(新着順)人材育成の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

人材育成 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

人材育成 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

3,841件中 1~50 件目 RSSRSS

IT人材白書2017

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はIT人材についてのお話です。 情報処理推進機構(IPA)は、「IT人材白書2017」を公開しました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042401262/?mln 今回の2017年版は、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)などを駆使した「デジタルビジネス」を推進するI...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/05/05 10:03

ビジネスパーソンとしての常識

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は常識についてのお話です。 一部の例外の人を除くと、ビジネスパーソンとしての常識は重要だと感じる。 多くのビジネスパーソンの方と会う機会が多いからかもしれないが、最近特にそう感じる。 あえて常識を捨てて行動し、その点が評価されている一部のビジネスパーソンがいることは間違いないが、その他大勢のビジネスパーソンにとって常識は重要。 挨拶や...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/04/27 09:50

自分の一番身近にある素材「性格」をどう活かしましょう

さて。だれにもある自分の性格。一番身近にある、「素材」の一つです。   これを、どう自分のキャリア開発に利用することができるのかな? と、考えたことをまとめました。   先日来、ご質問の多い「マスクの着用」について。   この頃の花粉症は、スギだけにとどまらず、引き続きヒノキにも反応して、 マスク着用期間が長くなっています。   マスクって、外したほうがいいの? 外さないほう...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2017/04/24 15:52

浅田真央さんを見てあらためて思う、彼女が万人に好かれて応援される理由

 フィギュアスケートの浅田真央さんが、先日現役からの引退を発表されました。引退会見は彼女らしい良い雰囲気で、お疲れ様という気持ちとともに、これからの彼女の活躍を祈らずにはいられません。  これは数年前の記事ですが、フィギュアスケートの取材を20年以上しているという、ある女性ジャーナリストが書かれていた浅田真央さんに関するお話からです。  このジャーナリストの方は、浅田さんのお母様と年...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/04/18 08:00

(0012) スマホばかり見ちゃうわけ ―どうしたら止められる?

私たちをスマホから解放してくれるサービス があるそうです。 (引用始*)   スマホ疲れ…求む「圏外」 癒やしのサービス続々    カフェ、電源オフには特典/宿泊施設、地図だけで街歩き    どこにいてもインターネットに接続できる便利さから急速に普及したスマートフォン(スマホ)。    画面を常にチェックするのが習慣になり、気になって仕方がない。    交流サイト(SNS)から解放されたい、...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/04/11 08:00

会議の目的

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は会議についてのお話です。 多くの企業、多くのビジネスパーソンが会議の多さに悩んでいるという話をよく聞きます。 その弊害だと思いますが、会議の目的が明確になっていないことが多いと感じます。 会議が多いから、会議に対する意識が低くなり、会議を惰性で行ってしまう。 会議の目的が明確になっていないから、何となくメンバーを集めて、何となく会議...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/04/04 09:47

「暴力に頼らない指導のその後」で思った“教え方を教えること”の必要性

 ある新聞のスポーツ欄に「暴力に頼らない指導 道半ば」という記事がありました。    それによると、中高生の部活動における体罰が把握された件数を東京都が調査した結果では、その数は年々減少しており、「暴力はダメ」という教員間の認識共有は進んでいるが、「叩かなくなった代わりに、口がきつい顧問が目につく」という話があるなど、これまで常道だった強圧的な指導で従わせる方法が否定され、その後「どうすれば・...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/04/04 08:00

記憶力と観察力

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日はコミュニケーションについてのお話です。 先日あるビジネス上の集まりの会場で、ある方からお声掛けいただいた。 その会場で私のことを一瞬見て、知り合いかと思い声をかけたとのことでした。 知り合いといっても、名前と顔を知っているくらいという知り合いであり、それもかなり昔のこと。 私はその方の記憶力と観察力の素晴らしさを称賛するとともに、人...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/03/31 09:35

