(閲覧数の多い順)人材育成の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

人材育成 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

人材育成 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

3,927件中 1~50 件目 RSSRSS

[思考力診断 2]あなたの「物事の本質を見抜く力」をテストする

【問1】 「解決策をスピーディーに出す有能コンサルタント」を雇うデメリットとは何か? 【問2】 「わかりやすいと定評のある講師」に研修を依頼するデメリットとは何か? 【問3】 「読むだけですぐわかる」読者に親切なビジネス書を読むデメリットとは何か? *ヒント* 答えは「費用が高い」とか「評判倒れ(実際はそれほどでもなく)で失望する」といった類のものではない。 ★ テスト結果 ★ (A)...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/02/22 18:00

理論と実践の違い

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 人材育成の場において重要なことは何でしょうか。 いろいろあるかと思いますが、重要なことの一つとして、理論と実践の違いを教えることがあるでしょう。 基礎知識を高めるうえで、基本となる理論を教えることは重要。 しかし、実際のビジネス現場を想定すると、理論だけでは不十分。 理論を踏まえた理論と実践の違いを知ることで...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/12/28 13:54

信頼される人になるには?→信頼される人と信頼されない人の違い

信頼される人になるにはどうしたらいいのでしょう? 信頼される人と信頼されない人との違いって何でしょう? ちょっと考えてみましょう。 (A) 「うちの会社は即断即決」と言っておきながら即断即決しない会社があったとします。 あなたはそういう会社を信頼しますか? (B) 「人事の納得性を高めろ」と人事部に命じておきながら自分の報酬額公開を嫌がる社長がいたとします。 あなたはそういう社長を信頼しま...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/03/30 18:00

目標管理の方法(その1) 目標の立て方

‐目標管理制度(MBO)、目標設定、方法、目標の立て方とMBOのポイントとは?‐ 皆さん、目標を設定するときに一番大切なことって何かご存知ですか? それは「事業計画書を穴を開くほどよく読む」ことです。 ******************************************** 目標管理シートは何を書くためのシートか? ・・・目標管理シートの書き方が分からないと悩んでいる方は、この...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2012/04/06 09:14

[思考力診断 1] あなたの「物事を深く考える力」をテストする

【問1】 コンサルタントのように問題分析をしたいと思っているAさんが、お世話になったコンサルタントY氏に「ノウハウを教えて下さい」とお願いしました。 しかし、Y氏はその依頼を断りました。 Y氏はなぜ断ったのでしょう? 【問2】 秘密のビックプロジェクトが進行中の有名企業C社の営業担当役員が、Y氏に「プロジェクトメンバーに課題解決と企画立案のノウハウを教え込みたい」と依頼しました。 しかし、Y氏...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/02/21 18:00

味180 OFJT(オフジェイティ)

味180 OFJT(オフジェイティ) OFJT(オフジェイティ) 現場以外で行う教育 〜ひらく風味解説〜 外部の教育機関から講師が来て教育する。 社内では習得できないスキルやテクニックを学ぶことが出来る。 しかし、費用対効果を見てみると中には見合わないものもあるようだ。 まず、何を身に着けたいのかが重要である。 心なのか技術なのか・・・ 感謝(続きを読む

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
公開日時:2009/06/29 11:55

11.「注意回復理論」とは?

11.「注意回復理論」とは? ぼけーっとするのも大切ですね! パソコンや読書など、目を一点に集中させ 長時間意識を酷使すると目の疲れとともに 精神的な疲労を感じます。 ですので、定期的な休憩は 結果的に能率をあげることになります。 このことは、もう誰もが知っている事実で、 多くの人が実践しています。 疲労の因果関係はひとつではなく、 この場合であれば、目の疲れが脳...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2007/12/12 09:00

10.「情動伝染」とは?

