「学資保険」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「学資保険」を含むコラム・事例

485件が該当しました

485件中 1~50件目

生命保険で貯蓄や節税を考えるのは邪道なのか?(その1)

「生命保険で貯蓄や節税を考えるのは邪道である」と仰る保険屋さんがいました。この保険屋さんの顧客は「法人」だけだそうですが…。法人契約の生命保険こそ、「節税」を前提とした「貯蓄目的」の生命保険契約が主流なのでは? では、個人契約の場合は、どうでしょうか?個人契約の生命保険には、養老保険・個人年金保険・学資(子ども)保険など、いわゆる「生死混合保険」とも称される、貯蓄目的の保険商品があります。特に...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/26 15:42

子ども保険や学資保険に…「子どもの死亡保障」?

生命保険や損害保険は「ネガティブな事」が起きた時に、保険金というお金を受け取ることができる商品です。なので、将来「ネガティブな事」が起きる前に、生命保険や損害保険を契約して「ネガティブ」に備えます。 本来、喜ぶべき「長寿=長生き」すら、「長生き」をリスクと考え、個人年金保険などを「若い時」に契約します。 お子様が生まれた時に、お子様の将来の進学に備えて、学資保険や子ども保険の契約を検討する人は...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/25 09:42

運用利回り低下により、貯蓄型保険の優位性はなくなる

1.標準利率の引き下げにより、生保の予定利率も引き下げらる 本年4月より金融庁が定めている標準利率が1.00%⇒0.25%により、生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)が引き下げらる。 標準利率は金融庁が国債利回りをもとに決めているもので、生命保険会社は契約者から預かった保険料を主に日本国債で運用している。 現状は、日銀のマイナス金利政策による国債利回りの低下で生...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

ジュニアNISAで教育資金準備

2016年から始まったジュニアNISA(少額投資非課税制度)。みなさんは始めていますか。もともとあったNISAの子供版です。ジュニアNISAは非課税のため、今のような経済情勢では教育資金準備の一つの方法になってきます。「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の格言があります。卵を一つのカゴにもって落とすと全部割れてしまいかすが、複数にカゴに分けるといっぺんに割れずにすむということです。一つの商品に偏る...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

本日発売の『よい保険・悪い保険』(宝島社)で保険のプロとして激辛口採点を担当

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。 本日別冊宝島の「よい保険・悪い保険2017年版」が発売されました。例年保険のプロとして評価を担当させていただいていますが、今回も全国でプロ21名の一人として各社の保険商品のランキング評価を担当しました。マイナス金利が導入されて保険を使って貯蓄(資産形成)を行う魅力はもはや全くないと言っていいので、貯蓄性の保険は年々評価を行うことが難しくなってき...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

財産分与で知っておきたいこと(分与の対象は?)

夫婦で購入した自宅、貯めてきた貯金、掛け金を支払ってきた保険はどうなるのでしょうか。 これが「財産分与」のお話です。 離婚する際、財産分与は大きな問題となることが多いです。 とても大事な問題ですので、財産分与に関する知識をしっかりと備えておきましょう。 財産分与とは? 財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に夫婦双方の協力で形成した財産を分けることをいいます。 主な資産としては、自宅などの不動...(続きを読む

中西 優一郎
中西 優一郎
(弁護士)

ジュニアNISAの運用は誰が行うの?

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。 最近はiDeCo(個人型確定拠出年金)が話題になっていて、NISAやジュニアNISAが陰に隠れてしまったような感じですね。 しかし、iDeCo(個人型確定拠出年金)の場合、原則60歳になるまで引き出すことはできません。 そのためiDeCo(個人型確定拠出年金)は基本的に教育資金の準備には向かないのです。 それにマイナス金利が導入され...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

あなたの家計が保険貧乏になっているかどうかを確かめる2つのチェック項目

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。 日本人はよく「世界一の保険好き」などと言われます。 でもよく考えたら、日本は世界を代表する長寿国なんですよね。 なかなか死なないのに、みんなが保険に多額のお金を使ってしまっています。 しかも某外資系保険会社のCEOが「日本は世界で一番利益率が高い」と言うように、欧米と比べて相当高い保険料を負担しています。 結果的に日本はどこの都市に...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

