「手足の冷え」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「手足の冷え」を含むコラム・事例

35件が該当しました

35件中 1~35件目

  • 1

それは、本当に辛いことだよなぁ、、

「それは、本当に辛いことだよなぁ、、」 ダイエットの悩みを聞くたびに 想いが移入してしまう。 ダイエットは単に痩せる太る、 脂肪を減らす筋肉を増やす というだけの話ではないんです。 〇やりたくないけど我慢する 〇自分の気持ちを我慢しなければいけない 〇食べたいんだけど我慢する という理性と感情の葛藤 。 誰もが抱えるこのストレスは 心身へ影響してしまいます。 〇体が重くてだるい  〇血行障害...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2019/06/09 12:58

更年期、更年期障害とは?

現在、日本人女性の閉経は、50.5歳が平均といわれています。40歳を過ぎると卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が減少してきます。そして50歳を中心として前後5年間ぐらいの間にエストロゲンの減少は顕著になりますが、その期間が「更年期」です。この時期にエストロゲンの減少が原因と考えられるさまざまな症状が起こってきて、快適な生活がおくれなくなるような状態を「更年期障害」...(続きを読む

浅川 恭行
浅川 恭行
(医師(産婦人科))

春なのに手足は極寒。リセット方法

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの 佐久間健一です。   3月に入り、これから本格的な春へ! 日照も長くなり暖かくなる季節に 自然と気持ちも暖かくなる! でも、一つ気になることがある。。 それが手足の冷え。 気候は暖かいのに手足はキンキン、、 ご存知の踊り、 これは体調不良や痩せ辛さにも繋がり 日常にもダイエットにもマイナス。 今日は今そんな状況のあなたへ。 全身の血流を増...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2019/03/03 19:00

「痩せても悩みは終わらない」ダイエットの罠

無事に先日。 ミスインターナショナル世界大会を終え。 74カ国のメディアで全放送されるので 弱音を吐きたくなるくらいプレッシャー。 でも、そんあことよりも楽しかった! こんな経験なかなか出来ないし、 何より体型の悩みに沿えられ、 笑顔でお礼を言ってくて、 見届けられたから。 お礼を言うのはこっちの方です。 国代表のプレッシャーもあっただろうし、 島国のよく分...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2018/12/03 13:00

「足のむくみが痩せ辛さに」2つの緊急リセット方法

こんにちは!モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。 毎日足がむくむ。長時間座っていても、立っていても。そして同時に手足の冷えも感じている。。これらが合わさる時、同時に起こるのが○ふくらはぎの実サイズも増えていく○体質は省エネ化していく今日はむくみと太さ、痩せ辛さの原因を知りすぐに解消していくための方法です。なぜむくみが酷くなるのか??毎日毎日足がむくみ、冷えに悩まされる。女性特有とも...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2018/11/11 14:00

脚の筋トレで「全身痩せる女性、脚が太くなる女性」の違い

本日は午後に雑誌「Tarzan」の取材で マガジンハウスさんへ。 年始の特別号では 褐色脂肪燃焼の基礎知識を監修させて頂け また来年号でもお話を頂戴しました! 来年年明けをお楽しみに! さて、話はさかのぼり。今日は 午前のダイエット講座での雑談で聞いた 興味深かったことを共有します。 「運動経験があまりなくて脚だけが太い。 脚の筋肉がないって言われたから...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2018/11/03 11:00

「過酷な手足の冷え&下腹が痩せない」リセット方法

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの 佐久間健一です。 元々手足が冷えやすい。 秋から冬の時期にはさらに深刻になり 手足の指先が痛いほど冷える。。 お風呂に長く使っても、 寝る頃には冷えて、なかなか眠れない。 寝起きも体温が低く体調が悪い。。 そして、下腹がポッコリと出ている。 もしあなたが今、そんな状況であれば 今日の内容はとても役に立ちます。 今日は冷え+ポッコリ下腹の...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2018/10/21 18:00

