「相続税」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相続税」を含むコラム・事例

1,660件が該当しました

1,660件中 1~50件目

相続税申告漏れ総額789億円

全国の国税局が1年間に実施した所得税の税務調査で、高額な資産などを持つ富裕層に指摘した申告漏れは総額789億円に上ることが、国税庁のまとめで分かりました。 富裕層に対する調査は4463件が実施され、うち3837件で申告漏れが見つかった。1件当たりの追徴税額は、富裕層以外を含む調査全体では平均222万円だったのに対し、富裕層は2.6倍の581万円に上った。特に海外投資などを行っていた富裕層の追...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2020/11/28 10:46

リバースモーゲージではなくリースバックというもう一つの選択肢について

日本人の一般的な資産形成の流れとして、若い独身のうちは賃貸住宅に住んで生活し、結婚や出産を機にマイホームを購入というのが一般的です。 マイホームは自己資金を1割前後投下しますが、ほとんどが住宅ローンを借りての購入になります。 住宅ローンを35年等の期間で借りて長期間に亘って返済をして、介護が必要になるかならないかの年齢になってようやく住宅ローンの返済が終わっているというのがほとんどかと思い...(続きを読む

向井 啓和
向井 啓和
(不動産業)

空き家問題

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。 もうずいぶん前から、空き家問題が取り沙汰されております。人口減少時代に突入し、すでに戸建て等が空いていて、そのままになっているという話をよく聞きます。 地域によっては、高齢化率が高まっていて、戸建て住宅の維持が難しくなって集合住宅に移ったり、世田谷などでは周辺の不動産価値が高いために、若年層はなかなか手が出ない。また、戸建て中心の低層住...(続きを読む

寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

【小説】孤独のアーキテクト

□まえがき□ <プロフィール欄>  栂池京信:アトリエ・ツガイケ一級建築士事務所 主宰   都内を中心に個人住宅や集合住宅の設計監理をおこなう。  男性/43歳/独身 その他のプライベートは不明。  ※もちろん、架空の人物である。   その他、登場する人物、組織全てフィクションである。 □1□ iMacの起動音が鳴る。月曜日、朝一のルーティンはメールチェックだ。 い...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

【7/23~7/26 連休期間限定】不動産による相続対策 相談会 受付中

相続診断士による相続対策 相談会 受付中 いつ起こるかわからない相続 事前の相続対策や相続が発生してお悩み・お困りの方を個別にサポート! 相続が発生すると、否応なしに葬儀や相続税の申告納税、遺産分割協議、不動産や預金の名義変更など、様々な手続きに巻き込まれす。 しかも、一定期間内に完了させる必要があり、遺族には辛いものです。 また、事前の相続対策には現状把握や問題点の確認、解決策の策定・実...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

【7/23~26の期間限定】相続診断士による相続対策 相談会 受付中

相続診断士による相続対策 相談会 受付中 いつ起こるかわからない相続 事前の相続対策や相続が発生してお悩み・お困りの方を個別にサポート! 相続が発生すると、否応なしに葬儀や相続税の申告納税、遺産分割協議、不動産や預金の名義変更など、様々な手続きに巻き込まれす。 しかも、一定期間内に完了させる必要があり、遺族には辛いものです。 また、事前の相続対策には現状把握や問題点の確認、解決策の策定・実...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

これからの時代の資産形成 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは 女性向け初心者のための投資スクール ブルーストーンアカデミー代表の 青柳仁子です。 さて、今日は、 これからの時代の資産形成 という話です。 コロナと共存する世界が 当たり前になりつつある今、 これからの生活様式も変わってきます。 生活が変われば お金の使い方も当然変わります。 今までお金を使っていたものに あまり使わなくなったり、 逆に、 今まではあまりお金を使っ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
2020/06/25 20:13

税務申告期限の延長

1.税務申告期限と納付の期限 役員・従業員が新型コロナに感染したといった場合だけではなく、すべての会社・個人に適用されます。 具体的な、申告期限及び納付期限は、申告書の提出日となります。 いつまで申告期限を延長できるのかは、今の段階では、明示されておりません。 そのため、いつ提出してもいい、とも言えます。 ただ、当然、緊急事態宣言の解除や新型コロナの終息で、延長期...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士)