かんぽ生命も販売停止

先日の一部、生命保険会社の一時払い保険の販売停止に続き、かんぽ生命も6月2日より、一時払い定期年金保険の販売を停止すると発表しましたね。 又、学資保険も、契約者が死亡した際でも保険料の払い込みが免除されないタイプについても販売を停止します。 結局、日本銀行のマイナス金利政策により各社が運用できる先が無くなり、どんどん販売停止となって来ました。先日来の円高、株安など本当に金融政策を間違えると消費...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

進学資金を準備するための生命保険商品や、その子どもに対する保険についてお話します。 タイトル 教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険 主 催  株式会社ビジネス教育出版社 日 時  4月13日(水) 14:00~17:00 講 師  大泉 稔 会 場  ビジネス教育出版社セミナールーム(地図はこちらをクリック) アクセス 市ヶ谷駅(JR総武線、メトロ南北線・有楽町線、都営新宿線)...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/04/06 23:40

生命保険は必要か?

皆様は生命保険に入っておられますか? ほとんどの方は、「はい」と答えられるでしょう。では、なぜその保険に入られたのでしょうか? もしかして、現金で貯蓄した方が良いのでは?と考えられる方も、少なからずいらっしゃると思います。 生命保険の目的は様々です。一番のメリットは、少額のお金を納めることで、もしもの時にまとまったお金が得られるので、将来の不安が取り除かれることでしょう。中には、保険が必要ない...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

マイナス金利導入の今こそ資産配分の見直しを!!

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。 先月24日に石垣島マラソン(フル)に参加してきました。 ちょうど39年振りという大寒波が沖縄を襲っていて本土並みに寒く、しかもレース中の最大瞬間風速が19.4メートル(八重山毎日新聞より)という強風で、時折雨が降る悪天候でした。 ほとんど練習をしないで挑んだので「今回はハーフ位走れれば上出来」という気持ちだったのが、ついつい体育会系の根性だけで走ってし...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

【平日のFP継続セミナー】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

主婦の方も、ご受講頂きやすいように、平日の開講です。 以下、セミナーのご案内です。 タイトル 教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険 主 催  株式会社ビジネス教育出版社 講 師  大泉 稔 会 場  ビジネス教区出版社セミナールーム(会場地図)      千代田区九段南四丁目7番13号 市ヶ谷安田ビル2F アクセス 市ヶ谷駅から徒歩2~3分 総武線・都営新宿線・メトロ南北線、...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/01/24 09:46

ライフプラン作成で考える教育資金[インタビューコラム]

  教育資金は、出費ではなく〝投資〟 ―――ライフプランを作成したら、子どもがあっという間に成長していくことに驚いてしまいました。 「ライフプランを作成すると、家族の成長、特に子どもの成長が確認できますね。子どもの成長は嬉しいものです。一方で教育資金への不安も出てくるでしょう。 多くの親は、子どものために十分に教育の機会をつくりたいと思うものです。大手のインターネット調査でも、住宅関連...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

ライフプランの作成方法[インタビューコラム]

ライフプランに必要な3つの要素 ―――改めて、ライフプランを立てたいと思います! 「簡易な方法もありますが、〝あなたのライフプラン〟をしっかりと立てるためには、3つのものが必要です。『ライフイベント表』『キャッシュフロー表』『バランスシート』です」 ライフイベント、キャッシュフローの順で表を作成 ―――作成に順番はありますか? 「最初にライフイベント表、その後でキャッシュフロー表を作...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

今月の最後の水曜日(1月27日)と、平日の開講になりますがFP継続セミナーを行います。 「子ども向けの保険」たタイトルなので、主婦の方は平日の方がご参加いただきやすいと思います。 以下、セミナーの概要です。 タイトル 教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険 主 催  株式会社ビジネス教育出版社 講 師  大泉 稔 会 場  ビジネス教育出版社セミナールーム      〒102-...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/01/10 10:16

生保加入時には、保険屋さんに相談してはダメです!