現代ダイエットの罠「痩せても終わらない悩み」

3月ニューヨークで開催される美容界最大の美の式典IBM参加が決まりました!2017最も貢献した美容方法として世界トップ50社がそのメソッドを紹介。世界の美容により貢献していく式典。とても楽しみです!またミスインターナショナル世界大会で公式テキストとして採用いただいてる「体幹リセットダイエット」も次々と各国版に翻訳頂いてます!世界中の方々に、莫大な情報の中から「痩せ方」で貢献できること心より嬉しく思...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2018/01/30 17:00

テクいらずで手に入る!午前の温もり体質

こんにちは!モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。お風呂で、室温で温まる。部屋も、毛布も温かい。でも寝起きは近々に冷え、 午前は体調が優れない、、今日は寝起きすぐに体を温め血流、体調、脂肪燃焼を高める方法です。寝起きの冷えの原因体温は常に一定には保たれていますが、この60%は筋肉の血流を押し出す力により調整されています。身体の冷えに悩む女性は、この筋肉量が少なく血流が少ない=体温が上がらな...(続きを読む

佐久間 健一
佐久間 健一
(スポーツトレーナー)
2017/12/19 16:00

妊娠しやすくなる ウソとホント 3

前回までは基礎体温について書いてきましたが、     今回からは手足の冷えに関するウソとホントを書いていきたいと思います。         手足の冷えは本当に不妊につながるのでしょうか         いろんな妊活雑誌を読むと、     「手足の冷えは不妊につながる!」     といった記事を良く目にします。   ...(続きを読む

山田 光敏
山田 光敏
(鍼灸マッサージ師)

妊娠しやすくなる ウソとホント 2

前回の続きで、今回は基礎体温をどう妊活に利用するかです。   ① 基礎体温は自分でコントロールできる     前回、「基礎体温は外部の影響を受けますか?」で少し触れましたが、 基礎体温は気候や気温(室温)、服装、測定した時間などに影響されるんですね。 ですから、基礎体温が低めなら保温をしっかり行えば良いでしょうし、 高めならその反対を行うことでコントロールすることができます。  ...(続きを読む

山田 光敏
山田 光敏
(鍼灸マッサージ師)
2015/10/16 16:49

尿量の減少を東洋医学的に改善する

尿量の減少は、東洋医学的に水の代謝の機能が低下しています。 関係する臓腑は 『肺』『脾』 です。 タイプ的に多いのは『脾』です。 下記の症状は脾が弱った時に起こります ・お腹の張り ・鳴腹 ・軟便 ・足のむくみ ・手足の冷え ・下の上に白い苔 脾が弱ってくると次は腎の力で支えますので 腎の力が弱ってきます。 尿量の減少や回数が少ないのは 『脾』、『腎』共に弱っている状態です...(続きを読む

足立 美穂
足立 美穂
(鍼灸師)

ストレスを引きずる人と引きずらない人

株式会社サイバー・ヨガ研究所の辻です。   ストレスを引きずる人は、ストレスを受けた後に手足の冷えや心拍数、呼吸の速さなどがもとの安静状態に戻るのに時間がかかります。   強い人は、その逆で、早く回復する傾向にあります。   この回復時間を早めるには、回復期に目を向けるのではなく、ストレスを受けている状態にフォーカスする必要があります。   スポンジと同じで、当然、しぼむ度合いが小...(続きを読む

辻 良史
辻 良史
(ヨガインストラクター)

「冷え」は花粉症の大敵!体を芯から温めアレルギーを撃退する秘策とは?

(続き)・・この時期は「三寒四温」といいますが、それだけに気温の変動が本当に激しいですね。暖かくなったと思うと急に冷え込んで、1日のうちに15℃くらいも気温の上下する日が少なくありません。 春分の日の20日から21日にかけて群馬県高崎市の病院などへ視察に行ってきました。20日は曇り空でしたが、翌21日の朝は冷え込んで風がたいへん強く、遠くの山々がくっきりと見えました。上毛三山と呼ばれる赤城、榛名...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

意外な病気にも威力を発揮!「漢方」は病める国・日本の救世主となるか?(5)

