(新着順)税金の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

税金 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

税金 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

2,139件中 1~50 件目 RSSRSS

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? 事業継続が困難な場合とは

特例事業承継税制では、事業継続困難な場合や解散等した場合には、解散時等の時価を相続税評価額とみなし、贈与税額等を再計算することができるようになりました。 (1)事業継続が困難な場合とは次のいずれかに該当すること ・一定期間のうち2期以上で赤字の場合 ・一定期間のうち2期以上で売上が減少している場合 ・有利子負債が売上の6か月以上の場合 ・類似業種の上場企業の株価が前年を下回る場合 ・特例経営承...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/05/14 15:10

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? 納税猶予の条件

自社株の税金が実質ゼロになる納税猶予の条件は、特例承継期間内と期間後に分かれます。 (1)    特例承継期間とは自社株を贈与した贈与税の申告期限の翌日から5年を経過する日 (具体例)贈与日:平成30年10月1日申告期限:平成31年3月15日特例承継期間:平成31年3月16日~平成36年3月15日 (2)    特例承継期間内・事業継続・代表者であること・自社株保有継続 (3)    特例承継...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/05/08 12:00

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? 贈与者と受贈者の要件

自社株の税金をゼロにするには、贈与者と受贈者に要件があります。 1人の先代経営者から1人の後継者への贈与・相続が行われる場合のみから、複数の株主から複数の後継者(最大3人)が可能となりました。  (1)    贈与者は誰でもよい自社株を贈与する人は、誰でもOKになりました。 旧制度は、先代経営者であることが要件でしたが、代表権でなくてもOKです。 例えば、代表者の配偶者、親戚、全くの第三者など...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/05/02 14:38

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その7

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 相続税・贈与税が実質ゼロになるためには、一定の手続きが必要となります。 【要件】(1)    平成30年4月1日から平成35年3月31日までに(2)    特例承認計画を都道府県に提出し、認定を受け(3)    平成39年12月31日までに承継を行うこと  特例承継計画とは、認定経営革新等支援機関の指導及び助言を受けた計画であって、...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/04/09 10:57

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その6

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 経営環境の悪化で、自主廃業や株式を売却した場合、株価が下落した場合でも、承継時の株価を基に相続税・贈与税が課税されるため、多額の税負担が生じていました。 廃業時や売却時の価額を基に納税額を計算し、承継時の株価を基に計算された納税額を減免し、多額の税負担が生じないようになりました。 これにより、経営環境の悪化による将来の不安を軽減でき...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/04/05 14:57

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その5

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 相続時精算課税とは、60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子又は孫への贈与が対象となっています。 ところが、事業承継税制の適用を受ける場合には、相続時精算課税の適用範囲を拡大し、万が一、納税猶予が取り消しになった場合でも過大な税負担が生じないようになっております。 【相続時精算課税制度の適用範囲の拡大】 改正前 60歳以上の父母...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/04/02 10:56

自家版租税教室:自分で商売をするようになったら?

会社からお給料をもらうひと、つまりサラリーマンであるウチは、自分で税金を計算する必要がありません。 ではそうではなくなったときにはどうなるでしょう? そのときには自分で税金を計算しなければなりません。 ・自分で飲食店やコンビニ、雑貨屋を始めた ・プロのスポーツ選手や音楽家になった ・不動産を買って、それを誰かに貸し付けることになった ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/31 07:00

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その4

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 制度の対象者は、1人の先代経営者から1人の後継者に相続・贈与があった場合のみでしたが、親族外を含む複数の株主から、代表者である後継者(最大3人)への承継も可能となりました。 【適用対象者の拡大】 改正前 1人の先代経営者から、1人の後継者への承継 改正後 親族外を含む複数の株主から、複数の後継者(最大3人)への承継  贈与であれば、...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/03/30 10:27

自家版租税教室:年末調整のこと

実は現在の日本では、厳密には申告納税方式が採用されていません。   皆さんのお父さんお母さんの中でも、働いて所得があるのに自分で税金を計算していない人がたくさんいます。       それは、現在の日本では       ・会社に勤めて給与をもらって生活をしている人       こういった人が本当に多いことに理由があります。   実は会社勤めをしてそこからお給料をもらっ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/30 07:00

自家版租税教室:なぜ自分で申告をしていない?

