当たり前だけどお金が出ていく - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当たり前だけどお金が出ていく

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、今日はJリーグ開幕記念日だそうです。
確か私が高校1年生の時だったかなぁ…。

保険について書いています。
保険の保障能力は他の手段には代え難いものです。
特に中小企業において、社長その人に起こる不慮の事態に対処するにはやはり保険が一番現実的ではないかと思われます。


ただし、では保険が無条件で良いものかというとそうではありません。
なぜなら保険に加入するということは

・保険料を支払わなければならない

という当たり前のデメリットがあるからです。
すごく当たり前なのですが…意外とこの当たり前のことを検討しないまま保険に加入されているケースが多々あります。

特に中小企業経営に関して言えば、手元の現預金残高について繊細にならなければなりません。
この点について少し補足します。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

借入を増やすとき 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/25 07:00)

まず保障額の想定について 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/21 07:00)

基本は掛捨て(個人的見解を含む) 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/18 07:00)

手元資金の重要性 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/16 07:00)

保険の保障能力は代え難い 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/14 07:00)