(新着順)顧客満足・コンプライアンス研修の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

顧客満足・コンプライアンス研修 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

顧客満足・コンプライアンス研修 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

316件中 1~50 件目 RSSRSS

えっ、また不正?-起こった時の注意点

それは何か? 不正が起こらないよう手を打ったのに、また起こった。 無策でいるわけではないのに、なぜ? そんな時は、ここを見て下さい。  (1) 外の目線から見た時、  (2) うちは「再発してしまうような、だらしない会社」になっていないか? *******************************************      「もっと家事を手伝ってよ、私だって大変なんだから」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/21 08:00

コンプライアンスを守る人になる「とても大切なこと」

それは何? 不祥事を起こした企業は、不祥事を再発させてはなりません。 そして、それを口先だけで終わらせないよう  「コンプライアンスを守る人」を育てねば なりません。 では、不祥事を起こした企業は  社員に何を教えるべきか? それは、  「都合の悪いことから逃げない」 です。 *******************************************      誰だって痛い...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/16 08:00

コンプライアンス対策を「本当に効かせる」方法

それは何? 不祥事を起こした企業が同じ事を繰り返さないようにする。 それには  コンプライアンス対策を「本当に効かせる」 ことが必要です。 では、どうすれば  「本当に効かせ」られるか。 知っていますか? 答えは、  【表面】 でなく、【根本】 を変える です。 なぜか? それは下で示したように  「表面(政権や政治家)だけを変えても結局変わらない」 と考えるからです。 ****...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/14 08:00

「善悪を見分け、行動する力」をつけるには

どうすればいい? 不祥事を起こした企業に必要なこと。 それは、 「善悪を見分け、行動する力」の強化 です。 でも、この力は ありきたりな研修をさらっとやらせても強化できません。 なぜか? 不祥事の再発防止に必要な  「善悪を見分け、行動する力」の根本は、  【ものごとの価値を判断する力】 もっと言うと、 「全人格を賭して行う『価値判断』」 にある からです。 ***********...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/09 08:00

不祥事ノー、コンプライアンス研修の企画ネタ

どんなネタ? 不祥事を起こした企業がコンプライアンス研修をやろうとする。 どんな企画がいいでしょうか? 大事なテーマがあります。 それは、  「人は自分のことは見えない」 という心理 です。 なぜこれが大事か? (1)コンプライアンス研修はどうしても  「他人事(ひとごと)」になりがち だからです。 (2) 普通の研修を普通にやるだけでは  「自分は大丈夫」と思ったままで終わる からで...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/08 08:00

不祥事を防ぐ「平易、簡単、教育のツボ」

それは何? 不祥事を起こした企業が不正を防止するため コンプライアンス教育を実施する。 その時の「大事なツボ」、  あなたは知っていますか? 答えは  「幼稚なへ理屈を言わない、言わせない」 です。 *******************************************      「不正な行為で利益を増やした経済人」    「自分の失敗を素直に詫びようとしない上級管理職」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/07 08:00

「不祥事、再発抑止、すべきこと」(2)

それは何? 前回から続けます。 不祥事を起こした企業の社員が 再発を抑止するためにすべきこと。 その2つ目は、   「お金と競争にまみれた自身の日常」    を見つめる    ・・良し悪しを問うのではなく、ただ真っ直ぐに見つめる です。 なぜか? 不祥事の根源は、  結局のところ、モラルや人間性に行き着く からです。 *****************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/06 08:00

「不祥事、再発抑止、すべきこと」(1)

それは何? 不祥事を起こした企業が再発を抑止しようとする。 何が社員に必要でしょうか? 無関係に見えるが、実は大きく関係する 「すべきこと」があります。 それは、  そもそも「何のために生きているのか」を考える です。 なぜ、こんなことが必要か? *******************************************      その理由を以下に記す。    「どう生...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/03 08:00