(小学校一学年分が集まっていたので、先生は何人かいました)   先生方に質問です。       先ほど紹介した通り、所得税は申告納税方式です。   当然、先生方も働いてお給料をもらっているわけですから、所得税を負担しているはずです。   では       ・先生は昨年一年間でどれだけの所得税を負担したか知っていますか?   ・先生はその税額を自分で計算しましたか? ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/29 07:00

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その3

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 納税猶予の要件である雇用確保要件が大幅緩和されました。これが一番のハードルでしたが、一定の要件を満たせば納税猶予が可能となりました。 【雇用確保要件の大幅緩和】 改正前 事業承継後5年間平均で、雇用の8割維持    未達なら納税猶予額の全額納付 改正後 事業承継後5年間平均で、雇用の8割維持    未達であっても納税猶予が可能(ただ...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/03/28 11:28

自家版租税教室:税金の計算

最後に、税金の計算について確認します。       税金には自分で計算をしなければならないものと、行政から金額が知らされるものがあります。       ・自分で計算するグループ   所得税、法人税、相続税、消費税など   これらの税金については、自分で税額を計算してその書類を提出する必要があります。       ・行政が計算してくるグループ   固定資産税、自動...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/28 07:00

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その2

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 相続税・贈与税の納税猶予額の上限撤廃がありました。 【納税猶予額の上限撤廃(100%納税猶予可能)】 (1)納税猶予対象株式数改正前 発行済株式総数の2/3改正後 発行済株式総数の全部 (2)納税猶予額改正前 80%改正後 100%  従来、納税猶予される額は発行済株式総数の2/3、うち相続税の納税猶予割合80%で、納税猶予されるの...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/03/27 10:15

自家版租税教室:所得税の累進性

それと、所得に対する税金の累進性についても考える必要があります。   先ほども紹介をしましたが       ・全員に同じ割合で税金を負担してもらうのが良いのか?   ・所得が高い人になるべく税金を負担してもらうのが良いのか?   ・個人と法人ではどちらがより多くの負担をすべきなのか?       これについては、唯一の正解ががあるわけではありません。   どういう割...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/27 07:00

自家版租税教室:消費や所有に対する課税の強化

所得が課税対象として頼りなくなってきたこと。   それと所有について世代間での偏りが出てきたこと。   これらの状況に応じて、消費や所有を課税の対象とする流れが進んでいます。       所有に関していえば、いちばん有名なのは相続税の強化です。   先ほど「テレビで観た」というお話でしたが、相続税に関しては最近増税されました。   財産をある程度所有していた人に関しては、死...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/26 07:00

自家版租税教室:課税対象の異動

税源ですが、これから先所得に対する課税から別のところに対象が移っていく見込みです。   というのも、日本という国の状態が以前と変わってきているためです。       今から数十年前は、経済の状況も良かったために個人も法人も沢山の所得を得ていました。   しかし、現在はそのような高度成長ではなく、どちらかというと停滞状況にあります。   それと、やっぱり人が減っていっているという...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/25 07:00

自家版租税教室:どんなバランスで負担している?

3つのショについて紹介しました。   それでは、この内どのショに対して一番多くの税金がかかっているでしょう?   ちょっと考えてみて下さい。   (少しして質問してみると、いくつか答えは返ってきます)       はい、どうでしょう?   ・・・なるほど、確かに皆さんに身近なところでいえば「消費」というのは結構な高負担に思えるかもしれませんね。       正解です...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/24 07:00

自家版租税教室:3つのショ(消費)

次は消費です。   消費というのは「何かを使ったり買ったりすること」くらいで考えれば大丈夫です。   皆さんも、お店で買物をしたことはあると思います。   そういう「買う」「使う」「サービスを受ける」といった行動に対して税金がかかります。       ・消費税   すごく有名な税金ですね、皆さんもいつも負担しています。   100円のものを買う場合、それに対していまは8...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/23 07:00

自社株の相続税・贈与税がゼロになる!? その1

平成30年の税制改正で事業承継税制に大きな改正がありました。 従来との変更点は主に4つです。・納税猶予額の上限撤廃(100%納税猶予可能)・雇用確保要件が大幅緩和・適用対象者の拡大・相続時精算課税制度の適用範囲の拡大  従来、借入金で不動産を購入したり、持ち株会社を作ったり、社団や財団を作ったりと時間とお金をかけてきましたが、このような対策は一切不要になります。 (続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
公開日時:2018/03/22 11:32

