(閲覧数の多い順)会計・経理全般の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

会計・経理全般 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

会計・経理全般 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

2,905件中 1~50 件目 RSSRSS

協会の設立

おはようございます、今日は柔道整復の日です。 しつこい捻挫の痛み、どうにかしたいものです。   趣味の事業化についてお話しをしています。 個々のプレイヤーが広報活動をするのには限界があることに触れました。   このような段階を経て、色々な趣味の分野で協会のような組織が形成されます。 単独のプレイヤーを超え、その業界全体の活動や趣旨について運営し、イベントの企画や広報活動などを担当して...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/14 07:00

中小企業庁のHPから無料で財務分析データを作成できます

【法人税:中小企業庁のHPから無料で財務分析データを作成できます】 中小企業庁のHPから無料で御社の財務分析データを作成することが できるのをご存知でしょうか? 自社の強み弱みを把握するうえで毎期の決算書から財務分析を行うことは 不可欠です。 ■システムの概要  本システムは、経済産業省・中小企業庁の主導により、中小企業金融の円滑化を 図る目的で開発された中小企業信用リスク情報データベー...(続きを読む

近江 清秀
近江 清秀
(税理士)
公開日時:2012/05/14 08:00

選択肢は2つ

おはようございます、今日は北極の日です。 海洋権益を考える上で、益々重要性が高まってくる地域です。   趣味の事業化についてお話しをしています。 多様化が進んだことと人口減少を前提として、何もしなければ人もお金も先細っていくのでは?ということを提示しました。   このとき、ある特定の趣味を取り上げた場合には選択肢が2つあります。   ・一人の人間が投じるお金や時間を増やしてもらうよ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/06 07:00

船も船員も消耗品

おはようございます、今日は美容室の日です。マイバリカンを買って以降、お店で髪を切ったことがありません。会計の期間について考えています。大航海時代の商売について、出資者と船団結成のところまでお話をしました。さて、ここで船に関する考え方です。私は実際に帆船に乗ったことはありませんが、どうやら当時の船というのは海に出れば出るほどあっという間に傷んでいくものだったそうです。そして併せて、船員というものも半...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/13 07:00

組織の弊害

おはようございます、今日はボーイズビーアンビシャスデーです。 本来の意味は大分異なったとかなんとか・・・   趣味の事業化についてお話しをしています。 広報を中心に、協会などの中間支援組織の設立について触れました。   個々のプレイヤーや団体については、それぞれに個別の考えがあるかと思います。 ただ、こと「世間一般に対する認知度や信頼度の向上」という意味では、協会の設立は非常に有用で...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/16 07:00

協会がその分野を潰す?

おはようございます、今日は飼育の日です。 最近、我が家では金魚を飼い始めました。   趣味の事業化についてお話しをしています。 協会設立による排外主義や権威主義について触れました。   協会等の設立は、本当に最新の注意を払う必要があります。 中途半端な時期に適切でない協会が設立されたことにより、その趣味自体が大きく信用度をなくし、結局廃れていくようなことは珍しくありません。   ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/19 07:00

ルールを巡る戦い

おはようございます、今日は女子大の日です。 最近ではかなり厳しい立場に置かれているようです。   趣味の事業化についてお話しをしています。 協会設立の功罪について色々と触れました。   協会を巡る戦いは、もう少し違うレベルでも起こりえます。 それは他の協会と競合が起こった場合の問題です。   特に、メジャーな趣味ではこの手の問題がよく起こっているようです。 例えば空手を例にして...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/20 07:00

場外乱闘

おはようございます、今日はゲームボーイの発売日です。 発売当時、随分と遊んだなぁ・・・   趣味の事業化についてお話しをしています。 空手がオリンピックに選ばれたときのお話を簡単に。   空手が競技として選ばれるためには、他の競技よりも空手が競技として優れているというプレゼンが必要でした。 その一方で、空手の内部においても様々な戦いが起こっていました。 オリンピックにおける空手でど...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/21 07:00

年金関係課税事件(4・一括収受公的年金地裁判決)

