アライアンス・事業提携の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

アライアンス・事業提携 の専門家に相談、悩み解決!

[ 新規事業・事業拡大 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

根本 雅子

経営コンサルタント

魅力・可能性開花を多角的にサポートするイギリス発コーチング

L.C.Lのロゴは、白鳥がテムズ川から飛び立つ瞬間を見て、イメージしました。「醜いあひるの子」が変化した様に、誰もが、素晴らしく、見事に、美しく自分の望む方向へ…

根本 雅子

専門家が投稿したコラム

日経記事:『企業価値、22社が100億円超 「スタートアップ」100社調査、AI・ネット関連上位』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月20日付の日経新聞に、『企業価値、22社が100億円超 「スタートアップ」100社調査、AI・ネット関連上位』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『未上場で成長を続けるスタートアップ企業の存在感が増している。日本経済新聞社が...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事:『社説 100年に1度の変革に挑む自動車産業』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月5日付の日経新聞に、『社説 100年に1度の変革に挑む自動車産業』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『2年に1度の自動車の祭典、東京モーターショーが今日閉幕する。以前より減ったとはいえ、東京・有明の会場には60万人超のファン...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事:『造船大手,設計部門を集約 JMU,建造と分離/川重,中国で増員 専業との連携拡大も』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月4日付の日経新聞に、『造船大手,設計部門を集約 JMU,建造と分離/川重,中国で増員 専業との連携拡大も』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『ジャパンマリンユナイテッド(JMU)など総合重工系の造船大手が造船所ごとに分散し...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事:『経営の視点:次世代エコカーと薄型TV 競争こそ技術革新生む』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 10月9日付の日経新聞に、『経営の視点:次世代エコカーと薄型TV 競争こそ技術革新生む』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)や九州電力玄海原発4号機(佐賀県)などで原発再稼働に向けた動...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事:『社説 グーグルが変えるものづくり』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 10月8日付の日経新聞に、『社説 グーグルが変えるものづくり』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『米グーグルが台湾のスマートフォン大手、宏達国際電子(HTC)から事業の一部を11億ドル(約1200億円)で買収することを決めた。 ...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • アライアンス・事業提携に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積