死んでから金持ちになってもねぇ - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

死んでから金持ちになってもねぇ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、今日は電気通信等の記念日だそうです。
通信という言葉も中々に包括的な意味を含んでいますね。

保険について書いています。
保険加入によるデメリットとして手元資金が減る、ということを挙げました。
商売を続けるに辺り、手元に自由に使えるお金があるかないかはとても重要な要素です。


とんでもない量の保険に加入している人をみかけます。
それこそ「死んだら大金持ち」というレベルです。
もちろん事業主が死んでしまった場合のことも大切なのですが…。
やはりそれ以上に生きている今、その時点でのお金回りについてもう少し余裕を持って頂きたいものだな、と。

くどいようですが、事業経営において手元資金は本当に重要です。
保険加入についても、手元資金の確保に支障がないレベルで検討していただくことが大切です。


その観点から、掛捨てと積立について少し考えてみます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業規模が変わるとき 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/24 07:00)

手元資金の重要性 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/16 07:00)

病気やケガに対する保険 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/28 07:00)

借入を増やすとき 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/25 07:00)

現状で加入している保険を確認する 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/23 07:00)