土地活用、不動産投資の注目手法「戸建て賃貸」とは? その3 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地活用、不動産投資の注目手法「戸建て賃貸」とは? その3

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

前回の続き

今注目の土地活用の手法。
それが「戸建て賃貸」というやり方です。

考え方はとても簡単です。
活用したい土地に戸建てを建てて貸すだけです。

何が新しいの?と思った方もいらっしゃるでしょう。

いくつかメリットがあります。

1、投資額が少なくて済む
戸建てを建てるだけですので、投資額が少ないです。
2,000万円くらいあれば投資可能です。
億単位になることはあり得ません。

2、戸建ての賃貸ニーズは多い
私もそうですが、子どもができた時に、
家族で戸建てに住もうとすると、
躯体も設備も古い家しかありません。

3、戸建ての賃貸物件は数が少ない
家族で住める賃貸物件を探すと、
ほとんどマンションになります。
でも、子どもは飛んだり跳ねたりするので、
戸建てがいいのです。
でも、市場に物件が出てこないのです。
だから、入居の希望者が実はたくさんいるのです。

4、簡単に売る事ができる
相続でお子さんが戸建て賃貸物件を取得されたとします。
もしお子さんが必要ないと感じたら、売る事ができます。
入居者に売ることもできますし、投資家に売却する事もできます。
入居者は住宅ローンで買う事ができます。
買い手に困ることはないでしょう。

5、子どもに住まわせて、将来贈与することもできる
戸建ての場合広い土地は必要ありません。
一棟マンション、アパートですと、贈与の価格も高くなりがちですが、
戸建て賃貸であれば、比較的安価で贈与する事ができますので、
例えば、土地に3戸戸建てを作って、
3人の子どもにそれぞれ一戸ずつ贈与する、
というような方法も考えられるでしょう。

以上が、特徴です。

ニーズが多いので、入居が決まりやすく、投資額をローンで賄う場合も、
ローンの延滞可能性が低くなります。
また、投資額が少ないので、借入をせず現金で投資する事も可能です。
現金が不動産になれば、相続税の評価上もメリットがあります。

いろいろメリットがありますが、
まだまだ広まっていない手法です。

ご興味のある方は、お問い合わせいただければ、
ご相談や専門会社のご紹介も承ります。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子がズバっと解決!

日本では数少ない総合型FPとしてセミナーや個別のご相談を承っております。累計のセミナー受講者数約5000名、年間相談件数200件超、暮らしとお金のことから経営相談など多岐にわたるコンサルティング業務を展開

このコラムに類似したコラム

土地活用、不動産投資の注目手法「戸建て賃貸」とは? その2 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/25 12:00)

90歳まで安心のライフプラン 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/06/17 16:23)

土地活用、不動産投資の注目手法「戸建て賃貸」とは? 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/24 12:00)

【残り2席】5/15(明後日)相続手続き&新相続税制セミナー 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2014/05/13 14:00)

国債の破綻を回避するシナリオについて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/05 21:00)