(新着順)教育資金・教育ローンの専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

教育資金・教育ローン の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

教育資金・教育ローン に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

120件中 1~50 件目 RSSRSS

ジュニアNISAの運用は誰が行うの?

ジュニアNISAの運用は誰が行うの? ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。 最近はiDeCo(個人型確定拠出年金)が話題になっていて、NISAやジュニアNISAが陰に隠れてしまったような感じですね。 しかし、iDeCo(個人型確定拠出年金)の場合、原則60歳になるまで引き出すことはできません。 そのためiDeCo(個人型確定拠出年金)は基本的に教育資金の準備には向かないのです。 それにマイナス金利が導入され...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/11/10 18:35

「教育への公的支出、日本32位に!」

こんにちは! さて、経済協力開発機構(OECD)が、 2013年の加盟国の国内総生産(GDP)に占める 教育機関への公的支出割合を発表しました。   それによると、日本は3.2%で、 比較可能な加盟国33か国中32位となりました。   2012年の調査では、最下位だったので、 ひとつ順位を上げましたが、 依然として低位にとどまっています。   ベスト3とOECD平均は以下の...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
公開日時:2016/09/30 11:15

男児『肥満傾向』25%

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、 渡辺です。 日本経済新聞の記事によると、 小学5年生の男児の4人に1人が肥満傾向、 女児の約3割がやせ傾向にあることが厚生労働省の調査で分かった。 肥満の子供がいる保護者の4割近くが、 子供が体を動かして遊ばないことなどに悩みを抱えていた。 厚労省が2001年に生まれた子供の発育や生活状...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/05/26 18:06

山口県屈指の進学校で、定員割れの珍事。

朝夕まだ寒い中、桜前線は少しずつ北上しています。4月から新しい学校へと進まれる方もいらっしゃるでしょう。朝夕まだ寒い中、桜前線は少しずつ北上しています。4月から新しい学校へと進まれる方もいらっしゃるでしょう。 今年から、山口県でも公立高校の進学区域が全県一区となりました。極論を言えば、最東端の岩国市の中学生が、最西端の下関市の公立高校を受けることも無条件で可能です。今までは県内7学区に分かれ...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/03/29 23:59

グローバル人材育成には『留学必要』が84%

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、 内閣府は『教育・生涯学習に関する世論調査』の結果を公表した。 グローバル人材育の成に関し、 子供や若者に海外留学をさせた方が良いという意見が84.2に上った。 海外留学のために必要な支援策(複数回答)としては、 『奨学金などの経済的支援』が72.5%で最も...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/02/16 08:13

学習費 私立は3.4倍

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、 渡辺です。   少し前になってしまいますが日本経済新聞の記事によると、 子供一人が幼稚園から高校までの15年間、ずっと私立に通うと、 保護者が支払う学習費の総額は1770万円に上り、 すべて公立の場合の3.4倍になることが、 文部科学省の2014年度『子供の学習費調査』でわかった。 両者の差は、過...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/02/02 09:27

子供の教育費 平成26年度要約版

子供の教育費 平成26年度要約版 1月から3月にかけて、センター試験をはじめとする大学入学のための各種試験が開催されます。高校までの努力の成果が試されるので、親にとっても気が気ではありません。子供の学習費調査最新版 ここからは、昨年12月に公表された、文部科学省の子供の学習費調査平成26年度(最新版)についてお話ししていきます。 まず、高校までオール公立の場合は523万円、1ヶ月あたり2.9万円です。オール私立の場合は、1,770...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2016/01/30 20:30

なぜ「学資保険」に加入するのですか?

『学資保険に入ろう』 ではなく 『教育資金を準備しよう』子を授かった時、子が生まれた時、「学資保険に入ろう」と当たり前のように考える人か多いと感じます。私としては「教育資金を準備しよう」と考えるのが正解だと思っています。なぜならば、教育資金を準備するにあたって、学資保険が1番良い選択肢とは限らないからです。教育資金は住宅資金・老後資金とともに“人生の3大資金”と言われています。教育資金については、...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
公開日時:2015/09/11 07:00

「教育資金贈与」一括贈与?都度贈与?

