(新着順)人材育成の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

人材育成 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

人材育成 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

3,921件中 1~50 件目 RSSRSS

リアルな経験

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はビジネス経験についてのお話です。一定レベルの知識や経験を有しているビジネスパーソンになると、机上の空論では満足しなくなることが増えてくる。机上の空論ではなくリアルな経験。リアルな経験があるからこそ理解できる、共感できる、説得力が高まる。単なる知識レベルの学習に留まるのではなく、行動を伴うような成果を求めるのであれば、リアルな経験を重視することが求めら...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/17 10:11

時代に合わせた人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は人材育成についてのお話です。時代に合わせた人材育成の重要性について語られることがある。環境変化の激しい時代においては、時代の先取りという視点も必要になってくる。時代に合わせた人材育成をしているつもりでも、時代の先取りという視点が抜けていると、育ったはずの人材が時代遅れになってしまうからである。IT人材などは典型的であるので、これから必要とされる人材像...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/15 10:02

ロジカルシンキング

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は思考法についてのお話です。ロジカルシンキングについての重要性は、ビジネス現場でも話が出ることが増えている。私自身、ロジカルだなとかロジカルでないなということを気にする機会は多い。しかし、必ずしもロジカルに物事が進むことばかりではないのが現実。そういう時に真正面からロジカルに物事を進めることの重要性を語っても意味がないことが多い。ロジカルシンキングの重...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/07 10:59

競争する環境

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は競争することについてのお話です。年末年始のスポーツイベントである大学ラグビーと大学駅伝で連覇が途切れました。平成最後の年という区切りを象徴する出来事でした。大学という人が入れ替わる環境で常勝軍団を作り上げることの難しさを改めて感じました。競争する環境があるからこそ、人が組織が成長できるというのは紛れもない事実なんですね。(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/04 11:56

必須の能力になりつつある「人望」

 突然ですが、あなたは自分に「人望」があると思いますか? あるとすればその「人望」には自信がありますか?    ここで自信があるとはっきり答えられる人は、それほど多くないと思います。「人望」はあくまで相手から自分に対する思いなので、自己評価がしづらいからです。    ただ、最近は仕事の場面で、この「人望」を重視する動きが各所に出てきています。  ある記事によれば、トヨタの管理者層の人事考...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/12/25 08:00

経験的知見の重要性について

経験的知見の重要性について この年末は、アルバイトを雇用して乗り切るところが多いと思います。応募した人にとっては、仕事の経験ができる良いチャンスだと思いますが、雇用する企業に、ぜひ、お願いしたいことがあります。仕事には、経験的知見が必要であり、疑似的に体験させてあげてほしいということです。特に、サービスを提供するところでは、お客様体験が、判断に直結することを重要視していただけたらなぁと思うのです。 先日、100名くらいの参加...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/12/17 10:56

日経記事;『ITトップ人材 業種超え争奪 NTTデータ年収3000万円 ユニクロ・トヨタ海外で採用』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 12月5日付の日経新聞に、『ITトップ人材 業種超え争奪 NTTデータ年収3000万円 ユニクロ・トヨタ海外で採用』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に書かれているIT人材について、考えを述べます。 記事の冒頭部分は、以下の通りです。 『人工知能(AI)などの技術の広がりを背景に、高度な...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/12/05 10:25

自社について語る

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は自社についてのお話です。ビジネス現場で顧客満足度に関する話題が多い。同様に顧客に対するソリューションビジネスに関する話題も多い。顧客視点の重要性が話題になること自体は結構なことだが、大前提として自社に対する理解が必要。企業として自社を理解し、自社の商品やサービスについて十分理解していることが必要。これは顧客に関係なく、自社の個々の社員が頑張れ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/12/04 10:03

