人材育成の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

人材育成 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

小笠原 隆夫

経営コンサルタント

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制…

小笠原 隆夫

新納 昭秀

経営コンサルタント

ビジネスの軍師として、老舗中小企業の改革再生を実現!

机上の空論では終わらせません!現場に入り込んだ独特のスタイルで、組織と営業の強化を中心とした、経営改革を進めます。クライアントの悩みを払拭し、“夢をかなえる…

新納 昭秀

竹上 順子

研修講師

We’ll move into action For you・・・

変化する時代の中にあっても、 不変である“心の豊かさの実感” と“成長できる喜び”を、仕事を通じて実現していきます。先人の教えを現代の求めに応じて変化させ、社名…

竹上 順子

丸本 敏久

心理カウンセラー

元マクドナルド店長の 心理カウンセラー

マクドナルドの現場で 様々なお客様 スタッフと対応組織をまとめ 育て 成長させていくノウハウだけでなく、カウンセラーとしての知識経験が更に人を成長させる!…

丸本 敏久

利用者からのQ&A相談

企業様で外国人を採用する場合、どの国の方がよろしいですか?

現在、日本には、多くの外国人が来ています。合わせて、人材不足を叫ぶ企業が多い印象があります。そこで、外国人材の採用をご提案したいのですが、多くの日本企業様は、国別のイメージをもっており、採用基準が偏っているように思います。中国、ベトナム、ネパール、ミャンマー、タイ等日本との関係が深まってきている国は、たくさんあります。自社で採用する場合、どこの国の方なら入れてみたいと思うでしょうか?教えてください。株式会社ユナイテッドマインドジャパンhttp://www.unitedmind.jp/

回答者
西田 正晴
転職コンサルタント
西田 正晴

面接辞退あとの再応募

1ヶ月ちょっと前に面接を辞退した会社があるのですが、気になっていて調べたら求人は出てました。辞退の理由として住んだことのない場所なので土地勘のある場所で探そうと思い、辞退の電話をした際にその旨伝えて機会があったらまたお願いしますと電話を切りました。どんな理由にしろ、辞退した会社に再度応募するのは非常識ですか?もし、応募可能な場合はネット応募と電話応募どちらがいいですか? 辞退してるので電話応募する勇気がありません。

回答者
西田 正晴
転職コンサルタント
西田 正晴

遠方からの面接

東京で働きたいと思ってるいるのですが、九州在住のため応募する際に九州に店舗がある場合はそちらで面接をお願いするのは失礼にあたりますか?もちろん採用されたら引っ越します。ただ、遠方のため面接のたびに東京へ行くというのが金銭的にムリがあるので可能であれば九州内の店舗で面接して頂けたら有り難いです。東京に数日行って、その間にいくつか面接をするというのも考えたのですが、もし2つ以上合格したら断ることになる...

回答者
廣瀬 孝一
人財育成/セールストレーナー/プロコーチ
廣瀬 孝一

目標管理シートは部門ごとに分けるべきではないか

先日このサイトで、目標管理について質問させて頂いたのですが、再度の質問となります。目標管理は、上司と部下双方が数値を納得した上で合意して進めるものとのご回答を頂きました。しかし、実際に追いかけている数値というのは部門によって違う所もあると思います。売上予算という大きい視点で見ればもちろん同じなのですが、例えば社内IT部門と営業部門ではそもそもの仕事内容が全然違うため、追うべきものも違うと思います。...

回答者
掛川 幸子
現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト
掛川 幸子

目標管理を行う理由

会社で半期に一度、目標管理を書いて提出するように言われます。その度にその場しのぎの目標を立ててその場を収めている感じがしてどうしても有用なものだと思うことが出来ません。何故会社はこんなに目標管理をしたがるのか、有用性などを知りたいです。

回答者
本田 和盛
経営コンサルタント
本田 和盛

専門家が投稿したコラム

あるアスリートが言った「厳しくないけどキツイ」の言葉に思うこと

 数多くのトップアスリートのトレーニングを指導する、プロトレーナーの木場克己さんに関する記事を見ました。    ご自身は、小学2年から柔道を始め、スパルタ式の練習で、中学では県大会2位、高校ではレスリングでインターハイ3位という有望な成績を上げていましたが、厳しい練習のせいで腰椎圧迫骨折になり、選手生命を断たれてしまったそうです。    もともと体育会系の“ど根性”にはなじめないでいて、こ...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

過ちをカバーする人、非難する人を考察してみた

自分もまだまだ成長過程にある人間。部下や、同僚も同じ成長過程にあると理解していても、つい、他人の失敗には厳しく接しがちになる。 どうしてだろう?人間にも、機械でさえも、過ちはつきものではないか?だけど、失敗、過ち、誤りに対して、人間は寛容さがない。 それでも、過ちや誤りを目の当たりにして、すぐにカバーに回る人や、フォローを考える人たちもいる。そんな人たちと話をすると、まず、自分に対する信頼感が高い...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

ADAMASの中西優里亜さんと採用戦略研究所のトレマッセガールズによる豪華コラボセミナーの開催されます

《講師紹介》 ◇株式会社ADAMAS 中西優里亜◇ 現役モデルとしても活躍中の女性起業家!! ADAMASはラテン語で『ダイヤモンドの原石』です。 《~プレゼン得意になりましょう~会社の魅せ方・面接の話し方講座》会社HP:http://www.adamas-osaka.com ◇株式会社 採用戦略研究所 トレマッセガールズ◇ トレマッセガールズは、株式会社採用戦略研究所の美人コンサル担当ユニ...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

DNAで考える癖を抜く

グローバル社会で、どう生き残るか?どう戦うか?と、質問を受けることがあります。 ほんとうに勝ちたいのであれば、「日本人的な考えから脱皮しなければならない」でしょうと答えます。 それは、決して、日本人の良さを捨てるとか、欧米人になろうということではありません。 いつもの考え方=考える癖を、越えなければならないということです。 例えば、私たちを苦しめる、女は優しくなければならない。男は強くなければなら...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

背中を見せるということ

職場の中でも、モノづくりの中小・零細企業の経営者の皆さんは、常々、背中を見せて人を育てるとおっしゃいます。たしかに、昔から言われる通り、効果性は高いように思いますが、この言葉を勘違いして受け止める「育てられる側」と、言わんとすることを誤解している「育てる側の中間管理者」との間で意図がずれてしまっているため思う通りの結果に到達しないと嘆く方々からの相談をお受けします。 背中を見せるという抽象的な表現...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

サービス

リーダー育成研修 ただ聴くだけの研修なんかじゃない!

考えて行動するリーダーのための考えて 行動する研修

カテゴリ:人材育成全般

料金:108,000(税込)

場所:滋賀県大津市

丸本 敏久

丸本 敏久

(心理カウンセラー)

組織リーダーのための女性活躍紹介セミナー

〜女性を組織でより良く活かし、さらにチーム力を高める為のリーダーシップ力の習得に〜

カテゴリ:人材育成全般

料金:5,400(税込)

場所:東京都中央区

根本 雅子

根本 雅子

(経営コンサルタント)

専門家が投稿した写真・作品

飲食店マネージャーセミナー

2016/02/26 11:05
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)

ぐるなび 「クローズアップ」 インタビュー記事

2015/07/04 09:24
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)

全員参加型経営(オープンブックマネジメント)を目指すために!

2014/12/05 12:14
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)

オフィス近くで打ち合わせ

2013/08/06 00:35
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)

専門家グループ

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

専門性の高いプロフェッショナルに自社の課題解決を依頼してみませんか?※協会会員への入会者も募集中です。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 人材育成に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積