各種の新規事業・事業拡大の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

各種の新規事業・事業拡大 の専門家に相談、悩み解決!

[ 新規事業・事業拡大 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

高木 仁

フランチャイズビジネスコンサルタント

ビジネスモデルと実践にこだわるフランチャイズビジネスの専門家

フランチャイズビジネスでは、複数の異なる事業体が、契約に基づき、異なるビジネスモデルを運営し発展していきます。FCの本質を守り、時代の流れに合わせた革新的な…

高木 仁

専門家が投稿したコラム

日経記事;『流通業は新技術で「食品ロス」の削減を』に関する考察

皆様、 こんにちは。グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 7月14日付の日経新聞に、『流通業は新技術で「食品ロス」の削減を』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らすため、政府は2030年度までに家庭からの廃棄量を00年度の半分にする目...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『空き設備、シェアで生かす 工場・会議室にも広がる 印刷仲介のラクスル上場』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 6月1日付の日経新聞に、『空き設備、シェアで生かす 工場・会議室にも広がる 印刷仲介のラクスル上場』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『企業の持つ空いた設備をシェア(共有)して稼ぐビジネスが広がってきた。31日、中小の...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『自動運転、新車の3割 成長戦略原案 30年までの普及目標』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 5月30日付の日経新聞に、『自動運転、新車の3割 成長戦略原案 30年までの普及目標』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『政府が6月にまとめる成長戦略の原案が分かった。自動運転車の普及を柱とし、人による運転を前提とする...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『データ収集優先、危うさ ウーバー自動運転死亡で報告書 緊急ブレーキ非設定』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 5月26日付の日経新聞に、『データ収集優先、危うさ ウーバー自動運転死亡で報告書 緊急ブレーキ非設定』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズの自動運転車が3月に歩行者をはねて死亡させ...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『生産性考 一歩前へ(5)旧態依然カビ規制 ルールは自ら変えていく』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 5月5日付の日経新聞に、『生産性考 一歩前へ(5)旧態依然カビ規制 ルールは自ら変えていく』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『「薬は飲んでいますか」。パソコン画面に映ったとうきょうスカイツリー駅前内科(東京・墨田)の金子...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 各種の新規事業・事業拡大に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積