(0011) 日本社会 日本企業-女性が活躍するためのポイント

それは何? 女性の活躍が期待されています。 ・ 成長戦略の実行(内閣総理大臣所信表明演説 (第百八十七回国会)) ・ 人材の活躍強化 女性が輝く日本! (アベノミクス 「3本の矢」 ) ・ 女性の活躍推進(2014年10月24日 経団連会長スピーチ) でも、「言うは易く行うは難し」。 特に、  ◆ スローガンは簡単に掲げられる  ◆ それに基づいて仕組みを作ることもそんなに難しいことではな...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/23 08:00

(0010) なぜ格差が拡がる? ピケティ、新自由主義、そして・・

ブームが去ったからこそ、考える ピケティのお蔭か 「格差問題」が再び脚光を浴びています。 彼曰く、 「r>g」 すなわち 資本収益率(r)が長期的に経済成長率(g)を大きく上回る と格差が拡がりやすくなるそうです。 (ピケティ「21世紀の資本」) 経済学的にはこういう見方もできるんですね。 以前「新自由主義」という言葉が世間を賑わせましたし、 学問的にいろいろな分析・検討が行われてきました...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/17 10:00

楽をしない心掛け

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はコミュニケーションについてのお話です。 コミュニケーション手段が多様化している時代。 だからこそ、情報伝達は適切な手段を選択し、情報内容も吟味しなければならない。 エビデンス的な意味合いから、メールや文書など文字によるコミュニケーションは効果的ですが、細かいニュアンスや内容まで正確に伝えるのは難しいという側面もある。 表面的なビジネス用語や...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/03/13 10:57

(0009) 麻痺するとこうなる・・金持ち令嬢(副社長)が暴走した理由

人を「麻痺」させるのは何か? 皆さん 「ナッツ事件」って知ってますか? 富豪の令嬢でもある大韓航空の副社長(当時)が自社機のファーストクラスに乗った際、 ナッツの出し方に激怒し、飛行機を引き返させた事件です。 その副社長が、裁判で有罪判決を受けました。 (引用始*) 大韓航空前副社長に懲役1年の実刑 「ナッツ事件」地裁判決   乗務員のナッツの出し方に激高し、滑走路に向かっていた飛行機を引...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/13 09:00

(0008) なぜ人は、税金を「払いたくない」と思うか?

日本人は馬鹿でない 税金を納めるのは、国民の義務であり、企業の義務です。  ・ 車が通れば砂埃がたつ砂利道ではなく、きちんと舗装された道路。  ・ 酔った帰り道でも安心して歩けるよう、私たちを守ってくれる街灯。  ・ 急に具合が悪くなったら来てくれる救急車に、泥棒に入られたら直ちに駆けつけてくれる警察。 いずれもみな「税金」のお蔭です。 にも関わらず、世には「脱税」という行為や 「税金で持...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/10 09:00

(0006) 「皆がやっているから・・・」という心理

なぜこうなるのか? 前回、 “「公共」の気持ちを持てない人” でこんなことを書きました。   自分の隣のスペースにわざわざ荷物を置き、    「この場所、埋まってます」サインを発する。   自分の部屋ならいざ知らず、公共の場所なのに。    (中沢 努 考えるための素材 0005) なぜこのような意識が生まれるのか? それは、私たちの中に  「他の人がやっているから・・・」という気持ち...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/06 09:00

(0004) これが「ブラック企業」と「普通の会社」の差

どこが違う? 「ブラック企業」と呼ばれる一連の会社群があります。 厚生労働省も「若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化」 (同省HP) しているようです。 このような企業がなぜ跋扈するのか? 「ブラック企業」と批判される企業が生まれる背景の一つに過度な安売り競争がある。 参入障壁が低く競合が次々と現れる飲食や小売りなどの業界は構造的に価格競争に陥りやすい。 人件費も圧迫されるの...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/03/01 12:00

