(閲覧数の多い順)特許・商標・著作権の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

特許・商標・著作権 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

特許・商標・著作権 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

783件中 1~50 件目 RSSRSS

[アメリカ特許制度] (10) 情報開示陳述書(IDS)

Information Disclosure Statement (IDS)の制度の下、米国特許出願の手続に関わる者は出願係属中は自己の知っている先行技術文献をUSPTOに提出する必要がある。(37CFR1.56,37CFR1.97,37CFR1.98,MPEP609)   対象となる出願 ・通常の出願に加え、reissue出願、植物特許出願、意匠出願、reexaminationもIDS提出...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2010/10/07 11:45

[アメリカ特許制度] (13) 維持年金

支払期限と料金 以下のページを参照 http://www.aperio-ip.com/c/patentsystems/us/13   支払可能な時期 ・上記支払期間経過後6ヶ月間       surcharge(37CFR1.20(h))の支払により追納できる。 ・上記支払期間+6ヶ月経過後   ・上記支払期間+6ヶ月~24ヶ月(支払期限から30ヶ月以内)であり、未納がunintent...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2010/10/15 14:38

新興国の知財制度を把握~日本との相違点を掴む~

新興国の知財制度を把握 ~日本との相違点を掴む~ 河野特許事務所 2013年2月14日 執筆者:弁理士  新井景親   インド、タイ、ブラジル等のいわゆる新興国へ進出している企業は多いのですが、新興国において日本と同様に知財のマネジメントができている企業は少数と言わざるを得ません。まずは各国の知財情報を手に入れることが必要ですが、その際、各国及び日本の制度との相違点に焦点を当てると把握し易...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/02/14 14:00

米国改正特許法逐条解説 第3回 (第1回)

米国改正特許法逐条解説 第3回 (第1回) 米国改正特許法逐条解説 (第1回) ~第3回 2011年改正法の要点~  河野特許事務所 2012年3月16日 執筆者:弁理士 河野 英仁   1.概要  第3回では、補充審査、情報提供制度、及び先使用権等について解説する。   2.補充審査(SE: Supplemental Examination)(AIAセクション12) (1)概要  補充審査とは特許発行後、特許に関連すると...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/03/16 14:00

米国特許判例紹介:ネットワーク関連発明の直接侵害成立要件(3)

米国特許判例紹介:ネットワーク関連発明の直接侵害成立要件(第3回) ~BlackBerry事件を考慮したシステムクレームの権利範囲解釈~ 河野特許事務所 2011年5月9日 執筆者:弁理士  河野 英仁        Centillion Data Systems, LLC,                         Plaintiff Appellant,            ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/05/09 14:00

米国特許判例紹介:ソフトウェア特許に対する権利侵害(第6回)

米国特許判例紹介:ソフトウェア特許に対する権利侵害(第6回)  ~ソフトウェアモジュールがロックされている場合に侵害が成立するか~ 河野特許事務所 2011年3月29日 執筆者:弁理士  河野 英仁              Finjan, Inc.,                    Plaintiff-Cross Appellant,                  v.     ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/03/29 14:00

中国特許判例紹介:中国における方法発明の解釈(第3回)

中国特許判例紹介:中国における方法発明の解釈(第3回)  ~方法クレームの権利範囲は記載した各ステップの順序に限定されるか~  OBE工業有限公司(ドイツ) 再審申請人(一審原告、二審被上訴人) v. 浙江康華眼鏡有限公司(中国) 被再審申請人(一審被告、二審上訴人) 河野特許事務所 2010年11月5日 執筆者:弁理士  河野 英仁    (4)北京市高級人民法院の判断  北京市高級...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/11/05 14:00

中国特許判例紹介:中国における方法発明の解釈(第1回)

中国特許判例紹介:中国における方法発明の解釈(第1回) 中国特許判例紹介:中国における方法発明の解釈 (第1回) ~方法クレームの権利範囲は記載した各ステップの順序に限定されるか~ OBE工業有限公司(ドイツ) 再審申請人(一審原告、二審被上訴人) v. 浙江康華眼鏡有限公司(中国) 被再審申請人(一審被告、二審上訴人)  河野特許事務所 2010年10月29日 執筆者:弁理士  河野 英仁 1.概要  中国における発明のカテゴリーは装置発明と方...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/10/29 14:00

