(閲覧数の多い順)お金と資産の運用全般の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

お金と資産の運用全般 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

お金と資産の運用全般 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

1,734件中 1~50 件目 RSSRSS

株価指数の二つのタイプ

日経平均株価とTOPIXを紹介しました。日経平均は株価平均型株価指数で、TOPIXは時価総額加重型株価指数とされています、両者の違いをご紹介します。 株価平均型株価指数は、対象とする銘柄の価格の平均の動きを通じて、株式市場の動きを示すもので、日経平均や米国のニューヨークダウ(正式にはダウ工業株30種平均)が代表的なものです。 時価総額加重高に比べ、歴史は古く知名度の高いものも在り、ニュースで紹介...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/02/25 16:00

先物取引(Futures contract)と先渡取引(forward)どこが違うのか

昨日紹介した先物取引(Futures contract))はデリバティブですが、先渡取引はデリバティブに入りません。それらを含めて取引の内容を紹介します。 昨日、先物取引を世界で初めて行ったのは日本の堂島米会所ということを紹介しました。享保15年8月13日(西暦・太陽暦では1730年9月24日に)開設されました。当時大阪は全国の勝手所として、全国の年貢米が集まり、米会所では米の所有権を示す「米切...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/10/05 10:00

マイナス金利で預金に手数料!?

相談者から「日銀のマイナス金利政策によって預金に手数料がとられるのですか?」と質問がありましたが、答えは「ノー」です。 マイナス金利は日本銀行に預けている銀行のお金に対してのみですから、私たちの預金がマイナスになり手数料を払うようなことはないでしょう。ただ、預金利息率が下がってしまう(実際にソニー銀行は普通預金金利を0.001%にしました)ことはあるでしょう。 私たちの生活にはすぐに大き...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/02/05 09:16

ドル高・株高・債券高のトリプル高、実は反動が怖い。

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。     円安、株高、債券高(金利安)が続く日本。   アベノミクスの勢いで、もしや日本が復活するのでは?   と楽観視されている方もいらっしゃるかもしれませんね。   私もこの勢いのまま、失われた20年からのV字回復となればいいと   思っているのですが・・・   私は、そうは問屋がおろさないと思うわけです。   日本経...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/03/19 11:14

ハイパー円高の理由を考える

円高傾向が続いています。 2007年に1ドル=120円台だったのが、2011年は、1ドル=75円台まで進みました。 仮に、120円と75円で計算すると、下落率は、実に▲37.5%です。 ところで、なぜ今、円高なのでしょうか。 いろいろな見方が出ていますが、 個人的に最も納得できる理由は、日本のデフレです。 デフレは、物価が下がる現象。 つまり、通貨の価値が上がる現象です。 仮に、日米...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2011/11/16 16:52

個人の投資相談、円高・株安で急増

個人の投資相談、円高・株安で急増 皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   少し前の日本経済新聞の記事によると、 円高や世界的な株安を受け、 損失が拡大した個人投資家から金融庁への相談が急増しているとのことです。 今年7~9月期の投資信託や外国為替証拠金(FX)取引を巡る相談件数は過去最高を記録したとのこと。   国民生活センターに寄せられた投信に関する...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2011/11/19 09:17

資産運用 日本国債は、ほぼリスクなしの単利の商品です

リスクの無い商品として頭に浮かぶものは、日本国債では無いでしょうか。 ひとつ誤解があります。通常の利付国債は、確かに償還時まで保有すれば、額面金額≒元本が償還されます。 債券は日々取引されていて、価格が変動しています。従って、発行後の既発国債は額面より安く買えることもある半面、途中で売却すると元本割れが起きることもあります。 そして、金利が変動すると償還前の国債価格も大きな変動が生じます。...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2011/12/13 16:00

資産運用 一般投資家向け本と独立系顧問料制アドバイザーの紹介

2011年12月09日に素晴らしい本を読みました。 本の題名は「投資とお金について最後に伝えたかったこと」The Investment Answer 著者は ダニエル・C・ゴールディ&ゴードン・S・マレー 訳者漆嶋 稔 日本経済新聞出版社刊 1,400円+税 です。 本の紹介によると ダニエル・C・ゴールディ(Daniel C. Goldie )はダン・ゴールディ・ファイナンシャル・サービス社...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2011/12/20 16:00

