法人を独立させるタイミング - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人を独立させるタイミング

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、本日は世界保健デーとのこと。
保健というのも中々に定義が難しい言葉です。

商売の根っこについて考えています。
一事業につき一法人を設立する、という話を紹介しました。
これには一応タイミングがあります。

既存事業でプラス100が出ているとします。
これに併せて新規事業を開始しました。
通常、新規事業を始めたばかりの頃にはマイナスが出ます。
仮にマイナス30が出たとすると

100 △ 30 = 70

相殺されて70となり、これに課税をされます。
開業したばかりのころは、同一法人でまとめていると既存事業のプラスが良い具合に相殺されます。


これが新規事業でもプラスが出て、法人全体の利益が大きくなってくると新規部門も独立かなぁ…という話になるわけです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

独立採算、税制優遇 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/08 07:00)

あまりにも認知度が低い合同会社 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/07 07:00)

法人にすることで経営上のメリットがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/05 07:00)

消費税と法人設立の関係を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/25 07:00)

分散するだけの利益がなければ効果は望めない 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/23 07:00)