支給日が後になった老齢厚生年金の支給の時期が争われた 山形地裁平成18年12月5日判決(TAINSコードZ888-1358) 仙台高裁平成19年3月27日判決(TAINSコードZ888-1359) 最高裁平成19年9月25日判決(TAINSコードZ888-1360) を紹介しよう。 今日は、山形地裁を紹介する。 1.事案の概要 本件は、いずれも配偶者控除の額が38万円、配偶者特別控除の額...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/11/01 08:05

大航海時代における事業の特徴

おはようございます、今日は観光バス記念日です。最後に乗ったのは何年前かなぁ…。会計の期間について考えています。大航海時代の商売について簡単に確認しました。その特徴を簡単にまとめると・船出から帰港までの期間が不定きっかり一年で帰ります、なんてことはありえません。・人も船も帰ってこられるのかわかったものではない100人出て行って30人帰ってくるかもしれないし、0人かもしれません。流石に現代の企業でこの...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/15 07:00

勝敗が決まることの弊害

おはようございます、今日はいい風呂の日です。 温泉、行きたいな・・・   趣味の事業化についてお話しをしています。 特に若年層に対して、勝敗を決めるための仕組みは大きな成果を出しています。   勝負をつけるのが大好きという人間の習性を考えると、とても効果の高い仕組みであることは明白です。 ただ、その一方で勝敗を決めることにこだわり過ぎて、問題となっていることもあります。   例え...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/26 07:00

だって人間だもの

おはようございます、今日は松の日です。 近所に松の木はないかもしれません・・・   趣味の事業化についてお話しをしています。 その分野に関する方向性の明示と、実運用における柔軟性の両立について取り上げました。   「いや、別に私達がやっていることはそれほど大きな活動を目指しているわけではいないから、そんな運営的なことは考える必要はないのだ」 「これはあくまでも個人的な活動であって、別...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/05/08 07:00

指導者層

おはようございます、今日はアイスクリームの日です。 あれも商品の入れ替わりが激しいですね。   趣味の事業化についてお話しをしています。 その趣味を続けていくに当たり、ある程度の柔軟性や方向性がみえてくることの必要性について触れました。   その辺りからも改めて感じるのですが、やはり指導者の質と量は本当に大切です。 「習うより慣れろ」とか「一方的に教わるだけではダメだ」とか色々と話は...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/05/09 07:00

税務調査(1・学術上の通説)

今日は、税務調査の話をしたいと思います。 まずは、学術的な意味で税務調査がどのように捉えられているのかを考えます。 基礎とするのは、税法学の基礎を築いた名著、金子宏「租税法」(弘文堂)です。 金子租税法では、税務調査と言わず、質問検査権として解説されています。 質問検査権は、 「資料の入手について納税者の任意の協力が得られるとは限らないから、(略) 必要な資料の...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/22 08:45

税務調査(2・本坊事件の与える影響)

前回に引き続き、税務調査のことについて、話をしたい。 今回と次回とで、税務代理権限証書を添付していたにもかかわらず、 税務代理契約を締結する税理士に事前告知せずに税務調査を強行され、 その結果、税務委任契約さえ破棄されてしまった税理士が、 国家賠償請求をした大阪高裁平成17年3月29日判決 いわゆる本坊事件を通じて、税務調査の問題点を検討する。 神戸地裁平成16年2月26日判決(TAINSコー...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/22 08:25

年金関係課税事件(3・特約年金二重課税まとめ)

昨日、一昨日と長崎の特約年金二重課税事件について紹介してきました。 地裁(長崎地裁平成18年11月7日判決)は、 夫の死亡に基づき妻に年金として支給される特約年金について、 相続財産として相続税が課せられながら、雑所得ともなるのは、 二重課税に該当し、許されないと判断したが、 高裁(福岡高裁平成19年10月25日判決)は、 特約年金については、夫の死亡を基因として生じ...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/10/31 07:30

年金関係課税事件(5・一括収受公的年金まとめ)

山形地裁では、納税者の主張が一切受け入れられなかったこの事件は、 仙台高裁、最高裁と控訴、上告されました。 ここでは、高裁、最高裁を紹介しましょう。 まずは、仙台高裁平成19年3月27日判決です。 控訴人は、地裁判決を受けて、高裁において、次のような主張を加えました。 Aは、平成9年10月の時点では、厚生年金保険の被保険者期間が253ヶ月と 算出され...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/11/02 09:15