日銀サプライズ緩和 市場に広がる安心感

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★ ■日銀サプライズ緩和 市場に広がる安心感■ ~2012年2月19日 日経ヴェリタスp23より~ ■■■ トピック要約 日銀による追加の金融緩和をきっかけに 株価上昇に弾みがついている。 外国為替市場では円安、 債券市場では金利低下が進んでいる。 市場はひとまず日銀が14日に決めた 追加の金融緩和策を好意的に受け止めている。 日銀は金融政策で目指す...(続きを読む

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/02/22 18:00

実質金利で見る、為替レートの決まりかた

実質金利で見る、為替レートの決まりかた 為替レートの決まり方として、購買力平価説の例としてビックマックによる為替レートをご紹介しています。本日は、金利平価説をご紹介します。 金利の構成は、名目金利(債券、預金等の表示金利など)から物価上昇率(インフレ率)を引いたものが実質金利です。イメージで確認ください。 もし、日本と米国の実質金利が同じだとすると、米国の名目金利は、日本と米国の物価上昇率の差だけ高くなります。例えば、実質金利が2%で...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/03/12 16:00

「確定拠出年金」 しくみとメリット・デメリット

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。 最近、確定拠出年金のご相談を受けることが多いので、 そのしくみとメリット・デメリットをお伝えしようと思います。 確定拠出とは「毎月いくらの掛金を支払うのか」という金額を決めて、 運用の成果に応じた給付を受取るという意味。 本来の意味から考えると「変動給付年金」という方が しっくりとくるのですが・・・ アメリカでこの制度の...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/03/19 15:45

自身のポートフォリオとファンドとの比較で知る運用の良さ・悪さ

昨年末、2011年12月23日の日経新聞に、『米国の公的年金、見直し広がる。運用不振で予定利回り下げ、現役世代、消費に影響』という見出しで記事が掲載されていました。米国の州、地方政府が運営する公的年金で、年金給付に必要な予定利回りを下げる動きが広がっているとの報道です。 先日、日本でも公的年金の運用が悪化した、企業年金も運用悪化の記事がありました。軒並み成績が悪化しています、欧州の金融危機の影響...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/04/21 16:00

家計に合う資産運用はパッシブ(インデックス)運用です

家計に合う資産運用はパッシブ(インデックス)運用です 昨日のコラムで実例に基づき、年間収益率をご紹介しました。長期的には極めて平凡な数値に落ち着いてしまうことを、少しでも感じて頂ければと思います。 高いリターンを求める方には、物足りなかったのではないでしょうか。でも、毎年5%の収益を得続けることは、至難とされています。多くのファンドは、対象とする市場の平均(インデックス)を超える事が困難という実証データが数多く発表されています。 昨年好成績をあげ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/05/04 17:00

日経平均の為替換算と各株価指数の円換算で考える投資の効果

日経平均の為替換算と各株価指数の円換算で考える投資の効果 2012年、4月の株価は3月に対して大きく下がりました、日本株四先指標であ日経平均は、円ベースだけでなく、米国ドル、ユーロ、ボンド、豪ドル、香港ドルで見ても下がっています。日本で、日経平均に投資した方は約5..6%の損失です。米国の方も。約2.9%の損失になります。 前年対比では、ユーロ圏で日経平均に投資した方は、8.8%の利益が出ています。また、オーストラリアの方も若干ですか利益が出ました。 ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/05/24 16:00

投資手法「ダウの犬」の評価について

投資手法「ダウの犬」の評価について 3年前から「ダウの犬」手法で米国株を保有しています。 本来は毎年年初にダウ平均採用30銘柄の内、配当利回りの高い順で10銘柄を選び投資するのですが、資金が足りないため7種と前年までは30種に入っていた銘柄を残した8銘柄の運用を行っています。当初は5銘柄から始めました。 現在保有中の「ダウの犬」銘柄は2011年10月に組み替えたものです。 ここ3年間の推移は一応の収益が上がりましたので概ね満足してい...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/06/21 20:08

心とお金の関係

私は、FPとして駆け出しの頃、FPは、知識を披露するのが 仕事だと思っていました。 ですが、FP歴8年の今は、心とお金の関係を伝えることの方が、 より一層大事だと思っています。 今回は、感情のコントロールについて書きます。 お金を増やすために、感情のコントロールは、必須の要素です。 感情のコントロールができれば、例えば、日々の生活で無駄遣いを なくすことができるでしょう。 働いて稼ぐ時も...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/09/26 13:16