「失敗体験」「修羅場体験」の不運と幸運

 最近、リーダー人材やイノベーション人材の育成がテーマになることが多くあり、ここでよく出てくる話の中に、「失敗体験」や「修羅場体験」の有無というものがあります。    「修羅場」と言っているのは、仕事での相当に大きな失敗の恐れであったり、生活基盤が脅かされるような危機であったり、極限近くに追い詰められた状況で、そういう中でいろいろ想定しながら実際に事業を回した経験がないと、本当の意味での事業リ...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/12/04 08:00

経験するチャンス

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は経験についてのお話です。何事も経験することで理解が深まることがある。これはビジネス現場でも同じ。経験することで、成功や失敗という結果を得ることそのものに意味がある。頭の中で妄想したり、他の人の様子が伺っているだけでは、理解できない世界が存在する。決まったパターンや正解のないビジネス現場であるほど、経験の重要性が問われることになる。ちょっとした...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/30 09:44

黙って待つことは、何もしないということではない

黙って待つことは、何もしないということではない 上手くいかない時は、黙って待つという忍耐力の見せ所です。 でも、黙って待つということ=何もしないということではありません。メンバーの仕事が上がるのを待つ、メンバーのやる気が上がらない。部下の仕事が上手くできない。 その時に、すべきことは、「黙って待つこと」ですが、何もしないということではありません。何をするか。見守る。信頼する。洞察する。言葉にならない声を聴くように努めることで、相談しやすい環境を...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/11/21 11:39

本当に価値のある情報

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は情報についてのお話です。今や大量の情報がネットにあふれている時代。誰でも簡単に短時間で情報を入手することができる時代。しかし、簡単に得られる情報は一般的な情報に留まっていることが多いのも事実。だからこそ、人と会って直接話すことの意味の大きさを痛感することも多い。本当に価値のある情報は、人から得られることが多いのも事実である。人と会って話すこと...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/21 09:41

残念な上司から脱出するためのワンポイント

残念な上司から脱出するためのワンポイント 週の初めは、ともにやる気をコントロールするのに工夫が必要な事でしょう。 そんな上司の皆さん。ワンポイントレッスンしましょうか。 今週の目標を確認する際、何を達成するか?ということ(ターゲット)の確認をしますよね。達成するために、どんな行動計画があるのか?も聴きますよね。そして、週末。目標達成できる部下は、何人いますか? 【ポイント】・今週、あなたはどういう状態でありたいか?・目標を達成するために...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/11/19 10:46

IT人材の転職に対する満足度についての調査結果

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日はIT人材についてのお話です。IT人材の転職に対する満足度についての調査結果が発表されています。https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00484/102900003/直近の転職に対する満足度を見ると、満足と不満が拮抗しているとのこと。これは興味深い調査結果ですね。転職に対する期待値が高すぎ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/09 09:45

信頼関係構築の基本

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は信頼関係についてのお話です。ビジネス現場における信頼関係構築の基本は成果を出すこと。しかし、単に成果を出して満足するのではなく、安定して成果を出し続けることがさらに重要となってくる。ことさら大げさに何かを伝えなくても、プロフェッショナル同士であれば成果の重要性を認識しているからである。ビジネス環境がどんなに変化しても、こういったビジネスの基本は変わら...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/08 10:36

時間が守れる会社と守れない会社の違い

 年末に向けて忘年会シーズンが近づいてきました。  私も毎年いろいろな会に参加しますが、お付き合いがあるいくつかの会社からは、会社が主催する忘年会に呼んで頂けることがあります。  会の雰囲気はそれぞれの会社の特徴があって、特に宴会のような場では、社風の違いが出やすいのかもしれません。私は結構興味深く見ているのですが、以前ある会社で、ちょっと感心したことがありました。    その時、私は前の...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/06 08:00

こういう仕事をしていると

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はビジネスマインドについてのお話です。こういう仕事をしていると、客観的な視点や第三者としての視点が重要だと感じている。あまり主観的にならず、公平に冷静に情に流されないといったことになるだろうか。当然、状況によって使い分けをしているわけだが、客観的な視点や第三者としての視点を意識することの方が多い。プロフェショナルとしての期待に応えるために必要なことだろ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/10/31 10:21