不祥事撲滅 「グレーゾーン、判断、ポイント」

それは何? 不祥事を起こした企業にとって、不祥事撲滅は絶対課題。 何としても再発を防止しなければなりません。 そんな企業は、  (1)グレーゾーンに直面した時、どうすればいいか?  (2)そのために、事前に何を鍛えておかねばならないか? を社員に教える必要があります。 上の2つの答え。 何だか分かりますか? 答えは、  (1a) 土壇場の修羅場では、ルールや罰則などの「客観的基準」など頼り...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/02 08:00

不祥事、再発を防ぐ「上司の力」

それは何か? 不祥事を起こした企業が不正の再発を防げるかどうかは、   「部下を指導する上司に力があるか否か」 で決まります。 では、  「力のある上司」 とはどんな人か? それは、  (1) 他人のことを言う前に、  (2) 自分が行動し、  (3) 自分を証明する   すなわち、 下記の父親とは真逆 の人です。 ***********************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/01 08:00

不祥事を再発させてはならぬことを「本気で理解させる」には?

これがその方法 不祥事を起こした企業は再発を防がねばなりません。 社会の一員として存在している以上、当然の責務です。 ホームページで謝罪し、 再発防止を約束。 それを「口だけ」で終わらせたくなければ、 社員に、不祥事を再発させてはならぬことを「本気で理解」 させねばなりません。 本気で理解させる。 どうしたらいいか分かりますか? 答えは、  (1) 自社の視点、自分の目線を捨てる。  (...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/31 08:00

不祥事経験企業が知るべき「コンプライアンス学習理論」

それはどんな理論? 不祥事経験企業はコンプライアンス教育をしっかりやらねばなりません。 不祥事を再発させてはならないからです。 そんな企業が知っておくべき大事な「コンプライアンス学習理論」があります。 それは、  ◆ 不祥事を再発させないためのコンプライアンス教育で重要なことは「腹の底から理解する」こと。  ◆ そうでないとまた「同じ轍をふむ」から。 腹の底から理解させたければ以下の2つが...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/30 08:00

不祥事の再発を防ぐ「圧力に負けない社員」を育てるには

そのポイントは? 不祥事を起こした企業が事故の再発を防ぐために  「圧力に負けない社員」を育てようとする。 何が必要でしょうか? 答えは、   テクニックでなく   「人間を鍛錬する」・・特に精神を です。 *******************************************      1.逆風が吹いても耐え抜き、復活する人は         「独自の世界観を確立させて...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/27 08:00

不祥事を再発させない上司に必要な「大事なもの」

それは何か? 不祥事を起こした企業。 そういう企業の上司は、 不祥事を再発させないために 「大事なもの」を持たねばなりません。 一体何か? それは、  「人としての厚み」をもたらす  「上から目線でない人間らしさ」 です。 *******************************************      その3      「お言葉ですが、それは見直すべきです」と役員に苦...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/26 10:17

研修をやっているのに不祥事が再発する時の「問題点」

何がいけない? コンプライアンス研修をやっているのに不祥事が再発する、 ということがあります。 研修なんて無駄なのか?  ・・いいえ、違います。 では何が問題なのか? 答えは、  「中途半端」 です。 *******************************************      他人から学んだことをさも自分自身で学んだことのように自他に思わせ、     安心している...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/25 08:00

不祥事の再発防止教育「重視すべき」ポイント

その正体は? 不祥事を起こした企業が同じ事を繰り返さぬよう誓い、再発防止教育を行う。 その時、重視すべき大事なポイントがあります。 それは何か? 答えは、  「人間の弱さ」を正視する    ◆ 人間の弱さを卑下するのでなく、    ◆ 奇を衒い正当化するのでもなく、    ◆ ただ、ありのままに正視する です。 **************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/24 09:00

不祥事発生後のコンプライアンスリーダーに必要な「新しいコンプライアンスマインド」

気づくべき「大切な」こと 不祥事の再発を防ぐ。 そのために不祥事発生後のコンプライアンスリーダーは、  「新しいコンプライアンスマインド」を持たねばなりません。 どういうことか? *******************************************      「コンプライアンス部」あるいは「コンプライアンス担当」の仕事は何か?       ・ データを集めることではあ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/23 08:00