2013年4月にスタートした「教育資金の一括贈与における贈与税の非課税制度」についてのお話をしたいと思います。相続税の基礎控除が見直された(減額された)こともあり、相続対策(相続税対策)としての関心も高いものと思われます。信託協会によれば、今年の3月末時点(制度開始から2年)で11万8,554件、贈与額は8,030億円となっており、その約1割にあたる約750億円が教育資金をして既に引き出されたとの...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
公開日時:2015/07/29 07:00

ジュニアNISAの活用法「二重非課税の恩恵を享受しよう!」

私はマネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。先日、お客さまと「ジュニアNISA」についてお話をする機会がありました。皆様とも情報の共有をさせていただければと思います。以下、お役立ていただけますと幸いです。 いよいよ来年から『ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)』がスタートします。 口座開設は2016年1月~、運用開始は2016年4月~ となっています。 個人...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
公開日時:2015/07/23 07:00

教育資金贈与8000億円突破(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

 信託協会によると、 祖父母から孫などへの教育資金の贈与が 1500万円まで非課税になる制度が始まって2年で、 贈与の総額が8000億円を超えたそうです。  この制度は、 2013年4月からスタートしましたが、 相続税が増税されたこともあり、 相続税対策の一環として活用されているという面もあります。  ことしの1~3月だけでも贈与額は、 1000億円を超えており、その勢いは衰えていません...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/16 14:34

教育資金(6)奨学金の活用(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

 予定外の出費などにより、 用意していた教育費が足りなくなる場合もあるでしょう。 こうした場合、ハードルは高いですが、 まずは返済の必要がない「給付型の奨学金」を検討しましょう。  給付型の奨学金は、 大学が独自の制度を設けていたり、 都道府県や民間企業、財団法人などで扱っているところもあります。  給付型が難しいようなら、 将来返済しなければならない 「貸与型の奨学金」を検討しましょう。 ...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/07 08:57

教育資金(5)教育資金贈与制度の活用(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  祖父母の財布に余裕がありそうなら、 サポートを頼んでみるのもひとつの方法です。  2013年4月から、 祖父母から孫などへの教育資金の贈与が 1500万円まで非課税になる制度がスタートしました。  当初は、2015年12月末までの時限措置でしたが、 今年の改正で2019年3月末まで延長されました。  贈与されたお金の使い道は、 教育資金に限られますが、1500万円のうち、500...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/06 08:12

教育資金(4)低解約返戻金型終身保険とは(保険の見直し・山下FP企画)

  将来の教育費を保険で準備する場合、 学資保険ではなく「低解約返戻金型終身保険」を 使う方法もあります。  (以下の数字は保険のイメージを伝えるためのものであり、 年齢・保険会社などによって異なるため、 個別の具体的な設計は保険会社にご相談下さい。)  例えば、子供が生まれたばかりの33歳の父親が、 子供が18歳になる51歳まで18年間、 毎月1万5000円の保険料を支払うとしましょう。...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/05 12:48

教育資金(3)積立預金か、学資保険か(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  教育費を積み立てる方法としては、 銀行の積立預金などを利用して 「給与振込口座から自動的に引き落としていく方法」と 「学資保険を利用する方法」とがあります。 積立預金の場合は利率が変動するので、 将来金利が上昇すれば、 その恩恵を受けることができます。 一方、学資保険は、 契約者である親が死亡すると それ以後の保険料の払い込みが免除されるなど、 親の万一に備えられる点がメリットといえます。 最...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/03 11:57

教育資金(2)妊娠したら準備を開始(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

 教育資金の準備は、早めに始めるようにしましょう。  出産後は、赤ちゃんの世話で寝る時間の確保も難しいので、 妊娠中にある程度方向性を決め準備を始めると安心です。  まずは目標額を決め、積立の計画を立てましょう。  目標額は、500万円~800万円程度が目安です。 500万円は国公立大学に行く場合の金額、 私立文系であれば700万円、 私立理系であれば800万円になります。 ただし、地方在...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/05/02 18:22

