(新着順)新規事業・事業拡大の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

新規事業・事業拡大 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

新規事業・事業拡大 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

1,298件中 1~50 件目 RSSRSS

日経記事;『医薬営業 リストラの波 市場縮小、3000人削減 アステラスや大正』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 8月15日付の日経新聞に、『医薬営業 リストラの波 市場縮小、3000人削減 アステラスや大正』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事を含めたインターネット・ITが医薬業界に与える影響などについて考えを述べます。 この記事の抜粋内容は、以下の通りです。 『製薬各社が営業職に当たる医薬情...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/15 08:16

インターネット・ITの巧みな活用による新規事業立上や生産性向上、ビジネスの付加価値向上の実現について

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 私の支援先企業は、例外なく、私の支援のやり方により、インターネット・ITをフル活用して、経営に役立てています。 従来は、支援先企業は多くの場合、事務作業や製造現場の合理化を中心とした自動化対応にインターネット・ITを活用してきました。 この合理化・自動化により、固定資産税だけでなく、労働力不足の課題解決に...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/11 12:02

日本の労働力調査結果から見る中小企業の人材活用の仕方について

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 総務省統計局は、8月7日に『平成30年(2018年)4~6月期平均(速報)労働力調査結果を発表しました。 主な内容は、以下の通りです。(総務省統計局のWebサイトから掲載) ●役員を除く雇用者5579万人のうち,正規の職員・従業員は,前年同期に比べ62万人増加し,3484万人。非正規の職員・従業員は77万...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/08 11:08

日経記事;『データが導く金融大競争 IT各社、銀行介さず融資 創業直後の資金調達に道』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 7月29日付の日経新聞に、『データが導く金融大競争 IT各社、銀行介さず融資 創業直後の資金調達に道』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 本記事の一部抜粋は、以下の通りです。 『ネット上の膨大なデータを経済活動に生かす「データエコノミー」が融資のありよう...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/07/29 11:46

日経記事;『KADOKAWA、書店と直接取引3倍に 「取次」介さず翌日配送も』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 7月22日付の日経新聞に、『KADOKAWA、書店と直接取引3倍に 「取次」介さず翌日配送も 』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 本記事の一部抜粋は、以下の通りです。 『KADOKAWA、書店と直接取引3倍に 「取次」介さず翌日配送も KADOKAWAは書籍...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/07/22 11:39

将来を創造する職務その③「経営幹部と担当者の橋渡し役となる部門長」

 今回は、将来を創造する職務として、「経営幹部と担当者の橋渡し役となる部門長」に着目し、その職務を考えてみたいと思います。 中小建設企業の部門長は、取締役を兼務している場合が多く見受けられます。兼務自体問題ではありませんが、取締役の職務が滞ることは問題です。部門長の職務と取締役の職務は仕分けされ、存在している筈です。ところが、多くの企業でその職務は判然とせず、評価することもなく、実態があきらかにな...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/04/09 11:57

将来を創造する職務その②「右腕としての経営幹部」

 今回は、将来を創造する職務として、「右腕としての経営幹部」と題し、その職務を考えてみたいと思います。まず、経営者は、右腕となる経営幹部に何を期待しているのでしょうか。 例えば、「経営者に足りないもの」「経営者が望むことを理解し行動する」「事業計画に従い該当する経営課題に取り組み、目標達成に向かう」「次期後継者育成」「所管部門を統制する」「取締役の職務」等々。これらは、いずれも重要な内容です。 そ...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/04/04 11:21

将来を創造する職務その①「職務設計の基本的な考え方」

 今回から人事に関する課題「職務設計」について、考えてみたいと思います。経営者は、「職務設計」という機能に着目することは、大事なことです。この機能は、企業改革を推進する上で必要不可欠であり、内部だけの取組みでは難しいため、外部の専門家の活用をお勧めします。特に、外部の専門家を活用することで、客観的な視点や判断を担保できるからです。 しかも、大事なことは企業改革を推進する組織を構築することです。経営...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/26 11:35

パートナーとの施工の質向上策その⑦「設計(積算)強化」

 今回も、パートナーとの施工の質向上策として、「設計(積算)強化」の民間工事について解説致します。民間工事など戸建ての住宅やマンションは、設計施工が原則です。自社で設計するか外部の設計事務所に依頼するかの違いはありますが、顧客と仕様について協議し、決定に関わります。近年は、企画物件による個別毎の設計負担を軽減することや顧客の仕様イメージが時間と共に変わらないための工夫など、設計上の不具合を極力なく...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/19 12:17