自家版租税教室:3つのショ(所有)

次は所有です。   所有というのは、言い換えると「持っている」ということです。   何かを持っている人は、持っていない人よりも恵まれているといえます。   なので、そういう「持っていること」に対して税金をかける、というのが所有に対する税金です。       例えばさっき皆さんが言ってくれた税金には、所有に対する税金がいくつかありました。       ・固定資産税   ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/22 07:00

自家版租税教室:3つのショ(所得)

税金は3つのショに対してかかります。       ・所得(しょとく)   ・所有(しょゆう)   ・消費(しょうひ)       それぞれ、どんな意味かわかりますか?       所得というのは、別の言葉で言い換えると「儲け」とか「利益」と呼ばれています。   皆さんのお父さんやお母さんは、何かお仕事をされていますか?   されているとすると、どこかからお金...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/21 07:00

自家版租税教室:課税の対象

はい、ここまで公共の維持管理やそのための税金の必要性。   それに税金の使いみちを考える人や税金に関する法律のこと。   そして公平というものについてどう考えるのか?について考えてきました。       ここからもう少し具体的に       ・どんなものに税金がかかるか?       という点について考えてみたいと思います。   ところで、皆さんはどんな税金をご...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/20 07:00

自家版租税教室:自分で選挙に出る

さて、実はもう一つ方法論があります。   それは皆さん自身が       ・選挙で投票してもらう側に回る       という方法です。   よく「政治家」と呼ばれる人たちに皆さん自身がなる、ということですね。       実はこれが「自分が良いと思う社会」を構築するための一番簡単な方法でもあります。   もちろん、社会を作るのは政治家だけの仕事ではありません。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/19 07:00

自家版租税教室:選挙での争点

いま言った方法は       ・自分の考え方に近い人を応援することで、自分の理想に近い社会にしてもらう       という方法です。   先ほどもお話した通り、税金一つとっても「誰にどれくらい負担してもらうのか」は唯一の正解がありません。   このことについて「これが唯一の正解だ!」という大人がもしいたら、その人の言うことは疑った方が良いです。       もちろん...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/18 07:00

自家版租税教室:選挙と法律

選挙というのは何をしているのかというと       ・法律を作る人達を選ぶもの       です。   実際にはそこまで単純ではありませんが・・・この部分が一番大きいのは確かです。       選挙のとき、候補者の人たちはそれぞれ       ・私はこの国、県、市をこんな風にしていきたい!!   ・そのためにこういう法律を作っていこうと考えている!!   ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/17 07:00

自家版租税教室:租税公平主義その2

お金を沢山もっているのだから沢山税金を負担してもらおう。   そのことに納得をする人は多いみたいです。   でも、もし8割も税金で負担しなければならないとしたら、どんなことが起こるでしょう?       ・どんなに頑張っても全部税金で持っていかれるのだったら、もう頑張るのはやめよう       こんな風に感じる人が出てくると思いませんか?       お金持ちに負担...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/16 07:00

自家版租税教室:租税公平主義

税金は公平に負担しなければならない、という考え方を租税公平主義といいます。   先ほど紹介をした「租税法律主義」と一組になっている、大切な考え方です。       それでは、次のウチどちらが公平でしょうか?       ・沢山お金をもっている人も、そうでない人も持っているお金のうち2割を税金として負担する   ・沢山お金をもっている人は3割負担、普通の人は2割負担、あまりお...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/15 07:00

自家版租税教室:誰からどれくらい取るのか?

国会で税法が話し合われるとき、何を中心に議論するのかわかりますか?   それは       ・誰に、どれくらいの税金を負担してもらうのか?       ということです。   例えば、現在日本には大体1億人くらいの人がいるとされています。   その人達を分ける方法は色々とあります。       ・男と女   ・高齢者と大人と子どもと赤ちゃん   ・結婚をし...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/14 07:00

自家版租税教室:毎年国会では税法が話し合われる

租税法律主義の考え方に基づき、国会では税法の内容が話し合われます。   ここで注意が必要なのは、税法は一度作ったら終わりではないということです。       世の中の景気と呼ばれるものや、必要となるものは変化を続けています。   皆さんもご存知の通り、今の日本は少子高齢化が進んでいます。   皆さんのような子供の数が減って、お年寄りの数が増えているのですね。       ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/13 07:00