インド特許法の基礎(第17回)(3)~強制実施権2~

インド特許法の基礎(第17回)(3) ~強制実施権2~   2014年10月31日 執筆者 河野特許事務所  弁理士 安田 恵   争点D)本件特許薬はインド領域内で実施されていたか?  裁判所は,特許薬の輸入がインド領域での実施に該当するか否かは事案毎に決定する必要があると判示した。    第83条(b)には,「特許は,特許権者に対して特許物品の輸入を独占することを可能にする...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/10/31 11:00

インド特許法の基礎(第16回)(2)~強制実施権~

インド特許法の基礎(第16回)(2)~強制実施権~ インド特許法の基礎(第16回)(2) ~強制実施権~   2014年10月3日 執筆者 河野特許事務所  弁理士 安田 恵   (5)申請の処理手続  強制実施権の申請処理の流れを図2に示す。   図2 申請処理手続の流れ   (a)申請書の送達および公告  特許付与日から3年経過後に強制実施権の申請があった場合,長官は,申請書の証拠を審査する。長官は,一応の証拠がある事...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/10/03 11:00

中国特許判例紹介(33)中国における均等論の解釈(第1回)

中国特許判例紹介(33)中国における均等論の解釈(第1回) 中国における均等論の解釈 ~日本企業が均等論を主張され敗訴した事例~ 中国特許判例紹介(33)(第1回) 2014年5月6日 執筆者 河野特許事務所 弁理士 河野 英仁   裴永植                    原告 v. ソニー(中国)有限公司                            被告   1.概要  中国では均等論による特許権侵害を認める事例...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/05/06 11:00

早わかり中国特許:第33回 中国特許民事訴訟の基礎

早わかり中国特許 ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~ 2014年 4月 8日 執筆者 河野特許事務所 弁理士 河野英仁 (月刊ザ・ローヤーズ 2014年2月号掲載)  第33回 中国特許民事訴訟の基礎   1.概要  第32回に引き続き中国における特許民事訴訟について解説する。   2.証拠交換 (1)開廷前の証拠交換  中国では米国にみられるディスカバリ制度は存在しな...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/04/08 14:00

セミナーのご案内(先進企業の特許に学ぶ)

日本IT特許組合では、先進企業(アップル、グーグル、アマゾンなど)の特許から米国のテクノロジー関連誌などで注目され、今後の製品・サービス開発のヒントになりそうな特許を選定し、皆さんにご紹介するセミナーを企画しました。  第3回は、マイクロソフトです。 米国における昨年の出願を中心に話題となった次の10件について、河野先生に解説いただきます。 前回のグーグルを受講した方からは、「とても分かりや...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/01/24 14:00

真正品の並行輸入~特許権者に無断で特許製品を輸入販売することはできるか~

真正品の並行輸入 ~特許権者に無断で特許製品を輸入販売することはできるか~ 2014.1.28 近藤 志津雄  真正品とは、特許権等を有する権利者によって適法に製造販売された製品のことです。真正品の並行輸入とは、外国及び日本で同一製品に対して特許権等を有する者がいる場合、第三者が外国で購入した真正品を権利者に無断で日本に輸入する行為です。その際、第三者の行為は条文上形式的には権利侵害に該...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2014/01/28 14:00

早わかり中国特許:第29回 中国特許民事訴訟の基礎(第1回)

早わかり中国特許:第29回 中国特許民事訴訟の基礎(第1回) 早わかり中国特許 ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~ 2013年12月10日 執筆者 河野特許事務所 弁理士 河野英仁 (月刊ザ・ローヤーズ 2013年10月号掲載)  第29回 中国特許民事訴訟の基礎(第1回)   1.概要  第28回に引き続き中国民事訴訟法について解説する。   2.時効 (1)時効2年の原則  中国専利法第68条第1項では時効について以下のとおり規...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/12/10 14:00

中国特許判例紹介(30) 中国における職務発明報酬の算出基準 (第3回)

中国における職務発明報酬の算出基準 ~意図的に特許を放棄した場合の算出基準~ 中国特許判例紹介(30) (第3回) 2013年11月29日 執筆者 河野特許事務所 弁理士 河野 英仁   重慶長江塗装機械場                    上訴人(一審被告) v. 石孝氷等                            被上訴人(一審原告)   6.コメント ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/11/29 14:00

