金融商品を選ぶポイント ~運用管理報酬(信託報酬)~ - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金融商品を選ぶポイント ~運用管理報酬(信託報酬)~

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
知らないと損するかも…のお話し

ファイナンシャルプランナーが天職!
BYSプランニングの釜口です。 

  

  今回は、「金融商品を選ぶポイント ~運用管理報酬(信託報酬)~」
  というテーマで、投信信託を中心にお伝えいたします。

  銀行や証券会社などでの投信販売現場では、分配金の多寡や、
  運用実績の話しがほとんどを占め、購入する時に一括でかかる手数料
  や残高に対して毎日自動的に差し引かれる信託報酬に関しての説明は、
  申し訳程度であるケースがほとんどです。

  投資信託は長期保有が基本だと思いますが、長期になればなるほど、
  残高にかかる信託報酬の高低はとても重要なファクター。

  特に、日本の投資信託の信託報酬は割高だ。
  米国の場合は、平均が0.75%に対して、日本では1.36%。
  米国は10年前に比べ2割下がっているのに対して、日本では2割上昇
  しています。
  
  世界最大級の運用会社であるアメリカのバンガード社に至っては、
  総経費比率の平均が0.2%で10年前に比べ、3割も下がっているのです。

  例えば、100万円で投信信託を購入し、10年間の平均利回り5%だとすると、
  バンガード社の平均0.2%で計算すると、10年後に1,598,132円、
  日本の投信の平均1.36%で計算すると、10年後に1,429,795円。
  差額が、168,337円にもなります。
  ※上記の数字は、為替の変動や為替手数料、税金等は考慮していません。

  また、バンガード社では、利益が上昇し純資産残高が増えれば、
  総経費比率が下がるしくみを取っています。

  日本の投信の場合、純資産残高上位の多くは、販売会社が売れば
  売るほど、運用管理費用に占めるその販売会社への配分比率を高める
  特殊な構造を持ちます。
 
  例えば、その販売会社での残高が少なければ配分比率は3割程度なのに、
  総資産残高が増えると、販売比率が8割弱に上がるようなしくみになって
  います。
  結果、投資家が支払う信託報酬額は減りません。

  売れれば投資家に還元する米国と、販売会社に還元する日本との違いは
  大きいと言わざるを得ません。
  
  市場全体からすると少数派ですが、日本でも信託報酬が低い投資信託が
  登場してきています。
  ・住信アセットマネジメントのSTAMシリーズ
  ・三菱UFJ投信のeMAXISシリーズ
  ・みずほ銀行のi-mizuhoインデックスシリーズ
  
  来年から始まる日本版ISA(=NISA)から投資を始められる方もおられる
  と思いますが、投信を視野にいれるのであれば、運用管理報酬にこそ、
  注目していただきたいと思います。

  

   ご質問やご不明な点がありましたら、
   お気軽にご連絡下さい。
    メール:waku@bys-planning.com

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム

このコラムに類似したコラム

NISA よくある質問その3 大黒たかのり - 税理士(2013/09/06 12:00)

仕組債のオプション取引では、売り手の損失は無限定(無制限) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/03 10:00)

「長期国債保有、紙幣の発行残高を超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/17 14:03)

資産運用講座 ~まずはイロハのイ 松永 文夫 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/03 02:41)

FinancialAdviser12月号に投資信託について執筆 ~相場に左右されない運用提案~ 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/20 12:01)