人材採用全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

人材採用全般 の専門家に相談、悩み解決!

[ 人材採用 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

小笠原 隆夫

経営コンサルタント

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制…

小笠原 隆夫

壷井 央子

キャリアコンサルタント

国家資格のキャリアのプロによる『キャリアコンサルティング』

これまで3000名以上の個人のキャリア支援と300社以上の企業の採用支援の経験をもとに、キャリアコンサルティングを展開。国家資格キャリアコンサルタント。

壷井 央子

専門家が投稿したコラム

採用広告にちょっと書いた一言への反応

 以前、ある会社で社員募集をしたときのお話です。    車を使って客先を巡回する仕事でしたが、今まで普通に出していた採用広告の片隅に一言、「車の運転が好きな人に向いた仕事です」と書いたところ、これが思いのほか反響があり、希望要件に近い候補者がたくさん集まったのだそうです。  応募書類には、ここに言及したアピールが多く書かれていて、担当者は「試しに書いてみて良かった」と言っていました。   ...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

ウソを見抜けていますか?

「ウソ」とは言わないまでも「盛った話」に惑わされていませんか? コンプライアンスの遵守があたり前の世の中において、自分を売り込む面接において「嘘」や「過大な表現」をする方は最初からお断りすべきです。話に具体性のない浅い話なら見抜くことができると思います。しかし、中には論理立てて準備して面接に臨む方も応募者もいるかも知れません。 そのような応募者にはどう対峙するか? 1.「その時、あなたはどう...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
サプリメントアドバイザー

面接で人を見抜いていますか?

面接で自社が求める人財であるか見抜くことができていますか? 大切なことは次の3点。 1.まずは、採用すべき人財像を選考に関わる方、全員が共通認識していること 2.会話の中で、相手の持ち味をあぶりだす質問スキルを持ち合わせていること 3.会話内容だけではなく、応募者の表情の変化など非言語情報に注目すること 1.面接する方が、採用したい人物像を共有する。 “採用決定権者=代表取締役”...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
サプリメントアドバイザー

応募者にとって魅力的な会社か?

 「なかなか、応募がない」、「入社辞退が多い」といった場合、求人票や求人広告の問題と片づける前に一つ考えておきたいことがあります。   それは、“貴社が、応募者とって魅力的か”ということです。  これに対するよくお聞きする返答は、「いや~、うちはそれほど給与出せないから・・・・」です。確かに給与はとても大切な条件です。しかし、人は給与、社会保障、休暇など(外発的動機)だけで組織とつながって...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
サプリメントアドバイザー

求人しているのですが、中々、応募がありません。 その2

~ハローワークで求人を最大限に活用する方法~ Q:自社HPに「採用情報ページ」はありますか? Q:求人票と同じ内容のみ記載していませんか? Q:応募者目線での情報掲載になっていますか? Q:応募状況をみてHPの「採用情報ページ」の内容を見直していますか? ハローワークを通じた求人であっても、求人票を見た応募者は、求人票だけでは分らない情報について、貴社の HPを検索して調...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
サプリメントアドバイザー

サービス

採用活動の「困った」「迷った」を一緒に解決するメール相談

業者頼みなんて事が意外に多い採用活動の相談。皆さんと同じ企業人事の目線でアドバイスします。

カテゴリ:人材採用全般

料金:無料

場所:---

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫

(経営コンサルタント)

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家グループ

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

専門性の高いプロフェッショナルに自社の課題解決を依頼してみませんか?※協会会員への入会者も募集中です。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 人材採用全般に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積