マイナンバーカードのある暮らし

マイナンバーカードがある暮らし 今日4月30日に、国民一人あたり10万円の「特別定額給付金」の支給も含めた国の補正予算が参議院で可決されました。この給付金は、書面でも申請できますが、マイナンバーカードを使ってマイナポータルから手続すると早く済みます。ICカードリーダーまたはスマートフォン、パソコンが必要です。 マイナンバーカードを活用した施策には、例えば次のようなものがあります。 ・マ...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

【相続ネタ】個人(=故人)から会社への貸付

個人(=故人)から会社に、お金を貸し付けている場合のお話。会社にとっては、個人(=故人)からの借金と言うことになりますので、株価を引き下げる効果があります。が、個人(=故人)にとっては貸付金、すなわち債権です。なので、立派な「正の財産」として、相続税評価がなされます。 (続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2020/03/17 08:42

やらない分野を決めていることも

おはようございます、今日はバウムクーヘンの日です。 あのちょっとしっとりした感じ、結構好きです。 税理士選びについてお話をしています。 税理士ごとに得意分野があるという点について、紹介をしています。 この逆で、税理士によっては「やらない」と決めている分野があるケースも少なくありません。 ・海外が絡むような場合 ・特定の資産税など ・...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/03/04 07:00

得意分野

おはようございます、今日はミニの日です。 最近、事務所内の小さなスペースをどう活用したものか、思案中。 税理士選びについてお話をしています。 税理士は経営の専門家なのかについて、所見を述べました。 次に「税理士ごとの得意分野」について。 大概の税理士は、次のような分野の仕事をしています。 ・事業系 個人事業主や法人が行う製造業、建設...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

第1次相続に係る相続税の債務控除、相次相続控除

債務控除は、被相続人の債務で相続開始の際現に存するもの(公租公課を含む。)とされている(相法13①一)。この公租公課には、被相続人の死亡の際納税義務が確定しているもののほか、被相続人の死亡後相続税の納税義務者が納付することとなった税額(被相続人が相続により取得した財産に対する相続税額)が該当する(相令3①二)。 第2次相続に係る相続人が第1次相続に係る相続人に課される第1次相続に係る相続税額を承継...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

特別寄与料制度の税務上の取扱い

2019年7月1日より施行された民法の相続法改正における特別寄与料制度により、被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした被相続人の親族が、相続の開始後、相続人に対し、その寄与に応じた額の金銭を請求できる。 これまでも民法には、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした場合、その寄与分を相続分に加えることができ...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)
2020/02/23 00:29

配偶者居住権等消滅の場合の譲渡所得の取得費

2018年の民法改正で創設され本年4月1日から施行される配偶者居住権は、配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物の無償使用を、終身又は一定期間、配偶者に認める権利。 2019年度の税制改正において、配偶者居住権の相続税の評価方法が定められ、国税庁の相続税法基本通達改正において、配偶者居住権が消滅した場合の贈与税の取扱いが示されていた。 2020年度税制改正においては、配偶者居住権及び配...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

路線価と固定資産税評価額

おはようございます、今日は樽酒の日です。 年末年始は、結構日本酒もいただきました・・・美味しかったなぁ。 固定資産についてお話をしています。 税金が課される際の評価方法について、色々と議論がおこっている点を紹介しました。 順序的には、本来逆なのですが・・・ ここで路線価と固定資産税評価額について簡単に触れておきます。 路線価に関する報道は...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

賦課課税方式

おはようございます、今日は千円札の日です。 小銭貯金をしていまして、千円札はそのために重要だったりします。 固定資産についてお話をしています。 固定資産に関わる税金について、その大まかな種類を取り上げました。 ・所有に対して課税されるので、赤字企業でも負担が必要 ・固定資産の種類に応じて税金が課される この2つの特徴について確認をしました...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

税金の3つの課税対象

おはようございます、今日は瞳の日です。 視力、一番悪かったころにくらべると、回復しているのですよねぇ・・・ 固定資産についてお話をしています。 固定資産税についてお話をする前に、税金の課税対象について確認をします。 このお話をするとき、私は「3つのショ」と表現をしています。 ・所得(しょとく) いわゆる儲けに対する課税です。 会計的...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

相続の準備はできていますか?