今できることを考える  by 投資スクール代表 青柳仁子

皆さん、こんにちは 今年ももう 半年以上が過ぎ 暑くてぼーっとしていると あっという間に秋になるのでしょうね さて、皆さんは、 10年後 20年後のライフプランを お持ちでしょうか そんなに先のことを 考えられないと おっしゃる方も多いでしょうが しかし、 1日1日の積み重ねが 将来につながる訳ですから こうなりたいという 目標に向かって 一歩ずつ進んでいるのです その目標が無け...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/08/04 12:08

新タイプのETF(レバレッジ型・インバース型))が上場されています

これまで、ご紹介してきました、ETF(上場投信)は対象とする指数に連動するタイプのものでした。これらのETFは原則、対象とする指数の動きを忠実に反映するように設計されています。 これとは異なり、対象とする指数が1動いた時に2倍動くように設計されたETFが開発されています。この指数はTPIXレバレッジ(2倍)指数、日経225レバレッジ(2倍)指数で、前者に連動する銘柄は東京証券所に、攻守に連動する...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/08/26 14:14

「上手な暮らしとおかね展」11月22日、23日開催

みなさん、こんにちは。 9月というのにまだまだ暑いですね……。   さて、11月22日(土・祝)、23日(日)、仙台にて 「上手な暮らしとおかね展」 (FPフェア2012展示会)が開催されます。 これは、ファイナンシャル・プランニングの普及のために、 NPO法人日本FP協会が主催するイベント。無料です! 先行きが見えない、厳しい時代に、暮らしやお金をどうしていくか――。 いろいろな...(続きを読む

小野寺 永吏
小野寺 永吏
(ファイナンシャルプランナー、ライター)
公開日時:2012/09/14 16:09

お給料も上がらないし、退職金も出るか不安 by 投資スクー…

こんにちは、青柳仁子です 巷は暗いニュースばかりですね~ こんな時こそ、 明るく元気に過ごしたいものですね 最近は、ご相談内容も、 悲観的なものが多いです タイトルにもありますが 「お給料が上がらないし 退職金ももらえるかどうか分からないし 貯蓄もないし」 どうすればいいのかというご相談です 私はいつも言っていますが 現在資産が無くても 全く問題ありません 現在の資産は...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/10/12 12:25

「海外直接投資にも影響が・・・」

こんにちは! さて、国連貿易開発会議(UNCTAD)によれば、今年の1-6月の世界の海外直接投資額が6676億ドル(約53兆円)と、前年同期比8.4%の減少と発表されました。   世界的な景気減速感が高まる中、企業が投資に慎重になっている様子が伺えます。 特に、今まで最大の投資の受け入れ先だった米国が、前年同期比39.2%と大幅な減少となった影響が大きいと言えます。 新興国への投資も減少...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
公開日時:2012/10/27 12:53

資産運用・投資に役立つ本紹介 専門家の予測はサルにも劣る

本日は、資産運用に役立つ考え方が載っている本として、ダン・ガードナー著、川添節子訳、「専門家の予測はサルにも劣る」 飛鳥新社刊 定価(本体1600円+税)を紹介します。 帯にも書かれているのですが、専門家の予測は チンパージが投げるダーツよりも当らない。トインビーだってド派手に外している。 外れ続ける予言、それでも信じる私たちの脳の動き・働きについて、これでもかというほどの事例が出ています。 ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/11/27 10:00

債券バブルがはじける場合に発生する損失はどのような要因で起きるのか

前回は、日本政府の国債及び借入金ならびに政府保証債務について紹介いたしました。 日本の債務残高はIMFのドラギ総裁からも「日本の債務リスク」と言われるほど、リスキーな状況です。 その様な中、本日質問サイトで相談者から、「債券のバブルが崩壊」したらどのような不利益があるのか質問がありました。その方への回答に加えて、国債バブルについて紹介します。 現況は、世界的に国債バブルと言われるほど、一部の国の...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/02/12 10:00

2013年3月26日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格 を掲載

2013年3月26日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格 を掲載 3月26日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。 昨日のキプロス政府とEUの合意により、ムードが変わり、欧米の市場も反発いたしました。特に米州は全面的な反発です。 主要株価指数上昇件数 2013年3月26日、東京市場は大きく下げています。前日のキプロス合意報道での値上がりから、合意内容の不確実性で、世界景気への懸念が浮かび上がったと考えています。 VIX(恐怖)指数は7.06.%低下し1...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/03/27 12:00

