「高額療養費」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「高額療養費」を含むコラム・事例

109件が該当しました

109件中 1~50件目

自己負担ゼロの医療保険ZiPPi、インターネット限定で登場

今回は「自己負担ゼロの医療保険ZiPPi、インターネット限定で登場」  についてお伝えいたします。  日本人の医療保険および医療保障がある生命保険の加入率は 72.1%(生命保険文化センター H28年生活保障に関する調査)。 そのほとんどが1日5,000円や1万円などの日額医療保障です。 そして、単体の医療保険の場合、そのほとんどが終身型の医療保険 というのが実態です。 ...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー】がん患者が利用することができる公的な制度

がんと告知(診断)された方が利用することができる公的な制度の復習を通して、FPとしての知識のブラッシュアップを図りましょう。 タイトル:がん患者が利用することができる公的な制度実施日:3月8日時間:10時~13時主催:株式会社ビジネス教育出版社申込み:ビジネス教育出版社 03(3221)5361会場:ビジネス教育出版社セミナールームアクセス:JR総武線・メトロ南北線、有楽町線の市ヶ谷駅より徒歩...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/03 22:12

健康な人が恩恵を受けられる新型の医療保険が登場

1.新型の医療保険の特徴 健康な人の保険料を割り引いたり、一定年齢になった時に還付金が受取ったりできる医療保険が出てきている。以下がその特徴だ。1.ネオファースト生命「カラダ革命」 昨年12月に発売されたばかりの新型の医療保険。 この医療保険は、7大生活習慣病(がん、心・血管疾患、脳血管疾患、高血圧症、糖尿病、肝疾患、腎疾患)になったときに、入院一時金を給付する医療保険ですが、保険料の決め方に...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

高額療養費って?

年々、社会保障費が増加し、このままでは破綻するのでは無いかと心配されてる方も多いのでは無いでしょうか。 ある意味、優れてると言うべきなのかも知れませんが、健康保険制度には医療費が一定以上の高額になると、その負担を補助してくれる高額療養費制度と言うものがあります。簡単に言うと1ヶ月の医療費が一定額を超えた場合に、その超えた金額を健康保険制度が負担してくれるという制度です。対象となる医療費としては健...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

医療保険の保障をどのぐらい付ける?

 医療保険を検討するときに悩むのが入院したときにいくらぐらい保険でカバーすべきなのかということです。いくら考えても病気により金額が違っているので答えがでません。保険の営業の人はいかに保険料を高くしようかと不安をあおります。特約(オプション)も多くつけさせようとします。確かに保険は入っておいたほうが安心で、入院したときにはいろいろなオプションをつけたほうが多くもらえます。ただ、何もなければ保険料を支...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
2016/04/30 17:00

生命保険は必要か?

皆様は生命保険に入っておられますか? ほとんどの方は、「はい」と答えられるでしょう。では、なぜその保険に入られたのでしょうか? もしかして、現金で貯蓄した方が良いのでは?と考えられる方も、少なからずいらっしゃると思います。 生命保険の目的は様々です。一番のメリットは、少額のお金を納めることで、もしもの時にまとまったお金が得られるので、将来の不安が取り除かれることでしょう。中には、保険が必要ない...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

現役世代の皆さんに問う。高齢者になっても「お金の不安なく生きる」ために大事なことは何?

1 生活困窮者自立支援事業から見えてくるもの こんにちは、石川です。 昨年春から国の事業である生活困窮者自立支援事業で家計相談を担当してきました。 この生活困窮者自立支援事業の「対象」となる方は、基本的には「お金の不安」が中心にあるかたです。 そのために「何かができなくなっている」状態にあったり、将来の自分に不安を感じていたり、周りの人たちがそうなることを心配して駆け込んでくださったりします。...(続きを読む

石川 智
石川 智
(ファイナンシャルプランナー)
2016/02/21 18:34

医療費控除 よくある間違い

確定申告で医療費控除よくある間違いを紹介します。 ・健保組合が発行した「医療費のお知らせ」→領収書ではありませんので、領収書を添付しましょう。 ・出産育児一時金、高額療養費→明らかに健保組合等から補てん金があると思われるものは未収であっても見積りで控除します。 ちなみに、出産手当金は傷病手当金などの付加金は補てんではないでの控除する必要はありません。 ・レーシック手術→医療費控除の対象となりま...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2016/02/04 09:09

受け取る保険料が未確定のときの医療費控除

医療費控除の適用を受ける場合に、その支出した医療費に対して保険金などで補填を受けた場合には、保険金などで補填された金額を差し引かなければなりません。 保険金などとは、生命保険契約で支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費、家族療養費、出産育児一時金などのことをいいます。 では、年末付近で支払った医療費を補填するための保険金の額が、確定申告するまでに確定していないような場合...(続きを読む

松本 佳之
松本 佳之
(税理士)

生保加入時には、保険屋さんに相談してはダメです!