(0002) iPhoneの製造現場と見えない貧困

イギリスBBCのニュースでiPhone製造現場の様子を見ました。 あるアジアの国。 画面には「劣悪な労働環境」と「疲弊する工員たちの姿」が 映し出されていました。  ・ すし詰めの職場  ・ 長時間労働  ・ 疲れ果て、死んだような目をした作業員たち 人間を「使い捨てる」という言葉がそのまま当てはまるかのような光景でした。 ことの是非を問うているのではありません。 好ましいことではないが...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/24 12:00

(0001) CIAの拷問と部下の操縦術

はじめまして。 私は、  「人間を深く考える」専門家 です。 今日から、 新聞や雑誌などに採り上げられている社会の様々な出来事を「人間」の視点で捉え、 私なりに感じたことや考えたことを素直に書いていきたいと思います。 第1回のテーマは  「拷問と部下の操縦」です。 先日のある日。 新聞を読んでいたら、こんな記事を目にしました。 *****************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2017/02/23 17:00

ITABoK日本語版提供開始

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日はIT人材についてのお話です。 ITアーキテクトに関する公式の教科書と呼ぶべき書籍である、「ITABoK(IT Architecture Body of Knowledge、アイティーエーボック) Version2」日本語版の提供が開始されました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/22 09:24

自分の線引きからもう一歩任せてみる権限委譲

 現場への権限委譲の重要性は、一般的にもよく言われることです。  ある事象に対する組織内の判断基準が共有されていて、もしも経営者と一般社員が全く同じ判断ができるほどのレベルであったとしたら、現場にできるだけ多くのことが権限委譲されていた方が、早い判断が可能になり、業務のスピードをはじめとした組織効率を上げることができます。  こんなことから、組織の秩序を守るための最低限の事項だけを...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/21 08:00

新たな求人形態

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は求人についてのお話です。 サイボウズは、新たな求人形態「複業採用」を開始しました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/013000799/?mln&rt=nocnt 同社を含む複数の企業に就業するもので、他社を本業としつつ新たに同社にも籍を置くという求人形態とのこと。 ありそう...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/17 10:21

スルー力

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は対応力についてのお話です。 何かと忙しい日々を送り、否が応でも大量の情報を目にすることが多い現代のビジネスパーソン。 情報に振り回され対応に右往左往する様子が、毎日のように各種メディアから流されることを誰が予想したでしょうか。 これだけの大量の情報があふれかえる時代なわけですから、賛否両論になるのは当たり前であり、そうならない方が不思議とも言...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/08 11:14

自然な言動

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は自然な言動についてのお話です。 ビジネス現場における自然な言動は、場の安定化につながるだけでなく安心感をもたらすことが少なくない。 決して派手ではないし、特別目立つわけではないが、常に自然な言動を実行できる人は、大きな差別化ポイントになるのではないだろうか。 自分自身も含めて周囲を見渡した時に、常に自然な言動を実行できる人は意外に少な...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/01 09:54

ちょっとしたことの積み重ね

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は第一印象についてのお話です。 私は以前から、ビジネスにおける第一印象の重要性のお話をしてきました。 ちょっとしたことが、企業としての第一印象に大きく影響を与えることは、私も日々実感しています。 難しいことではなく、ちょっとしたことが積み重なることで、企業の第一印象が大きく変わるということです。 例えば、外見面での自社の見せ方から始ま...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/19 07:51

ビジネス現場でのささいなトラブル

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はコミュニケーションについてのお話です。 よくありがちなビジネス現場でのささいなトラブル。 言った、言わない、聞いていない、聞かれていない、知らないといった、基本的なコミュニケーションに起因することが少なくない。 このような場合、細かいコミュニケーションテクニックの前に、ツーウェイコミュニケーションの基本ができていないと話にならない。 相手を...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/01/17 10:36

事例を知る

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は事例についてのお話です。 成功事例や失敗事例など、多くのビジネスパーソンの皆様は、日々数多くの事例に触れながら、ビジネスを進めているでしょう。 個々の事例についての事実を知ることは当然重要なのですが、同様の事例を調べたり、独自の視点での分析をしても良いですね。 さらに、その事例の枝葉末節や細かい手段、あるいは技術論などではなく、本質的な部分に...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/12/22 10:45