平成24年度の主要商品先物価格と資源株の動き

新年度に入り、この1週刊日本はアベノミクス効果で株式が独歩高です。とは言え、円安により輸入商品は急激に値を上げています。 その様な中で、平成24年度の商品先物価格の動きを確認しています。 下図はニューヨーク原油先物価格(黄色)、NY金先物価格(ブルー)とCRB指数(紫色)を比べたものです。期間は平成24年3月30日~平成25年3月末です。 1年を通じて黄色で表されているNY原油の値段が低調です。...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/04/08 13:00

2013年4月15日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を掲載

4月15日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。 4月15日は、世界的に株価が暴落しました。欧州の危機解決の目途が遠のいた上に、米国の住宅関連指標が市場予測に届かず、景況感が悪化。インフレへの警戒感が後退する中での、ボストンマラソンでの爆発で、投資資金が逃げだし、全面的に下げています。 主要株価指数上昇件数 2013年4月15日、各市場下げています。この報告コラムを書き始めてから、上昇し...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/04/16 16:00

人はなぜ割安な時に投資できないのか

私がFPとして投資アドバイスに力を入れ始めてから、5年以上が経ちました。 2008年のリーマン・ショックも経験しましたが、 あの時のパニック状態は、おそらく今後も忘れることはないでしょう。 一瞬にして、資産の評価額が2分の1、3分の1になれば、 多くは、勧められるがままの投資ですから、パニック状態にならない方が不思議です。 FPの中にも、あまりのショックに投資アドバイスをやめてしまう人、 ア...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/05/01 19:39

頭と尻尾は(猫に)くれてやれ!

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。            野田首相の衆議院解散宣言から始まった「円安・株高」の流れ、   いったいどこまで続くのか?   ファイナンシャルプランナーという立場上、さまざまな経済指標など   見た上で、マクロ的視点からの参考意見をお伝えすることはありますが、   円安がどこまで続くのか? 株はどこまで上がるのか?   などについて...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/05/15 17:00

【掲載報告】 スコブル様 / 札幌のFP事務所Mクリニック

いつもコラムでお世話になっております、【スコブル】様で 新しい記事が掲載されました。 お金のプロの家計診断 リスクのあるものだけが投資ではありません。 必ずしも多額の資金が必要なわけでもありません。 大事なのは、自分に合った商品を選択することです。 ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏┏┏  HP    : Mクリニック ┏┏   facebook ...(続きを読む

小川 和哉
小川 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/06 22:47

個人投資で海外に転勤・移住をお考えの人は証券口座の準備が必要

現在、日本に住み日本の証券会社に口座を開設して取引をしている場合、海外に移住される際には、当該口座の閉鎖(保有証券の売却)、または常任代理人の設置を求められます。 また、通知をせずに出国し非居住者になったことが判明しますと、当該証券会社は口座を凍結しています。 これを回避できないのかという、ご相談もあるのですが、如何ともしがたいとの回答をしています。 そこで今回は数回に分けて、海外に移住する前の...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/28 16:00

金融商品を選ぶポイント ~運用管理報酬(信託報酬)~

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。       今回は、「金融商品を選ぶポイント ~運用管理報酬(信託報酬)~」   というテーマで、投信信託を中心にお伝えいたします。   銀行や証券会社などでの投信販売現場では、分配金の多寡や、   運用実績の話しがほとんどを占め、購入する時に一括でかかる手数料   や残高に対して毎日自動的に差し引かれる信託報酬に関しての説...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/09/15 17:24

お金は通貨 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 先日は、会員向けセミナーで、 「NISA特集」というテーマで話しました。 NISAは、最近、CMでも見かけるようになったので、 とても関心が高いようです。 皆さん真剣に聞いていらっしゃいましたし、 質問もたくさん出て、私も話していて楽しかったです。 NISAは知れば知るほど、「やらなきゃ損」ですが、 この制度を使...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/09/17 08:06

自己投資の適切な額とは by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 昨日は自分に戻ってくるお金の使い方として、 投資の話をしましたが、 今日は投資の中でも自己投資のお話をします。 お金の使い方のバランスはとても大事で、 貯蓄もしくは投資に使うお金は、 収入の20%が適切ですと、常々話しています。 では、自己投資は?というと、 収入の10%としておくのが良いでしょう。 もちろ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/09/18 08:06