10.「情動伝染」とは? 感情はうつるんです! 小さな病院の待合室。 咳をしたり、くしゃみをしたりする人があふれ、 陰鬱な気分になります。 そこに元気な子どもが入ってきて、 ニコニコ笑い声が響く。 または赤ちゃんが母親につれられ入ってくると とても機嫌が良く、笑顔を振りまく。 すると、こわばっていた身体がゆるんで、 気分が少し明るくなります。 もちろん、全ての人が...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2007/12/11 09:00

経験するチャンス

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は経験についてのお話です。何事も経験することで理解が深まることがある。これはビジネス現場でも同じ。経験することで、成功や失敗という結果を得ることそのものに意味がある。頭の中で妄想したり、他の人の様子が伺っているだけでは、理解できない世界が存在する。決まったパターンや正解のないビジネス現場であるほど、経験の重要性が問われることになる。ちょっとした...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/30 09:44

本当に価値のある情報

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は情報についてのお話です。今や大量の情報がネットにあふれている時代。誰でも簡単に短時間で情報を入手することができる時代。しかし、簡単に得られる情報は一般的な情報に留まっていることが多いのも事実。だからこそ、人と会って直接話すことの意味の大きさを痛感することも多い。本当に価値のある情報は、人から得られることが多いのも事実である。人と会って話すこと...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/21 09:41

こういう仕事をしていると

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はビジネスマインドについてのお話です。こういう仕事をしていると、客観的な視点や第三者としての視点が重要だと感じている。あまり主観的にならず、公平に冷静に情に流されないといったことになるだろうか。当然、状況によって使い分けをしているわけだが、客観的な視点や第三者としての視点を意識することの方が多い。プロフェショナルとしての期待に応えるために必要なことだろ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/10/31 10:21

人は勝手に育たない

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材育成についてのお話です。 「人は勝手に育たない」というのが、ビジネス現場における現実だと思います。 日々の仕事に追われている多くのビジネスパーソンにとって、自分自身の育成についてゆっくり考える暇がないというのが本音でしょう。 一定の経験を積み、ある程度のレベルに達するまでは、企業側が主導する形で人材育成を進める必要があるかと思いま...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2015/11/10 09:24

ああ~もったいない・・・何となく入りにくい珈琲専門店

「あれ?こんなところになんか店ができているね。でも、何の店なんだろう?」 私の自宅近くに長年営業していたゴルフショップがありました。間口が3mほどの個人経営の小さなお店でした。しかし、時代の流れなのか、経営者が歳を取ったのか、とうとうその店は閉店してしまいました。 1年前、その店が閉店しその後にオープンしたのが、コーヒー豆を売りながら店内でも飲めるという、30代のお兄さんがオーナ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/01/08 06:24

改善という便利な言葉

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は改善についてのお話です。 日々ビジネス現場で目にしたり、聞いたりする言葉の一つとして、「改善」がある。 目標達成のため、問題解決のため、日々の反省のためなど、様々な場面で「改善」という言葉が使われている。 しかし、あまりにも「改善」という言葉が便利なために、正直どうかなと思うことが少なくない。 単に「改善します」と表現されている時は特に危険...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2014/11/29 16:26

余人をもって代えがたい人材

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材戦略についてのお話です。 余人をもって代えがたい人材。 一般的には、代えがきかない人材という意味で使われます。 この余人をもって代えがたい人材については、良い面と悪い面の両面が指摘されており、効率化やコンプライアンスという視点で、最近何かと話題になっているテーマでもあります。 この余人をもって代えがたい人材を企業にまで枠を広げる...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2014/10/10 08:41

店長のための「言える化」推進計画(その39)

「では、このアイデアから始めていくことにしましょう。じゃあ、誰か責任者になってくれないかな。やりたい人は手を挙げて下さい。」 店舗が抱える問題点を、改善するために開かれた店舗ミーティング。そこでは前向きな意見が活発に提案されました。そして、スタッフ自身がその中のアイデアをひとつ選び、さっそく実行して行くことになりました。さらに、司会を務めるスタッフリーダーのAさんは、ミーティングに...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2014/06/16 06:55

新人店長は「だから言ったじゃあないか!」とは言ってはいけない

「お~い大丈夫か・・・もう、だから言ったじゃあないか!なんで気を付けなかったんだ!はあ~」 店長は、油だらけになったアルバイトスタッフの足もとを見ながらため息をつきました。スタッフは、ただ呆然・・・・実は、これはある店長が体験したキッチンでのトラブルとその後の苦い思い出のお話しです。彼は、フライヤーの油を交換した後の廃油を移動するときに、重たくてすべりやすいから気を付けるようにスタ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2014/02/26 04:49