先日、銀行主催の相続対策セミナーに参加しました。相続に関する法律が改正され、これまで以上に納税対象者が増加していること、そのためにやっておいた方がよいことを分かりやすく説明していただきました。 まず、絶対にやっておいた方が良いのが、エンディングノートを書くことです。自分が亡くなった時に、誰に連絡したらよいのかの一覧や、葬儀の希望、土地、建物、金融資産、保険、年金、ローン、借入の明細、パソコンのパ...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

【相続ネタ】検認

自筆証書遺言や秘密証書遺言が見つかった時に、検認という手続きが必要になります。 検認の手続きの流れは、以下の通りです。 ①改製原戸籍などで、相続人を確定します。②相続人の住民票によって、相続人の住所を特定。③「検認の申立書」に、①&②を用意して、家庭裁判所に検認を依頼します。④家庭裁判所に検認を依頼すると、数日を経て、家庭裁判所から相続人の全員に宛て召集の通知。➄検認の日の当日、遺言書を保管し...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2019/12/09 19:21

課税対象の変遷

おはようございます、今日は計量記念日です。 ものを測る、その基準を作る、というのは途方も無い作業です。 所得税の基礎についてお話をしています。 複業等の解禁など、働き方や所得の獲得方法に関する多様化と税制についてごく簡単に。 所得税に関する議論をしてきたのですが、ここで少しだけ脇道にそれます。 先月頭から始まった税務上の大改正と言えば、皆様よくご存知の...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

超過累進税率の誤解

おはようございます、今日は世界手洗いの日です。 手洗いと言えば、ゼンメルワイスですかね。 所得税の基礎についてお話をしています。 超過累進税率について解説を始めました。 超過累進税率とは「課税対象が高額であればあるほど税率があがる」という仕組みです。 所得税や相続税などでこの仕組みが採用されています。 (法人税も少しだけ適用) ただ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

配偶者居住権、配偶者の死亡(いわゆる二次相続)での課税関係は生じない。

配偶者居住権につき、財務省が「令和元年度 税制改正の解説」で見解を示した。 改正相続税法のうち配偶者居住権は、令和2年4月1日以後開始の相続から適用される。 配偶者居住権については、令和元年度税制改正で相続税法によってその評価方法が定められたが(相法23の2、相令5の8、相規12の2~4)、配偶者居住権を有する配偶者が死亡した場合(いわゆる二次相続の場合)、配偶者居住権は消滅するものの、配偶者...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

相続と所得税 被相続人の医療費

相続開始の時に、被相続人に係わる医療費が未払いであった場合には、その医療費は、相続税における被相続人の相続財産から差し引く債務の対象になる。またその医療費は、所得税における医療費控除の対象にもなる。「被相続人の医療費」は、「誰が支払ったか」、「いつ支払ったか」、によって税務上の取扱いが異なる。どのような場合に、相続税の債務控除の対象、所得税の医療費控除の対象となるか。 1.相続財産から控除できる...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

相続と所得税 被相続人の公租公課 (固定資産税)

相続税の計算では、被相続人の相続財産から債務や葬式費用を差し引いた正味財産に、相続税が課される。 ①被相続人が、負担すべき公租公課を支払わずに亡くなった場合、その公租公課は、相続税の計算上、相続財産から控除される債務になるか。 ②その公租公課は、被相続人の所得税の準確定申告、あるいはその公租公課の支払義務を承継する相続人の所得税の確定申告のどちらにおいて、各種所得の計算上の必要経費に算入される...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

結局はどちらの勉強も必須

おはようございます、今日は松井の5敬遠の日です。 あれ、もうすぐ30年も経つのですね・・・ 所得税の基礎についてお話をしています。 税理士試験における所得税と法人税の難易度について簡単に。 難易度の質が異なる2つの税目。 それでは結局、どちらを勉強したほうが実務で役立つのか、なのですが・・・ 両方勉強したほうが良い、というのが結論です。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