人という経営資源の価値

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は人についてのお話です。デジタル時代、AI時代、ビッグデータ時代になり、人という経営資源の価値が改めて問われています。将棋に代表されるように、AIが人の能力を予想以上のペースで越えていきました。これからは多くのビジネスシーンにおいて、早く正確に大量にといった観点では、人よりもAIの方が圧倒的な強さを見せ続けるでしょう。そうなってくると、人はデジタルでは...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/10/17 11:08

見た目も重要

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は見た目についてのお話です。やはり見た目も重要だな。ビジネスパーソンとして認識しておいてほしいと感じる時がある。ビジネスパーソンとしての外見について、ビジネスパーソンとしてふさわしい見た目なのか気にしている人も多いでしょう。外見だけでなく中身も伴っていないとねということであれば、成果物の見た目にも気を配りたい。ビジネス現場におけるドキュメンテー...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/10/09 09:45

常識を疑う

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は常識についてのお話です。常識を疑うことの大切さ。含蓄のある言葉です。現場で活動するビジネスパーソンとして、忘れてはいけない言葉ですね。専門性や経験値が上がってくると、勝手な思い込みや諦めが増えてしまうもの。一定レベルの成果が出ていると、常識を疑うことを忘れてしまいます。自分自身が常に常識を疑うことの先頭に立っていたいですね。(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/10/03 11:25

専門性

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は専門性についてのお話です。最近専門性の重要性を再認識する出来事があった。一般的には難しいとされることであっても、専門性が高ければ対応できることがある。だからといって、このような有益な情報は普段目にすることが簡単というわけではなかったりする。自ら行動し探し当てるという姿勢が重要なのである。膨大な情報があふれている時代だからこそ、情報を見極める力が必要な...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/28 10:35

コミュニケーションに関するトラブル

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はコミュニケーション手段についてのお話です。ビジネス現場におけるコミュニケーション手段が多様化している時代。会議、電話、ファックス、メール、チャット、文書などコミュニケーション手段は様々。それぞれメリットデメリットがあるのだから、適切に使い分けることが重要。実際は複数の手段を組みわせるのが現実的。コミュニケーションに関するトラブルは解決が難しいし、残念...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/26 10:53

何気ない行動の積み重ね

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は何気ない行動についてのお話です。何気ない行動の積み重ねが、ビジネスパーソンとしての信頼関係につながる。このようなことを実感しているビジネスパーソンが少なくないでしょう。あるいは、このようなことを心掛け実践しているビジネスパーソンもいるでしょう。決められたことや当たり前のことを確実に実行したり、ビジネス現場での挨拶やきっかけとなる会話などは信頼関係構築...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/24 10:34

会社が気をもむ「一人だけの新入社員」の帰属意識

 それぞれまったく別の二つの会社から、まったく同じような懸念の相談がありました。様々な事情から、「一人だけ」を採用することになった新入社員についてです。    一社は過去に新入社員を採用した実績はあるものの、経営体制が変わるなどの事情があって、ここ数年間は新卒採用を行いませんでしたが、今期たまたま紹介を受けた学生を一人だけ採用することになったという会社です。  もう一社は、これまでコンスタン...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/11 08:00

情報を見極める力

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は情報についてのお話です。 ネット社会に代表される大量の情報が溢れる時代だからこそ、情報を見極める力の重要性を感じる。 本当に必要な情報なのか、事実なのか、情報源はどこなのかといったことを常に意識しておかないと、情報に振り回されるだけになってしまう。 最近世間を賑わせている様々な不祥事についても、各種メディアで大量の情報が日々流されてい...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/05 09:07

「自立心旺盛な新入社員」のちょっと困ったこと

 最近の新入社員や若手社員は、受け身の姿勢が多いなどと言われますが、これは人によりけりで、自分から積極的に周りに働きかけ、自立的に行動しようとする人も大勢います。  ただ、そんな「自立心旺盛な新入社員」には、ときどき困ったことも起こります。    これは、ある会社であったことですが、入社に関するちょっとした事務手続きを、自己判断でやったために間違いがあり、それを修正するように指示したところ、...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/04 08:00