1.保険に加入しようと考え、保険屋に相談に行くと、、、私の事務所では、毎月2回、「完全予約制個別相談会」を開催しているが、この相談会に来られる方のほとんどが、「セカンドオピニオン」を求めて来訪される。    「保険屋さんからの提案のまま加入してしまったが、その提案が自分と家族にとって最適なのかどうかを判断して欲しい」というような内容だ。    保険屋とのやりとりを聴くと、思ったよりもたくさ...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

医療費控除とは?

ご自身やご自身と生計を一にする配偶者やその他の親族のために一年間(その年の1月1日から12月31日までの間)で支払った医療費が一定の金額(原則として10万円)を超える場合には、所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。 医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)で、これに税率を乗じた金額だけ所得税等が少なくてすむこととなります。 「実際に支払...(続きを読む

松本 佳之
松本 佳之
(税理士)

データから検証! 医療保険は本当に必要なのか?

1.医療保険の加入率 日本人で、「疾病入院に対して給付金が支払われる保険」に加入している割合は88.1%。平成25年度の生命保険文化センターの「疾病入院給付金の有無(かんぽ生命含む民保)」http://www.jili.or.jp/research/report/chousa25th_1.htmlなんと、9割近くの方が医療保険に加入している状況である。また、最近の医療保険では、三大疾病や七大疾病で...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

妊活だって医療費控除

主婦A「医療費控除は出産にも適用できるらしいけど、出産育児一時金などと相殺されちゃうと意外と金額は少ないのよね」   会社員C「1ヶ月健診など細かくいろいろあった記憶があるけど」   主婦A「今は晩婚化だから不妊症の治療が多いからこの辺りもカバーしてほしいわ」   先生B「不妊症の治療や人工授精などの費用も医療費控除の対象だよ」   会社員B「本当ですか」   主婦A「それは助...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

私が加入した保険:入院系

おはようございます、今日は山の日です。海派です。保険についてお話をしています。私が加入した保険について死亡、三大疾病、怪我まで説明をしました。もう一つ加入した保険に入院保障のものがあります。「入院給付日額◯◯円!」というやつです。ただ、これについてはあまり重視しないことにしました。公的保険の制度を調べるとわかるのですが、医療関係では公的保険の保障がかなり手厚くなっています。高額療養費制度、などのキ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

医療費の自己負担、高額療養費制度、先進医療、差額ベッド代等を知る。

回にわたり、生命保険についてその必要性を述べました。今回は医療費の自己負担について、お伝えします。お勤めしている方達には、公的な遺族年金や企業の支援金制度と互助会などの支えで、死亡時の必要保証額が減じ保険料を安くすることが出来ることを伝えました。今回は医療費の自己負担についてお伝えし、ある程度の貯蓄があれば私的な医療保険に加入しなくても良いことをお伝えします。平成26年4月から、70歳以上~75歳...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

「高額療養費制度」をご存知ですか?(保険を選ぶ前に知っておきたいこと)

平成27年より制度が若干変更(区分が細分化)されました『高額療養費制度』をご存知でしょうか?簡単に説明をしますと、月間の医療費(自己負担額)が高額になった場合に払い戻しが受けられる、という制度です。もしもの時の備えとして民間の医療保険に加入している方(加入を検討している方)は多いと思いますが、高額療養費制度の存在を知らない方も多いのではないでしょうか。保険に加入する際、本当に自分の考えに合った保障...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

寿命・余命とライフプランニング&リスク

ライフプランを考える上で、重要な視点は、ご自身の寿命・余命の長さです。下表は、生年別寿命の推移です(平成25年簡易生命表より)。ご存知のようにゼロ歳の余命が寿命となります。■昭和20年生まれ男子で、現在生存者は強運の持ち主。私が生まれたのは、昭和20年でした。その年のものは統計がありません。2年後の昭和22年の平均寿命は50.06歳ですので、予想として50歳を切るものと思われます。∵昭和20年は8...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

介護保障は必要?