パートナーとの施工の質向上策その⑥「設計(積算)強化」

 今回も、前回同様、公共工事の「設計(積算)強化」について解説致します。入札時の設計精査が形式的になる原因まで前回お話ししました。設計を行うのは、外部委託した建設コンサルタントであり、あくまで標準施工で設計する場合が殆どです。従って、一般的な工事は、任意仮設、任意施工になります。但し、複雑な工事は勿論別になりますが、当然ながら仕様及び設計と現地は、整合性が取れない工法や施工方法が散見することになり...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/12 09:52

パートナーとの施工の質向上策その⑤「設計(積算)強化」

 パートナーとの施工の質向上策として3つ目は、「設計(積算)強化」です。公共工事と民間工事では少し事情が異なり、考え方や取り組みに違いが表れていますが、顧客の仕様に大きく影響を受けるため、重要な機能となっています。 その重要な機能であるべき設計(積算)が疎かになっている実態も見受けられるなど、今一度設計(積算)に着目する時です。この機能を強化することで、施工の質を一段とレベルアップすることができる...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/05 05:05

パートナーとの施工の質向上策その④「施工体制構築」

 今回もパートナーとの施工の質向上策「施工体制構築」について解説致します。施工体制の不透明差が残る中、施工体制の構築には、必要な機能を明確にすることであり、その機能に仕事が就くと考えて頂ければよいと思います。 施工機能には、主に管理機能、監督機能、施工機能、設計変更機能、維持メンテナンス機能などが考えられます。少ない技術者において、いずれの機能も兼務は可能です。しかし、明確に仕事の中身は分けること...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/27 11:30

パートナーとの施工の質向上策その③「施工体制構築」

 今回は、パートナーとの施工の質向上策の2つ目となる「施工体制構築」について解説致します。以前の高度経済成長時代には、施工の主体は、監督を頭とした職人集団からスタートし、書類や写真などの必要性が加わり、管理部隊が次第に構成されてきました。当時の力関係で言うと、施工部隊の世話役或いは職長が上で、管理部隊がこれに従う形で形成され、徐々に管理監督の下で直営の施工部隊が構成されていきました。 又、実行予算...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/20 11:41

パートナーとの施工の質向上策その②「標準化施工」

 今回も、パートナーとの施工の質向上策の一つである「標準化施工」と題し、前回に引き続き解説致します。まず、繰り返しになりますが、建設業における工事現場は、自然条件や気象条件に大きく左右される屋外作業を伴うため、作業の標準化が難しいと言われます。 しかし、そうでしょうか。単なる言い訳に過ぎないと考えます。何故ならば、工程や予算はどうやって作成したのでしょうか。標準的な作業手順に従い、標準的な労務歩掛...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/13 10:14

海外販路開拓・集客のセミナーご案内

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 本日は、私が今年行うセミナーについて述べます。 ここ、2~3年以内の傾向として、国内中小企業が輸出事業の拡大を強く意識し始めています。 これは、国内市場が15歳から64歳までの生産年齢人口の減少から急速に縮小していることによります。 一般的に中小企業は、中堅・大手企業と競合しない市場で勝ち組になることを目指しま...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/10 12:49

パートナーとの施工の質向上策その①「標準化施工」

 次に、パートナーとの施工の質向上策について解説致します。下請け業者をパートナーとして位置づけ、コスト低減を図ることの必要性を前回まで解説致しました。そのパートナーである下請け業者の質向上が、コスト低減には必要な条件の一つとなります。 本来、利害関係者である下請け業者と協同し、施工の質を上げるなど考えにくいと思うかもしれません。しかし、企業の継続或いは成長には、社員一人当たり又は技術社員一人当たり...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/05 14:13

パートナーとの取極め交渉その⑤「価格決定の基準」

 今回は、前回の「見積価格の検証」において、価格低減や生産性向上等に問題があることをお伝えしました。そこで、「価格決定の基準」に着目し、解説致します。 まず、現在の価格決定には、かなり不透明なところがあり、問題認識できていない企業が多く見受けられます。その結果、価格は下がらず、「かかるものはしょうがない。」と言って、いつまで経っても赤字から抜け出せないでいます。 そこで、価格に対する考え方を変え、...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/01/29 13:45