自家版租税教室:三権分立

皆さんは社会の授業で三権分立について勉強をしましたか?   ひょっとしたら国会見学に行ったりもしたでしょうか?   (小学校六年生の間に一度くらい見学に行っていることが多い模様)       はい、三権分立、1つずつ言って下さい。   (パラパラと回答あり)       ・司法   ・立法   ・行政       はい、ありがとうございます。   司...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/12 07:00

黙祷

平穏であれ。(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/11 07:00

自家版租税教室:租税法律主義その2

このような権力者の気まぐれで税金を課され続けた結果、色々な戦いが起こりました。   そんな中で定められてきたのが       ・税金は法律に基づいて負担すべきだ       という考え方なのです。   権力者の気分や機嫌で決まるのではなく、しかるべき手続きを踏んで、法律に基づいて負担をする。   これが長い歴史の中で獲得した人間の知恵なのです。       先程...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/10 07:00

自家版租税教室:租税法律主義

ここで憲法の第三十条の条文を読んでみましょう。       「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」       はい、実はこの一文の中には、ものすご~く大切な内容が含まれています。   それは「法律の定めるところ」という部分です。       ここで税金の歴史を振り返ってみます。   税金という仕組みは、随分と昔からありました。   しかし、ど...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/09 07:00

自家版租税教室:国民の三大義務

話を税金に戻したいと思います。   公共を守るためにチーム行政は仕事をしています。   その仕事をスムーズに進めるために、税金というお金を使います。       さて、それでは税金はどうやって集めるのでしょう?   答えは「日本に住んでいる多くの人々から集める」です。   皆さんの保護者さんも、ここにいる先生も、もちろん私も、そして皆さんも税金を納めています。     ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/08 07:00

自家版租税教室:公平や正義という言葉

公平という言葉はなんとなく皆さんもわかっていると思います。   でも、実際に公平を実現するのは、本当に難しいことがわかるでしょうか?       先程の例でいえば「右利きの人を助ける」ことは「左利きの人を見捨てる」ことと同義です。   もちろん逆のことも言えます。       多数派の「なんとなくの不便」を解消するのが良いのか?   少数派の「かなり大変なこと」を助ける...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/07 07:00

自家版租税教室:公平とは何か?

行政は税金の使いみちを必死に考え続けなければなりませんが・・・   ここで「公平」という言葉について考えてみたいと思います。       ちょっとアンケートを取らせて下さい。   ここにはいま、大体100人くらいの生徒さんがいらっしゃいます。   この中で左利きの方は手を上げて下さい。   (100人中、このときは約5人が手を上げた)       はい、ありがとうご...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/06 07:00

自家版租税教室:行政は「考え続ける」のがお仕事

チーム行政の人たちは、集めた税金をどうやって使うのか常に考え続けています。   先程も少し触れましたが、公共を守るための課題は常に変化が続いています。       いまから数十年前、日本では高度経済成長時代というものがありました。   皆揃ってどんどんお金持ちになって、街中がイケイケ状態だったのですね。   人口も増え続け、住むための家も足りなくなり、日本中で建物がニョキニョキ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/05 07:00

自家版租税教室:行政と税金

繰り返しになりますが、公共を守るために活動しているのがチーム行政です。   そこで、チーム行政は次のような活動をします。       1.多くの人々から税金を集めて回る   2.集めた税金を計算して、何にどれくらい使うのかを考える   3.考えた結果に従って、税金を色々なところに支払って仕事をしてもらう       税金の使いみちは様々です。       ・学校...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/04 07:00

自家版租税教室:税金

行政を上手く動かして公共を守るためのお金には、特別な名前がついています。   それが「税金」です。       皆さんも税金という言葉はなんども聴いたことがあると思います。   多分、こんなイメージじゃないでしょうか?       ・なんか嫌なものらしい   ・なんか高いものらしい   ・なんか無駄遣いされているらしい   ・なんか政治家さんとかが色々とやってい...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/03 07:00

自家版租税教室:チーム行政を動かすためのお金

ここで行政という言葉を思い出して下さい。   行政は公共を上手に守っていくためのチームだと説明しました。       公共を守るためのチームが行政です。   そして公共はボランティアだけでは維持できず、お金の力が必要だということも説明しました。       つまり       ・お金を使って行政を上手に動かすことができれば、公共が守られる       という...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/02 07:00

