社内教育・自己啓発の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

社内教育・自己啓発 の専門家に相談、悩み解決!

[ 人材育成 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

小笠原 隆夫

経営コンサルタント

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制…

小笠原 隆夫

掛川 幸子

現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト

とことん信じるということ。相手を想うということ。

私は何よりも相手を信頼すること、大切にすることをモットーとしています。自身の心のあり方もそうですが、いつも相手をとことん信頼する力は、きっと自分にとっても…

掛川 幸子

中津山 恒

経営コンサルタント

経営をよくする!問題解決プロフェッショナル

明らかな経営課題、もやもやしたお悩みのどちらにも対応します。課題が明確になれば半ば解けたようなものです。ITとロジックで課題を解決します。

中津山 恒

加藤 貴子

編集者

四半世紀の経験をもとにビジネスを“編集力”でサポートします

ケイコとマナブ、ゼクシィ、都心に住む、ほしいリゾート、All Aboutなどの編集・創刊・リニューアルと編集長経験を活かし、読み手の心と行動を喚起する雑誌・書籍・we…

加藤 貴子

専門家が投稿したコラム

過ちをカバーする人、非難する人を考察してみた

自分もまだまだ成長過程にある人間。部下や、同僚も同じ成長過程にあると理解していても、つい、他人の失敗には厳しく接しがちになる。 どうしてだろう?人間にも、機械でさえも、過ちはつきものではないか?だけど、失敗、過ち、誤りに対して、人間は寛容さがない。 それでも、過ちや誤りを目の当たりにして、すぐにカバーに回る人や、フォローを考える人たちもいる。そんな人たちと話をすると、まず、自分に対する信頼感が高い...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

DNAで考える癖を抜く

グローバル社会で、どう生き残るか?どう戦うか?と、質問を受けることがあります。 ほんとうに勝ちたいのであれば、「日本人的な考えから脱皮しなければならない」でしょうと答えます。 それは、決して、日本人の良さを捨てるとか、欧米人になろうということではありません。 いつもの考え方=考える癖を、越えなければならないということです。 例えば、私たちを苦しめる、女は優しくなければならない。男は強くなければなら...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

背中を見せるということ

職場の中でも、モノづくりの中小・零細企業の経営者の皆さんは、常々、背中を見せて人を育てるとおっしゃいます。たしかに、昔から言われる通り、効果性は高いように思いますが、この言葉を勘違いして受け止める「育てられる側」と、言わんとすることを誤解している「育てる側の中間管理者」との間で意図がずれてしまっているため思う通りの結果に到達しないと嘆く方々からの相談をお受けします。 背中を見せるという抽象的な表現...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

「希望通りの研修」で本当に効果が上がるのか?

 年が明けてもう2月ともなると、4月から新入社員を受け入れる多くの企業では、新人研修の準備が始まります。新人研修に限らず、企業ではそれ以外にも様々な研修が実施されると思いますが、その効果が思い通りに上がっているかというと、なかなかそうはいかないことが多いのではないでしょうか。    私もいろいろな企業の研修を、受講者、企画担当、講師など、様々な立場で長らくかかわってきましたが、そんな経験から思...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

これから起業しようという人からさえも感じた「自覚のない依存」

 ある団体の会合でのことです。経営者やコンサルタントが集まる団体なので、参加者の中には最近起業したばかりの人や、これから起業を考えているという人が何人かいました。  著名な大企業出身の方であったり、40代以上でシニア世代の方であったり、どちらかといえば社会経験が豊富な方々で、話しぶりからもみなさんとても優秀だとお見受けしました。  すでに起業したという何人かは、小遣い稼ぎ程度に考えている...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

飲食店マネージャーセミナー

2016/02/26 11:05
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)

社員研修

2013/04/10 22:45
北島侑果
(司会者)

専門家グループ

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

専門性の高いプロフェッショナルに自社の課題解決を依頼してみませんか?※協会会員への入会者も募集中です。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 社内教育・自己啓発に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積