新人店長は「弱音」を吐いてみよう

「え?マネジャーでもそんなことがあるんですか?・・・・そうなのか・・・」 ちょっとビックリしたような顔をしたのは、あるチェーン店の店長。最近、店の売上げがかんばしくなく、マネジャーが来るたびにどう言い分けしようかとドキドキしている新人店長です。 今日はそのマネジャーが訪店する日。いつものように不安な気持ちで、マネジャーの話を聴き始めた店長は、マネジャーの口から出た意外な言葉にビックリ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/12/15 07:07

部下がチャレンジしないのは誰のせい?

「まったく!うちの社員は、誰もチャレンジ精神というものが無い!」 ある社長がこんな風にぼやかれていました。 多くの経営者や経営幹部は、自分がチャレンジに次ぐチャレンジの結果、今の地位を得ていることを自覚しています。たくさんの努力と困難に対して果敢に挑戦をし、それに勝利してきたから今の自分があるのです。しかし、自分の部下達はと言うと、失敗を恐れ、安全策ばかり行い、チャレンジをしない・...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/09/21 07:45

「相手軸な人」㉕「売る」のではなくお客様の役に立とう

「相手軸な人」㉕「売る」のではなくお客様の役に立とう 「その後いかがですか?どこか不具合はありませんか?」 お客様にリピートして頂くには、お客様の役に立つ、つまり「お客様が困っている問題を解決する方向に導くよう行動する」「お客様が欲しいと思う情報を提供する」「お客様が喜ぶことを提供する」事が大事だと、前川あゆさんは、その2作目の著書「“ストレスフリー”な営業をしよう!お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業」(同文舘出版)で...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/05/07 06:26

「相手軸な叱り方」㉜相手の受け入れ準備を確認する

「相手軸な叱り方」㉜相手の受け入れ準備を確認する ※クリックして人気ブログランキングへ 人材・教育業 ブログランキングへ 「あなたは、人に挨拶されても、笑顔で挨拶を返していません。」 「わたしは、あなたが不機嫌な声で話しかけてくるとイラッとします。」 「叱る」というアプローチとは違いますが、相手の状況に対して「フィードバック」をするという方法があります。 冒頭の2つの「 」の文章がその例...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/02/27 05:31

人材育成の効果を高めるためには当事者意識が重要

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材育成についてのお話です。 最近いくつかの人材育成案件で、関係企業の方々と話をする機会がありました。 そこで私がポイントとしてあげたのが、人材育成の効果を高めるためには当事者意識が重要になるということです。 研修のための研修ではなく、即ビジネスにつながるような研修により、当事者意識を高めることで、最大限の効果を発揮させるようにするの...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/12/29 09:49

「哲学的思考入門」とは

哲学的思考入門は、社会人向けリベラルアーツ教育「ビルドゥング」の中にある、「本質を見抜く力をつける」ための教育コースです。 ビルドゥングはパンセ・ソバージュ・アンド・カンパニーにより開発された「金、実利、損得の入り込まない領域における個人の意識/思考/行動の訓練と強化」のための教育プログラムであり、「西洋哲学」と「経営コンサルティングの場で得られた現場での経験」が融合したユニークなメソッドによっ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/10/06 17:00

「やらせる」のではなく「仕向ける」

  私もいくつかの企業で社員研修をやらせて頂く機会があります。   経営者や研修担当の方は、当然何らかの効果を求めて実施されるわけで、こちらとしてもできるだけ早く、なおかつ高い成果が得られるように努力をしますが、中にとても短期的な成果を求める方がいらっしゃいます。「その研修をやるとどんな効果が出るの?」などと尋ねられたりします。   今の世の中のスピード感から、結果を急ぐ気持ちは理解できるので...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/09/26 06:00

あなたが何をやっても本気になれない理由

仕事でも私生活でもいいのですが、何をやっても本気になれないという人がいます。 どうしてか分かりますか? あなたが本気になれない理由は・・・ 「本気になるに値しないことしかやっていない」からです。 ************************************************** 日常を振り返ってみると、こんなことを感じます。 ・あまりに下らない番組を流しているテレビ局があ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/04/26 18:00