不祥事を再発させない「習慣づけ」

それは何? 不祥事を再発しない、させない。 そのためには  新しい「習慣づけ」が必要です。 どんな習慣づけか? それは、  「権威や社会的に認知されているものを鵜呑みにしない」を意識し実行する 、 です。 例えば、こんなふうに。 *******************************************      コストを下げた会社が賞賛された。    生産性を高めた会社...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/20 08:47

不祥事企業が「生まれ変わる」キーワード

それは何? 不祥事を起こした企業が「不正しない会社」に生まれ変わろうとする。 そういう企業が心に刻むべき大切な言葉があります。 どんな言葉か知っていますか? それは、  「 啐啄同時 (そったくどうじ)* 」 です。 (*禅の言葉で、師と修行者の心が同時に合うこと) どういうことか? 不祥事を起こした企業が生まれ変われるか否かは 結局のところ、    【 <再生を働きかける側>と<そ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/19 11:45

「不祥事発生直後」のコンプライアンス教育ポイント

それは何か? 不祥事を発生させた企業が、大急ぎでコンプライアンス教育を実施する。 その時、「正しく行う」ポイントはどこにあるか。 知っていますか? 答えは、  (1) 欲張らない  (2) 宣伝や業者の企画書を鵜呑みにしない  (3) 実際にやったらどうなるかを推論する です。 *******************************************      担当者の上司...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/18 17:20

アフター不祥事の組織変革論

それは何? 不祥事発生後(アフター不祥事)の企業が食らいつくべき組織変革論。 一体何か、わかりますか? それは、  「人間論に基づいた組織変革」 です。 *******************************************     役員が言った。    「会社がここまで悪くなったのは社長のせいだ。      社長は自ら責任をとるべきだ」     ・・・しかし、それを言っ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/17 18:18

不祥事を起こした企業が再発を防止するには

大事なことは何? 不祥事を起こした企業が再発防止を誓う。 何をすべきでしょうか?  ・ 社長が頭を下げるだけではダメです。  ・ 新しい仕組みを導入するだけでもダメです。 再発防止を誓う企業がすべきは、  「社員に仕事のやり甲斐を持たせる」 です。 なぜか?  「やり甲斐を持てなければ、人は仕事を大切にしない」 からです。 でも、ただの「やり甲斐」ではダメです。 持たせるべきやり甲斐と...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/16 12:07

不祥事発生企業に「テンプレ化された研修」は効かない

そのワケは? 不祥事発生企業が不正の再発防止のためにコンプライアンス研修を行う。 その時、 「テンプレ化された研修」を行うことはおすすめできません。 なぜか? テンプレート化された研修は、  「誰にでもあてはまる研修」だからです。 *******************************************    他社や他者の考え、ノウハウはそれを咀嚼し自分の血肉にしてはじめ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/13 18:10

不祥事を起こした企業に必要な社員の力

それは何か? 不祥事や違反を起こす企業には、  (1)不正を行為するよう「社員の背中を押す」何か       ・・・風土、トップの立ち居振る舞い、現場の空気 など  (2)社員に自分の行為を「エクスキューズ(言い訳)させる」何か        ・・・上司の言葉、職場の人間関係、顧客からの圧力、など があります。 だから、必要なのです。 「流されない力」が。 流されない力はどうすれば得られるか...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/10 16:22

事例で理解 「ネットコピペ、著作権侵害」の原因-キュレーションサイトだけでない

それは何か? 先月大きく報道された  キュレーションサイト、キュレーションメディアの事件を含め、  ネット上の「コピペによる著作権侵害」が問題になっています。 他人のものを悪びれずに借用・剽窃・お化粧し「まかり通して」しまう。 なぜ、こんなことが起こるのか? それは、キュレーションサイトの運営者やキュレーションメディアのライターが   <結局のところ「他人のふんどしで飯を食っている」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/01/05 01:58

コンプライアンス-「守る組織」に変わるには?

