まず保障額の想定について - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まず保障額の想定について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、本日は暦上で小満の日です。
万物が成長し一定の大きさに達する頃とのこと。

保険について書いています。
保険加入を考える時機、出来事について考えていきます。

その前に大前提として。
保険加入を考える場合の保障額について改めて。
保障額というのは「死んだら、病気になったらいくらもらえる」という金額です。
この金額ですが、大きく二つに区分できます。


○商売用の保障
仕入代金や社員への給与、借入返済のための資金確保です。

○私生活の保障
社長さんのご家族に対する保障です。


保険加入を考える場合には、この二つを併せて考える必要があります。
よく自営業者はサラリーマンよりも保障を厚くしなければならない、と言われます。
それは

・サラリーマンには商売用の保障が必要ない
・年金等の制度面で自営業者は劣る

こんな理由があります。
そんなことを踏まえた上で保険加入を考えるべきポイントについて。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

保険の本分は保障性である 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/09 07:00)

基本は掛捨て(個人的見解を含む) 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/18 07:00)

当たり前だけどお金が出ていく 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/15 07:00)

保険の総括 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/08 07:00)

保険と職種による制限 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/05 07:00)