パートナーとの取極め交渉その④「見積価格の検証」

 今回は、パートナーとの取極め交渉を行う際に、重要なポイントとなる価格について考えていきたいと思い、「見積価格の検証」と題して解説致します。 下請け業者から、普段見積り依頼する場合、その見積価格が適正化どうか評価する基準はどうなっているでしょうか。例えば、次のような評価があります。「過去の見積価格と比較する」相見積り取り価格比較する」しかし、これらの評価ではあくまで下請け業者の見積書が前提となって...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/01/23 18:23

パートナーとの取極め交渉その③「下請け業者の責任施工」

 今回は、元請け業者とパートナーであるべき下請け業者が、それぞれ本来の役割を担い、生産性向上に寄与しているかどうかに着目します。その中で、「パートナーである下請け業者の責任施工」について考えてみたいと思います。 下請け業者は、直接施工機能(専門的技術を発揮して工事施工を担当する機能)を担う施工業者です。つまり、契約した工事について、完成するまでの一切の責任を負い、工事を行うものです。よく、元請け業...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/01/15 13:06

パートナーとの取極め交渉その②「取極め交渉システム構築」

明けましておめでとうございます。昨年に引き続き、パートナーとの取極め交渉について解説します。今回は、「取極め交渉システム構築」と題し、企業の戦略上にも影響する内容について考えてみたいと思います。 取極め交渉システムには、大きく2つの方法があります。集中購買方式と現場購買方式です。コスト低減のメリットは、集中購買方式の方が大きいと言えますが、現場の担当者のコスト意識が希薄になり、統制方法によっては、...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/01/09 14:51

新事業への投資その⑦「投資決定の判断要素」

 今回、新事業への投資については、最後となります。「投資決定の判断要素」と題して解説します。企業にとり、投資は非常にリスキーです。しかし、将来をことを考えれば、当然必要です。 そこで、経営者からみた新事業への投資を決定する際の判断要素を列挙します。まず、なんと言っても市場の魅力が最優先されます。新市場に売上げが期待できなければ、何の魅力もなく投資に値しません。例えば、市場規模が大きいこと、高い成長...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/12/18 14:32

新事業への投資その⑥「市場開拓へ向けスキル習得」

 今回は、自前で人材を育てていくための「市場開拓へ向けスキル習得」です。主な市場開拓スキルについて解説します。 まず、マーケティング力です。地方の建設業ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、市場に優位性ある価値を提供するしくみに従い、顧客の声を反映した価値の高い施工やサービスを提供し続ける力と言えます。市場を開拓するには、顧客のニーズにマッチする価値を提供することが重要なのです。つまり、顧客の声...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/12/11 12:16

新事業への投資その④「新たな市場開拓へのアプローチ」

 今回は、「新たな市場開拓へのアプローチ」について考えていきます。建設業を営んでいる地方の中小企業は、新たな市場開拓への投資に積極的とは言えません。本業が厳しい状況にあることも一つの要因ですが、新たな市場開拓へアプローチすることは、難しい状況にあります。 そもそも本業上の投資とは、施工機械やパソコンなどの設備投資を中心に考えてしまうところがあり、経営資源で言うところの「もの」です。 本来、投資とは...(続きを読む

小澤 康宏
小澤 康宏
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/11/27 14:03

記事の執筆:『販路開拓・集客・取引先開拓にマッチングサービス活用のポイント;;月刊総務:2017年7月号』

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 このたび、「ウィズワークス株式会社」が発行しています「月刊総務;2017年7月号」に記事を投稿いたしました。 記事のタイトルは、『特別企画 販路開拓・集客・取引先開拓にマッチングサービス活用のポイント』になります。 一般的に中小企業は、事業連携を実現するための相手先企業探しが容易にできません。これは、中小企業...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/06/11 16:40

脳幹出血と視床痛

脳幹出血と診断されてまもなく3年になる。もう疲れた感がある。世の中に役に立たてることはない。自分が生きているだけ。きっと明日にも何も変化はないだろう。 (続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/05/17 21:53

海外進出する際の駐在員の人選(後半)