個人と法人の税負担傾向

おはようございます、今日はビヤホールの日です。 ビールがあまり得意ではありません・・・ 個人と法人の比較についてお話をしています。 法人の税負担について、大まかな傾向を確認しました。 ここで一点、税負担の傾向についてものすごく概要を確認します。 ◯所得税 全体的に負担が重たくなる傾向。 扶養控除の削除、税率の改定、社会保険料負担含め...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

相続税は全員が払う? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは 女性向け初心者のための投資スクール ブルーストーンアカデミー代表の 青柳仁子です。 昨日は、 有料会員向けの定例セミナーでした。 テーマは、 「相続税の仕組み」 でした。 相続税というのは、 まだ先の話を思っている人が多いですが、 いつかは向き合うことですので、 早めに知っておくに越したことはありません。 相続が発生してからでは、 できることも限られます...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
2019/07/22 20:03

大まかに振り返る

おはようございます、いよいよ今年も折り返し。 色々な意味で変化に富んだ半年でした。 節税についてお話をしています。 大まかに、以下のようなお話をしました。 ・相続対策と相続税対策 ・事業承継税制 ・節税保険と資金効率 ・節税の罠 ・リスクのない節税として、青色申告など ・経営力向上計画の効果等々 大まかにはこんな感...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

『マンションを買うなら60㎡にしなさい』(ダイヤモンド社)全国書店・インターネットで発売中!

  人生100年時代! これからの世の中は今までとは違います。 家も今までと同じような選び方で買ってはいけません。   今後ますます加速する人口減少、超高齢化、世帯の単身化、空き家の増加、AI化、労働環境の変化...   激変するこれからの時代、本当に長期の住宅ローンを組んでそれなりの広さの家を買っても大丈夫なのか? マンション購入で、今後の人生にどのようなことが起きたとしても住宅ローン破...(続きを読む

後藤 一仁
後藤 一仁
(不動産コンサルタント)

自社株式対策の保険

おはようございます、今日は掃除機の日です。 コードレスにして早数年、すっかりコレに慣れてしまいました。 節税についてお話をしています。 保険について、個人加入と法人加入それぞれの使い方について。 売上補填の考え方であれば法人加入が良い、ということを説明しました。 もう一つ、相続税および贈与税対策としての保険加入があります。 以前にも触れた...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

節税保険について

おはようございます、今日は発明の日です。 何かしらの制限こそが、画期的なアイデアの条件だと聴いたことがあります。 節税についてお話をしています。 相続税対策などを中心に、いくつかお話をさせて頂きました。 次に、最近一部では話題がつきない節税保険についてご紹介をさせて頂きます。 まったくご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんので、どんなものなのかをご...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

後継者の人生は相当に束縛される

おはようございます、今日はパンの記念日です。 シンプルな食パンか、硬めのフランスパンが好きです。 節税についてお話をしています。 事業承継制度の特例措置について、概要を説明しています。 特例措置適用に必要な特例承継計画の策定は2023年3月31日までに対応が必要です。 ただ、そもそも事業承継制度の特例措置に潜む、大きな落とし穴をしっかりと考慮する必要が...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

価値ある会社を継ぐための解決策

おはようございます、今日は左官の日です。 大工さんの世界も、本当に人手不足みたいです。 節税についてお話をしています。 事業承継税制についてのお話を始めています。 優秀な業績を出している中小企業は、その株式も高い価値を持ちます。 その株式をなんとか次世代に円滑に移転させるために用意されたのが、事業承継税制です。 簡単に概要を説明すると・・・ ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

【セミナー情報】2019年春開催 相続対策セミナー 第18弾

高齢化を迎える日本社会において、相続の問題は誰にとっても 無視できない問題になりつつあります。 各種メディアやネット等を通し、相続対策の重要性についてお気づきに なられている方も増え、より具体的な相続対策を始められたいという ご相談も年を追うごとに増えております。 特に、ご自身に今後どのような相続問題が降りかかってくるのか、 その解決手段としてどのような方法があるのかが大きな関心ごとの1つで...(続きを読む

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

事業承継税制

おはようございます、今日は参考書の日です。 最近の参考書は見栄えが随分と良くなったみたいですね。 節税についてお話をしています。 相続時精算課税制度についてご紹介をしました。 次に、昨今話題の事業承継税制について簡単に。 中小企業の事業承継を円滑に行うために制度の整備が進んでいます。 中小企業の多くは、社長その人が会社の株式をまるごと所有...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