[方法]深く考える方法・・ 物事 深く 考える 方法論 手法 訓練

皆さん、物事を深く考えるためにはどうしたらいいかご存知ですか? 物事を深く考えるためにはまず「知る」ことが大切です。 えっ、何を知るかですって? それは「あなたとは違うものの見方をしている人の意見や考え方」を知ればいいのです。 そうするどうなるか? “おぉそうかぁ”と「気付き」ます。 そして、この <知ったこと>+<気付いたこと> を土台に、あなた自身が問題にしているテーマを「考える」...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/02/10 18:00

せいさつ(014)よいコンサルタント/よい研修講師/よい本

・コンサルタントを雇っている会社がコンサルタントに言いました。  「どうすればいいんだ、解決策を出せ。そのためにお前を雇ったのだ。」 ・研修の受講生が講師に言いました。  「こういう時はどうすればいいんですか?答えを教えてください。そのために会社は受講料を払ってまで研修してくれているのですから。」 ・ビジネス書の読者がつぶやきました。  「読むだけで答えがわかる本がいい。そういう本こそ買うに値する...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/06/15 09:00

せいさつ(013)コンサルティング力とは…ノウハウを求める愚

あるコンサルティング会社に問い合わせがありました。 問い合わせの主はとある企業の営業担当役員。 「詳しくは言えないが、社内でプロジェクトが動いている。 成功すればマスコミも大きくとりあげること間違いなしのビックプロジェクトだが、その分難易度が高い。 社長は成功確率を五分五分と見ているが、私はそんなに簡単ではないと思っている。 第一線のエース級を投入しているが力不足だ。 コンサルタントのように論...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/06/14 09:00

日本航空、スカイチームへ転向?・・デルタ航空と提携

3月10日付けの自身のコラムでも述べているように、スカイチームは 「世界席捲」への動きを加速している。 AF-KLのアリタリアの取り込み、デルターノースウエストの統合 に続きデルタ航空と日本航空との提携、資本注入を発表した。  そもそも日本航空は経営再建途上にあり、大幅な路線の縮小や 関連会社の統廃合、日本貨物航空(NCA,KZ)との統合、提携など...(続きを読む

伊藤 弘輝
伊藤 弘輝
(研修講師)
公開日時:2009/09/12 07:29

・・・LCC(ローコストキャリアー)トピック・・・

皆さんは”ローコストキャリアー(LCC)”という航空会社の俗称を耳に されたことはありますか?日本では最近オーストラリア籍の ”ジェットスター(JQ)”が有名だと思います。でも気をつけて頂きたい のは”【LCC】の運賃は安い”と決め込んでかかることです。 そもそも”ローコスト”の意味するところは経営側が主体であって 必ずしもローコスト=ローフェアー...(続きを読む

伊藤 弘輝
伊藤 弘輝
(研修講師)
公開日時:2009/03/23 00:48

味10 コミュニケーション(こみゅにけーしょん)

味10 コミュニケーション(こみゅにけーしょん) コミュニケーション(こみゅにけーしょん) 意思・感情・思考を伝達し合うこと、言語・文字・表情・声・などは手段 〜ひらく風味解説〜 本来の目的は「伝達」である。 会社内において一番使用頻度の高いものであるが、細心の注意を持って行っている事例は少ない。 「伝達の決定権」は相手にありで、どう伝わったのかを常に検証することが必要である。 結...(続きを読む

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
公開日時:2009/01/10 11:55

人の心を掴むコミュニケーション術

イメージコンサルタントの伊勢田幸永です。 日々、多くの方を魅力的にすべく活動しています。 仕事に生かせるコミュニケーションの極意を特集しています。 もっとコミュニケーション能力があれば仕事がスムーズに進むのに・・・ もっと人間関係をスムーズにしたい・・ 誰でも持っている悩みを簡単に解消します! すぐに実践できるコミュニケーション術を身につけましょう!! ...(続きを読む

伊勢田 幸永
伊勢田 幸永
(研修講師)
公開日時:2008/10/05 10:00

ISO内部監査(10)―形骸化の原因(3)有効性への理解不足

  ISO内部監査  このコラム内容に御興味があるお方は、弊社ホームページプログの中の同名タイトルのブログを御覧ください。本件に関する情報の宝庫です。  ホームページプログをクリックしていただくと、ホームページのトップページがでます。    この下に最近のブログが掲載されいます。その下に「生涯現役エンジニアブログへ>>」というボタンがあるのでこれをクリックしてください。 ...(続きを読む

田邉 康雄
田邉 康雄
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/05/31 08:13

部下は性善説か性悪説か?!

