「老後が不安」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「老後が不安」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、この度、金融広報中央委員会が2012年「家計の金融行動に関する世論調査」を発表しました。

 

その中で、単身世帯の金融資産の保有目的で、初めて「老後の生活資金」という回答が、47.1%で1位となりました。

今までは、「病気や不時の災害への備え」が1位でしたが、ここにきて大きく意識変化があったことがわかります。

 

「病気や不時の災害への備え」は、まさに、万一のための“備え”ですが、「老後の生活」は、万一ではなく、ほとんどの国民に訪れることです。

 

その“将来の日常”に対して、不安を抱えるということは、ある意味深刻な状況と言えます。

 

最近のニュースを観ていても、「厚生年金基金制度の廃止」、「公的年金の財源不足」、「少子化による保険料の負担者減少」、「高齢化による受給者急増」、「運用利回り悪化」など、“老後の生活”に関して、明るい話題はほとんどないのが現状です。

 

事実、今回の2500世帯の単身者へのアンケートでも、8割以上が「老後が心配」と回答しています。

 

このような意識の中で、一番怖いのは、将来不安からさらに委縮し、「守り」に入り込んでしまうことです。

国民が皆「守り」に入ってしまえば、世の中のお金は回らなくなり、経済がさらに疲弊し、ますます所得低下、税収不足、財政悪化という「負のスパイラル」に陥ってしまうこととなります。

 

常日頃感じていることではありますが、本来であれば、国のビジョンや指針がわかりやすく示され、それによって企業や経済が活力を取り戻し、世の中が活性化し、国民のモチベーションも上がるのが、最も望ましい姿と言えます。

 

しかしながら、それをただ待っているだけでは、何も変わらないのも事実です。

 

一番大切なことは、「他に依存しない強い意志をもった国民」に自分自身がなることではないかと考えています。

 

誰が政治家になろうが、国の方向性がどうなろうが、毅然として、強い意志をもって、自分自身が生きることが、まずは必要絶対条件ではないかと最近強く思います。

 

「夢は人に描いてもらうものではなく、自分で描くもの」

 

改めて、自分自身、強く意識している言葉です。

 

それでは、今週も良き週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

AIJ 問題が教えてくれた、投資・期待リターンのレベル 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/07 16:00)

老後資金の準備、本当に大丈夫ですか? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/28 21:10)

資産運用(3)運用のキーポイント(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/20 08:41)

「好調!企業年金運用」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/06/13 12:11)

心とお金の関係 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/26 13:16)