介護保障は、寝たきりや認知症により介護が必要になった時の経済的リスクを補う保障です。主なニーズとして、 ▲病気やケガなどで高度障害になった場合の保障を準備したい。 ▲寝たきりや認知症で介護が必要になったときの保障がほしい。 があります。 民間の介護保険で介護保障を用意した方がよいかを考える上では、公的介護保険の自己負担のしくみを知ることが大切です。医療保障の延長上に位置しているのが、介護保...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

いちばん得をする保険の知識セミナー (大阪・梅田) お知らせ

    ファイナンシャルアカデミーさん主催の保険セミナーの講師を務めます。   保険に加入するのは初めて!という方、必見のセミナーです。   基本からわかりやすく解説します。   毎月の保険料が高いと思っている方 生命保険のしくみを理解されたい方 公的な保険と民間の保険を理解されたい方 自分にぴったりの生命保険を選べるようになりたい方 生保レディと打合せをする前に基礎知識を...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

公的介護保険制度について

平成12(2000)年4月にスタートした制度で、原則として40歳以上の国民全員が公的介護保険制度に加入しています。介護が必要と認定された場合に、費用の一部を支払って介護サービスを受けることができます。つまり、サービスの提供という“現物支給”が原則であり、現金で受け取ることはできません。65歳以上の人を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の人を第2号被保険者といい、保障される範囲や保険料等が異なりま...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

医療保障は必要?

医療保障とは、病気やケガで入院・手術した時の経済的リスクを補う保障です。主なニーズとしては、 ▲病気がケガで入院したときのための保障を備えたい ▲特定の病気(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)などに対して、手厚い保障がほしい があります。 民間の保険で医療保障を用意した方がよいかを考える上では、公的医療保険の自己負担のしくみを知ることが大切です。具体的には、(A)自己負担限度額、(B)食事療養標準...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

公的医療保険制度について

昭和36(1961)年に「国民皆保険」の体制が整い、生まれたときから全員が何らかの公的医療保険制度に加入しています。病気やケガをして病院に行ったとき、保険証1枚で一定の自己負担により必要な医療サービスを受けることができます。また、フリーアクセスであり、受診する医療機関を自由に選ぶことができます。医療保険制度は、職業や年齢によって加入する制度は異なりますが、75歳未満の人は健康保険などの被用者医療保...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

ペットの治療費

前回ペットの飼育費をご紹介しましたが、ペット飼っていると治療費も結構かかります。そこで今回はペットを保険比較サイトが利用者を対象にアンケート調査を実施したので、その結果をご紹介します。 実際に支払った治療費を聞いたところ、「5万円以下」が55.1%で最も多かったものの、4人に1人が10万円以上の治療費を払っていた。具体的な治療費は多い順に「6万~10万円」の18.3%、「31万円以上」の11....(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2015/04/21 08:57

医療保険・・・先進医療特約付きがスタンダード基準

   医療保険の選択でまず考慮すべきは、保険商品の比較・・・保障内容や保険料であることは、間違いないです。 入院したら、いくら必要・・・手術をしたら、・・・大きな病気、たとえば、がんになってしまったら・・・治療方法の選択も大変ですが、その費用はいくらかかるのでしょう・・・。 保険に加入しておくと、給付金が保険会社より支払われるため病気やがんになったとき、治療費の支出については、預金の減りを防ぐ...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2015/03/14 11:23

高額療養費制度の自己負担限度額 平成27年1月1日から変更

てより本サイトのコラムでご紹介しています「高額療養費制度」の自己負担限度額が平成27年1月1日から所得に応じて見直しされました。(70歳未満の方が対象です)従来は、適用する所得区分は、住民税非課税の方、一般所得者の方、上位所得者の方の3段階でしたが、平成27年1月1日から下記の5段階に区分が変更になりました。① 年収約1,160万円~の方② 年収約770万円~約1,160万円の方③ 年収約370万...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

株式の配当や投信の分配金、申告したほうが有利?申告しない方が有利?

