「細菌」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

都外川 八恵
都外川 八恵
(スタイリング&カラーコンサルタント)

感性の理論家。色が豊かと書く「艶」のある人生を貴方も一緒に!

稲垣 史朗
稲垣 史朗
(店舗インテリアデザイナー)
小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

閲覧数順 2024年06月20日更新

「細菌」を含む検索結果一覧

638件が該当しました

利用者からのQ&A相談

右後ろ脚・肉球の隣に2cmの腫瘍

こんにちは。よろしくお願いします。18歳11ヶ月の猫♀(ミックス)3kgです。避妊済み。数年前から耳や目が衰え、不安からか凄い声で鳴きます。今年5月初めに足裏(肉球の隣)のデキノモに気づき、クリニックで針生検おこないました結果、詳しいことはわからず、細菌・炎症ではないので、多分腫瘍だろう…と言われました。大きさは約2cmの丸い、触ると肉球よりは硬いかな?と言う感じです。かなり盛り上がってます。腫瘍...

回答者
千田 純子
獣医
千田 純子

虫歯だけが原因で敗血症

虫歯だけが原因で敗血症になることはありますか?教えてください

回答者
倉田 友宏
歯科医師
倉田 友宏

後ろ足の爪が剥がれそうです

我が家の雄猫8歳の後ろ足の爪が抜けそうです。肉球の怪我のようでもう、血は出ていないのですが化膿しているのか臭いがキツいです。ほんにんは歩くのにも支障は無さそうにしてジャンプなどもしてます。傷薬など人間用のものを付けてもいいのでしょうか?

回答者
増田 国充
獣医師
増田 国充

愛犬が足を舐めすぎて赤くなっている

3歳のトイプードルを飼っています。2.3日前から急に執拗に自分の左後ろ足を舐めたり噛んだりするようになりました。いままでこんな経験はなく、上記の状態の時はおもちゃやご飯にも目を向けず興奮した様子で舐めたり噛んだりしています。今では舐めすぎて毛がはげ、皮膚も赤くなっています。どんな状態なのか、どうすれば良いのかご教授願います。

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

親知らずの炎症…

3日前くらいから親知らずの炎症が原因で痛みが酷く、洗浄をしながら 抗生物質を飲んで、痛み止め(ロキソニン)を飲んでいるのですが まったく良くなりません。痛み止めがほぼ効かず、夜は特に効き目がないのか横になるのがダメなのか 痛みがひどくて寝れないです。仕事もあるので、せめて痛みだけでも取りたいんですが 痛み止めが効かない場合はどうしたらいいでしょうか?今は効かない痛み止めを飲みつつ、我慢して仕事(レ...

回答者
飯田  裕
歯科医師/医学博士
飯田  裕

専門家が投稿したコラム

30才以上若返る事ができると言われる量子治療装置「Med Bed(メッド・ベッド)」

最近の巷の情報では、色々な現場で「普通は12月初めに恒例となっている催しもの」などが一斉に前倒しされていて、つまりこの現象は「彼らは12月初旬に何か大きな事が起こる事を知っているからだろう」と言われています。 (・。・;   政治家の皆様方と同じく、そこに繋がっている大手企業会社などは、この捏造コロナパンデミックが故意に起こされる事を事前に知っていたのと同様に、この2020年の最後の月に計画...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

低刺激除菌スプレーmioのWebページのご案内

このコロナウィルス感染がニュースになる前から重度障害を持つ子供たちの未来のための支援をしたいと企画されていた低刺激除菌スプレーmio❗️商品についての詳細な情報が見られるサイトページがリニューアルされ、当サロン(ショップゆいまち)が賛同店として掲載していただけました✌️当サロンは、フィトセラピーというアロマやハーブの講座や販売をしており、サロン内は除菌・抗ウイルス作用があるアロマ(精油)や芳香...

宮崎 隆子
執筆者
宮崎 隆子
日本産精油スペシャリスト

細胞の新陳代謝が、健康で丈夫な肌を作る!

細胞の新陳代謝が、健康で丈夫な肌を作る!   古くなって本来の働きを失った角化細胞が広範囲に何層も重なってくると、 目にみえる大きさの「皮」となってむけてきます。 例えば、日焼けをすると皮がボロボロとはがれ落ちてきますが、 これは強い紫外線によって角化細胞が急激に老化し、バリア機能を果たせなくなってしまったからです。 しかし、下から新しい健康な角化細胞が入れ替わってくるので、しばらくするとも...

川井 太郎
執筆者
川井 太郎
メディカルボディチューナー

自粛中の5G設置により、日本政府は本格的な「捏造コロナパンデミック第2波」の準備を整えました

やはり日本はカバール政府の国なのですね~。私達が自粛している間に各お店を始めとした「隔離対策」と共に、5G設置も着々と進められていた様です。   不要不急の外出を控えさせられた昼間もそうですが、夜間の外出禁止令を出していた訳ですから、そりゃ~設置工事はさぞかし捗った事でしょう。   ちなみに黄色と赤のエリアが5G地域だそうで、これで政府はいつでも「5Gによる捏造コロナパンデミック第2波」が...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

今世界で起きている事を私が信じられる理由

アメリカでは「オバマゲート」と言われるものが遂に開かれ、「いよいよ元大統領のオバマ氏が逮捕されるか!?」というニュースで世界中が盛り上がっている訳ですが、   実際に裏ではもう逮捕状が出され、そう思われる写真も出回っており、彼の足にはGPSが装着されているという情報もありながら、実際に「オバマ氏が逮捕された」というニュースになっている訳ではないので、   「この情報は本当なのか!?」と疑心...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「細菌」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (362件)

  • コラム

    (276件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索