法人と属人性 - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人と属人性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、わかりやすくヨットの日だそうです。
まだ一度も乗ったことがないですねぇ…。

商売の根っこについて考えています。
そもそもは商売をやりやすくするために作られた法人という道具。
しかし気がつけば道具であったはずの法人が目的化しました。
この一つの理由として、法人は死なないということがあります。


例えばアップルなんかはここ数年の動きを思い出すとなんとも象徴的だなぁ…と。
あの会社というのは一人の気難しいオッチャンが自分のやりたい仕事をやりたいようにするために作られたものだったと理解しています。
なので、その人がいなくなった(亡くなった)のであればその道具としての役割は終わったはずなのです。

ところが実際には今もあの会社は残っていて、活動を続けています。
そのことを我々はごく自然なこととして受け入れているわけですが、法人がそもそもは道具であったことを考えると、実はそれなりにグロテスクなことなのではないか?とも思います。


道具であったはずの法人そのものが利益という目的化する。
これによって色々な問題が生じています。
環境問題なんかは最たる例ですね。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

ミスマッチング 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/14 07:00)

いつのまにやら立場が逆に 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/09 07:00)

独立採算、税制優遇 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/08 07:00)

一事業に一法人の感じ 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/06 07:00)

法人は便利な道具 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/05 07:00)