財務諸表の使い方

財務諸表の使い方 船上より。 おはようございます、普段見ない方向から建物を見ると新鮮ですね。 一昨日の税金セミナーにおいて、私は一番最初に 次の点について説明をしました。 ・所得とは要するに「もうけ」のことである。 さて、儲けを把握することはとても大切です。 自分が商売からいくら儲けているのか?ということを 知らなければお話になりません。 また、税...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2009/12/16 08:00

あまりにも多い現金残高

こんにちは、蒸し暑い日が続きますね。 雨はふらなくてもスゴイ湿気。 昨日からの続き、今日も潰れそうな企業にありがちの数字について。 「貸付金」がある会社は危ないという話をご紹介しました。 実は同じくらい危ない会社が「現金残高が多すぎる会社」です。 実際のところ、小さな会社においては「事業用の財布」と 「生活費の財布」というものは分かれていません。 事業資金のつもりで...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2010/06/21 13:08

やっぱり気になる現金残高

おはようございます、気持ちの良い朝です。 良い休日になりそうです。   昨日からの続き、生活費が過剰になっていることについて。 役員報酬をいくらか取っている、つまり「生活費として確保するお金」は しっかりと払っている、という前提で考えて、ある一つの項目の残高が 増えている場合には生活費が想定よりも過剰になっている可能性が あります。   それは「現金」です。(預金は含みません) ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2010/11/03 07:56

源泉徴収の義務が強制される

おはようございます、ようやっと体調がほぼ復調です。 今日はお客様と外出の日、どうにか間に合って良かったです。   昨日からの続き、法人化のデメリットなど。 実務的な問題としては、法人化によって源泉徴収の義務が 強制されることがあります。 個人事業の場合、人を雇っていないなどの条件に合致する場合には 源泉徴収の義務がありません。 法人の場合、源泉徴収については義務になりますので、 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2010/12/21 02:19

【非上場企業の会計基準】 アメリカでの動きについて

【非上場企業の会計基準】 アメリカでの動きについて こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 アメリカで、非公開企業の会計基準を作る動きがあるそうです。 具体的には、米国財務会計基準審議会、通常”FASB”と呼ばれるアメリカの会計基準の設定母体が、「非公開企業会計基準改善会議を設置する計画」を、2011年10月4日に公表しました。 この計画の中で、非公開企業会計基準改善会議(PCSIC)という組織の設置を提案しています。 日本で...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士・税理士)
公開日時:2011/11/30 23:23

年金については特例ができた

おはようございます、随分と日が長くなりました。まだまだ寒いですが、少し気分は春めいてきたように思います。 昨日からの続き、確定申告について。ご存じの方も多いかとは思いますが、年金については特例ができました。年金による収入が年間400万円以下の場合、確定申告が不要になったのです。年金については以下の2パターンが考えられます。 ・確定申告をすると税金が還ってくるこの場合、確定申告はした方が良いことにな...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2012/03/02 01:00

会計とは事実ではなく、解釈である

おはようございます、今日は議会開設記念日です。 議会制民主主義の長所短所が、ここ最近よく感じられます。 会計帳簿を過信しないことについて簡単に。 まず、結構多くの方が誤解していることについて。 会計帳簿というのは、事業活動をそのまま表したものではありません。 会計帳簿は解釈の結果です。 例えば売上について考えてみます。 ・100円で買ってきた商品を200円で売り、代金は明後日もらうことに...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2013/11/29 07:00

青色申告は必ず申請しましょう

おはようございます、今日で結婚11周年です。 早いものですねぇ…。 個人事業主と法人の違いについて。 個人事業主で開業するとき、必ずやっておいて頂きたい手続きがあります。 それは青色申告の承認申請です。 青色申告とは ・きちんと帳面をつけるなら ・税金を少しまけてあげますよ という特典です。 青色でないものを白色申告と言い、こちらでは様々な特典が使えません。 なぜ青色申告が必須なのかとい...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/01/18 07:00

