させるタイミング

おはようございます、本日は世界保健デーとのこと。 保健というのも中々に定義が難しい言葉です。 商売の根っこについて考えています。 一事業につき一法人を設立する、という話を紹介しました。 これには一応タイミングがあります。 既存事業でプラス100が出ているとします。 これに併せて新規事業を開始しました。 通常、新規事業を始めたばかりの頃にはマイナスが出ます。 仮にマイナス30が出たとすると 1...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/07 07:00

一事業に一法人の感じ

おはようございます、今日は北極の日だそうです。 北極…意図しなければ一生行かない場所の筆頭ですね…。 商売の根っこについて考えています。 やりたいことの実践と金勘定のバランスを取るのに法人は便利な道具となりうる、ということをご紹介しました。 最近の税制動向などを考えると、法人の優位性は益々高まっているように思われます。 諸々の活動をしていくにあたり、法人を一つ持っていることで便利になることが増...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/06 07:00

法人は便利な道具

おはようございます、今日はヘアカットの日だそうで。 そうか~昔は髪を切る自由すら制限されていたのですねぇ…。 商売の根っこについて考えています。 土台は「楽しい、嬉しい、やりたいと思えること」を実践すること。 ただその上でどうしても金勘定については色々と考慮が必要。 こういう諸々を解決するための手段として法人という道具が発明されました。 中小零細企業において、法人の活用は ・信用力を高める...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/05 07:00

法人について考える

おはようございます、ジョナサン・ジョースターの誕生日ですか…。 以前は単行本が全部ありましたが…また揃えるかなぁ…。 そういえば最近は「何をするだァー」が訂正されたそうで。 商売の根っこについて考えています。 一番素朴な部分を振り返ってきたつもりです。 その上で、法人というものについて考えてみたいと思います。 いわく、法人というのは人間がこれまでに発明したものの中で最もスゴイものだという説があ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/04/04 07:00

265件中 51~100 件目