【IT人材育成】無料経営相談会のお知らせ

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は無料経営相談会についてのお話です。 神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県の中堅・中小企業経営者、後継者、起業家の皆様を対象に、無料経営相談会を開催します。 今回のテーマは「IT人材育成」です。 近年インターネットが普及し、企業におけるIT活用が急速に進んでいますが、それに伴いIT人材育成で悩みを抱える企業が増えています。 例えば、 ・...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/28 09:53

情報収集

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は情報収集についてのお話です。 今どきのビジネスパーソンにとって、情報収集は欠かせない作業。 私自身もその意識は持たなければならないなと再認識している。 忙しさを理由に情報収集を怠るのであれば、強制的に情報収集するような習慣を作る必要があると考えている。 分かったつもりにならず、時代に取り残されないことを忘れてはならない。 (続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/17 10:21

実現可能性の視点

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は実現可能性についてのお話です。 ビジネス現場におけるトラブルの一つの要因に実現可能性の視点の欠如がある。 実現可能性の視点が欠如していることで、QCDに関する問題が発生したり、現場が疲弊して事故を起こしたりする。 お客様からの要望に対応したり、改善策を実施することは必要なことではあるが、現場で対応できるのかという実現可能性に関する議論は必要で...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/16 10:41

管理という言葉

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は管理についてのお話です。 多くのビジネス現場で管理という言葉が使われている。 管理者、管理職、プロジェクト管理、問題管理、変更管理など。あげればきりがない。 当然重要だからこそ、このような状況になっているのだろうが、管理という言葉に甘えていると感じることも少なくない。 管理することで明らかな無駄が発生している、管理する必要がないのに...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/09 09:46

【受講者感想vol.381】 やってはならないこと、自分の発言や指導の中身も意識していかねばと思った

【受講者感想】 やってはならない事が数多くあることを感じ、もう少し自分の発言も指導の中身を意識して日常の業務を進めていかねばと思った 57歳(男性)→  部下からパワハラの訴えを受け、再発防止のために受講   ご相談の経緯 大手企業様から「パワハラ行為者に対する再発防止の教育をお願いしたい」というご依頼をお受けし、 JACCAパワハラ改善塾(半日集中コース)でお手伝いさせていた...(続きを読む

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
公開日時:2018/08/04 22:00

人材育成のタイミング

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材育成についてのお話です。 人材育成のタイミングは重要だなと感じることが少なくない。 一般的には、新入社員、若手社員、中堅社員、管理職、経営幹部といった一連の階層別の視点があるが、階層別以外の視点については、企業ごとの人材育成に対する考え方に左右される。 タイミングが遅すぎて習得するスキルを活用する機会を逸するケースやタイミングが早...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/07/27 09:53

あるアスリートが言った「厳しくないけどキツイ」の言葉に思うこと

 数多くのトップアスリートのトレーニングを指導する、プロトレーナーの木場克己さんに関する記事を見ました。    ご自身は、小学2年から柔道を始め、スパルタ式の練習で、中学では県大会2位、高校ではレスリングでインターハイ3位という有望な成績を上げていましたが、厳しい練習のせいで腰椎圧迫骨折になり、選手生命を断たれてしまったそうです。    もともと体育会系の“ど根性”にはなじめないでいて、こ...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/07/03 08:00

過ちをカバーする人、非難する人を考察してみた

過ちをカバーする人、非難する人を考察してみた 自分もまだまだ成長過程にある人間。部下や、同僚も同じ成長過程にあると理解していても、つい、他人の失敗には厳しく接しがちになる。 どうしてだろう?人間にも、機械でさえも、過ちはつきものではないか?だけど、失敗、過ち、誤りに対して、人間は寛容さがない。 それでも、過ちや誤りを目の当たりにして、すぐにカバーに回る人や、フォローを考える人たちもいる。そんな人たちと話をすると、まず、自分に対する信頼感が高い...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/06/17 16:27