文書作成力

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は文書作成力についてのお話です。 最近、文書作成力の重要性を改めて感じている。 客観的な事実だけでなく、そこから推測できることや自分の考えなども踏まえながら、文書で正しく表現することは簡単ではない。 分かりやすく簡潔に上手く表現できればベストだが、情報が不足するようであれば、必要に応じて補足することが求められる。 口頭で説明するのとは、違った...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/12/01 10:32

「自転車に乗らないように」は正しい方法か?

 少し前の話になりますが、ある地方の市長が、自転車に乗っていた中学生の交通死亡事故があったことを受けて、市内の小中学生に「なるべく自転車に乗らないように」と呼び掛ける文書を配ったという話題がありました。    禁止や制約という措置が、妥当な場合があることは確かで、特に子供のうちは、大人の管理のもとに行動させることも必要なので、その中で禁止事項が多くなってしまうのは当然という考え方もあるでしょう...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/11/29 08:00

企業にいると意外に少ない「アウェーな経験」

 スポーツの国際大会などでは、よく“アウェーの洗礼”などと言われる時があります。    例えば、相手国で開催されるサッカーの国際試合に関する話では、指定の練習場でロッカールームもシャワーも使えない、指定された宿泊先の部屋にはエアコンがない、エレベーターが壊れていて、20階以上の部屋まで階段を上り下りさせる、夜中じゅう部屋の電話が鳴り続けるなどという話を聞いたことがあります。    このすべ...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/11/22 08:00

常に時間の余裕を持つこと

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は時間管理についてのお話です。 忙しい日々を過ごすビジネスパーソンだからこそ意識しておきたいことが、常に時間の余裕を持つこと。 何らかの作業をする、成果物を作成する場合などは時間の余裕を持ちたい。何が起きるか分かりませんから。 もっと基本的なところでいえば、打合せに遅刻しない、待ち合わせに遅刻しないというのは当たり前。 最近は、乗換案内などの...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/11/08 10:13

悩めるCIO

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はCIOについてのお話です。 米KPMGと英ハーヴィー・ナッシュが合同で実施した「2016年度CIO(最高情報責任者)調査」の日本語版が発表されています。 http://j-net21.smrj.go.jp/t/166872/watch/news_tyus/entry/20161018-05.html 日本のIT責任者の72%が「世界的なデジタル...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/26 10:21

人が育つための環境

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 先週末、ゴルフの日本オープンが行われていました。 結果は、予想通り松山選手の勝利。 圧勝というわけではないですが、他の選手とは明らかにレベルの差があるように感じました。 まず身体がでかいというか、ごついというか、単純に見た目が違う。 関連して、パワーやスイングスピードも違う。 アメリカツアーの難コースでもま...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/19 10:49

ダイバーシティの基本・課題・副作用(連載中:全12回予定)

『経営プロ』にて連載中 ダイバーシティの基本・課題・副作用 https://keiei.proweb.jp/series/a005/ ①「ここが変だよ!日本のダイバーシティ経営」 ②なぜ「多様性の尊重」から「多様化」への転換が必要なのか? ③元、国連の専門官として見てきた世界標準のダイバーシティ ④1年間の「育休経営者」として見てきた役職員の意識変革の必要性 ⑤なぜダイバーシティ施策...(続きを読む

戸村 智憲
戸村 智憲
(経営コンサルタント ジャーナリスト 講師)
公開日時:2016/10/16 08:47

プロフェショナルの言葉

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はプロフェッショナルについてのお話です。 プロフェッショナルとしての生き様が出来なくなった時が引き際と感じるようになった。 素晴らしい言葉です。 巨人の鈴木尚広外野手が、一昨日の現役引退記者会見で話した言葉です。 鈴木選手は代走のスペシャリストとして活躍したことで有名です。 プロフェッショナルの誇りを感じる言葉です。 (続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/15 13:47