ポイントは何か コンプライアンスを守らない。 そんな組織が「守る」に変わるには  何をしたらいいでしょうか? 答えは、    意識して「他人の苦言」を求める  です。 *******************************************      私は社内の実態を調査した。      確かに、社員の危機感は薄かった。      確かに、社員の昇給額は少なかった。  ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/28 08:36

コンプライアンスの意識づけ

その方法は? 社員にコンプライアンスを意識させたい。 でも、なかなか意識してくれない。 この、やっかいな  「コンプライアンスの意識づけ」問題。 避けられるものなら避けて通りたいですね。 でも、そうはいきません。  (そう、やらなくてはいけない!) どうすればいいでしょうか? 答えは、  「理詰めで説得しない」 です。 なぜか? 「理詰めで説得すればするほど、気持ちが離れる」 からです...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/26 15:37

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その2)弊社の考え方

お知らせ [不祥事で報道された企業]、及び、[報道されなかったが不祥事が起こった企業]だけに コンサルティングと教育を行う会社(http://www.pensee.co.jp/archive/index.html) の代表が、以下の条件に当てはまる企業に 「弊社の考え方」をお話しします。 【条件】 (A)不祥事を起こし報道された企業で、弊社の考えに興味がある  或いは、報道されなかったが不正...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/26 12:13

不祥事・不正・違反が起こった企業へ (その1)再発防止の秘訣

お知らせ [不祥事で報道された企業]、及び、[報道されなかったが不祥事が起こった企業]だけに コンサルティングと教育を行う会社(http://www.pensee.co.jp/archive/index.html) の代表が、以下の条件に当てはまる企業に 「再発防止の秘訣」をお話しします。 【条件】 (A)不祥事を起こし報道された企業、或いは報道されなかったが不正・違反が起きた企業、で  かつ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/26 11:47

Conditio sine qua non-コンプライアンスを守らせる「不可欠条件」

それは何? コンプライアンスを絶対に守らせよう。 そうあなたが考えたとします。 あなたはどうしますか? 大事なことを教えます。 実は、それが実現するには  ラテン語の Conditio sine qua non (日本語では「不可欠条件」)  =【それが成立するために絶対に必要な条件 】 がある、 のです。 この、  コンプライアンスを守らせる「不可欠条件」 とは何か? 答えは、  「...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/14 16:38

業務中におけるコンプライアンス指導のポイント

これが大事 業務中におけるコンプライアンス指導のポイント。 それは何か? 答えは  「怒る」 でなく 「叱る」 、 です。 *******************************************    上司が部下を叱りつけた。   「何だその態度は。私がここまでいうのは君が自分の現状に全く気づいていないからだぞ。」    その言いぶりは部下に成長して欲しいという上司としての...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/08 11:40

【違法残業対策】 違法残業を撲滅-その時の取り組み姿勢

それは何か? 違法残業対策を策定し、違法残業を撲滅したい。 そんな時に必要な取り組み姿勢は何か? 答えは、  【 「残業を無くすなんて無理に決まってるだろ」 と居直らない】 です。 なぜか? 居直ると、  ◆ 思考 が閉じ、  ◆ 発想 が限定され、  ◆ 抜本的な見直し ができなくなる、 からです。 そして、何をするか? 選択肢は 「3つ」 あります。  (1) コンプライアンス相...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/05 09:59

違法残業を「本当になくす」方法

それは何か? 違法残業をなくしたい。 それも「本当に」なくしたい。 どうすればいいでしょうか? 答えは、  (1) 【とりあえず、即効性を】 をやらず、  (2) 【現実を直視する】=【実態を認める】 です。 *******************************************    こういうこと。    社内で横行していませんか?     ◆ 効率     ◆ スピー...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/02 17:13

組織内コンプライアンスの高め方

それは何か? 組織内コンプライアンスを高めたい。 どうしたらいいか? 答えは、  「自分で汗をかく」 です。 *******************************************    ・ コンサルタントを雇っている会社がコンサルタントに言いました。      「どうすればいいんだ、解決策を出せ。そのためにお前を雇ったのだ。」    ・ 研修の受講生が講師に言いました...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/12/01 00:15

コンプライアンス違反事例 -何が悪い? 原因は?