海外進出する際の駐在員の人選(後半) 前半はこちら ①本人のモチベーション、②現地の平均年齢が低いこと、③後継者育成の3つの観点から見ると若手に任せることにむしろ優位性があると言えます。 業種や地域にもよりますが、中小企業の平均年齢は高くなりがちです。すなわち、少し乱暴な言い方をすると、若手目線では上が詰まっていてなかなかチャンスが回ってこないということになります。向上心のある若手にとっては、海外駐在且つ責任者という立場はこの上な...(続きを読む

佐藤 宏樹
佐藤 宏樹
(公認会計士(日本/米国))
公開日時:2017/03/28 21:12

海外進出する際の駐在員の人選(前半)

海外進出する際の駐在員の人選(前半) 今回は中小企業が海外進出する際の、駐在員の人選について書きたいと思います。 近年、中小企業においても海外進出はかなり盛んに行なわれています。とりわけ新興国への進出はめざましく、タイ・ベトナム・インドネシアといった東南アジア諸国への進出が目立ちます。 ここでは東南アジアを中心とした新興国への進出を前提に記述します。 中小企業の海外進出において、意外と大きな問題になるのが、進出先の選定でもなく、資...(続きを読む

佐藤 宏樹
佐藤 宏樹
(公認会計士(日本/米国))
公開日時:2017/03/28 21:10

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-5および6

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。  本年1月4日付のブログ・コラムで「中小企業経営研究会」が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に、オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで記事を書いたことについて述べました。 ★協業(アライアンス)のメリットとは ★アライアンス先の選択方法と注意点 ★ア...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/10 16:19

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-4

2017年2月1日 皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。  本年1月4日付のブログ・コラムで「中小企業経営研究会」が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に、オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで記事を書いたことについて述べました。 ★協業(アライアンス)のメリットとは ★アライアンス先の...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/01 12:03

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-3

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 本年1月4日付のブログ・コラムで「中小企業経営研究会」が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に、オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで記事を書いたことについて述べました。 ★協業(アライアンス)のメリットとは ★アライアンス先の選択方法と注意点 ★アラ...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/21 12:30

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-2

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 本年1月4日付のブログ・コラムで「中小企業経営研究会」が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に、オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで記事を書いたことについて述べました。 ★協業(アライアンス)のメリットとは ★アライアンス先の選択方法と注意点 ★アラ...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/13 11:25

オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣-1

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 本年1月4日付のブログ・コラムで「中小企業経営研究会」が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に、オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる!!』のタイトルで記事を書いたことについて述べました。 ★協業(アライアンス)のメリットとは ★アライアンス先の選択方法と注意点 ★アラ...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/07 18:38

記事の執筆:『オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる;;近代中小企業』

記事の執筆:『オープン・イノベーションによる事業化成功の秘訣を徹底的に洗い出してみる;;近代中小企業』 皆様、 新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 私は昨年後半、特に10月から12月にかけて非常に忙しく、なかなかブログ・コラムを書く時間の確保ができませんでした。 今年は、可能な限り時間を確保して、ブログ・コラムを更新するつもりです。 今年初めてのブログ・コラムは、中小企業経営研究会が発行しています「近代中小企業」の2017年1月号に掲載しました記事について書く...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/04 13:26

こんな私でも、他の人よりは売れるものが分かるよう!

先ほどは、情けない現状を書きました。 本当、今すぐ死ねれば楽なのだろうな、と自分勝手なことを思ってしまう。 今でも、体だけがまともなら、売ることに関しては負ける自信はない。 というか、はじめて数週間で売れる商品か売れない商品か、間違いなく分かる自信がある。 過去、アルバイト時代から、泊まり込みの新聞配達、英会話教材、制御機器、ロボット、異業種交流会、二毛作宅配事業、記念品創作販売、卓上...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/11/28 02:52

もう何でもあり、のブログを書きます。

一昨年に脳幹出血をして、後から分かったことで、転院してから同時に視床からも出血していたことが分かって、左半身の痺れ痛の後遺症が残った。 原因は、不摂生。 高血圧と糖尿病。 20代から血圧の下が100を超えているし、糖尿病は30代から糖尿病予備軍で2時間の経過検査を受けていた。 なのに、一切、気にせず好きなことをやっていた。 大好きなアルコールは毎日、好きな仕事は時間、休み関係なし。 ...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/11/28 02:09