【IT人材育成】無料経営相談会のお知らせ

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は無料経営相談会についてのお話です。 神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県の中堅・中小企業経営者、後継者、起業家の皆様を対象に、無料経営相談会を開催します。 今回のテーマは「IT人材育成」です。 近年インターネットが普及し、企業におけるIT活用が急速に進んでいますが、それに伴いIT人材育成で悩みを抱える企業が増えています。 例えば、 ・ITベン...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/12 10:29

『真実の愛』と『インクルーシブリーダーシップ』(多様性・女性活用へのリーダーシップ)

『真実の愛』は、多くの映画、また子供向けの童話では、永遠のテーマです。もちろん、ディズニー映画も然りです。 クラシックなストーリー展開は、お姫様に不幸な境遇が起こり、困っていると、ヒーロー・王子様が登場し、お姫様を救い、無事にハッピーエンドというものです。しかしながら、最近の大ヒットのディズニー映画(アンジェリナ・ジョリー主演のマレフィセント、アナと雪の女王)の展開は、異なる点があります。 1...(続きを読む

根本 雅子
根本 雅子
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/11 21:00

自分の「客観的な現在位置」を知ることの大切さ

 ある法事でうかがったお寺のご住職がお話になっていたことです。    ご住職は将棋が好きで、よく将棋を指すのだそうです。ただ、本当に弱くてなかなか勝てないそうです。  ある日も将棋を指していて、相変わらずのように負けてしまいました。対局後のお相手に、「やっぱり私なんかではかないません。お強いですね」と声をかけたところ、その人から返ってきた言葉は、「いや、私が強いのではなくあなたが弱すぎるんで...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/11 08:00

ビジネススタイル

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はビジネスタイルについてのお話です。 多くのビジネスパーソンの皆様は、自分なりのビジネススタイルをお持ちのことでしょう。 こういうやり方をすれば、失敗しないし、安定した成果を出すことができるというビジネススタイル。 例えば、自分なりの営業スタイルだったり、マネジメントスタイルだったりするわけです。 こういった自分なりのビジネススタイルを磨き続...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/06 10:56

教えが個性を失わせる

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 教えが個性を失わせる。 人材育成において知っておきたいことですね。 様々なスキルやノウハウを教えることは重要ですが、その結果失われる個性もあるはず。 自分自身でスキルやノウハウを意識的に取捨選択することが重要です。 自分自身の個性を活かしつつ成長するのがベストです。 (続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/01 11:36

企業の成長と人材の成長

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材についてのお話です。 企業の成長と人材の成長。 これは一心同体であり、相互に関係することである。 企業が成長するためには、人材の成長が必要。人材が成長するためには、企業の成長が必要。 企業が成長するから、人材が成長できる。人材が成長するから、企業が成長できる。 言われてみれば当たり前。 ということは、現状維持で満足してしまうと、企業...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/09/22 12:12

「お試しできっかけを」という話

 あるテレビ番組で、若者に消費を促すには「お試しできっかけを与えることが良いのでは」という話がされていました。    若者の消費意欲が少なくなっているという話がありますが、これは、ただ収入が少ないとか節約したいなどというばかりではなく、ネットなどの間接的な情報だけで、持っていないものでも使った気になったり、食べたことがないものも食べた気になっていたり、行ったことがないところでも行った気になって...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/09/20 08:00

現役感覚

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はビジネスパーソンについてのお話です。 ビジネスパーソンとして活動していく上で、現役のプレイヤーとしての感覚の重要性を感じている。 現役感覚という表現になるでしょうか。 現役のプレイヤーとして活動しているからこそ得られる豊富な経験やノウハウ、あるいはそのような豊富な経験やノウハウがあるからこそ持ち得る特別な感覚。 そういった現役感覚こそが、現...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/09/19 11:25