部下を持つ多くのマネージャー、特にこの春から新任になるマネージャーは、必ず一度はこの疑問にぶち当たるだろう。その疑問に少しでも回答できればと思う。 部下は一体、性善説で指導すべきか、 はたまた性悪説で指導すべきか? 部下に対しては強制した方が業績が上がるのか? それとも、モチベーションを高めて自律的に働かせる方が 業績が上がるのか? 上司になれば、誰もが一...(続きを読む

葛西 伸一
葛西 伸一
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/04/04 17:57

10.モチベーションとモチベーター(2)

10.モチベーションとモチベーター(2) 自分のモチベーターを知る 自分自身の 「モチベーター」(motivator) を把握し整理しておくことは、 思った以上に役に立ちます。 それは何も立派なことでなくていいと思います。 散歩でも、お風呂に入るでも、 青春時代を思い出させてくれる旧友と長電話するとか・・・。 でも、仕事のことを一切忘れさせてくれる友だちというのは、 ...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/02/03 09:00

5.「相互性の原理」とは?(1)

5.「相互性の原理」とは?(1) 与えるからもらえる「相互性の原理」(1) 前回「返報性の原理」について触れました。 「もらうと何かお返しがしたくなる」 そんな心の働きでした。 心理学では・・・これとほぼ同義の言葉に、 ★「相互性の原理」(Reciprocity Principle) があります。 「相互性の原理」は、「相互主義」「互恵主義」なども訳され、 ...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2007/11/27 09:00

伊豆合宿9月16日&17日のご案内です!

伊豆合宿9月16日&17日のご案内です! こんにちは!毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 この暑さ、9月中旬まで続くようです。ご自愛くださいね! さて、来月9月の16日&17日は、経営者のテニス交流会『Ex-Tennis』の第1回合宿を開催します! ちなみに、月例テニス会も毎月継続してきて、今年の9月で第29回を数えることになりました。 テニスの普及と経営者の交流を目的に3人で始めたテニスサークルですが、ク...(続きを読む

下田 令雄成
下田 令雄成
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/08/28 17:52

思いつき

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はコミュニケーションについてのお話です。ビジネス現場において、思いつきだなという表現は否定的な意味合いが多い。思いつきで行動、思い付きの説明、思いつきの資料といったケースである。しかし、実際のところは多くの場合、思いつきということではなく、思いつきと認識されるような状況になっている。補足する説明が不足していたり、説明のロジックが十分整理されていないケー...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/30 10:29

リアルな経験

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日はビジネス経験についてのお話です。一定レベルの知識や経験を有しているビジネスパーソンになると、机上の空論では満足しなくなることが増えてくる。机上の空論ではなくリアルな経験。リアルな経験があるからこそ理解できる、共感できる、説得力が高まる。単なる知識レベルの学習に留まるのではなく、行動を伴うような成果を求めるのであれば、リアルな経験を重視することが求めら...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/17 10:11

時代に合わせた人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は人材育成についてのお話です。時代に合わせた人材育成の重要性について語られることがある。環境変化の激しい時代においては、時代の先取りという視点も必要になってくる。時代に合わせた人材育成をしているつもりでも、時代の先取りという視点が抜けていると、育ったはずの人材が時代遅れになってしまうからである。IT人材などは典型的であるので、これから必要とされる人材像...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/15 10:02

競争する環境

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は競争することについてのお話です。年末年始のスポーツイベントである大学ラグビーと大学駅伝で連覇が途切れました。平成最後の年という区切りを象徴する出来事でした。大学という人が入れ替わる環境で常勝軍団を作り上げることの難しさを改めて感じました。競争する環境があるからこそ、人が組織が成長できるというのは紛れもない事実なんですね。(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2019/01/04 11:56

