譲渡制限のある株式の株主の制限について - 企業法務 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:企業法務

譲渡制限のある株式の株主の制限について

法人・ビジネス 企業法務 2022/01/26 15:16

この度はお世話になります。

中小企業(同族会社)の譲渡制限のある株式を持っている株主が、
この中小企業の同業種の会社を立ち上げました。

上場株式等ならば、株主がどのような業種を立ち上げるのも自由でしょうが、
上記のような場合は、何か制限はないのでしょうか?

法律はわからないですが、
譲渡制限のある株式を持っている株主の
利益相反とか・・・。

以上、よろしくお願いします。

非公開2318さん ( 大阪府 / 男性 / 61歳 )

回答:1件

ご回答

2022/01/27 07:51 詳細リンク

まず、ある会社の役員が別の会社を立ち上げること自体は違法ではないでしょう。
役員が複数の会社を経営していたり、ある会社の役員が他の会社の株を買うことも一般的にあります。

問題は同業種で、そのために利益相反や競業の問題が生じるかということかと思います。
これについては、下記の様に、役員として、行動する際に問題になることはあり得ます。

第356条
取締役は、次に掲げる場合には、株主総会において、当該取引につき重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない。
一 取締役が自己又は第三者のためにw:株式会社の事業の部類に属する取引をしようとするとき。
二 取締役が自己又は第三者のために株式会社と取引をしようとするとき。
三 株式会社が取締役の債務を保証することその他取締役以外の者との間において株式会社と当該取締役との利益が相反する取引をしようとするとき。

取締役
経営
事業

回答専門家

岡田 晃朝
岡田 晃朝
(兵庫県 / 弁護士)
あさがお法律事務所 

お気軽にご相談ください。

主として、相続、借金問題、企業トラブルに注力しております。事務所の所在する場所が、住宅地である土地柄、離婚や労働問題などのご相談も多いです。気軽にお電話、ご相談ください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社の清算に関しての質問です。 flyingkids999さん  2016-03-31 16:37 回答2件
名義貸し株主の整理について companyさん  2007-11-02 10:24 回答1件
取締役任期満了後の取締役 naratoriさん  2021-06-15 13:26 回答1件
業務委託基本契約書のある事項についての、合法性 ベンチャー役員さん  2014-07-11 01:35 回答1件
会社登記住所変更期間について discoverさん  2013-09-14 04:38 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

恵良 健太郎

恵良税理士事務所

恵良 健太郎

(税理士・公認会計士)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談

創業融資支援サービス

スタートダッシュに欠かせない創業融資。認定経営革新等支援機関でもある、専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)