会計・経理全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

会計・経理全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

尾崎 真由美

ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメ…

尾崎 真由美

岸井 幸生

公認会計士・税理士

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくこ…

岸井 幸生

専門家が投稿したコラム

消費税の改正は小規模事業に絶大な影響を及ぼす

おはようございます、今日はボタンの日です。 古いもの中にはアンティーク的な価値のあるものも存在するようです。 生活費と事業の関係についてお話をしています。 趣味を仕事にするのに、経理や事務の能力も必要であることを紹介しました。 今後、非常に大きな影響を及ぼすのが確実なのは消費税の改正です。 これまで、消費税というのはその納税額の計算において「支払先の属...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

経理・事務能力

おはようございます、今日はインターネット記念日です。 原型は1969年とのこと、もうすぐ50年ですね。 生活費と事業の関係についてお話をしています。 好きなことを仕事にする際、少々の図々しさが必要だと紹介しました。 もう一点、なんとなく始めるだけでは中々通じない点があります。 それは経理や事務に関する能力です。 どんな小さな規模のお仕事で...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

少々の図々しさは必須

おはようございます、今日は世界こどもの日です。 子どもは好きで、乳幼児はみていると本当に癒やされます・・・ 生活費と事業の関係についてお話をしています。 好きなことを仕事にしつつ、いくつかの仕事を同時並行的に進めている人がそれなりにいることを紹介しました。 今後、「趣味やその延長線を仕事にしてみる」という流れは加速されると思います。 それが簡単にできる...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

複業

おはようございます、今日は鉄道電化の日です。 国内にも、まだ「電車」になっていない路線はポチポチとあるみたいですね。 生活費と事業の関係についてお話をしています。 好きなことを仕事にする上で、自分の小ささを受け入れることに触れました。 もう一つ、この手の活動をしている方には概ね次のような傾向があります。 ・一つの仕事に従事するのではなく、複業に...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

どこまでを許容できるか?

おはようございます、今日は土木の日です。 改めて、建設業は基幹産業なんだよな、と思う今日このごろです。 生活費と事業の関係についてお話をしています。 好きなことを仕事にしてそれなりに成功している事例について。 自分の能力を異分野に持ち込んだり、人集めの才能で生きていく。 そういうことが以前に比べたら用意になったことは間違いありません。 と...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

サービス

今さら聞けない、事業主のための「会計」

少人数セミナーだから、聞きやすい&効きやすい

カテゴリ:会計・経理全般

料金:5,400(税込)

場所:東京都千代田区

岸井 幸生

岸井 幸生

(公認会計士・税理士)

本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

会社の健康診断である財務分析を通じて、本当に経営に役立つ決算書の見方をお伝えします。

カテゴリ:会計・経理全般

料金:32,400(税込)

場所:出張/場所指定

佐藤 昭一

佐藤 昭一

(税理士)

専門家が投稿した写真・作品

背中かいてあげましょうか?

2011/12/11 19:00
菅原 茂夫
(税理士)

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 会計・経理全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積