特許権者による告知が信用毀損行為!~特許権者が損害賠償を命じられた事件~

特許権者による告知が信用毀損行為! ~特許権者が損害賠償を命じられた事件~ 2013.10.10 廣田 由利  不正競争防止法では、ライバル社が信用を失う虚偽の事実を知らせる、又は流す行為を信用毀損行為と定めています。この事件では、口紅に用いられる「繰り出し容器」(以下、「容器」と言います)の特許権を有するX及びXが代表を務めるatoo(株)(A社)が、この「容器」を用いた口紅を輸入・販...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/10/10 14:00

インド特許法の基礎(第5回)(2):特許出願

インド特許法の基礎(第5回)(2) ~特許出願~ 2013年10月4日 河野特許事務所  弁理士 安田 恵   (c)提出時期  各書類の提出時期は下表の通りである。出願時に必須の提出書類は願書、明細書、図面(必要であれば)、手数料である。 提出書類 提出時期 備考 願書 出願時 救済規定無し。 ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/10/04 14:00

中国特許判例紹介:中国における現有技術の抗弁(第2回)

中国特許判例紹介:中国における現有技術の抗弁(第2回) ~現有技術抗弁と特許請求の範囲との関係~ 河野特許事務所 2013年8月23日 執筆者:弁理士 河野 英仁               塩城沢田機械有限公司                    再審請求人(一審原告、二審上訴人)                     v.            塩城市格瑞特機械有限公司  ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/08/23 14:00

特許権侵害の損害賠償請求~損害額の算出に特許権者の実施は必要?~

特許権侵害の損害賠償請求 ~損害額の算出に特許権者の実施は必要?~  河野特許事務所 2013年6月4日 執筆者:弁理士 廣田 由利    特許法第102条は特許権が侵害された場合の損害額を推定するために設けられており、第1項は損害額を、(侵害者の販売数量)×(特許権者製品の単位当たりの利益額)で算出し、第2項は、侵害者が侵害行為によって得た利益の額を特許権者が受けた損害額と推定し...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/06/04 14:00

中国特許判例紹介:中国におけるプロダクトバイプロセスクレームの解釈(第2回)

中国特許判例紹介:中国におけるプロダクトバイプロセスクレームの解釈(第2回) ~製造方法により物を限定した請求項の権利範囲解釈~ 河野特許事務所 2013年5月20日 執筆者:弁理士 河野 英仁     万高公司                                 再審請求人(原審被告) v. 優他公司                                 ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/05/20 14:00

米国特許法改正規則ガイド 第10回 (第6回)

米国特許法改正規則ガイド 第10回 (第6回) 米国特許法改正規則ガイド 第10回 (第6回) 先願主義に関する規則及びガイドラインの解説 河野特許事務所 2013年4月24日 執筆者:弁理士  河野 英仁     (v)出願人同一の場合の例外 102条(b)(2)(C)    開示された主題とクレームされた発明とが、クレーム発明の有効出願日前に、同一人に所有されているか、または、同一人に譲渡する義務がある場合、先願は102条(...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/04/24 14:00

早わかり中国特許:第21回 復審請求 (第2回)

早わかり中国特許 ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~  第21回 復審請求 (第2回) 河野特許事務所 2013年3月14日 執筆者:弁理士 河野 英仁 (月刊ザ・ローヤーズ 2013年1月号掲載)   6.復審審査 (1)合議体  復審委員会で合議審査する案件は、3名または5名で結成される合議体により審査が行われる。一般的には3名の合議体により行われるが以下の場合には5名の合議...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2013/03/14 14:00

米国特許判例紹介 (第1回)

米国特許判例紹介  (第1回) 米国特許判例紹介  (第1回) アップル・サムスンのスマートフォン特許訴訟 ~ソフトウェア特許の文言解釈~ 河野特許事務所 2012年12月27日 執筆者:弁理士  河野 英仁                            Apple Inc.,                                    Plaintiff-Appellee,           ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/12/27 14:00

中国職務発明条例案のポイント

中国職務発明条例案のポイント 中国職務発明条例案のポイント 河野特許事務所 2012年12月20日 執筆者:弁理士 河野 英仁    中国国家知識産権局は職務発明に関する各種取り扱いを規定する職務発明条例案を公表した。現行専利法及び実施細則には既に職務発明に関する規定が存在するが(専利法第6条[1]等)、企業側と発明者側とのバランスが十分でないという問題があった。    そこで、発明者の権益保護に係る手続き及び実体内...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/12/20 14:00