 平成26年から上場株式の配当金や株式投資信託の普通分配金といいます)の源泉徴収税率が、25年までに比べて、所得税5.315%+住民税5%=20.315% と2倍に上がりました。  上場株式の配当金や株式投資信託の普通分配金は、源泉徴収されるだけで申告しなくても構いませんが、以下の3つの方法から選択できます。 ・確定申告しない(源泉徴収のみで課税終了) ・確定申告して総合課税を選択(累進税率...(続きを読む

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

高額療養費の改定と社会保障費

  高額療養費の還付は、私たちが負担する医療費が多くなったときの大事な備えの一つです。この仕組みも、来年の1月から収入の多い方には多くの負担を求めるように改正されます。以下、70歳未満についてお話しします。 年収(月給)の目安 改定後 約1,160万円~ (81万円以上) 大幅負担増:252,600円+超過分の1/30 約...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

医療保険の基礎知識

医療保険の基礎知識   医療保険は必要か? 病気やケガをして入院や手術をすると、多額のお金がかかります。それに備えるのが医療保険です。医療費の多くは公的医療保険でまかなえるし、もし負担が増えても高額療養費制度を使えば自己負担は限られているから民間の医療保険に入る必要はないのでは、と考える人もいるかもしれません。 しかしここで実際に入院した場合、どのくらいの自己負担額が発生するのかみてみまし...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

生命保険も損害保険のような感覚で加入するのがベスト

ファイナンシャルプランナーが天職!BYSプランニングの釜口です。     今回は、 「ストレス性疾病による就業不能を保障する収入保障保険」 についてお伝えいたします。 ストレス性疾病に関しての保険会社の対応としては2パターン。 消極的か積極的かどちらかです。 ストレス性疾病は、患者数の見通しが立てにくく、病気を判断する 医学的な根拠が明確でないため、保険会社としてはできるだけ ...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

可処分所得の行き先は預貯金へ15.7% (総務省家計調査2013年より)

前回紹介したように、 総務省家計調査2013年の勤労世帯の家計収支の可処分所得は380,966円です。内、可処分所得に占める消費支出の割合は73.7%で280,642円です。 勤労世帯でみる黒字は、100,324円で26.3%を占めています。この黒字の中には、一般生活者の感覚では支出とお考えになる方も多い、住宅ローンの元本部分の返済28,453円、貯蓄性保険の17,002円が含まれて...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

自分年金は必須時代に「確定拠出年金」を理解しよう

何故「確定拠出年金」が必要とされるのか? 日本の公的年金は大げさな言葉を使えば「破綻」しているに等しい状況です。 将来の給付も現在の水準を保つことは厳しく、今後は多少の変化(給付減・支給開始遅)が見られるかもしれません。国民年金の納付率も平成24年度で約62%であり、この数年は4割が未納状態となっているのが現状であり改善が進みません。 日本の公的年金制度は「世代間扶養」の概念であ...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

Blog201402、社会保障法

Blog201402、社会保障法 今月は、 社会保障法の内容、 労働者災害補償保険法に関する最高裁判例 『社会保障法判例百選』の労働者災害補償保険法の部分 『ハイレベルテキスト労災法』 国民年金法の最高裁判例 厚生年金保険法、 厚生年金保険法に関する最高裁判決 『ハイレベルテキスト厚生年金保険法』 介護保険法、 高齢者の医療の確保に関する法律、 老人福祉法、 障害者基本...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/02/28 05:22

生命保険見直しの基本とハイレベル見直し術

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。       今回のコラムは「生命保険見直しの基本とハイレベル見直し術」   についてお伝えします。   生命保険の見直しの基本的なポイントは以下の3つ。      1.加入目的(何のため、誰のための保障なのか?)   2.保障金額(どれだけの保険金額があればいいのか?)   3.保障期間(何歳まで保障があればいいのか?) ...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

高齢者の医療の確保に関する法律

高齢者の医療の確保に関する法律 今日は、「高齢者の医療の確保に関する法律」の条文を読みました。 この法律は、原則として、65歳以上75歳未満を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」に分けて、主に医療費の抑制を図ることを目的にしています。特に「後期高齢者」制度については評判が悪いです。 高齢者の医療の確保に関する法律 (昭和五十七年八月十七日法律第八十号) 最終改正:平成...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/02/02 17:10