教育資金(1)どのような教育を受けさせたいか(山下FP企画・西宮)

  子供がいる人、ほしいと思っている人は、 教育資金についてもしっかりと計画する必要があります。  具体的に必要となる教育費は、 子供の希望・適性・親の価値観・居住地域などによっても かなりの差があり、事前に正確にはわかりません。  それでも、「子供にどのような教育を受けさせたいのか」 をイメージしておくことで、ある程度は予測できます。  「高校までは公立で十分。 大学生になったら奨...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/04/30 10:55

【セミナー後記】『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』

去る、4月22日の午後、FP継続セミナー(講演) 『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』の講師を勤めました。 4月の平日ということもあって、やはり少人数でした。 教育資金という、4月に相応しいテーマだと思うのですが。 頂いたアンケートの評点は4.3点(5点満点)とご好評を頂きました。 4月29日の午後に、行うセミナーです。 『やさしく分かる証券税制改正のポイント』 (続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(研究員)
公開日時:2015/04/26 10:01

学資保険は「目的」と「保険事故」が一致しない商品…?

学資保険は「目的」と「保険事故」が一致しない商品…? (画像はイメージです。本文とは直接の関係はありません)。 4月22日の午後に『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』というタイトルでセミナーを行います。 ということで、今、そのセミナーの仕込みの最中です。 最近、学資保険もさまざな商品が出ていますが。 「保険事故」と「目的」が一致していない、と言う点は皆、同じなんですね。 「子どもが生まれたから、将来の進学資金の準備のために学...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(研究員)
公開日時:2015/04/11 18:33

塾か?家庭学習か? 塾選び体験記 続編

先日寄稿した記事(塾選び体験記 我が家に合った塾選び)では、どの塾にするかという内容で書きましたが、そもそも塾がいいの? 家庭学習がいいの? というご相談をいただきましたので、続編をお届けします。 塾か家庭学習か? 一番気になるのは月謝  我が家の場合は家庭の事情(共働き)で、学童保育に変わる選択肢として、塾を選択したわけですが、親が家にいて子どもの勉強を見てあげているお母さんから、...(続きを読む

京増 恵太郎
京増 恵太郎
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/02/20 16:05

教育費の準備 ~ 奨学金 ~

  大学に行くには多額のお金が必要になってきます。そのお金を思うように準備できなかったご家庭への支援として奨学金があります。教育ローンとの大きな違いは学生本人がお金を借りることです。奨学金の代表的なものに日本学生支援機構の奨学金があります。日本学生支援機構の奨学金は教育ローンとは違い、在学中は無利息です。奨学金の種類には利息のない第一種奨学金と利息のある第二種奨学金があります。第二種奨学金の利率は...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/11/21 16:31

生前贈与をうまく使いこなす Part4  ~教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置 ~

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。 今回は、 生前贈与をうまく使いこなす  Part4「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」 についてお伝えいたします。 平成25年4月平成27年12月までの間に、30歳未満の受贈者が、教育資金等に充てるため、金融機関等との一定の契約にもとづき、受贈者の直系尊属(祖父母など)から教育資金を贈与された場...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/08/15 18:59

大学生『旅行に支出』増加

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、 渡辺です。   教育資金は決して安くはありませんが、 大学に通われているお子さんがいる家庭の中には、 子どもがどういったものにお金を使っているのかも気になるところではないでしょうか。   少し前になりますが日本経済新聞の記事によると、 全国大学生生活協同組合連合会が大学生の1ヶ月の支出を調べたところ、...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/08/07 09:56

奨学金猶予『知らぬ』57%

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、学生時代に日本学生支援機構から借りた奨学金の返済を3ヶ月以上滞納している人の過半数が、 返済猶予や1回分の返済額を減らす救済策を知らないことが、機構の調査で分かった。 延滞者の8割以上が年収300万円未満で、 救済策の対象者も多いとみられる。 滞納者の支援...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/07/22 09:40