自社について語る

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日は自社についてのお話です。ビジネス現場で顧客満足度に関する話題が多い。同様に顧客に対するソリューションビジネスに関する話題も多い。顧客視点の重要性が話題になること自体は結構なことだが、大前提として自社に対する理解が必要。企業として自社を理解し、自社の商品やサービスについて十分理解していることが必要。これは顧客に関係なく、自社の個々の社員が頑張れ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/12/04 10:03

黙って待つことは、何もしないということではない

黙って待つことは、何もしないということではない 上手くいかない時は、黙って待つという忍耐力の見せ所です。 でも、黙って待つということ=何もしないということではありません。メンバーの仕事が上がるのを待つ、メンバーのやる気が上がらない。部下の仕事が上手くできない。 その時に、すべきことは、「黙って待つこと」ですが、何もしないということではありません。何をするか。見守る。信頼する。洞察する。言葉にならない声を聴くように努めることで、相談しやすい環境を...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/11/21 11:39

残念な上司から脱出するためのワンポイント

残念な上司から脱出するためのワンポイント 週の初めは、ともにやる気をコントロールするのに工夫が必要な事でしょう。 そんな上司の皆さん。ワンポイントレッスンしましょうか。 今週の目標を確認する際、何を達成するか?ということ(ターゲット)の確認をしますよね。達成するために、どんな行動計画があるのか?も聴きますよね。そして、週末。目標達成できる部下は、何人いますか? 【ポイント】・今週、あなたはどういう状態でありたいか?・目標を達成するために...(続きを読む

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
公開日時:2018/11/19 10:46

IT人材の転職に対する満足度についての調査結果

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。今日はIT人材についてのお話です。IT人材の転職に対する満足度についての調査結果が発表されています。https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00484/102900003/直近の転職に対する満足度を見ると、満足と不満が拮抗しているとのこと。これは興味深い調査結果ですね。転職に対する期待値が高すぎ...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/09 09:45

信頼関係構築の基本

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。今日は信頼関係についてのお話です。ビジネス現場における信頼関係構築の基本は成果を出すこと。しかし、単に成果を出して満足するのではなく、安定して成果を出し続けることがさらに重要となってくる。ことさら大げさに何かを伝えなくても、プロフェッショナル同士であれば成果の重要性を認識しているからである。ビジネス環境がどんなに変化しても、こういったビジネスの基本は変わら...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/11/08 10:36

会社が気をもむ「一人だけの新入社員」の帰属意識

 それぞれまったく別の二つの会社から、まったく同じような懸念の相談がありました。様々な事情から、「一人だけ」を採用することになった新入社員についてです。    一社は過去に新入社員を採用した実績はあるものの、経営体制が変わるなどの事情があって、ここ数年間は新卒採用を行いませんでしたが、今期たまたま紹介を受けた学生を一人だけ採用することになったという会社です。  もう一社は、これまでコンスタン...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/09/11 08:00

実現可能性の視点

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は実現可能性についてのお話です。 ビジネス現場におけるトラブルの一つの要因に実現可能性の視点の欠如がある。 実現可能性の視点が欠如していることで、QCDに関する問題が発生したり、現場が疲弊して事故を起こしたりする。 お客様からの要望に対応したり、改善策を実施することは必要なことではあるが、現場で対応できるのかという実現可能性に関する議論は必要で...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/16 10:41

管理という言葉

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は管理についてのお話です。 多くのビジネス現場で管理という言葉が使われている。 管理者、管理職、プロジェクト管理、問題管理、変更管理など。あげればきりがない。 当然重要だからこそ、このような状況になっているのだろうが、管理という言葉に甘えていると感じることも少なくない。 管理することで明らかな無駄が発生している、管理する必要がないのに...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/08/09 09:46

人材育成に対する意識向上

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は人材育成についてのお話です。 これからのデジタルトランスフォーメーション時代において、人材の価値が今まで以上に問われるようになる。 AI全盛時代における人材の役割は何かが問われる時代。 だからこそ、人材育成の重要性を再認識する必要性がある。 そうなってくると、人材育成に真剣に取り組まない企業や部門、上司は評価されなくなる。 人材育成に計画...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2018/03/22 11:06

3,927件中 1~50 件目