セールスライティングを請け負います。

セールスライティングとは何か。 コピーライティングとは何が違うか。 それは、ウケを狙うのではなく、まさにお客様に対して共感(そうだそうだ。)を呼ぶ買っていただく為のひと言のことだ。 分かりやすく言えば、うなぎ屋の前の蒲焼きのニオイのことだ。 私は、工業系の出身なので、機械や計測器などに強いが、それ以外の分野でも同じだ。 要は、お客様のところに行って、買って頂いた本当の理由を聞き出すの...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/18 14:24

【セミナー案内】自分でできる!フランチャイズ本部の評価 ~本部を見極める6つの視点を伝授~

【セミナー案内】自分でできる!フランチャイズ本部の評価 ~本部を見極める6つの視点を伝授~ 加盟希望者はもちろんのこと、これから本部を構築したい方、なかなか加盟者が集まらない本部の方にも参考になるセミナーとなっています。すぐ使える具体的なツールも提供します。 フランチャイズ&起業・独立フェア【大阪】 特別セミナーに登壇します 専門家による特別セミナー 自分でできる!フランチャイズ本部の評価 ~本部を見極める6つの視点を伝授~ 日時:2016年10月19日(水) 15:30-16...(続きを読む

高木 仁
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)
公開日時:2016/10/07 14:38

業績が悪い時こそ、冷静に周りを見て!

このところの円高、資源安で、大手企業の業績が悪化しているようだ。 前回も述べたが、良い時があれば悪い時もあるだ。 とくに、望むと望まないとか関係なく、現在はグローバルな社会になった。 円高なんか、理由が分からない。 安全通貨だから、買われるらしい。 また、資源安は、さすが中国の成長が鈍化しただけで、世界中が巻き込まれてしまった。 では自社を、どう正しく判断したら良いか? それは、...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/12 13:18

国の借金と大手企業の内部留保、どっちが多い?

タイトルどおり。 国の借金が1053兆円、赤ん坊も入れた国民一人当たり830万円だって。 いつまで経っても増えるだけ。 理由は、急激な国民医療費の上昇だって。 分かった。分かった。 もう耳にタコだ。 なら先ほどの続き、です。 大手企業の内部留保の合計金額はいくらですか。 そのぐらい発表してくれてもいいのでは。 悪い、暗いニュースばかりでは、本当に国民が疲れてしまう。 (続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/10 18:56

おかしいだろう。大手企業の減益発表

ここのところ毎日、大手企業の4〜6月もしくは1〜6月の決算発表が新聞に載っている。 円高で、そろって減益だと発表されているが、ちょっと待って! アベノミクスか知らないが、昨年までの数年間にわたり過去最高の増益ではなかったか。 さらに言えば、投資しようにも新規事業が見当たらず内部留保に努めていたのではなかったのか。 そりゃぁ、良い時があれば悪い時もある。 当たり前だ。 なのに、減益だ...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/10 18:44

また自慢させて下さい。任天堂の苦戦

2012年7月26日のブログで任天堂の苦戦について述べた。 あれから4年。 ポケモンGOがすごい。 ところが、大して任天堂の業績にならないらしい。 開発したのは、グーグル関連のNIANTIC、incと東京の株式会社ポケモンの2社で、任天堂は直接関わっていないとのこと。 亡くなった前社長は、かねてよりネットゲームの課金制度は、子供向けのゲームに相応しくないと反対していたとのこと。 私...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/10 10:22

送料も商品の中の重要な要素だ!

前回、楽天の業績不振について述べた。 その要因の代表的なものとして、楽天のお客様である出展者を査定するというものを挙げた。 では楽天市場でものを購入する消費者の側に立っているか?というと、それもあやしい。 その代表的な事例が、出展者それぞれが設定する送料だ。 出展者の所在地と顧客の指定する送り先によって、別途、送料が変わるのだ。 一方のアマゾンは送料無料も多い。 当然のことだが、購...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/06 11:06

(自分自身以外の)先見性に感心しています。

実は、過去のブログで楽天は?と述べたことがある(今年の5/11付)。 誰でも分かることなのかもしれない。 だが、EC分野全体が伸びているのに、楽天だけが伸び悩んでいる。 競合の代表が、Amazonだろう。 詳細は読者の評価に任せるとして、私の独断では三木谷社長に問題があると思う。 その代表的な事柄として、9月から楽天の仮想市場に出展しているお客様を減点方式による査定をするというものだ...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/05 11:01