上場株式等の譲渡損失の繰越控除と高齢者の社会保険料

 前回は上場株式等の譲渡損失の繰越控除と国民健康保険料を取り上げましたが、今回は高齢者の社会保険料に対する影響を取り上げてみます。  事例  過去3年間申告してきた上場株式等の譲渡損失の繰越 -200万円      今年の株式売却代金                        500万円      今年の株式売却代金のうちの取得価額            400万円      今年の株式売却...(続きを読む

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

医療保険の新商品発売で競争激化! 選ぶにあたってのポイント

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。        今回は、「医療保険の新商品発売で競争激化!選ぶにあたっての   ポイント」というテーマでお伝えいたします。   楽天生命が今年の4月からインターネットによる保険販売をスタート。   アイリオ生命時代からの医療保険「スマート」「ピンポイント」「ロング」   の3本立ての医療保険を販売している。   医療保険・が...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

グループホーム入居者にみる、老後生活の生活費と収入の例と必要な貯蓄額

私事になりますが、本日(2013年8月29日)に後見等事務報告書(終了時報告)を監督人に送付いたしました。筆者は2002年に(親族)後見人に選任されたのち、2006年からNPO法人SKY協議会で始めた「市民後見人養成講座」その後この活動の発展形として品川区でNPO法人市民後見人の会」の立ち上げに参加したのち昨年退会、今回葛飾区の要請で受けた保佐人の看取り迄、足掛け12年市民後見人に関わってきました...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

ブラジル行くとき連れてってー。

明日の早朝に、サッカーコンフェデレーションズカップの決勝戦がTV放映されます!   サッカー王国ブラジル対無敵艦隊スペイン。 どっちが勝つかなぁ・・・。 個人的には王政復古して欲しいんだけど^^ そういえば、2010年のワールドカップの時は、タコが勝利予想をしてましたね^^;   さて。今日はこの記事書いて速攻寝よー(笑) こんばんは、1日3分マネーレッスン! 神戸でマネ...(続きを読む

藤原 良
藤原 良
(ファイナンシャルプランナー)

「保険の見直し」は家計スリム化の第一歩、自家保険を作ろう

前回は、医療保険の見直しについて、ネット生命のスタンスを紹介しました。 現在、高齢者に保険を勧めるTVコマーシャルが大量に流れています。人間の行動の偏りを利用して、感性に訴えるものが多いと考えています。 例えば「がん」に係る者を取り上げると、 日本の高齢者で癌に掛るのは半分という事実を伝えた上で、がん保険を勧めるコマーシャルや、がん保険の先進治療で高額な治療費が掛ることを伝えて、勧誘するコマーシ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

インフレに備えるため、「保険の見直し」はネット生命がお薦め

アベノミクスによる、円安と日本株の上昇が続いています。私の周りでも、少しずつデフレから「脱却できるのでは」と考えている方が増えてきました。皆様は如何お考えでしょう。 インフレへの対応は多々ありますが、いち早く出来る事は、家計の圧縮です。家計の圧縮と言っても、食費は削らないようお客様にお薦めしています。また、趣味や噴火活動も生活に潤いを与える費用として、しっかり毎月の予算を確保するようお勧めしてい...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

保険について講演

本日は、労働組合で、保険についての講演をしました。 その組合には共済制度があり、民間生命保険会社に負けないぐらいに充実した内容なのですが、すでに民間保険会社に入っているからという理由で加入が広がらないそうです。 そこで、保険の簡単な仕組みと、民間生命保険の落とし穴などを、説明しました。 私は何度か書いているように、手厚い医療保険は不要だと思っています。 高額療養費の制度により、負担すべき医...(続きを読む

松山 陽子
松山 陽子
(ファイナンシャルプランナー)

医療保険は必要?

テレビでも、盛んに宣伝している医療保険。 入院した場合、一日10000円が出るというような内容です。しかし… 入院すると、莫大な医療費がかかると思っている人が多いのですが、高額療養費制度があるため、さほどかかりません。 一般所得者では、1カ月の自己負担限度額は8万数千円程度。 もちろん、給料の減少や各種雑費を考えると、収まりませんが、病気で出費があるのはやむを得ないこと(そのために多少の貯...(続きを読む

松山 陽子
松山 陽子
(ファイナンシャルプランナー)

傷病による入院期間はどの位?  保険は必要?