【マネー全般】7/31・8/28 賢く生きる!子育てママの楽らくマネー講座(小規模開催)

賢く生きる!子育てママの楽々マネー講座 家計を預かるママさんが、お金について詳しくなることで、無理な節約をしなくても貯蓄のコツがわかって、将来の不安がなくなります。! セミナー詳細   日  程  1 7月31日(木) 10:30~11:30 日  程  2 8月28日(木) 10:30~11:30 講  師 高橋成壽(弊社代表 ファイナ...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/07/18 13:55

私大生の仕送り額最低

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞からの記事によると、 首都圏を中心とする私大生に2013年春に入学した下宿生への仕送り額は月額8万9千円で、 13年連続で減少したことが、東京地区私立大学教職員組合連合会の調査で分かった。 前年より500円減で、1986年度の調査開始以来の最低を更新。 ピークの94年度(1...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/06/04 10:31

子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金  子育て世帯臨時特例給付金は4月から消費税が8%へアップしたことに伴い、子育て世帯への影響を緩和し、消費の下支えを図る観点から1回のみの臨時的な給付措置として行われます。給付額は対象児童1人につき1万円です。 誰でももらえるの?  基準日(平成26年1月1日)における、平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限に満たない方が対象になりま...(続きを読む

京増 恵太郎
京増 恵太郎
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/04/14 11:41

親から私大生への仕送り額が最低 ・・・

  首都圏を中心とする私立大2013年春に入学した下宿生への仕送り額は8万9000円。13年連続で減少したことが、私立大学教職員組合連合の調査でわかりました。 やはり両親の収入が伸び悩んでるので、大学生を抱える家庭の厳しい家計が浮き彫りになりましたね。かつて2000年には仕送りの平均額は11万9000円でしたが徐々に減少して過去最低。私大の学費は文系で年間100万円、理系で150万円程必要です。...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/04/05 15:05

子育て世帯にはお得な情報

子育て世代の方はご存じだと思いますが、知らない人は損をする制度をお伝えします。 4月以降、住まいの役所で申請をするだけで、子ども1人あたり1万円支給されるのです。 それは『子育て世帯臨時特例給付金』と呼ばれる政策です。 しかしこの給付金には注意が必要で、それは「自己申請」つまり申請しないともらえないものなのです。。 原則として、『子育て世帯臨時特例給付金』の申請を自らしなければ、お金を受け...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/04/02 13:53

塾選び体験記 我が家に合った塾選び

我が家には今度小学4年生になる子どもがいます。これまでは学童保育に行っていたのですが、3年生以降は預かってもらえません。仕事を持つ親にとって大きな味方であった学童が無くなることで、放課後の時間をどうするかが急務となりました(汗)  そこで、4年生になったら塾に行くのもよいかな? と思い体験したことをご紹介します。 塾を選んだ理由  小学4年生といえば、ずっと家にいなさいと言っても聞か...(続きを読む

京増 恵太郎
京増 恵太郎
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/03/24 13:46

私立中の学費、公立の2.9倍

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   少し前の日経新聞の記事によると、 子どもが私立校に通う世帯と公立校に通う世帯の学習費総額の開きは、 中学で2.9倍、高校で2.5倍となり、 いずれも過去最大だったことが文部科学省が発表した2012年度の『子ども学習費調査』で分かった。 私立中の生徒1人あたりの学習費総額も過去最高の...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/02/07 10:18

大学の学費値上げ続く

  有名私立大学を中心に学費の値上げが続くようです。消費税負担等を補う点もあるが、キャンパスなどの教育環境を時々充実させるためとしている例えば日本大学で授業料等御満から20万円増加。明治大学でも授業料が4万円から5万円増加。 消費税増税で値上げもやむを得ませんが、できれば大学側も努力して経費を減らしてもらいたいものです。 これでまた教育費のデータを書き換えなきゃいければならない・  (続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2014/01/25 15:35

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(4)