1.保険に加入しようと考え、保険屋に相談に行くと、、、私の事務所では、毎月2回、「完全予約制個別相談会」を開催しているが、この相談会に来られる方のほとんどが、「セカンドオピニオン」を求めて来訪される。    「保険屋さんからの提案のまま加入してしまったが、その提案が自分と家族にとって最適なのかどうかを判断して欲しい」というような内容だ。    保険屋とのやりとりを聴くと、思ったよりもたくさ...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

上司は待っている

部下の手柄は上司のモノ。 以前、某人気テレビ番組ではこんな名言が飛び出しました。 もちろん実際の上司と部下の関係はかなりナーバスで、悩める部下が多いようです。 職場のコミュニケーションに関する意識調査によると、こんな結果が出ています。 ■課長への設問 <部下または後輩が言いたいことが理解できますか?> ・理解できる  88.9% ・理解できない  4.8% ・無回答     6.3% ■一般社...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

加入している保険内容で分かる事、FPが感じている事。

先日、家計相談、生活設計相談の方に、 保険証券を持参頂きました。 学資保険、 学資保険、 学資保険。 収入保障保険。 医療保険。 医療保険。 終身保険。 終身保険。 全部で8つの契約でした。 この中で一番気になったのが、 収入保障保険でした。 実際は、この名前では無い会社でしたが、 月額保障額が、給与と同額でした。 家買って、住宅...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

なぜ「学資保険」に加入するのですか?

『学資保険に入ろう』 ではなく 『教育資金を準備しよう』子を授かった時、子が生まれた時、「学資保険に入ろう」と当たり前のように考える人か多いと感じます。私としては「教育資金を準備しよう」と考えるのが正解だと思っています。なぜならば、教育資金を準備するにあたって、学資保険が1番良い選択肢とは限らないからです。教育資金は住宅資金・老後資金とともに“人生の3大資金”と言われています。教育資金については、...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

離婚したとき

離婚すると、夫婦は他人となるので、保険契約が継続できない場合が生じます。加入している保険の保障内容と受取人の確認をしましょう。子どもがいるか、いないかで保険の見直し方は異なります。18歳未満の子どもがいる場合は、ひとり親になると医療費助成など公的制度が適用される場合もありますので、公的保障を確認した上で見直しましょう。子どもがいない場合は、死亡保障は基本的に必要ありませんので、生きるための保障であ...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

子どもが生まれたとき

子どもが生まれると、必要保障額は一気に上昇しますので、しっかりとした死亡保障が必要となります。死亡保障の適切な金額は、家族構成、共働きか専業主婦(主夫)なのか、子どもの進路、現在の収入・資産状況などによって異なりますが、まずは貯蓄がどのくらいあるか確認するところからはじめましょう。家族の経済的担い手である大黒柱が亡くなったとき、貯蓄で不足する金額を保険でまかなうことができます。 一番多額の死亡保...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

保険料の払込期間はいつまでにする?

保険料の払込期間は、保険期間より短く、一定年齢または一定期間で終了(満了)する「有期払い」、保険期間と同じ期間で支払う「全期払い」(「終身払」)、払込期間は設けず、保険期間全体の保険料をまとまったお金で支払う「一時払」があります。同じ保障内容でも、保険料の払込期間によって、月々の保険料と総払込保険料が異なります。まとまったお金は限られた人しか用意できないということと、バブル崩壊後の平成5(1993...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

こだわりの学資保険の選び方

親が生きていても亡くなっていても、確実に教育費を確保する方法として、さまざまな種類の保険があります。代表的な商品を確認しておきましょう。 学資保険(こども保険)は、子どもの進学時に合わせて祝金や満期保険金が受け取れる教育費の準備を目的とした保険です。保険会社によって呼び名が異なったり、いろんな保障内容がありますが、被保険者である子どもが病気やケガで入院したときの医療保障、死亡保障がついているタイ...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

子どもの教育費いくらかかるの?

教育費とは、子どもが独立するまで困らない教育費を確保するための資金です。子どもが生まれた瞬間に必要な時期が確立するという意味で、とても準備しやすい費用といえます。 文部科学省の定義によると、教育費を「学習費総額」とし、内訳としては、「学習教育費」、「学校給食費」、「学校外活動費」の3つとしています。 ▲学校教育費・・・学校に通う場合に必要な教育費の総額(授業料、修学旅行、PTAや生徒会費用、寄付...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー 平日】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

6月24日に行うFP継続セミナーのご案内です。 タイトルは『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』です。 主婦の方も参加しやすいように、平日に行います。 以下、セミナーの詳細です。 実施日 6月24日 水曜日 時 間 10:00~13:00 タイトル 『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』 講 師 大泉 稔  主 催 株式会社ビジネス教育出版社 会 場 ビジネ...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/06/18 23:17