NISAで投資家デビューWEBセミナー by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。 今日は、まずお知らせからです。 10月16日開催のWEBセミナー 「NISAで投資家デビュー」無料オンラインセミナー のお申込み受付を開始しました。 ====================== 「NISAで投資家デビュー」無料オンラインセミナー~投資初心者でも年率10%で運用する方法~ ⇒ お申込みはこちら =========...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/10/07 08:36

アメリカ経済の台風が取り合えず通り去った

  日本には大型台風がきて伊豆大島などが大きな被害を受けました。 一報アメリカでは成果経済に関わる、、米国債のデフォルト(債務不履行)問題がひとまず回避されたようです。 この騒動はアメリカ共和党と民主党の茶番劇と言われていましたが、実際にあまり家も債務が多く上限を上げないとデフォルト危機が現実化するのは事実。 これからの投資はやはり常に「石橋をたたいて渡る」必要がありますね。(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/10/17 08:25

『もしもデューク東郷が終活ノートを作ったら』(神保町総研 編)を監修

『もしもデューク東郷が終活ノートを作ったら』(神保町総研 編)を弊社の高橋が監修いたしました。名前も掲載されています。 最強の資産家独居老人に贈る 最高の老い支度・・・   デューク東郷・・・ 通称「ゴルゴ13」の名で知られる最強スナイパー。 数千億円の資産を持つ彼の最期の演出をどうするべきか・・・? 富裕層を顧客とするファイナンシャルプランナー「ヨーイ・ローゴ」がつくる「世界最...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/10/29 14:03

消費税増税も、また下げることはできる

消費税8%に。 海外の資金が日本に集まる様に、 医療・介護費がかからない様に、 無駄な費用が発生しない様に、 一人一人が少しずつ、 ... 努力を重ねれば、 税率アップはなかったかもしれない。 政府の問題だけでなく、一人一人の問題かもしれません。 少子化? 生活費が少ないから子供を作れない? 一部かもしれませんが、   工夫をして所得を増やしている人は、   ...(続きを読む

大長 伸吉
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)
公開日時:2014/04/04 01:07

日経平均と比較して自身の投資成績を確認

日経平均と比較して自身の投資成績を確認 日経平均と比較する 2014年、日本の株式市場は中々難しい展開が続いています。日本株への投資として投資信託やETFなどを活用し「日経平均」「TOPIX」「JPX400」などに手軽に投資できます。上記の指数などの場合は多くの会社の株価から決まりますから「日本株に分散投資」しているようなものです。 個別株式 株主優待や配当金など企業によりことなるものを期待し、個別の会社の株式を購入する時は、株価の推...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/07/18 18:04

運命の出会い  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 お盆なので、 実家の山形へ帰省しています。 東京都と違って、 涼しくて過ごしやすいです(^^)/ さて、昨日は起業の時の話を書きましたが、 もう少し付け加えることがあります。 それは、 ビジネスパートナーとの出会いです。 当時、私は一人で起業しようと考えていました。 起業の準備をしながら、 人脈を作るために、 ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/08/16 20:32

初心者が投資信託を選ぶ5つのポイント

ファイナンシャルプランナーの柴垣です。   NISAの非課税枠拡大やこどもNISAの導入など政府の「貯蓄から投資へ」の動きが出てきていますね。   そこで、ここではあまり投資家経験のない方が投資信託を選ぶ際のポイントを6つ挙げます。   1、投資の目的や目標額を決める。 2.投資する資産クラスを決める。 3、ノーロード(売買手数料無料)の商品を選ぶ。 4、資産規模が大きく流動性の...(続きを読む

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/08/29 19:51

明日の深夜TVに出演します  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 先月収録したテレビ番組ですが、 来週放送になります! 「たむら社長室」 にゲスト出演 http://bproject.tv/ 司会:たむらけんじさん アシスタント:稲垣早希さん 【テレビ出演放送日時】 11月3日(月) サンテレビ 24:30~  11月4日(火) テレビ神奈川 25:0...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/11/02 14:37

「企業年金利回り8.8%に!」

こんにちは! さて、企業年金連合会が、約1300の企業年金を対象に、昨年の資産運用実態調査をまとめました。 それによれば、2013年度の運用実績は、前年より2.4%下がったものの、“8.8%”の実績を維持したことが分かりました。 運用資産ごとの収益率(リターン)を見てみると、外国株式が28.4%と最も高い数字を挙げました。次いで、国内株式の17.6%、外国債券11.8%、そして国内債券の0....(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
公開日時:2014/11/21 12:24

株式の配当や投信の分配金、申告したほうが有利?申告しない方が有利?