昨日に引き続き、厚生労働省のHPに掲載されている、平成23年(2011年)患者調査の概要から得たデータを紹介します。 平成23年9月中に退院した全国(石巻医療圏、気仙沼医療圏、福島県を除く)の推計患者について、在院日数を調べたdataが有ります。 それによると 平均在院日数は、「病院」が34.3日、一般診療所 17.5日です。 病院の場合、1ヶ月ed@)4iなっていますので、今少し詳細を見てま...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

医療保険に入る前に一考、高齢者の80%は非受療者

本日は病気に為られた際の医療・入院などの実態を紹介します。 私は、民間の医療保険の有効性に常々疑問を抱いています。その理由は、日本には世界的にみても優れている公的医療保険があり、それにより日本国どこでも、有効と確認されている医療サービスが廉価で受けられ、かつ、医療費が生活者の過度な負担に為らないよう、高額療養費制度、税の医療費控除等の支援も整備されているからです。保険料を貯金しておく方が、他の用...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

健康保険の限度額認定証

あなたの生き方を応援する ファイナンシャルプランナーの大澤あきこです。 今回は私も自分自身を大切にし、 体を治すことを決め、 そして、手術を終え本日退院しました。 5日間の入院の中で2時間ほどの手術。。。。。 世の中もっと大変な病状で、 大変な手術をされる方が多いと思いますが、 何分、はじめての手術(病気を治すという意味での手術)。 そのため、実家の母からは、 「病院にいけないのだか...(続きを読む

大澤 あきこ
大澤 あきこ
(ファイナンシャルプランナー)

差額ベッド代は不要?!

昨日の記事で、差額ベッド代は高額療養費の対象にならないことを書きました。 個室や二人部屋に入った場合の差額ベッド代、必ず払わねばならないのでしょうか。 私も母からよく聞かされていました。昔(母がこどもの頃)、祖父が緊急入院することになったとき、豪華な部屋しか空いておらずやむを得ず高いお金を払って、その部屋に入ったと…。 しかし、「部屋が空いていない」「この病状なら個室に」というのは、病院側の...(続きを読む

松山 陽子
松山 陽子
(ファイナンシャルプランナー)
2012/11/06 12:00

歌手・K氏の医療費は?

歌手・K氏が、脳幹出血で倒れ、3ヶ月の闘病の末、亡くなりました。 週刊誌やコメントには、「何百万もの医療費」などと書かれており、「脳卒中で倒れたら巨額の医療費がかかるのか」と不安になった人も多いと思います。 しかし、私の感想は、「そんなにかかるか~?」 健康保険にも国民健康保険にも「高額療養費」という制度があり、医療機関などに払う金額の上限を超えた分が支給されます(実際には支給されるのでなく...(続きを読む

松山 陽子
松山 陽子
(ファイナンシャルプランナー)

月1,000万円以上の医療費、最多179件の記事。自己負担は幾ら?

2012年9月24日の日本経済新聞朝刊に標記見出しで、健康保険組合で1ヶ月の医療費が1,000万円以上掛ったケースが2011年に179件になり過去最高となった事が掲載されていました。また、500万円以上も4,457件で過去最高とのこと最高額は1億1550万円との事でした。データは業界団体の健康保険組合連合会が診療報酬明細書(レセプト)を分析した結果と示されています。 記事の中でも、患者は原則3割...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

支出の見直しー続き

今日は支出の見直しの代表格として良く話題に上る保険について見ていきましょう。 『日本人は保険好き』という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、日本の生命保険料の支払額は全世界のほぼ1/3近くで、世帯加入率も9割を超えているというデーターがそれを裏付けています。日本が世界でも群を抜いた保険市場であるがゆえに、外資系保険会社も多く参入し、昼間テレビを見ていると保険会社の宣伝が本当に多いのに圧...(続きを読む

西内 純
西内 純
(ファイナンシャルプランナー)

要介護の方は75歳以上で21.9%、介護者は何方が担うのか等

平成24年内閣府の高齢社会白書をベースに、高齢者の実情を紹介しています。 高齢者の殆どが元気で活動的なのですが、高齢者の絶対数が急速に増加しますので、介護・介助が必要な方達も急増いたします。図は第一号被保険者(65歳以上)の要介護度別認定者数の推移です。 平成21年度では、要介護、要支援の認定者は4,696,000人です。今後団塊世代が後期高齢者になる年まで急増トレンドが続く見込みです。7...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

109件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索