弁護士から交渉で解決することも可能だと言われてますが、はや1年です。

本当に疲れます。 離婚して間もなく1年が過ぎようとしています。 離婚原因は、元妻の不倫、散々なことを言われ、結局は、相手男との関係が優先の元妻との修復は不可能だと思い離婚しました。 元妻は家を出て行き、私が持ち家に住んでいます。離婚前に土地の共有分を贈与させてから離婚届にハンを押しました。 大学と高校の息子の親権は私で、元妻とは、財産分与、慰謝料、養育費すべて無し、チャラにするつもりでした...(続きを読む

芭蕉先生
芭蕉先生
(離婚アドバイザー)
2015/06/04 15:03

教育資金(4)低解約返戻金型終身保険とは(保険の見直し・山下FP企画)

  将来の教育費を保険で準備する場合、 学資保険ではなく「低解約返戻金型終身保険」を 使う方法もあります。  (以下の数字は保険のイメージを伝えるためのものであり、 年齢・保険会社などによって異なるため、 個別の具体的な設計は保険会社にご相談下さい。)  例えば、子供が生まれたばかりの33歳の父親が、 子供が18歳になる51歳まで18年間、 毎月1万5000円の保険料を支払うとしましょう。...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

教育資金(3)積立預金か、学資保険か(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  教育費を積み立てる方法としては、 銀行の積立預金などを利用して 「給与振込口座から自動的に引き落としていく方法」と 「学資保険を利用する方法」とがあります。 積立預金の場合は利率が変動するので、 将来金利が上昇すれば、 その恩恵を受けることができます。 一方、学資保険は、 契約者である親が死亡すると それ以後の保険料の払い込みが免除されるなど、 親の万一に備えられる点がメリットといえます。 最...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

5年も前の事なので泣き寝入りするしか無いのでしょうか?

お恥ずかしい話ですが聞いて下さい。 5年前の話になりますが暴力団と親交のあった元夫にある日突然離婚を言い渡されました。 理由は「暴力団と仲良くなりすぎて幹部待遇でスカウトされて今更 断れない、でもおまえ達を危険に晒す訳にはいかないから一度籍を抜いていつかまた再婚する」 どうしても籍を抜かないと駄目だ、絶対戻ってくるの一点張りで呆れてしまい離婚するなら戻ってこなくていいと伝え離婚しました。 当事...(続きを読む

芭蕉先生
芭蕉先生
(離婚アドバイザー)
2015/04/23 02:51

生命保険、目的により選びましょう。

 生命保険選びにおいて大切なことは、自分にあった保険種類を選びと保険会社選びになります。保険は確率からできているため値引きセールはありません。よって、保険料だけ見ていると失敗します。まずは加入目的を明確にし、その目的にあった保険種類選びが重要になってきます。また、一つの保険会社で全ての種類の保険に加入すると保険料は高くなるか、内容が悪くります。日本は競争社会ですので、全ての保険種類が他の保険会社よ...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

4月という時期を踏まえ、進学資金を準備するための生命保険商品や、その子どもに対する保険の講演になります。 主婦の方も受講しやすいように、平日の開講です。 タイトル 教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険 開催日 4月22日(水) 時 間 14:00~17::00 主 催 株式会社ビジネス教育出版社 会 場 ビジネス教育出版社セミナールーム     東京都千代田区九段南4丁目7番13...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)

学資保険は「目的」と「保険事故」が一致しない商品…?

(画像はイメージです。本文とは直接の関係はありません)。 4月22日の午後に『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』というタイトルでセミナーを行います。 ということで、今、そのセミナーの仕込みの最中です。 最近、学資保険もさまざな商品が出ていますが。 「保険事故」と「目的」が一致していない、と言う点は皆、同じなんですね。 「子どもが生まれたから、将来の進学資金の準備のために学...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)

孫への生前贈与に個人年金保険

(イラストはイメージです。本文とは直接、関係ありません)。 相続税対策の一つとして生前贈与をご検討されている方もいらっしゃると思います。 そして、その受贈資金の受け皿として生命保険商品の活用をお考えの方もいらっしゃることでしょう。 ところで、その生前贈与ですがお子様などの法定相続人に贈与した場合。 贈与後、3年以内に相続が発生すると、いわゆる「3年以内の贈与の持ち戻し」に該当することになりま...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)