貴重の義務化と複式簿記のこと

おはようございます、今日は新百合ヶ丘でイベントをやっています。趣味であっても、企画のお仕事は色々と勉強になります。ご存じの方も多いかと思いますが、本年よりすべての個人事業主に記帳義務が課されています。昨年までは一定規模以上の方に課されていた義務ですが、そのルールが変わりました。会計帳簿をつける、というと何だかめんどくさそう・・・と思われる方も多いのではないかと思います。実際知識のない方がやろうとす...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/09/23 07:00

クラウド上で会計処理ができるサービス

おはようございます、今日はミステリー記念日です。中学生の頃にクリスティを読み漁りました。記帳義務と複式簿記についてお話をしています。会計ソフトで便利になった点と、それでも基礎知識が必要であるという点について確認をしました。最近の会計ソフトで流行といえば、ウェブアプリや無料クラウドソフトが大分増えてきたという点でしょうか?色々な作業手法がありますが、最終的に目的としているところは・最終的な帳面の形に...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/10/07 07:00

大航海時代の商売の仕方

おはようございます、今日は胃腸の日です。昔はもっと弱かったのですが、大分強くなりました。会計の期間について考えています。大航海時代の頃、会計とはどんなものだったのでしょうか?海の向こうに渡れば宝の山が手に入る。当時、船で遠い国まで様々なものを仕入れに行き、それを無事に持ち帰り、販売をすることで巨万の富を手に入れる人々がいました。珍しい香辛料、宝石、珍獣。それらを手に入れ、売りさばく一攫千金を夢見た...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/11 07:00

パトロンと船乗り

おはようございます、今日は明太子の日です。最近は色々な種類のものが気軽に買えるようになりました。会計の期間について考えています。大航海時代の商売についてまず考察をしています。海に出て商売をするためには色々なものや人が必要です。そこで資金を出す人、つまりパトロンの存在が必要となります。そしてどうせ船を出すのであれば、せっかくだから沢山の船で出ていき、多く仕入れてこられる方がより儲かることになります。...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/12 07:00

たっっっっくさん沈んだそうですよ

おはようございます、今日は南極の日です。一生行くことのない大陸の筆頭です。会計の期間について考えています。大航海時代、船や船乗りは消耗品のように扱われていました。つまり、船で海に出ても、結構な確立で沈んでしまったようですね。当時は今のような天候予測技術も、方位確認も、医療技術も、食料の保存もできませんでした。だからこそ海に出て一発当てることができれば…という話にもなったわけですが。また航海の期間は...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/14 07:00

陸の上でのお仕事を考えても…

おはようございます、今日は飛行機の日です。年に一回乗るか乗らないかかなぁ…。会計の期間について考えています。船団は一回の事業そのものが一回の期間として考えられていたようです。これはまぁ極端な例ですが、それでは陸の上でのお仕事はどうなのでしょうか?陸の上ではもちろん船団のような急激な損耗は起こりにくかったでしょう。しかし、そもそもの経済基盤が現代よりも遥かに脆弱であったことは間違いがありません。しか...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2014/12/17 07:00

必要な商売の規模は私生活で決まる部分も

おはようございます、今日は家庭文化の日です。文化住宅、という言葉も今では中々味があります。商売と私生活の関係についてお話をしています。家計簿未経験者には、大枠で良いので生活費を把握してもらうことをオススメしました。簡易家計簿でもしっかりとした家計簿でも構いませんが、自営業者をするからには生活費に対する意識は必ず持ってもらいたいです。極端を言えば・これだけの暮らしがしたいなら、商売はこれくらい頑張ら...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2015/11/02 07:00

金額の不一致

おはようございます、今日は靴の記念日です。ここ1年ほど、コンフォートシューズというものを履いています。税理士選びについてお話をしています。私がお断りをされた事例として、まず金額の不一致から。・私としては、この作業量や税額だとこれくらい報酬を頂きたいかな・お客様からしたら、もう少し安くないと困るかな簡単にいえば、このバランスが崩れたケースです。こればかりはもうどうしようもないと思います。私としては「...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2016/03/15 07:00