そして、どうすればいい? 今朝の新聞にこんな記事がありました。 [引用開始]    佐川急便社員で東京営業所(東京・江東)の運転手らが駐車違反の身代わり出頭を知人らに依頼した事件で、    同社係長に出頭役を探すよう命じられた社員が「上司の指示で断れなかった」と供述していることが23日、    警視庁交通捜査課への取材で分かった。     (中略)    容疑者は「係長の指示なので断れない」と...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/11/24 11:12

コンプライアンス教育の盲点

それは何か? 現在行われているコンプライアンス教育を見ていて思うこと。 それは、  「大事なことを忘れているのでは?」 という疑問です。 「大事なこと」とは何か? それは、  【 <一度教えたこと> を徹底させる 】 ことです。 *******************************************    あるコンサルティング会社に問い合わせがありました。    問い...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/11/18 06:00

「コンプライアンス精神」の拠り所

それはどこに? コンプライアンスは「スキルを教える」だけでは実行されません。 スキルは「技術」や「道具」であり、 使われなければ“床の間の飾り”に過ぎないからです。 では、スキルが使われるには何が必要か? スキルを行動に移す「動力源」=「エンジン」です。 では、人間の中にあるエンジンとは何か? そう、  <スキルを使うように自分を仕向ける【意志・気持ち】>=【コンプライアンス精神】 です...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/11/11 06:00

コンプライアンス指導の強化ポイント

それは何か? コンプライアンス指導の強化ポイント。 それは何でしょう? 答えは、  (1) 指導者自身が「筋を通した日常」を生きる、  (2) 例えば、「自分の都合で行動や発言を変える」を封印する 、 です。 *******************************************    ある会社が業績悪化し、社員の賃金をカットせざるを得なくなった。    社長は「毎月のお...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/11/04 06:00

コンプライアンスが徹底されない簡単な理由

答えは身近なところにある コンプライアンスの仕組みを導入した。 誓約書も書かせた。 コンプライアンス研修もやった。 でも、守られない。 なぜでしょう? それは、  小さなことを「まあいいか」で済ます、 からです。 *******************************************  (A)規則なのだから守る  (B)お客様の要望だからその場で乗せる  (C)自分の売...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/10/28 06:00

コンプライアンスの実行に必要なもの

それは何か コンプライアンスの実行に必要なもの。 それは何でしょう? 答えは、  「人間性」 です。 なぜか? コンプライアンス違反は、 【人として恥ずかしい“品の無い行為とその蔓延”】 が生み出す  (http://profile.ne.jp/w/c-165316/) からです。 では、具体的に必要なのは何か? 例えば、  「機微を理解する心」 です。 *************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/10/21 00:42

コンプライアンスを実行するのは誰か

当然のことが“理解”されていない コンプライアンスの対策。 いろいろやっている。 でも、コンプライアンスが上手くいかない。 そういう会社、多いです。 なぜか? ◆ あたりまえのことが「本当の意味で」分かっていない、 であろうからです。 どういうことか? ◆ コンプライアンスを実行するのは「人」なのに、 ◆ 現実は、人よりも「仕組み」とか「制度」とか「組織」の方に多くの関心と対策が費や...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/10/14 06:00

コンプライアンス-形骸化対策

どうすればいい? 規則を作ったが、形骸化している。 マニュアルを配布したが、形骸化している。 誓約書を書かせたが、形骸化している。 なぜこうなるのか? 「結局、他人事(ひとごと)」 だから、 です。 そんな時は、はっきり言ってやりましょう。  「お前だって、いざとなったら分からない」と。 ◆ パイロットは、訓練を本気でやります。     手を抜くと「いざという時動けない」、を知っているか...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/10/07 06:00

