孫への生前贈与に個人年金保険 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

孫への生前贈与に個人年金保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 相続対策の生命保険


(イラストはイメージです。本文とは直接、関係ありません)。

相続税対策の一つとして生前贈与をご検討されている方もいらっしゃると思います。
そして、その受贈資金の受け皿として生命保険商品の活用をお考えの方もいらっしゃることでしょう。

ところで、その生前贈与ですがお子様などの法定相続人に贈与した場合。
贈与後、3年以内に相続が発生すると、いわゆる「3年以内の贈与の持ち戻し」に該当することになります。
そこで、法定相続人では無い、お孫様に生前贈与を検討することになります。

ここで生命保険の保険金ですが、
被保険者が15歳未満の場合、保険金は1,000万円まで、という制限があります。
なので、生命保険を受贈資金の受け皿にするにしても、その金額は小さなものになります。

また、お孫様が7歳以下ですと、学資保険をご検討されるかもしれませんが。
学資保険の契約者は祖父母様か親御様のいずれかになります。
お孫様は契約者にはなれませんので、「お孫様の受贈資金の受け皿」にはなり得ません。

そこで、登場するのが個人年金保険です。
ごく一部の保険会社に限られますが。
個人年金保険に契約することができる年齢が
「0歳から」とか「7歳から」という商品があるようです。

お孫様への生前贈与。
その受贈資金の受け皿として生命保険のご活用をご検討されていらっしゃる方は
ぜひ、当研究所までご相談ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

このコラムに類似したコラム

年金を受け取ったとき 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/10/19 07:00)

死亡保険金を受け取ったとき 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/10/12 07:00)

新生活がスタートします 池田 弘司 - 生命保険アドバイザー・ITコンサルタント(2014/03/12 10:00)

生命保険加入の注意点 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/19 08:00)

FPが教える保険マニュアル 保険と貯蓄は別々に 新谷 義雄 - 行政書士(2010/11/22 14:04)