ポケモンGOに思う

私はゲームはしません。 パチンコ、マージャンもしません。 でも、ゲームもパチンコもマージャンをする人を、批判しません。 それは、人それぞれだと思います。 従って、先週より日本に上陸したポケモンGOに対して、自分はやりませんが、何か日本の活性化につなげられないかと観察しています。 過去に、これほど人を動かすことのできる(移動させる、引きつける)商品はなかったのではないか。 ただ、問題もこれから。...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/07/26 17:38

5/11のブログを見て欲しい。

過去、シャープ、パナソニック、吉野家、マクドナルドなど、今の姿を予想して当たっていることに自信を持っている。 そんな中で、5/11の私のブログで厳しいと予想したのが「楽天」である。 正直に言うと、誰でも分かることだと思う。 今日の日経の記事にあったことだが、アマゾンとか他のECに比べ、伸びがないとの評である。 全く、同様に感じたので5/11のブログで名前を挙げさせて頂いた。 アマゾン...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/07/25 18:13

フランチャイズマニュアルを整理していなくてトラブルになったお話

フランチャイズマニュアルを整理していなくてトラブルになったお話 「ピロリン♪」 ある日のこと、フランチャイズコンサルタント高木のもとに、リラクゼーションサロンを経営するふら美さんからSNSメッセージが届くところから物語は始まります。   続きはこちら。。。 http://kernel-c.com/fc_manual_trouble  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ”成長の種を見つけ・育て・未来へとつなぐ” フランチャイズビ...(続きを読む

高木 仁
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)
公開日時:2016/07/10 20:36

【セミナー案内】サンプルでわかる フランチャイズマニュアル 作成のポイント

【セミナー案内】サンプルでわかる フランチャイズマニュアル 作成のポイント 「外食ビジネスウィーク2016 専門セミナー」に登壇します FC本部構築セミナー 「サンプルでわかる」フランチャイズマニュアル作成のポイント 日時:9月1日(木)12:30~14:00 場所:東京ビッグサイト(B会場) セッションNo:B-8 主催:トレードショーオーガナイザーズ   実際のFCマニュアル(サンプル)を見ながら解説します セミナー概要:  多店舗化を進めるにあたっては...(続きを読む

高木 仁
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)
公開日時:2016/07/06 17:01

提案・研修で使える|ビジネスモデル分析・設計のための「ビジネスモデルキャンバス」|モノクロZUKAI

提案・研修で使える|ビジネスモデル分析・設計のための「ビジネスモデルキャンバス」|モノクロZUKAI ビジネスモデルとは 一言でいえば「儲けのしくみ」のこと。 ・誰に(顧客ターゲット) ・何を(顧客価値) ・どのようにして提供するか(開発・生産・販売・物流システム) この一連の流れで儲けを作るしくみのことをビジネスモデルと呼ぶ。 そして、それを論理的に記述するツールとしてビジネスモデルキャンバスがある。 ビジネスモデルキャンバスとは? ビジネスモデルの特徴を表現するため、その全体像を9つ...(続きを読む

高木 仁
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)
公開日時:2016/06/08 14:17

吉野家の豚丼の再発売の失敗

以前に、吉野家、すき家、松屋の戦略の違いについて、述べた。 5年も6年も前のブログなので、3社について、再度、今を述べたい。 随分前のことなので、ハッキリと「そう言った」とは言えないが、今でも思いは変わらないので再度述べたい。 先ずは、吉野家だが、やはり二度と昔の栄光には戻れない、いずれはなくなるグループなのだろう。 それは、豚丼の再発売で、明らかな戦略の失敗があったと思う。 何処か...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/06/08 08:20

バレーボールとシャープ

男子バレーボールは、残念ながらリオのオリンピック出場を逃した。 石川祐希という若いエースが出てきたところで本当に残念だった。 ミュンヘンのオリンピックを知っている年齢の私にとって、テレビを見ながら複雑な気持ちが湧いてきた。 単なるスポーツと仕事を結びつけるな、というご批判を覚悟して書くと、以下のようになる。 ポーランド、イタリア、中国など、対戦国は、何処も身長がずば抜けて高い。 そし...(続きを読む

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/06/07 16:44

1,298件中 1~50 件目