米国特許法改正規則ガイド 第8回 (第2回)

米国特許法改正規則ガイド 第8回 (第2回) 米国特許法改正規則ガイド   第8回 (第2回) 発明者の宣誓または宣言と、譲受人による出願(AIAセクション4) 河野特許事務所 2012年10月24日 執筆者:弁理士  河野 英仁   (4)代替陳述書 (i)宣誓書または宣言書に代わる代替陳述書  発明者がサインできない場合もあることから、宣誓書または宣言書に代えて、一定条件下で代替陳述書を提出することができる(115条(d))...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/10/24 14:00

中国人に受け入れられる商標とは~漢字文化と外国商標~

中国人に受け入れられる商標とは ~漢字文化と外国商標~ 河野特許事務所 2012年10月16日 執筆者:弁理士 河野英仁     中国の街中を歩くと頻繁に目にする「麦当劳」、「肯德」、「星巴克」の商標、これらはどこの企業のブランドでしょうか。それぞれ米国のマクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、スターバックスコーヒーの中国登録商標です。  どうして英語の表記があるのにわざわざ「漢字...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/10/16 14:00

チュッパチャップス事件

チュッパチャップス事件 ~ウェブ上の商品展示等による商標権侵害~    河野特許事務所 2012年7月30日 執筆者:弁理士 大竹 康友    他人の権利を侵害する行為を行っている認識がなくても、侵害者と同様に法的責任を問われる場合があり得ます。それではどのような点に注意を払うべきなのでしょうか。近年盛んに行われているインターネット上の販売における以下の裁判例から考えてみましょう。 ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/07/30 14:00

早わかり中国特許: 第11回 (3)

早わかり中国特許 ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~ 第11回は外観設計特許の類否判断事例を紹介するほか、特許要件として規定されている実用性について説明する。 (第3回) 河野特許事務所 2012年6月25日 執筆者:弁理士 河野 英仁 (月刊ザ・ローヤーズ 2012年3月号掲載)   4.北京市高級人民法院の判断 類否は、SUVの一般消費者に対する視覚效果への影響を考慮すべきであ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/06/25 14:00

中国特許権侵害訴訟における現有技術抗弁 (第3回)

中国特許権侵害訴訟における現有技術抗弁 (第3回) 中国特許判例紹介:中国特許権侵害訴訟における現有技術抗弁 (第3回) ~現有技術抗弁における実質的相違の解釈~ 河野特許事務所 2012年5月18日 執筆者:弁理士 河野 英仁                                区徳健                                               一審被告、二審上訴人              ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/05/18 14:00

米国特許法改正規則ガイド (第6回)

米国特許法改正規則ガイド (第6回)  第1回 河野特許事務所 2012年4月27日 執筆者:弁理士  河野 英仁   (9)規則1.64「宣誓又は宣言をする者」の改正、及び 規則1.67「宣誓書または宣言書の非順守」の改正 (i)規則1.64(b) の注意点  規則1.64(b)では法定代理人の国籍は不要とする点改正された。宣誓書または宣言書において発明者の国籍の記載要件が米国特許...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/04/27 14:00

米国特許法改正規則ガイド (第4回)

米国特許法改正規則ガイド (第4回)  第1回 河野特許事務所 2012年4月23日 執筆者:弁理士  河野 英仁     (4)「規則1.41 特許出願人」についての規則改正 (i)規則1.41(a)(3)についての注意点  規則改正により、国籍の記載が不要となったことから、規則1.41(a)(3)においては非仮出願で宣誓書・宣言書が存在しない場合に、国籍の記載が不要であることを確...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/04/23 14:00

早わかり中国特許:第7回 特許要件 新規性と新規性喪失の例外(2)

早わかり中国特許 ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~ 第7回 特許要件 新規性と新規性喪失の例外(第2回) 河野特許事務所 2012年3月5日 執筆者:弁理士 河野 英仁 (月刊ザ・ローヤーズ 2011年11月号掲載)   3.抵触出願に基づく新規性喪失  いかなる機関又は組織又は個人により出願日前に国務院特許行政部門に出願され、出願日後に公開された特許出願書類又は公告された特許書...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2012/03/05 14:00