(続き)・・「痛み」を伴うような病気に対しても漢方薬が有効な場合があります。例えば「腰痛」に対しては、西洋医学では先ず痛みの原因を調べますが、多くの場合は特に目立った異常がなく、鎮痛剤や湿布などが処方されます。ところが鎮痛剤には胃の粘膜を障害するという深刻な副作用があるため、2人に1人くらいは胃炎にかかり、中には胃潰瘍を併発する人もいます。強い腰痛に対して麻酔薬を腰部に注射する「ブロック注射」によ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2013/03/09 09:00

意外な病気にも威力を発揮!「漢方」は病める国・日本の救世主となるか?(4)

(続き)・・続いて女性の間で増加傾向にある「更年期障害」の場合をみてみましょう。更年期障害とは、40台半ばから60歳前後の女性に於いて、女性ホルモンの分泌が急速に減少することによって引き起こされるホルモン欠落症状です。症状にはかなりの個人差がありますが、のぼせや多汗、手足の冷え、息切れ、動悸、不眠、倦怠感、イライラや憂うつ感などメンタル不調、頭痛、めまい、肩凝り、腰痛など実に様々な症状に悩まされま...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2013/03/07 09:00

あなたの風邪はどこから?

新年明けましておめでとうございます。 成人式の今日、なんと外は雪が降っています 比較的暖かいお正月でしたがゆっくり過ごせたでしょうか? 残念ながらお休みに入ったとたん、風邪を引いてしまった方もいらっしゃるかもしれません。 今日は風邪についてのお話です。 一言で風邪と言ってもタイプによって対処法が変わってきます。 風邪薬のCMで「あなたの風邪はどこから?」というまさにそれです。 東...(続きを読む

徐 大兼
徐 大兼
(鍼灸師)
2013/01/14 09:50

着床のハンディキャップとなるストレスと冷え性![不妊治療]

ストレスと冷え性を知り着床障害を乗りこえてください  貴女のからだにこれといった問題も無いのに着床成功という結果が得られないのはストレスや冷え性が悪影響となっているかもしれません。 ストレスには・・・・・ からだにストレスとなる環境因子があります。それには家庭環境によるものと職場環境によるものがあります。その中には使命感や責任感があり、不安、不満、怒り、憎しみ、悲しみ、人間関係からのき...(続きを読む

奈良 修次
奈良 修次
(鍼灸師)

一指禅功点穴療法による小児の治療2例

世界医学気功学会で発表した論文をご紹介します。 喘息や鼻炎などアレルギー症状に苦しむ子供は年々増加しています。 薬を飲んでも治るわけではなく、症状が出ないように日頃から薬でコントロールすることが現代医学における治療方針の核心です。しかし、「薬を飲ませたくない」というご両親もいます。 また、「鍼灸治療は怖い」という声も聞きます。「副作用がなく」、「痛みがなく」、「自然療法であり」、「気持ちがい...(続きを読む

日色 雄一
日色 雄一
(鍼灸師)

姿勢が悪いと不妊になる?

質問: 「はじめまして。子宝に恵まれず1年半になります。私は一日中デスクワークで座りっ放しの上、足を組む癖があります。おまけに猫背で気を抜くと下腹を突き出した姿勢になっています。昔から周りの人から注意をされることが多々ありました。自分では姿勢を良くしようと心掛けているのですが、やはり姿勢の悪さも骨盤や子宮の歪みによって不妊の原因になるのでしょうか?  」 答え: パソコンの普及により、一...(続きを読む

徐 大兼
徐 大兼
(鍼灸師)

ホルモンバランス整え「更年期」を健康に快適に生きる秘訣(6)

(続き)・・更年期障害の症状の一つに手足などの冷えがありますが、それへの対策として有効なものに「半身浴」があります。特に腹部から足にかけての下半身をゆっくり温めることがポイントとなります。具体的には38℃前後の温めの湯に15~30分ほどゆったりと浸かります。また手足の冷えのひどい人は、42℃前後の湯を洗面器に張り、手や足を10~20分ほど浸す「手湯」および「足湯」がお勧めです。   体温を上げ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

