現状で加入している保険を確認する - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現状で加入している保険を確認する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務
おはようございます、今日はあの高橋名人の誕生日だとか。
てか名人、もう50歳を超えられているのですね…。

保険について書いています。
保険加入の時機について少しずつ話を進めています。

商売を始めた時点で保険加入(保障内容の見直し)が必要です。
まずサラリーマン時代に入っていた保険を確認することが大切です。
そもそもどんな内容の保険に入っていたのでしょうか?


例えばこれまでに入っていたのが「積立式で支出がやたらとデカイ保険」だったとします。
これから商売を始めるに辺りお金がたくさん必要なのに、保険でお金が大量に出ていく…というのはどうなのでしょう?
また積立式ということは、支出額に比べて保障額(自分が死んだりしたら入ってくるお金)は少ないことを意味します。


私見の繰り返しになりますが、保険はまず保障性から検討すべきです。
サラリーマン時代であれば貯蓄性重視でも良かったかもしれませんが、これから色々とお金が入り用なときに、保険に対してあまり大きなお金を回している余裕はありません。


現状で加入している保険を確認した上で、改めて加入すべき保険があるのかどうか検討する。
これは起業時に限らず常に有効な考え方です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

私生活面の変化 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/27 07:00)

商売を始めるとき 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/22 07:00)

保険会社に運用を任せるくらいなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/19 07:00)

基本は掛捨て(個人的見解を含む) 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/18 07:00)

保険の総括 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/08 07:00)