[アメリカ特許制度の改正] Inter Partes Review

今回の改正では、Post-Grant Review制度に加えて、Inter Partes Review制度が設けられました。これは現在のInter Partes Reexaminationに取って代わるものです。 このInter Partes Review制度は、特許発行から9ヶ月経過後(Post-Grant Reviewが申し立てられた場合はその手続の完了後)に特許権者以外の者が特許の取消を求...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2011/11/02 17:50

米国特許判例:審判請求時における従属クレームに対する議論(4)

米国特許判例紹介:審判請求時における従属クレームに対する議論(第4回) ~形式的な議論では独立クレームと生死を共にする~               In re Lovin, et al. 河野特許事務所 2011年11月11日 執筆者:弁理士  河野 英仁   1998年第2回改正規則1.192(c)(7)[1]は以下のとおり。 審判請求人が争い、かつ、2以上のクレームに係るグループ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/11/11 14:00

[アメリカ特許制度の改正] 特許表示に関する改正

特許表示に関しては以下の2点について改正が行われました。1.虚偽特許表示に対する訴訟の制限 - §292(a)の虚偽特許表示に基づく訴訟を国のみに認めるようにした。2.特許表示要件の緩和 - インターネット上に特許製品と特許番号の情報を掲示するVirtual Markingを認めるようにした。より詳しくはアペリオ国際特許事務所のコラムをご参照下さい。(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2011/10/19 13:53

[アメリカ特許制度の改正] 複数の被告に対する訴訟の制限

これから数回にわたって先日署名された米国特許法の改正のポイントについて解説していきたいと思います。まずは、複数の被告に対する訴訟の制限についてです。近年、複数の企業に対して特許権侵害訴訟を提起し損害賠償金などを獲得しようとする者(パテントトロール)が問題視されていますが、今回の改正では、このようなパテントトロールによる訴訟を抑制すべく、「同一の特許を侵害している」ことのみをもって複数の被告を1つの...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2011/10/13 22:13

早わかり中国特許:第1回 中国特許の基本的枠組み(第2回)

早わかり中国特許  ~中国特許の基礎と中国特許最新情報~ 第1回 中国特許の基本的枠組み(第2回) 河野特許事務所 2011年7月12日 執筆者:弁理士 河野 英仁 2.関連する法規  中国特許の実務上重要な法規として、以上述べた専利法に加えて、中華人民共和国専利法実施細則(以下、実施細則という)、専利審査指南及び司法解釈がある。また、中国において特許訴訟に発展した場合、中華人民共和国民...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/07/12 14:00

共同研究を無駄にしないために

共同研究を無駄にしないために ~共同発明者の特定の重要性~ 河野特許事務所 2011年6月28日 執筆者:弁理士 野口 富弘 企業や大学等で共同研究・共同開発が一般化する中、共同発明者の一部によって特許権が取得されるケースが発生しており、共同研究等の精華を適切に保護することが重要になってきています。そこで、一つの裁判例(本事案)を通じて共同研究時の留意点を紹介します。 1.事案の概要  被...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/06/28 14:00

中国特許判例紹介:中国における補正の範囲(第4回)

中国特許判例紹介:中国における補正の範囲(第4回) ~意見書の記載を考慮して補正の範囲を判断した事例~ 河野特許事務所 2011年6月13日 執筆者:弁理士 河野 英仁         セイコーエプソン株式会社                               一審原告、二審上訴人                 v.         知識産権局専利復審委員会       ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/06/13 14:00

コンピュータ関連発明の機能的クレームに対する審査ガイドライン(2)

コンピュータ関連発明の機能的クレームに対する審査ガイドライン(第2回) ~米国特許法第112条審査ガイドライン公表される~ 河野特許事務所 2011年4月22日 執筆者:弁理士  河野 英仁 (3)CS関連発明の機能的記載に関する明細書の記載要件(adequate written description requirement)    米国特許法第112条パラグラフ1は以下のとおり規定し...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/04/22 14:00

商標の基礎知識1(商標って何)

1.商標ってなんなんでしょう。 とりあえず、イメージしてください。 (1)企業の立場として     商品に名前がなかったら。どうやって、自社の商品を買ってもらうか。     例えば、「自動車」 名前(商標)がなかったら、どぷやって宣伝しますか?                   広告では、必ず「会社名・販売店名」と「車の名称」が表示されます。          「会社名」の告知によって「...(続きを読む