ホルモンバランス整え「更年期」を健康に快適に生きる秘訣(4)

(続き)・・更年期障害の様々な症状、すなわち頭痛や肩凝り、不眠、めまい、手足の冷え、イライラ感、のぼせ、多汗、倦怠感などは、このようなホルモン環境の変化に伴う自律神経の失調状態によって、ある程度は説明がつきます。例えば交感神経の過剰状態が続くと血管が収縮し、手足の冷えや頭痛、肩凝りなどが発生します。また副交感神経が異常に働くと、低血圧から倦怠感やめまいなどが引き起こされます。   但しホルモン...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

ホルモンバランス整え「更年期」を健康に快適に生きる秘訣(1)

内科の外来診療で最近とみに目立つのが、40代から50代にかけての女性が多彩な症状を訴えて来院されるケースです。頭痛、肩凝り、動悸、手足の冷え、のぼせ感、多量の汗、不眠、イライラ感、めまい、全身倦怠感、気分の落ち込み、など症状は様々で、多くの方はこれらの症状を2つや3つ、多い人では5つも6つもお持ちです。症状の重さも人によってまちまちで、重い人では日常生活にかなりの支障を来たしています。   こ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

医師も病院も使い方次第!?賢い患者の「かかり方」入門編(3)

(続き)・・さて人気病院や名医が必ずしも最適の選択ではないというのは、どのような場合でしょうか。まず考えなければならないのは、人気のある病院は多くの場合、たいへん混み合っているということです。また各地から多くの患者が殺到し、また取材なども多数入るため、名医と呼ばれる医師はおしなべて多忙です。そのために順番待ちが多く、一人あたりにかけられる時間がたいへん短いため、丁寧に診察してもらえるとは限りません...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2011/12/26 07:00

生理と下痢

生理中に下痢になると言われる方、多いですね~。 生理痛でも一躍話題となった「プロスタグランジン」。 痛みの原因のプロスタグランジンです。 このプロスタグランジンには、実は腸を活発にするという働きもあるんですね。 そのために緩くなることがあります。 ちなみに鍼灸では肝虚陽虚証の方が多い感じです。 他には手足の冷えやなんかある方が多い証です。 実際この証は当院にも多いと思いなーと思います...(続きを読む

松本 敏樹
松本 敏樹
(鍼灸師)
2011/12/24 06:00

蒲田よしのクリニック開業1か月・ラドン浴の効能とご感想(2)

東京・大田区の「蒲田よしのクリニック(内科・吉野 真人院長)」が11月7日(月)にオープンしてから約1か月。現代社会に求められる「自然治癒力」を活かした、体と心にやさしい医療が今まさに始まっています。 11月7日(月)、東京大田区・蒲田に「蒲田よしのクリニック」(内科・吉野 真人院長)がオープンして約1か月が経ちました。当院は、薬や手術、検査など西洋医療に過度に頼らず、人間本来の自然治癒力を向上...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

建物で癒される・・自然治癒力を高める「五感医療」とは?(1)

クリニックなどの医療現場や産業医として活動している企業現場で痛切に感じるのは、糖尿病や高血圧、がんなどの生活習慣病、それにうつ病や適応障害などのメンタルヘルス不調者が急増していることです。また特定の病気がない方でも、慢性的な疲労感や肩凝り、不眠、手足の冷えなどといった様々な不調を感じる人も明らかに増えてきています。病気が全くなく、本当に健康であることを実感している人はひどく少なく、まさに「一億総半...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

冷房なんか要らない!?節電下の夏を健康的に乗り切る方法(6)

(続き)・・まず工夫すべきは「お風呂」の活用です。若年者を中心にお風呂に入らない人が増えていますが、シャワーだけでは気化熱によって体がかえって冷えてしまいます。体の芯から温めて体温を向上させるには入浴が最も基本的な取り組みです。それには「半身浴」と「足浴」あるいは「手浴」がお勧めです。   半身浴では腹部や骨盤回り、足など下半身を、温めの湯でゆっくりと温めます。現代は下半身が特に冷えている人が...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2011/06/14 07:00