【平日のFP継続セミナー】教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険

平日に行うFP継続セミナーのご案内です。 タイトルは『教育資金を準備するための生命保険と子ども向けの保険』です。 4月という時期を踏まえ、進学資金を準備するための生命保険商品や、その子どもに対する保険のお話になります。 なお、FP継続セミナーと銘打っていますが、FP資格を保有していない方でも、 ご受講頂くことが可能です。消費者生活がご専門の方や子育て中の方も、 ぜひ、お越しください。 実...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/04/01 20:08

学資保険(こども保険)

(主契約は「学資保険」、特約はなし)  保障ニーズ : 死亡|医療|介護|老後|その他 学資保険(こども保険)は、子どもの進学時に合わせて祝金や満期保険金が受け取れる教育費の準備を目的とした保険です。貯蓄性を求めた商品を「学資保険」、保障性を求めた商品を「こども保険」という違いがあるという説もありますが、最近は「学資保険」を用いることが多くなっています。 通常は、17歳や18歳など、子ども...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

保険の見直し(1)(山下FP企画・西宮)

 今回より、保険についてお話をします。 保険にはさまざまな種類がありますが、 まずは生命保険から見ていきましょう。 生命保険の目的は、 世帯主に万一のことがあっても 残された家族がそれまで通りの生活を続けていくことです。 保障の額が多過ぎると毎月の保険料が高くなり過ぎて 今の生活を圧迫しますし、かといって少な過ぎると残された家族が苦労することになります。 ポイントは、「それぞ...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2015/03/27 01:00

家計の改善(1)(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

家計を改善するには、 今ある収入で何とかやりくりをして支出を減らし、 貯蓄に振り向けていく必要があります。 そういわれるとウンザリしてしまう人も多いかもしれませんが、 簡単に支出を減らすことができて、貯蓄がどんどん増えていく 夢のような方法があります。 それは、「積立の仕組みを作る」ことです。「何だそんなことか」とがっかりしないでください。 積立は貯蓄が苦手な人でも 否応なしにお...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2015/03/20 20:29

散骨、自然葬、樹木葬

新しい葬送のあり方~樹木葬~ お盆やお彼岸にお墓参りをして、亡くなったご先祖様に手を合わせる…こんな従来のお墓のイメージに対して、最近は「自然葬」といって海や山などに散骨し、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送方法が注目されています。 今回は自然葬の一つ「樹木葬」を紹介しましょう。樹木葬は、墓地、埋葬等に関する法律の許可を得た墓地(霊園)で、シンボルとなる木の下に遺骨を埋葬し故人を弔...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

損害保険の基礎知識

損害保険の基礎知識 損害保険とは? 私たちは生活したり仕事をしたりする中で、火災や自然災害、病気・ケガ、自動車事故、賠償事故といった様々な危険に遭うリスクがあります。これらの事故に遭遇すると、金銭的にも精神的にも大きな打撃を受け、日常生活が破たんしかねません。このようないつ起こるか分からない偶然の出来事による被害や損害に備えるのが損害保険です。   生命保険や医療保険との違い 生命保険や...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

葬儀料金と終活セミナー

葬儀料金と終活セミナー   不透明な葬儀料金も… 人は残念ながら、いつかは亡くなってしまうもの…お亡くなりになった方を見送る「葬儀」は、お別れの場面として欠かせません。悲しみに暮れる中、家族は「葬儀」を短期間で準備・取り仕切らなければならず、予め準備するなんて不謹慎な、という風潮の中、業者にお任せになってしまうご年配の方も多いことでしょう。実は、執り行った葬儀をめぐって、釈然としない思い、を...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

介護保険の基礎知識

介護保険の基礎知識 公的介護保険で、どんなことができるの? 平成24年3月末の公的介護保険の要介護(要支援)の認定者数は500万人を超え、85歳以上では2人に1人が要介護状態です(※1)。要介護状態になる原因は、高齢による衰弱はわずかで、病気やケガの原因が高いというのが実情です(※2)。 退職後の毎日を元気に過ごしている方も、現役世代の方も、もはや他人事でなない「介護」について、考えて...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

終活カウンセラーとは?

