会計・経理全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

会計・経理全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

尾崎 真由美

ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメ…

尾崎 真由美

岸井 幸生

公認会計士・税理士

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくこ…

岸井 幸生

専門家が投稿したコラム

意図していることとズレていたら・・・

おはようございます、今日は台風襲来の日です。 この秋も随分と悩まされることとなりました・・・ 仕事に必要な能力についてお話をしています。 経理処理は企業の健康診断のようなものだと紹介しました。 事業を継続していると、様々な決断を迫られます。 ・一時的に売上を減らしても構わないので、低単価の仕事は削るようにしよう ・先を見越して人材を確保す...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

会計帳簿は健康診断みたいなもの

おはようございます、2007年の今日、当時の安倍内閣が総辞職したとのこと。 そうか、あれ、もう11年前なのですね。 仕事に必要な能力についてお話をしています。 経理処理を溜めないことで「適切な申告と納税」につなげられることを確認しました。 次に、会計・経理の持つ経営分析の機能について簡単に。 適宜処理を進めていくと、その企業の数字上の現状が把握できるよ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

適宜処理のメリットその1:納税資金対策

おはようございます、今日は清掃の日です。 コードレス掃除機が便利すぎます。 仕事に必要な能力についてお話をしています。 経理処理について適宜進めることの重要性について触れました。 こまめに処理をすることは色々とメリットがあります。 まず一つ目は納税資金への対策です。 経理処理を適宜行っていると、常に事業の状態が把握できます。 その情...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

処理を溜めないこと!

おはようございます、今日は万年筆の日です。 もう20年弱、愛用しております。 仕事に必要な能力についてお話をしています。 事務能力について、経理面を中心に考えてみます。 まず何よりも大切なことは「処理を溜めないこと」です。 これは税理士として、お客様に何度となくお伝えをしています。 処理を一年分など長い期間溜めておくと、よく次のような問題...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

事務能力

おはようございます、今日はカーフリーデーです。 最近は車に乗る機会が減りました・・・ 仕事に必要な能力についてお話をしています。 本業の能力、営業、事業規模のことなど触れてきました。 次に取り上げたいのは事務能力です。 どんな類のお仕事にしろ、事務がまったくないということはありえません。 事務作業といっても色々な種類がありますが、ここでは...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

サービス

今さら聞けない、事業主のための「会計」

少人数セミナーだから、聞きやすい&効きやすい

カテゴリ:会計・経理全般

料金:5,400(税込)

場所:東京都千代田区

岸井 幸生

岸井 幸生

(公認会計士・税理士)

本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

会社の健康診断である財務分析を通じて、本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

カテゴリ:会計・経理全般

料金:32,400(税込)

場所:出張/場所指定

佐藤 昭一

佐藤 昭一

(税理士)

専門家が投稿した写真・作品

背中かいてあげましょうか?

2011/12/11 19:00
菅原 茂夫
(税理士)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 会計・経理全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積