第4回です。 今回は,調査結果の詳細(内訳)を見ていきたいと思います。 <前提> 幼稚園(私立)-小学校(公立)-中学校(公立)-高校(公立) まず,文部科学省『子どもの学習費調査』では支出した項目(区分)ごとに細かく調査されています。 大きく分けると,学校教育費と学校外活動費に分かれています。  【学習費総額=(1)学校教育費(+学校給食費)+(2)学校外活動費】 (1)学校教育費(給食...(続きを読む

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/16 13:25

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(3)

第3回です。 今回は高校の教育費について見てみたいと思います。 学習費(公立高校,平均値)の推移を見てみますと, 520,503円 516,186円 393,464円で, 左から順に,平成18年,平成20年,平成22年の学習費総額の平均となります。 平成18年と平成20年は変化はありませんが,平成22年は大きく減少しています。 その原因は? -高校授業料の無償化です。  高校授業料の...(続きを読む

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/14 20:24

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(2)

 (1)の続きです。まだの方は,(1)からお読みください。  今回は,私立幼稚園に絞って,調査結果を見てみたいと思います。  前回,私立幼稚園(3歳~5歳)の学習費総額をお伝えしましたが, 平均額(年間)は,537,518円となっています。 総額のうち,授業料(保育料)が平均358,313円,学校納付金が平均44,752円です。 これは全国平均ですので,埼玉県の幼稚園を見てみますと, ...(続きを読む

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/06 01:00

教育費は本当に1,000万円かかるのか?(1)

 幼稚園から高校まで公立で,大学は私立4年制の場合,子ども一人につき1,000万円かかると言われています。  果たして,本当に1,000万円かかるのでしょうか。  今回は,教育費について見ていきたいと思います。   ライフプランや教育費を話題にしているサイトでは,文部科学省が発表している『子どもの学習費調査』と『私立大学大学院入学者に係る初年度学生納付金平均額』を基にしています。  幼稚園...(続きを読む

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/06/05 21:45

私大下宿生、仕送り額最低

皆さんこんにちは、 ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか? 個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、 東京地区私立大学教職員組合連合は、 2012年度に首都圏を中心とする私大に入学した下宿生への仕送り額(6月以降の月平均)が、 12年連続減の8万9500円となったと発表した。 1986年度の調査開始以来の...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/05/07 11:18

教育資金の効果的な積立方法とは?

教育資金の効果的な積立方法とは?  教育資金の積み立て手段としての代表的なものに、生命保険の「学資保険」があります。また最近では、「積み立て利率変動型終身保険」に加入しておいて、子供の年齢にあわせて解約して解約返戻金を受け取るという方法もごくごく一般的になってきています。満期金もしくは解約返戻金が払い込み保険料を上回り、その率も110〜130%程度で、預貯金で積み立てるよりも効果的だという理由で、採用される方が多いのだと推察します...(続きを読む

土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/04/16 11:31

『留学したくない』高校生の6割

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、全国の高校生の約6割が『留学したくない。』と考えていることが、 文部科学省2012年度に実施した調査で分かった。 語学力や留学費用を心配する生徒が多かった。 一方で高校生の留学を支援する自治体は倍増。 留学費用の支援制度を設けたり、留学経験者を高校に派遣した...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/04/10 10:45

非課税となる教育資金の対象が明らかに

平成25年度税制改正の目玉の一つである「孫等への教育資金1500万円贈与税の非課税制度」。   祖父母は、子・孫名義の金融機関の口座等に、教育資金を一括して拠出し、この資金について、子・孫ごとに1,500 万円(※)までを非課税とする制度。 ※学校等以外の者に支払われるものについては500 万円を限度。   すでに平成25年4月1日より適用開始となり、一部の金融機関で取り扱いもはじまって...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2013/04/09 09:07

平成25年度税制改正「教育資金の非課税措置ついて」

3月29日に可決成立した平成25年度の税制改正法案の中に、「教育資金の一括贈与にかかる非課税措置」というものがあります。これまで贈与に関わる選択肢としては、「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」がありましたが、教育資金に限っては第3の選択肢が生まれることになりました。相続時精算課税制度では、受贈者の要件として「20歳以上の子や孫」という縛りがありますが、教育資金の一括贈与については、「30歳未満の子...(続きを読む