峯 唯夫
峯 唯夫
(弁理士)
公開日時:2010/10/05 23:40

米国仮出願の拡大先願の地位(第5回)

米国仮出願の拡大先願の地位(第5回) ~Secret Prior Art~ In re Giacomini, et al.  河野特許事務所 2010年10月22日 執筆者:弁理士  河野 英仁 (4) 非自明性判断  さらに、米国においては非自明性判断時に拡大先願地位を有する先願が一定条件下で利用される点に注意すべきである。すなわち、米国特許法第103条(c)*11の規定により、102条...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/10/22 14:00

米国仮出願の拡大先願の地位(第4回)

米国仮出願の拡大先願の地位 (第4回) ~Secret Prior Art~ In re Giacomini, et al.,  河野特許事務所 2010年10月19日 執筆者:弁理士  河野 英仁 5.結論 CAFCは、Tran仮出願日が後願排除効発生日であり、新規性なしと判断した審判部の決定を支持する判決をなした。 6.コメント  米国特許法第112条(e)の後願排除効発生日は原出...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/10/19 14:00

USPTO内部インストラクション発表される〜(第7回)

Bilski最高裁判決を受けたUSPTO内部インストラクション発表される        〜方法クレームに対する保護適格性判断〜(第7回)     河野特許事務所 2010年9月3日 執筆者:弁理士  河野 英仁                  4.コメント  今回発表された内部インストラクションはあくまで方法クレームに対して適用されるものであり、装置クレーム・記録媒体クレームに対して...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/09/03 14:00

中国における均等論の解釈(第7回)

中国における均等論の解釈 ~均等論と従来技術の記載~ (第7回) 上海麗雨光電有限公司 上訴人-原審被告 v. 鶴山麗得電子実業有限公司 被上訴人-原審原告 河野特許事務所 2010年8月4日 執筆者:弁理士  河野 英仁 6.コメント  中国における均等侵害成立には、手段・機能・効果と、容易想到との4要件が必要とされる。本事件は具体的にどのような場合にこれらの条件を満たすか...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/08/04 10:00

記録媒体クレームの特許性について

記録媒体クレームの特許性について    〜USPTOによる拒絶回避のための提案〜     河野特許事務所 2010年5月28日 執筆者:弁理士  河野英仁                米国特許商標庁(USPTO)は、2010年1月26日記録媒体クレームに関する注意事項を発表した。  米国出願に際しては、クレームに「プログラム」の記載が認められないことから、記録媒体(Computer Rea...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2010/05/28 18:44

[アメリカ特許制度] (11) 特許期間

特許期間 出願日から20年で満了(1995年6月8日以降の出願)(35USC154(a)(2)) (1995年6月8日以前の出願は特許発行日から17年) ・国際出願:国際出願日 ・仮出願:仮出願日ではなく、通常の出願日 ・パリ優先権主張出願:優先日ではなく、実際の出願日(35USC154(a)(3)) ・継続出願・分割出願:親の出願日(親の出願日が1995年6月8日以前であっても親の出願日から...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2010/10/08 14:44

[アメリカ特許制度の改正] 先願主義への移行

今回の改正で最も注目されているのはやはり先願主義への移行でしょう。以下に概要を説明します。 今回の改正では、有効出願日(effective filing date)を基準として新規性・進歩性が判断されることになりました。 この有効出願日とは、(1)出願日の利益を享受できる最先の日(優先日・仮出願や親出願の出願日)、そのような日がなければ(2)実際の出願日のことをいいます(§100(i)(1))。...(続きを読む

森 友宏
森 友宏
(弁理士)
公開日時:2011/11/10 21:52

米国特許判例紹介:ソフトウェア特許に対する権利侵害(第1回)

米国特許判例紹介:ソフトウェア特許に対する権利侵害(第1回)  ~ソフトウェアモジュールがロックされている場合に侵害が成立するか~ 河野特許事務所 2011年3月11日 執筆者:弁理士  河野 英仁              Finjan, Inc.,                    Plaintiff-Cross Appellant,                  v.     ...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
公開日時:2011/03/11 14:00

783件中 1~50 件目