自家版租税教室:お金の力を使う

ボランティアだけで公共を維持することは難しい。   それでは、どうすれば公共を維持することができるでしょう?       ・・・ここで、皆さんに身も蓋もないお話をします。   ずばり「お金の力は結構スゴイ」ということです。       お金がすべてではない、というのは本当です。   後でお話するように、私は税理士という常にお金に関わるお仕事をしています。   その仕...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/03/01 07:00

自家版租税教室:ボランティアの限界

ボランティアによる公共の運営が大切であることは事実です。   ただし、その限界は存在します。       例えば、雪国を想像してみましょう。   世界で一番雪が降る地域はどこなのか、皆さんはご存知ですか?       実は日本の東北地方なのだそうです。   日本海側は世界で最も雪が降りやすい地域で、ひと冬に10メートル近くの雪が降るのだとか。   10メートルという...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/28 07:00

自家版租税教室:ボランティア

さきほどお話した通り、公共というのは皆で活用すべきものです。   公共を皆が上手に使えるように保つのが、行政というだということもお話しました。       ところで、公共を保つための方法は行政の人たちに任せる以外にないでしょうか?   例えば、皆で使うものなのだから皆でいっしょに公共を守っていくのはどうでしょう?       実際、このような活動は存在します。   ボラ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/27 07:00

自家版租税教室:行政の単位

いま皆さんがいる場所は「日本国神奈川県川崎市高津区」です。   さっき言った行政というチームが、この中にいくつも入っているのがわかるでしょうか?       公共は、行政という色々なチームがそれぞれに担当する分野で仕事をしています。   例えば学校だけで考えても       国立大学   県立高校   市立中学校・小学校       皆さんの周囲にもこういう...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/26 07:00

自家版租税教室:行政

公共を上手に保つためには、皆で使うものをどうやって用意するのか、誰かに考えてもらう必要があります。   その「誰か」は、一人や二人の人間ではできません。       例えばこの街だけで考えても、すごく沢山の人が住んでいます。   その人みんなが使うものも、たくさんありそうです。   そんな沢山のものを使う方法を、少ない人数で考えるのは大変そうです。       なので、...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/25 07:00

自家版租税教室:公共を上手く保つ方法

先程の「ケンカ」「お金」「声が大きい人」が優先される方法は、何が駄目なのでしょう?   それは       ・装置が欲しい人に直接意見をきいていること       これだと思います。       公共は皆で使うものです。   だけど、使う人側の意見をきいていると、皆が納得できる決め方をすることは難しそうです。       なので、使う人側の意見ではなく、別の...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/24 07:00

自家版租税教室:公共のルール

雪を溶かす装置をつける場所を決めるのに、どんな方法が考えられるでしょう? ・一番ケンカが強い人の言うことをきく ・一番お金をもっている人の言うことをきく ・一番声が大きい人の言うことをきく ・じゃんけんで決める どれも方法としてはわかりやすいものです。 でも、この方法で装置を付ける場所を決めてしまって、本当に良いのでしょうか?...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/23 07:00

自家版租税教室:公共の運営

「公共」というのは、皆で一緒になって使うものです。   学校に来るまでの道路は「田中さんのもの」でも「鈴木さんのもの」でもありません。   道路は誰か一人のものではなく、色々な人が通るために用意されています。       では、その道路は誰が、どうやって作ってくれるのでしょう?       ここで、ちょっと場面を転換してみます。   今年の冬は、全国的に雪が沢山降りまし...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/22 18:00

自家版租税教室:公共の財産

※小学校高学年向けの「税金入門」に関する記事です。       税金とは何か?をお話する前に、まず「公共」というものについて考えてみます。       皆さんが自分の家から学校に来るまでには、何があるでしょう?       ・道路   ・信号機   ・横断歩道       こういったものがあったのではないかと思います。   もし道路がきちんとしていなけれ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/21 07:00

自家版租税教室(小学校高学年向け)

おはようございます、今日は旅券の日です。   20年弱前に失効したままです。       今日から少しの間、時価版の租税教室に関する話を書いてみます。   租税教室というのは、全国各地の学校で開催されている学生向けの税金に関する勉強会です。       その多くは、小学校高学年から中学生くらいに向けて開催されていることが多いようです。   内容を簡単に説明すると   ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
公開日時:2018/02/20 07:00

2,139件中 1~50 件目