「1億総半病人」日本の救世主か!?東洋医学の真骨頂とは(8)

(続き)・・さて東洋医学では、上記の陰陽や気・血・水の他にも、様々な考え方があります。一つには「五臓六腑」の考え方です。五臓とは肝・心・脾・肺・腎という5つの充実性の臓器を指し、六腑とは胆・小腸・胃・大腸・膀胱という5つの管腔性臓器に三焦(さんしょう)を合わせた6つを意味します。これらはそれぞれ西洋医学的な意味での機能単位であると同時に、気や血を動かすパワーの源であり、また精神的な役割りも含めた、...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2010/11/04 09:00

気持ちイイ汗をかいて夏バテから身を守る秘策とは・・?(7)

(続き)・・さて以上のように、夏バテや熱中症にかかってしまうリスクが高い環境に我々は暮らしている訳ですが、その中でも何とか夏バテや熱中症にかかる危険を減らし、少しでも暑い夏を快適に健康に過ごすことはできないのでしょうか。実は、環境面の改善と生活習慣の改善を通して、それはかなりの程度可能なのです。   まず取り組むべきは、冷房への過剰な依存をやめることです。家庭や職場では冷房の温度設定を26~2...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

気持ちイイ汗をかいて夏バテから身を守る秘策とは・・?(6)

(続き)・・代謝の低下した体では体温が低下します。上述したように人間の体温は36.5℃ですが、最近35℃台の低体温の人が急増しています。中には34℃台の人も珍しくありません。そうなると様々な悪影響が現れます。まず免疫力が低下するために、風邪や様々な感染症にかかりやすくなります。昨今の新型インフルエンザの流行はこの変化と無縁ではないでしょう。またアレルギー、がんなどの難しい病気も増加する傾向にありま...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))

腰痛&肩凝り・その予想外の原因と根本的な対策(1)

病院の内科外来で日常診療をやっていて最近とみに驚くことの一つに、腰痛や肩凝り等、筋肉や関節などの痛みや凝りを訴える患者さんがたいへん多い、ということがあります。それもお年寄りの方だけでなく、20代や30代の若い方々も目立ちます。 私の病院での専攻は整形外科ではなく内科なので、さすがに腰痛や肩凝りだけで私の診察を受ける方はごく少数です。多くは腹痛、頭痛、手足の冷え、動悸などの症状を同時に訴...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師(精神科))
2009/10/15 07:00

自律神経失調症とは? Part2

前回からの続き。 自律神経失調症とは、自律神経の調整がうまくできなくなった状態の総称ですが、まず自律神経とはどんな神経かをご説明しましょう。 「自律神経」とは、カラダの内的環境を常に健康に保つために、自律的にコントロールを行なっている神経です。 分かりやすいところでご紹介しますと、心臓や脈の調整、発汗などの温度調整、内臓の働きなどに深く関与しています。 自律神経は...(続きを読む

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)
2007/11/20 10:02

自分に厳しい頑張り屋さん〜自律神経失調症〜

以前、自律神経失調の疑いのある学生さんが来院されました。 肩こり、頭痛、めまい、手足の冷え、不眠など、自覚症状はさまざま。 それでも頑張っている彼女はすごいのですが、心身条件反射療法で症状を作り出す精神的ストレスを見ていくと「自分に厳しい」という感情が隠れているのが見えてきました。 この「自分に厳しい」と言う心理の裏に2種類の感情があります。 ひとつは、更なる向...(続きを読む

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)
2007/03/12 00:41

首・肩・背中のこり痛み・・・患者様の声

40代 女性 神奈川県 「マッサージやリフレクソロジー・・・本当に効いているの?」と疑ったことはありませんか。 私は首・肩・腰痛がひどく、鍼灸にまでお世話になりました。そうした施術の直後は良いのですが、数時間後には痛みがぶり返し、何かにすがりつきたい思いで、様々な癒しを転々としていました。 今、振り返ってみると、頭痛・耳鳴り・手足の冷えまで加え、原因はココロだったので...(続きを読む

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)
2007/03/05 19:00

35件中 1~35 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索