会計・経理全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

会計・経理全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

岸井 幸生

公認会計士・税理士

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアントの皆様と夢を共有し、ビジネスに興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

岸井 幸生

尾崎 真由美

ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメ…

尾崎 真由美

専門家が投稿したコラム

財布がわかれているのか?問題

おはようございます、今日は日本茶の日です。 ペットボトルですが、結構飲んでいます。 自営業者の生活費についてお話をしています。 生活費と事業経費の区分について、いくつかの事例を紹介しました。 ここで、小さなおしごとをされている方の実態について考えてみます。 正式な会計や税務の世界では、仕事をしている人というのは ・私生活の支払いと事業経費...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

生活費と経費、両方に該当するものもあります

おはようございます、今日はマナーの日です。 とりあえず、食事が美味しかった時には、素直に伝えるようにしています。 自営業者の生活費についてお話をしています。 事業との関係性により、生活費か事業経費なのか分かれます。 ここで少し実務的な話もご紹介します。 実際には、生活費と事業経費、両方の性質をもった支出も存在します。 ・一部を事業に使って...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

業種によっては経費になるものも

おはようございます、今日はてぶくろの日です。 そろそろ出番が増えてきそうな時期ですね。 自営業者の生活費についてお話をしています。 事業との関連性が認められないものは、生活費に該当することに触れました。 ここで、税理士をやっているとよく受ける質問について。 「こういう支払いは経費になるの?」という質問を、これまで何回くらい受けたことか・・・ ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

商売人にとっての生活費とは?

おはようございます、今日はおだしの日です。 とりあえず、最初の一口は調味料なしで食べるようにしています。 自営業者の生活費についてお話をしています。 この春以降、あらためてこの点について、その重要度がとても高まっています。 ここで、生活費という言葉の意味について確認します。 ごく簡単にいえば ・事業経費に該当しない支出 これ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

私生活のこと

おはようございます、今日は読書の日です。 最近、少しだけ読書熱がもどってきたかなぁ・・・ この春以降、ほんとうに厳しい経営を強いられる会社が増えました。 業種によっては、企業努力ではいかんともし難い状況も続いています。 その一方、会社の状況がまずいのは、どうも景況感のせいだけではない、という事例も。 例えばの事例ですが・・・ 小さな会社で手元にそ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

サービス

本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

会社の健康診断である財務分析を通じて、本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

カテゴリ:会計・経理全般

料金:33,000(税込)

場所:出張/場所指定

佐藤 昭一

佐藤 昭一

(税理士)

今さら聞けない、事業主のための「会計」

少人数セミナーだから、聞きやすい&効きやすい

カテゴリ:会計・経理全般

料金:5,500(税込)

場所:東京都千代田区

岸井 幸生

岸井 幸生

(公認会計士・税理士)

専門家が投稿した写真・作品

背中かいてあげましょうか?

2011/12/11 19:00
菅原 茂夫
(税理士)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 会計・経理全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積