企業法務の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

企業法務 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

尾原 央典

弁護士

企業の方も個人の方も、迅速・丁寧にご対応させて頂きます。

企業法務全般、不動産、相続、紛争解決(訴訟、調停等)に力を入れています。

尾原 央典

大平 和幸

弁理士

先端科学技術と知財活用の両方に精通した、農学博士の弁理士です

お客様の保有する知的財産を活用して事業を守り、競争優位を獲得できる知的財産戦略構築を行います。それに基づき戦略的に出願し、権利取得を行うことで有効な特許網…

大平 和幸

中西 優一郎

弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまが…

中西 優一郎

金井 高志

弁護士

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。…

金井 高志

利用者からのQ&A相談

会社と社長

弊社(資本金4億:以下A会社という)は親会社が海外にあり、今年、日本国内に、弊社の子会社(資本金1千万:以下B会社という)を作りました。これは、実際はA会社の一つの部門の一部売上を計上するのみで、経費は全く発生させてません。いわゆるペーパー会社のようなもの。今、親会社はデフォルトとなっており、倒産寸前。弊社は、親会社に4億の債務がありますが、支払いは行えてません。弊社もキャッシュフローが悪く、とり...

回答者
岡田 晃朝
弁護士
岡田 晃朝

違約金の相場

違約金について教えていただけますでしょうか?委任契約の受任者から一方的に、契約期間の中途で契約解除をした場合、1 委任者から違約金を要求された場合は応じるべきでしょうか?2 その場合、違約金として妥当な金額はいくらくらいになりますでしょうか?3 上記2の金額を大きく上回る違約金を請求された場合、受任者はその上回る金額については、支払いを拒否できるのでしょうか?契約の内容・1年間の契約で自動更新・違...

回答者
岡田 晃朝
弁護士
岡田 晃朝

委任契約受任者からの契約解除は可能か

ご相談をさせていただきたいことがございます。下記のような状況下で、1.受任者側から一方的に契約解除通知が可能か。2.1の場合に即時で契約解除が可能か。難しい場合はどの程度の期間を要するか。ご教示いただければ幸いです。《当事者》私(個人事業主)A社(クライアント)両者間で委任契約(請負契約ではありません)を締結《契約期間》・2018年10月1日より1年間・契約解除との希望がなければ自動更新・中途解約...

回答者
尾原 央典
弁護士
尾原 央典

会社の清算に関しての質問です。

現在、会社を経営(代表取締役:50代)している者です。会社は、土地・建物を数か所所有しており、それを他社に工場や店舗として、賃貸しており、その賃貸・管理を収入源にしている会社です。今、自社が賃貸している土地や建物は、もともと、先代の社長(私の義父:80代、健在)が行っていた事業(鉄工関係)に使用していたものですが、事業の業績が下降気味なってきたのを契機に、20年ほど前にその事業に見切りをつけ、自社...

回答者
前原 秀一
司法書士 土地家屋調査士 行政書士
前原 秀一

業務委託基本契約書のある事項についての、合法性

下記について、独占禁止法や下請法などの各種法令に該当するロジックで、交渉したく存じますが可能でしょうか? また、折衝案としてどのような条項へ変更・追加をしたらよろしいでしょうか?委託業務仲介業者(以下甲)が、Web開発会社(以下乙)に対して、甲のクライアント(以下甲の取引先)が求める常駐案件に、乙の要員が行う案件です。当社は乙です。ーーーーーーーーーーーー条項「乙は、甲の事前の書面による了承のない...

回答者
中井 岳郎
法務コンサルタント
中井 岳郎

専門家が投稿したコラム

改正民法の定型約款について解説! 判断のポイントは?

債権関係規定(債権法)に関する改正民法が2017年5月に成立し、2020年を目途に施行されることとなりました。 契約に関する規定の大半は明治29(1896)年の民法制定から変わっておらず、今回の改正は、民法制定以来、約120年ぶりに抜本改正されます。 改正は、約200項目に上り、様々な生活の場面に影響が及ぶ身近なルール変更が多いです。 その特徴は、インターネット取引の普及などの時代の変化に対...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

「ランサムウェアの身代金を支払ったときの企業の法的問題点」 リスク対策.com

リスク対策.com主催の「ランサムウェアの身代金を支払ったときの企業の法的問題点」で講師を務めました。 開催日時:平成29年8月2日(水)   【テーマ】 「ランサムウェアの身代金を支払ったときの企業の法的問題点」   【セミナー概要】   Ⅰ ランサムウエア問題 Ⅱ 犯罪者(加害者)の行為に関する問題 Ⅲ 被害企業(被害者)側における責任問題 Ⅳ ま...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

「支部活動を行う際に必要な著作権・SNSの知識」 NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会主催の「支部活動を行う際に必要な著作権」で講師を務めました。 開催日時:平成29年4月22日(土)   【テーマ】 「支部活動を行う際に必要な著作権・SNSの知識」     【セミナー概要】   1 知的財産法の概要 2 著作権についての基礎知識   (1)著作権とは     (2)著作物とは     (3)著作者の権...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

「インターネット・WEB上のCM・動画に関する著作権の問題」 全日本シーエム放送連盟

全日本シーエム放送連盟主催の「インターネット・WEB上のCM・動画に関する著作権の問題~法律上・実務上の課題と留意点について~」で講師を務めました。 開催日時:平成29年3月14日(火)   【テーマ】 「インターネット・WEB上のCM・動画に関する著作権の問題 ~法律上・実務上の課題と留意点について~」     【セミナー概要】   1 はじめに 2 著作権侵害  ...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

「ネット不祥事から企業を守る」 日本公認会計士協会 千葉会

日本公認会計士協会 千葉会主催の「ネット不祥事から企業を守る」で講師を務めました。 開催日時:平成28年10月1日(土)   【テーマ】 「ネット不祥事から企業を守る」   【セミナー概要】   Ⅰ ソーシャルメディアとは                    1 ソーシャルメディアの意義      2 インターネットの特性とソーシャルメディアの特性           Ⅱ...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 企業法務に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積