きちんと廃業できる人は少ない

おはようございます、今日は川崎駅の近くで立廻剣術の本番です。こういう地元でのイベントに出演できるのは大変楽しいです。税理士選びについてお話をしています。廃業の様々な形について紹介をしています。あくまで個人的な意見として。商売をしている中で最も難しい判断とはなんでしょうか?私は撤退、辞め方、廃業がソレだと思っています。つい先日もとあるところでお話をしたのですが…このお仕事に関わるようになって15年ほ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2016/03/19 07:00

自分自身との対話

おはようございます、今日は新聞広告の日です。 紙媒体の広告代は結構いい値段がします・・・。   経営者と身体能力についてお話をしています。 アウェーにおける身心の処し方について、武術から学べることなど。   私がお世話になっている武術関係の皆様は、大概が自分自身が学びに行く場所を用意されています。 隣接する武術だったり、ボディワークだったりを学びに行かれている方がほとんどです。  ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2016/10/20 07:00

課題と歌謡

おはようございます、今日は放送記念日です。 これからどんなチャンネルが増えてくるのでしょうか。   趣味の事業化についてお話しをしています。 趣味と興業について簡単に。   合唱の世界では、いくつかの有名なコンクールがあります。 合唱を始めるきっかけがコンクールだった、という方は少なくありません。 中でも学生さん向けで言うと、大手メディアも関わっているコンクールは注目度、人気度など...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/03/22 07:00

趣味人、事業人

おはようございます、今日は世界演劇の日です。 身体技能としての演劇は、もっと注目が集まって良いと思います。   趣味の事業化についてお話しをしています。 趣味とショービジネスの葛藤について。   趣味だからこそ熱い、熱いからこそこだわる、こだわるからこそ   「新しいものにはどうしたって批判的になる」   流れとしては非常に自然ですし、非難するような話でもありません。   ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/03/27 07:00

わかりやすい興業の形

おはようございます、今日は愛林日です。 木の有効活用は日本の山林における大きな課題となっています。   趣味の事業化についてお話しをしています。 スポンサーやパトロンの存在について確認をしています。   テレビやラジオの番組、芸術作品などを楽しむ際、スポンサーの意向や宣伝が多く含まれていると、どことなく白けたような印象を持つことがよくあります。 なんとなくお金の匂いがすることに対する...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/03 07:00

人口減少

おはようございます、今日はデビューの日です。 新年度、なにか新しいものを始める方も多いのでは?   趣味の事業化についてお話をしています。 趣味分野が広がったことにより、投じられる資金や時間が分散したことに触れました。   これと同時に、明らかな事実として既に認識され、それでも半ば放置されていることがあります。 人口減少です。   人が減るということは、特定分野に関わる人の人数が...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/05 07:00

勝利=分かりやすい成果

おはようございます、今日は六本木ヒルズの街開き日だそうです。 あれ、もう14年前なのですね・・・   趣味の事業化についてお話しをしています。 多くの趣味において、勝敗を決めるための仕組みが用意されています。   白黒はっきりさせることが大好きなのは、生き物として非常に素直な習性なのかもしれません。 メジャーな趣味における試合的仕組み(甲子園などが筆頭)に関する報道は、とても人気があ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/04/25 07:00

もう少し欲を出しても良いのでは・・・

おはようございます、今日の誕生花はサンザシとのこと。 「この道」の中で出てくるので、花の名前としては有名でしょうか。   趣味の事業化についてお話しをしています。 指導者個人の人気取りが酷いときの弊害について。   個人人気を高めることについて執心していた人の場合、一番怖いのは「一度の失敗で再起不能になる」ということでしょうか。 最悪の場合、その人個人の人気がなくなるだけならまだしも...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/05/13 07:00

運送業、現場の声

おはようございます、今日はファイバーの日です。 食物繊維、どうしても不足しがちです。   物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。 ヤマト運輸に関する報道で出た話から、業界全体について少し話を広げます。   実際に運送に関わるお仕事をされている方にお話を聴いたことがあります。 その方は、概ね次のようにお話をされていました。   ・アマゾンは(物量的な意味で)本当にヤバイ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/05/18 07:00