個の力を高める

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 サッカー日本代表が昨夜の試合を勝ちました。 中身はどうであれ、とりあえず勝つという結果を残すことがなにより大事。 そのサッカー日本代表において、よく聞かれる言葉が、個の力を高めるというフレーズ。 チームスポーツであっても、高いレベルを目指すのであれば、同様に個の力も重要であるということ。 このことは、企業経営...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/09/07 10:53

依頼力

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は依頼することについてのお話です。 多くのビジネスパーソンが求められるであろう依頼する力。つまり依頼力。 部下、同僚、プロジェクトメンバー、協力会社、取引先、顧客などに依頼する力。 依頼するためには、依頼したことを受け止める力が必要になります。 漏れなく正確に依頼することから始まり、依頼結果を受け取り、理解し、評価し、必要に応じて問題...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/29 09:47

ロジカルに物事を捉える

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は物事の捉え方についてのお話です。 ビジネスの現場においては、必ずしもロジカルなことばかりではない。 確かにそれが現実かもしれないですね。 だからといって、ロジカルに物事を捉えることの重要性が変わるわけではありません。 ロジカルに捉えることもあれば、時にはロジカルではないこともある。 それくらいのスタンスでちょうど良いのかもしれませ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/24 09:52

結果にこだわる執念

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日はビジネスに対する姿勢についてのお話です。 リオオリンピックも後半戦に入りましたが、今日も朝から盛り上がりを見せています。 女子レスリングが金メダル3個獲得。素晴らしいですね。 終盤の逆転劇からは、結果にこだわる執念を感じました。 女子レスリングというある意味マイナーな競技だからこそ、結果を出し続けなければならないという使命感からくる...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/18 09:54

スキルの深さと幅

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はスキルについてのお話です。 ITビジネスを取り巻く環境変化は速い。 インターネット時代になり、その傾向は顕著になっている。 システムも複雑化し、IT人材に求められるスキルレベルも高くなっていることから、IT人材の専門職化が進むのはある意味必然なのかもしれない。 一方で、IT人材に求められるスキルの幅も広がっていると認識しておくべき。 例え...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/16 10:35

人と会う意味

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日はコミュニケーションについてのお話です。 コミュニケーション手段が多様化している時代において、人と会う意味は何だろうか。 単なる情報収集だけではなく、信頼関係の構築があるのではないだろうか。 人と会って話す、話を聞く、表情を見る、相槌を打つ、うなづく、名前を呼ぶといったことに対する配慮が必要。 せっかく時間を費やして人と会うわけですから、その...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/10 10:40

人材育成のタイミング

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材育成についてのお話です。 人材育成を進めていく上で、内容とともに重要なのがタイミング。 体系化された人材育成プログラムをいつ実施するのかということが重要。 受講者のモチベーションという意味においては、遅すぎるよりは少し早いタイミングくらいの方が、やる気は出るかと思います。 ちょっと難しいかなというくらいの方が、受講者に危機感を持...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/01 09:24

倫理観

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は倫理観についてのお話です。 コミュニケーションツールの驚異的な進歩により、いつでもだれでもどこでも情報が発信でき、情報が受け取れる時代。 だからこそ、個々人の高い倫理観が求められている。 ビジネスパーソンとしての倫理観、企業を背負っているという倫理観、プロフェッショナルとして活動を行っている意識に基づいた倫理観、資格や認定という立場からの倫理...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/07/13 10:39

「ピントがずれた積極性」の扱いづらさ

 最近耳にすることが多い企業内の人材に関する悩みは、「消極的で自分から行動することが少ない」「受け身」「指示待ち」という話です。    少し抽象的なニュアンスで“自律人材”や“人間力”といったキーワードが出てきますが、要は「もっと自分から行動を!」ということのようです。  できることならいちいち指示をしなくても、自分で決めることと上司に相談することを適切に切り分け、自己判断のもとに行動ができ...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/06/28 08:00

3,841件中 1~50 件目