土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/04/03 21:27

教育資金で困っている方へ・・・

振り込め詐欺の犯罪に使われた銀行口座の残高を、犯罪被害にあわれた家の教育資金として、無利子で貸してもらえるそうです。対象は高校生以上で、上限金額は1か月あたり10万円、返済は最長で30年だそうです。 最近は少子化に伴い、希望者が全員大学へ入学できるという「全入時代」になっているものの、その資金を「奨学金」に頼り、卒業後の就職がおぼつかず結果、返済がままならない「奨学金難民」が増加の一方のようです。...(続きを読む

土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/02/19 07:28

世帯の教育費負担が38.6%!

 日本政策金融公庫の調査結果によると、世帯収入に占める子供の教育費の割合が過去10年間で最高の38.6%との結果がでています。調査対象は、国の教育ローンを利用した世帯で、高校入学から大学卒業までの教育費負担が、子供一人あたり平均約1,031万円とのデータ(2012年)がでており、ここ5年間連続で1,000万円を超えているとのことです。 一方、世帯収入はここ数年マイナスとなっており、2011年で平均...(続きを読む

土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/02/17 11:53

わが子のおこづかいルール、どうする?

わが子のおこづかいルール、どうする? 少子化の影響で、子ども1人に対しておこづかいやお年玉をあげる大人の人数が増えています。 今春から進学・進級する前に、わが子のおこづかいはいくらぐらいが妥当なのか、 どんな与え方がいいのか、悩む親御さんも多いようです。 相談にいらっしゃるご夫婦からも、子どもにかけるお金に関連する話題として、 おこづかいのあげ方について、よく質問をいただきます。 そこで今回は、子どものおこづかい事情を解説します。...(続きを読む

平野 直子
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2013/01/18 17:00

『第一子出産後も仕事』4割

『第一子出産後も仕事』4割 皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞によると、第一子出産後も仕事を続ける母親は4割を超えることが、 厚生労働省の調査で分かった。 9年前の調査では3割だった。 育児休暇を取得する母親も9割を超えた。 厚労省は『育児休暇の対象がパートや派遣社員の一部にも拡大したことや、 短時間勤労制度が企業に浸透したことが要...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/12/18 09:43

卒業生の満足度 北大トップ

卒業生の満足度 北大トップ 皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、 日本経済新聞と日経HRがビジネスパーソンを対象に共同で実施した卒業大学の満足度調査で、 北海道大学が首位になった。 2位に東北大学、3位に一橋大学が入るなど、国立大の優位が目立つ。 私立大の中では慶応義塾大学が4位と最も高かった。   少子化で大学...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/11/08 09:24

奨学金で大学進学費用を準備する

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   日本学生支援機構では、機構独自の貸与奨学金を実施する一方、各大学で実施している学内奨学金や授業料等減免制度などの情報提供を行っています。 こちら⇒各大学の奨学金制度  ...(続きを読む

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/07/13 17:00

教育資金積立運用制度 その2

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   以前ブログでアメリカで採用されている、教育資金の積立運用制度について書いたことがあります。 こちら⇒教育資金積立運用制度   日曜日の日経新聞に、政府は教育費を積み立...(続きを読む

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/07/11 13:00

かんぽ生命の学資保険が変わる?

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。   お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   学資保険の定番商品といえば、一昔前なら“郵便局の学資保険”でした。 安全で貯蓄性も高く、確実にお金が貯まると人気の商品でした。   ところが、かんぽ生命の学資保...(続きを読む

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/05/30 12:00

教育資金積立運用制度

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   子どもの教育資金というと、こども保険(学資保険)や最近では低解約返戻金型の終身生命保険を活用した準備を検討する人も多いと思います。   こども一人に1000万円を超える...(続きを読む

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2012/05/22 18:00

120件中 1~50 件目