中小企業の研究開発

おはようございます、1996年の今日、日韓ワールドカップの開催が決定しました。 ・・・そうか、もう20年以上も前なのか・・・   物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。 インダストリー4.0の結果、中小企業の競合相手は工場そのものとなる可能性に触れました。   速度はともかく、全体としてこのような動きが進むのは必定なのではないか?という気がしています。 製造技術がしっかり...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/05/31 07:00

インフラレベルが低い=新技術を使いやすい

おはようございます、今日も川崎で合唱祭です。 毎年のことではありますが、二日間ホールにこもりっきりは中々疲れます・・・   物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。 少し横道にそれて、中国でスマホが大流行した理由について簡単に。   中国の場合、もともとのインフラレベルが決して高くなかったことがスマホ大流行の地盤になったという指摘があります。   ・現金について、偽造も含...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2017/06/18 07:00

「現金より大変?領収書の取り扱い」

自社で発行する領収書の正しい管理方法をご存知ですか。  領収書は二枚複写で連番の入ったものを使用します。 出来れば市販のものではなく社内で作成したものを使用します。 領収書綴り自体にも連番を入れ使用中と未使用中の区分をし在庫表を作成します。 在庫表には、領収書ごとに使用開始日、使用終了日を記入します。 支店などで使用する場合は、在庫表に○○支店へ郵送済みと記入しておきます...(続きを読む

牛田 雅志
牛田 雅志
(税理士)
公開日時:2007/10/04 12:02

「偽りのない経営理念」?

 自己理念の土台に経営理念が建つ  経営理念は経営者自身の自己理念の上に形成されます。 自己理念とは自分がとても大切に守っている心情や行動基準です。 すなわち、自分が大事にしていない理念を経営理念に掲げても、泥の上に建てている家と同じで、見掛け倒しですぐに倒れてしまいます。 自分の腹に据わっている理念から築き上げた経営理念でなければ「嘘っぱち」の経営理念となり、まず経営者自身...(続きを読む

牛田 雅志
牛田 雅志
(税理士)
公開日時:2007/11/07 10:07

不利益な遡及立法の合憲性(その2)

その1では、納税者勝訴の福岡地裁を取り上げましたが、 今日は、納税者敗訴の東京地裁を検討しましょう。 同じく納税者敗訴判決の千葉地裁は東京地裁とも論理が異なるため、 次回に検討します。 まず東京地裁平成20年2月14日判決を紹介します。 「確かに、行政法規をその公布の前に終結した過去の事実に適用することは、 一般国民の生活における予測を裏切り、法的安定性を害するものであることを 否定することは...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/02 07:35

不利益な遡及立法の合憲性(その3)

今日は、その2同様、納税者敗訴であった 千葉地裁平成20年5月16日判決について検討したい。 千葉地裁は、まず不利益遡及適用は違憲であることを指摘した上で、 「実質的に考えても、本件譲渡がされた時点においては、その譲渡による 損失を他の各種所得の計算上において損益通算できるとする改正前の 措置法が効力を有していたのであり、一般納税者としては、 その損益通算による利益をも予め考慮して譲渡に及ぶこと...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/03 08:05

役員のみなし退職金の損金性(1)

役員の分掌変更に伴ってみなし退職金を支払う場合、 損金性が認められるのであろうか。 法人税法基本通達9−2−32は、 「その分掌変更等によりその役員としての地位又は職務の内容が激変し、 実質的に退職したと同様の事情があると認められることによるである場合」 は、支給された退職金を退職所得として取り扱う旨、規定している。 しかし、多くの判例では、その損金性が否定されている。 ...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/12 11:52

役員のみなし退職金の損金性(2)

今日は、従来からの判例を代表して、直近の最高裁判決である 最高裁平成19年3月13日判決を紹介したい。 本件の概要は、以下のようなものであった。  染色業を営んできた原告X社は、創業者であるAが平成3年まで 代表取締役を務め、Aの息子であるBが2代目を引き継いでいた。 しかし、平成11年以降、繊維業界不況の影響から赤字に転落し、 平成11年6月から事業整理を開始...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
公開日時:2008/08/13 21:31

2,905件中 1~50 件目