終活カウンセラーとは? 自分らしい人生のエンディングをサポート 就職活動=就活、婚姻活動=婚活と同じように作られた「終活」というフレーズを、最近よく耳にしませんか? 高齢化が世界のどの国も経験したことのないスピードですすんでいく日本。老後と言われる人生の終盤期にさしかかった中高年の方々が「終活」という言葉に含まれるアレコレについて、自分の意思や考えがはっきりしているうちにどうしたいか、を考え...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

相続税の基礎知識 その2 「相続税がかからない財産」

相続税の基礎知識 その2 「相続税がかからない財産」   相続税がかからない財産、非課税財産というものがあります。例えば、故人が趣味で集めていたアイテムなどは、金銭的な価値はほとんどないこともあります。そのような場合は、もちろん非課税です。また、金銭的な価値があるものの、法律によって、相続税の計算上は0円として考えてくれる、というものがあります。   ・墓地、墓石 ・仏壇、仏具 が一...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

個人年金保険の基礎知識

  ゆとりある老後をすごすには… 個人年金、ってご存じですか?対象となる年齢層は、退職後の方々。国民年金や厚生年金といった公的年金ではなく、個人それぞれが任意で準備する私的年金のことです。任意なら必要はない、と思われるかもしれませんが、退職後の生活を下支えするものとして、有効活用されています。 では、実際に退職してからの家計状況はどうなっているのでしょうか?世帯主が60歳以上の無職世帯の場合...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

自動車保険の基礎知識

自動車保険の必要性 自動車は私たちの生活のなかで大変便利で身近なものとして溶け込んでいますが、交通事故を数多く引き起こす原因ともなっています。交通事故で他人を死傷させてしまった場合、被害者やその家族を悲惨な生活に陥れてしまうだけでなく、加害者もまた、その損害賠償責任を負うことになるので大きな重荷を背負うことになってしまいます。そうなったときに被害者に対して十分な賠償ができるよう備えるのに役立つの...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

収入保障保険の基礎知識

収入保障保険とは? 定期保険や終身保険と比べて収入保障保険はあまり聞き慣れない保険かもしれません。一家の働き手であるお父さんやお母さんが万が一亡くなったとき、毎月入ってきた給料がなくなって生活に困ってしまいます。定期保険だと一括で保険金を受け取ってそれをカバーしますが、収入保障保険は毎月お金を受け取るかたちの保険です(一括受取も選べる商品が多いです)。必要な時に必要な金額を受け取っていける...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

がん保険の基礎知識

がん保険の基礎知識   65歳以降で亡くなった方の死因トップは「がん」 あなたの周りの方で、「がん」を治療中の方、あるいは、残念ながら「がん」でお亡くなりになった方はいませんか?日本人の死因ナンバー1は「がん(悪性新生物)」です。 「がん」は細胞が変異して増え続け、周囲の正常な組織を破壊してしまう病気で、悪性新生物と呼ばれています。厚生労働省の平成24年度「簡易生命表」によると、男女とも死...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

学資保険の基礎知識

学資保険の基礎知識 学資保険ってどんな保険? 子どもの教育費は家計の中でも大きな割合を占めるものです。その備えとして子どもが小さい時から毎月保険料を支払い、大学入学時などの最もまとまったお金が必要な時に給付金を受け取ることができるのが学資保険です。主に「祝い金」や「満期学資金」として、契約時に決めた子どもの年齢に合わせて給付金を受け取ります。 様々な種類 学資保険は基本的に契約...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

三大疾病保障保険の基礎知識

  三大疾病保障保険の特長 がん、急性心筋梗塞、脳卒中をまとめて三大疾病といいます。三大疾病保障保険はこれらの病気になったときに保険金を一時金で受け取ることができるものです。日本人の死亡原因の約40%が三大疾病であり、これらの病気で入院したときは長期入院になる可能性があるのでこの保険も検討するべきもののひとつといえます。 がん保険との違い 三大疾病の中でも最もかかる確率が高いのが「が...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

485件中 1~50 件目

「マイナス金利」に関するまとめ

「火災保険」に関するまとめ

  • 火災保険のこときちんと知らなかったかも…今からでも覚えて損はないお役立ち情報を専門家が紹介!

    皆さんは火災保険の10年を超える長期契約が、2015年10月から廃止になるのをご存知ですか?実質的な値上げとなってしまうため、家計などいろんな場面での影響が考えられます。 しかし一方で、契約している火災保険を見直すチャンスでもあるのではないでしょうか。 そこでこのページでは、長期契約廃止による影響に関してはもちろんのこと、火災保険に関する基本情報や意外と知らない適用条件など、専門家による様々な解説を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索