ADAMASの中西優里亜さんと採用戦略研究所のトレマッセガールズによる豪華コラボセミナーの開催されます

ADAMASの中西優里亜さんと採用戦略研究所のトレマッセガールズによる豪華コラボセミナーの開催されます 《講師紹介》 ◇株式会社ADAMAS 中西優里亜◇ 現役モデルとしても活躍中の女性起業家!! ADAMASはラテン語で『ダイヤモンドの原石』です。 《~プレゼン得意になりましょう~会社の魅せ方・面接の話し方講座》会社HP:http://www.adamas-osaka.com ◇株式会社 採用戦略研究所 トレマッセガールズ◇ トレマッセガールズは、株式会社採用戦略研究所の美人コンサル担当ユニ...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2018/06/16 02:34

DNAで考える癖を抜く

DNAで考える癖を抜く グローバル社会で、どう生き残るか?どう戦うか?と、質問を受けることがあります。 ほんとうに勝ちたいのであれば、「日本人的な考えから脱皮しなければならない」でしょうと答えます。 それは、決して、日本人の良さを捨てるとか、欧米人になろうということではありません。 いつもの考え方=考える癖を、越えなければならないということです。 例えば、私たちを苦しめる、女は優しくなければならない。男は強くなければなら...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/06/12 19:44

背中を見せるということ

背中を見せるということ 職場の中でも、モノづくりの中小・零細企業の経営者の皆さんは、常々、背中を見せて人を育てるとおっしゃいます。たしかに、昔から言われる通り、効果性は高いように思いますが、この言葉を勘違いして受け止める「育てられる側」と、言わんとすることを誤解している「育てる側の中間管理者」との間で意図がずれてしまっているため思う通りの結果に到達しないと嘆く方々からの相談をお受けします。 背中を見せるという抽象的な表現...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/06/09 10:10

経験を無駄にしない

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は経験についてのお話です。 経験を無駄にしないことの積み重ねが、ビジネスパーソンとして大きな差となって現れる。 最近このように感じることが少なくありません。 取り組む仕事の意味を理解し、実行することが重要なわけですが、実際どこまでできているのか、振り返ることが重要です。 一見無駄に思えるような経験も、長い目で見れば役立つことばかりなど...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/06/05 09:31

イメージの擦り込って怖いね

イメージの擦り込って怖いね あなたは足が遅いんだから・・・あなたは運動音痴なんだから・・・って、洗脳されて成長しました。 だから、今も運動は嫌いです。苦手意識じゃなくて、単に、感情的に「嫌い」です。 でも、泳ぐことや潜ることは好きです。これも、運動の範疇なら、実は、すべてが嫌いなわけじゃないんです。 なぜ、泳ぐことは好きなのかと言えば、泳げるし、早いし。何より、泳げることを褒めてもらえたからです。 イメージの擦り込って、こん...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/05/25 10:00

身を美しくするのが「躾(しつけ)」です

身を美しくするのが「躾(しつけ)」です マナーは相手を思いやる気持ちを、所作、動作で表現するものであるとすれば、躾は、身を美しく整えて、振舞うために必要なものです。 だから、見た目も必要ですし、立ち居振る舞いすべてに影響を与えるものでもあり、それは、結局、人格を伝えるという点において相手に影響を与え、また、躾られることによって、人格に磨きがかかるという自分への良い影響を発揮するものだと言えます。マナーとの違いは、マナーは、相手(周囲)が...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/05/08 15:58

自分を見失うにも意味がある

自分を見失うにも意味がある 時々、自分がどうしてこんなことをしたのだろうと思うような失敗をすることがあります。もちろん、法を犯したり、人を傷つけるようなことは良くはありませんから、そんな大げさなことではなく、常の自分ならぜったいに用心して近づかないような人と付き合うとか、安易に契約を交わすといったような失敗は、 実は、それは自分を一旦見失って、新たな自分を作り上げるためにあるという目的のために、自然のリズムに逆らえないように...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/04/30 10:08