コンプライアンス研修の選び方

これがその方法 自社にふさわしいコンプライアンス研修。 自社に必要なコンプライアンス研修。 自社がすべきコンプライアンス研修。 どうやって選べばいいか。 答えは、 「業者任せにしない」 です。 *******************************************   経営理論には流行がありその流行り廃りを受けてビジネス書のトレンドも決まったりします。   ビジネス書で語ら...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/09/30 06:00

コンプライアンスに必要な「道徳力」のポイント

それは何か? コンプライアンスを守るには「道徳力」が必要です。 しかし、それは「知識としての」道徳力ではいけません。 必要なのは、  (1) 「日常の些事」の中で  (2) 「その人自身の人間性の一部」として  (3) 「実際の行動」として現れる 道徳力です。 *******************************************  (A)     混雑した車中。     ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/09/23 06:00

コンプライアンス学習-頭に叩き込むべきキーワード

それは何か? コンプライアンスを学びたい。 コンプライアンスを学ばせたい。 その時、  「頭に叩き込むべきキーワード」 は何か? 答えは、  「コンプライアンスは<考えて>学ぶ」 です。 なぜか?  ◆ コンプライアンスは「単純」なようで、実は 「ものすごく複雑で難しい」 、 からです。 だってそうではありませんか。 規則は守らねばならない、と知っている。  ・・・でも守れない。 皆...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/09/15 05:00

法令順守に必要なもの

これがなければ何をやっても無駄 法令順守に必要なものは何か? あなたは知っていますか? ◆ 罰則ではありません。 ◆ マニュアルではありません。 ◆ 誓約書ではありません。 ◆ 研修で習う知識やノウハウではありません。 *******************************************    目標数値の桁が増え、部下の数が増し、社内政治に翻弄された。    気力と体力が...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/09/08 05:00

集合研修の限界と打ち破り方(コンプライアンス)

こうすればいい コンプライアンス集合研修の限界。 それは、「本気になれない」です。 なぜ本気になれないか? 「群れる」から、です。 ・ 群れると、どこか気を抜く。 ・ 群れると、どこか純粋になれない。 ・ 群れると、余談が増え“ままごとの茶番”と化す。 のです。 *******************************************    コンプライアンス違反を起こした組織...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/09/01 06:00

部下の心を響かせるには (コンプライアンス研修の方法)

こうすればいい 効果を上げるコンプライアンス研修の方法。 例えば、現場の管理職やリーダーに「部下の心を響かせる指導力」を学ばせたい。 どうすればいいか知っていますか? 答えは、  【理論や資料の受け売りをしない、させない】 を徹底させる です。 *******************************************     私が違和感を感じる人とは         「一見、...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/08/25 00:58

社内窃盗者の扱い方

これが方法 社内で窃盗者が出たらどうすればいいか? 以前のコラムでこう書きました。  ・ 理由を聞く  ・ 警察へ通報する  ・ 社内規程に従い、懲戒等の処分を行う  ・ そして「義務感からでなく、本気で憤り、本気で情けなく思い、ひとりの人間として本気で叱る」   ( http://profile.ne.jp/w/c-173453/ ) 加えて、何をすべきか? 答えは、  「徹底した個...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/08/18 06:00

(自前で出来る) コンプライアンスのネタを探し、課題を設定する方法

こうすればいい コンプライアンスのネタを探し、課題として設定する。 自前で、 しかも費用をかけずに。 どうしたらいいでしょうか? 答えは、  (1) あなた自身が「現場」へ行き、  (2) 「現場」と深く向き合い、  (3) 「ああ、これだ」と思うものが見つかるまで考え続ける です。 どういうことか? ******************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2016/08/04 05:00

316件中 1~50 件目