 平成26年から上場株式の配当金や株式投資信託の普通分配金といいます)の源泉徴収税率が、25年までに比べて、所得税5.315%+住民税5%=20.315% と2倍に上がりました。  上場株式の配当金や株式投資信託の普通分配金は、源泉徴収されるだけで申告しなくても構いませんが、以下の3つの方法から選択できます。 ・確定申告しない(源泉徴収のみで課税終了) ・確定申告して総合課税を選択(累進税率...(続きを読む

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/12/12 17:11

ラップ口座は安心?  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 東京も大分寒くなりました。 東北出身なのに、 寒がりの私には厳しい寒さです(^^;) さて、今日も、11月に開催したセミナーで いただいた質問にお答えします。 【質問】 今まで投資の勉強もしていないので、 銀行、証券会社のいいなりになっていましたけど、一度基礎から勉強したいと思います。 質問ですがラップ口座なら安心...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/12/10 19:23

投資信託の残高が95兆円! by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 昨日は、天気が良かったので、 少し散歩をしました。 ところどころ桜の木があって ビルが立ち並ぶ中でも綺麗に咲いている桜に 何だか感動しました。 自然の生命力は凄いですね。 さて、このところ、 日本の投資信託の残高が増えているそうです。 総額で95兆円だとか。 投資信託の残高が増える ということは、 投資信託への...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/03/29 19:57

「ジンバブエ共和国とハイパーインフレ」

「ジンバブエ共和国とハイパーインフレ」 こんにちは! さて、4月1日~9日まで、アフリカ大陸に行ってきました! 「え、こんな時期に、アフリカに!?」 と、多くの方に驚かれましたが、訪問したのは、南部アフリカです。 テロ事件が多発している北アフリカやエボラ熱が発症した西アフリカとは、ある意味遠く離れています。 そして、今回訪問した国の一つに、ジンバブエがあります。 国名を聞いても、「ピン」と来ない方が多いかもしれません。 観...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
公開日時:2015/04/17 18:37

世界の株式時価総額9000兆円(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  日本経済新聞は、 「世界の株式市場の時価総額の合計が 4月末に75兆ドル弱(約9000兆円)に増え、 最高を更新した。 主要国の金融緩和などを背景に 日本や米国、ドイツなどで歴史的な 株高になり、世界の国内総生産(GDP) 合計(74.7兆ドル)に匹敵する額に膨らんでいる。」 と報じています。  時価総額とは、 個別企業の株価に発行済み株式数をかけて 算出するもので、株式市場に流入するマ...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/09 08:47

証券、顧客資産約300兆円に増加(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  日本経済新聞は、 「主要証券10社が顧客から預かる資産は、 2014年度末に297兆円となり、 メガバンクなど都市銀行の預金額(303兆円)に迫っている。」 と報じています。  これは、野村、大和証券など大手5社と SBI証券、楽天証券などネット5社を集計したものです。  証券会社の預かり資産は、 2013年度末に7年ぶりに最高となり、 2014年度はさらに16%(40兆円)増えま...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/17 08:51

資産運用(3)運用のキーポイント(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  まとまった資金がない場合は、 毎月一定額を積み立てていく方法が現実的です。  資産運用について、 条件を変えながら試算してみましょう。 (条件は、左から毎月積立額、運用期間、運用利率を記載しています。) (条件)       (積立元本)  (運用益)   (合計)①5万円、30年、5%  1800万円 2386万円 4186万円②3万円、30年、5%  1080万円 1431万円 2...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/20 08:41

「ついに100兆円超え!」

こんにちは!    さて、投資信託協会の発表によれば、今年5月末時点の公募投信の残高が、 “102兆4574億円”となり、日本に投信が登場して以来、 約64年の歳月をかけて、ついに100兆円を突破しました。   特筆すべきは、急激に残高を伸ばしたのは、この数年であるということです。 いわゆる「アベノミクス相場」が始まった2012年11月時点で、 残高は61兆円だったため、このわずか2...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
公開日時:2015/06/26 15:32

1,734件中 1~50 件目