当事者意識の醸成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日はコミュニケーションについてのお話です。 ビジネス現場におけるコミュニケーションの重要性は高まるばかり。 コミュニケーションに関連するトラブルや問題が多いからである。 ビジネスコミュニケーションに関するテクニックを学ぶことは重要かもしれないが、同様に重要なのは当事者意識の醸成である。 ビジネス現場での当事者意識が高まれば、必然的に相応...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/04/24 09:26

人材育成に対する意識向上

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 これからのデジタルトランスフォーメーション時代において、人材の価値が今まで以上に問われるようになる。 AI全盛時代における人材の役割は何かが問われる時代。 だからこそ、人材育成の重要性を再認識する必要性がある。 そうなってくると、人材育成に真剣に取り組まない企業や部門、上司は評価されなくなる。 人材育成に計画...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/22 11:06

「上司から先に研修すべき」が当てはまらないと思うとき

 企業研修を行う中で、比較的よく言われることとして、「上司から先に研修すべき」という話があります。    実際に研修をしていると、受講者から「この内容の研修を上司たちは受けているのか」「できていない上司が先に受けるべき」などという批判が出るのは、わりとよくあることです。  こんなことから、研修を行う場合には、役職が上位の者から順番に下位に向かって実施していくということが良いとされることがあり...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/20 08:00

実践力

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は実践力についてのお話です。 基本があり応用がある。 これは学びやスキル習得の基本である。 基本となる考え方や理論を学んだうえで、応用となるより実践的な内容について理解を深めるというのが、ビジネス現場における典型的なアプローチになる。 実践的な内容ということを実践的なビジネス現場で使えることと理解するならば、現場ごとの経験を通じて経験値をあげ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/09 10:05

営業力強化

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は営業力強化についてのお話です。 営業力強化。最近よく聞く話です。営業人材不足。これも良く聞く話です。 営業力強化にしても、営業人材不足にしても、解決するためには、自社としての営業の在り方が定まっていないと話になりません。 自社のビジネスモデル、自社商品・サービスの特性などに応じた強化策を進めていかないと、時間がいくらあっても足りません。 万...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/19 10:35

【IT人材育成】無料経営相談会のお知らせ

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は無料経営相談会についてのお話です。 神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県の中堅・中小企業経営者、後継者、起業家の皆様を対象に、無料経営相談会を開催します。 今回のテーマは「IT人材育成」です。 近年インターネットが普及し、企業におけるIT活用が急速に進んでいますが、それに伴いIT人材育成で悩みを抱える企業が増えています。 例えば、 ・ITベン...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/14 10:08

会議ではなく雑談

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は会議についてのお話です。 ビジネス現場における会議に参加していると、会議ではなく雑談だなと感じることが少なくない。 あえて雑談のようなスタイルの会議を行うことで、成果をあげていることもあるが、そういうケースは少ない。 会議という名の雑談を行っているケースの方が圧倒的に多い。 会議のテーマがあいまい、会議の進め方があいまい、何を話しているのか...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/13 10:04

企業研究・業界研究

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は企業や業界についてのお話です。 ビジネスパーソンが自らの仕事や企業、業界のことを振り返る機会が時々必要なのかなと思う。 日々ビジネスに携わっているのだから、必要性は感じないかもしれないが、実はよく分かってないことも多いのではないだろうか。 IT業界などは典型だが、時代の変化が激しいので、知識の補充が追い付かないということもあるでしょう...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/09 09:30

「自己キャリア」なのに会社まかせで良いのか

 今から数年前、企業内のミドル層からシニア世代の、キャリア自律を考えるというイベントに参加したことがあります。    その時に感じたのは、特に大企業に属している人や安定した職業についている人ほど、自分自身のキャリアを自分では考えず、会社まかせにしている傾向があったということです。最近は少し変わりつつある空気を感じはしますが、やはり基本的な傾向は同じです。    こういう人たちのマインドチェ...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/02/06 08:00

3,921件中 1~50 件目