遺産総額が高い場合には、やはり取り扱いが難しい

おはようございます、今日は労務管理の日です。 これからの経営で、確実に重要度が高まってくる分野です。 節税についてお話をしています。 相続時精算課税制度について、課税価格が贈与時の時価で固定されることを紹介しました。 これから時価が上がりそうな遺産があるのであれば、同制度を使って早めに贈与をしておけば課税価格は抑えられます。 しかし、今の御時世で「時価...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

課税価格は贈与時の時価で固定される

おはようございます、今日は新聞をヨム日です。 新聞はかなり衰退が激しいようですが、実は文章を読む量は増えているという説もあるようです。 節税についてお話をしています。 相続時精算課税制度を上手に活用できた事例について、簡単に紹介しました。 相続時精算課税制度を使う場合には、もうひとつ注意しなければならない点があります。 それは「相続税の計算時に持ち戻す...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

贈与した財産から多額の収入が見込める場合

おはようございます、今日はヘアカットの日です。 もう十数年、バリカンを愛用しております。 節税についてお話をしています。 遺産総額が多い人は、相続時精算課税制度を有効に使うのが難しいことを確認しました。 ただ、同制度の活用が有効に作用する可能性もあります。 移転した財産から、多額の収入が見込めるような場合です。 一番わかり易いのは不動産か...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

相続時精算課税でトラブルになった事例

おはようございます、今日はピアノ調律の日です。 我が家のピアノも、大分ボケた音になっているなぁ・・・ 節税についてお話をしています。 昨日は相続時精算課税制度を上手に使えた事例を紹介しました。 逆に、同制度が原因で大きなトラブルになった事例を紹介します。 ・遺産総額が相当あり、生前贈与により少しずつ移転を進めようとしている ・相続時精算課...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

財産がそれほど多額でない場合には有効

おはようございます、今日は日本橋開通記念日です。 高速道路の撤去も、ずいぶん長いこと話題には上っていますが、どうなるのでしょうね? 節税についてお話をしています。 相続時精算課税制度での生前贈与は、税務上「仮の移転に近い」ということを紹介しました。 この制度を有効に活用できるのは、次のような事例があります。 ・財産の総額はそれほど高額ではない(...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

相続時精算課税での移転は仮のもの

おはようございます、今日はこどもの本の日です。 最近、本を衝動買いで数十冊購入しました・・・ 節税についてお話をしています。 相続時精算課税という制度について、その概要をご紹介しています。 相続時精算課税制度を使って生前贈与をした場合、概ね次のような取扱いとなります。 ・生前贈与時点での財産の移転は、相続税の上では仮のものとして考える。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

贈与税の特例 相続時精算課税

おはようございます、いよいよ新年度ですね。 我が家では一番上の子供が高校生になります・・・ 節税についてお話をしています。 贈与税の特例として「特例贈与」「教育資金や子育て資金等の特例」について紹介しました。 次に紹介をするのは相続時精算課税です。 制度が始まってそれなりに経ちましたが・・・いまだに誤解が多い制度です。 最初に指摘をしなけ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

あげた以上、使い方に口出しは無用

おはようございます、今日はシルクロードの日です。 近年話題の一帯一路構想も含め、やはり物流というのは世界の重要事項です。 節税についてお話をしています。 名義預金について、相続税でのトラブルを簡単に紹介しています。 改めて、贈与ということの意味について考える必要があります。 本来、あげたものはその人がどのように使おうと自由なはずです。 (まぁ、道...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

他人にあげる、とはどういうことなのか?

おはようございます、今日は世界演劇の日です。 表現に関わる端くれとして、最近は演技やダンスにも少し興味があります。 節税についてお話をしています。 名義預金のトラブルについて簡単に。 祖父母が孫にお金をあげた・・・と祖父母側は考えていました。 しかし、実際に祖父母が亡くなったとき、そのあげたはずのお金が相続財産になることがあります。 ずばり「こん...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

預金の名義について

おはようございます、今日はバングラデシュの独立記念日です。 世界各国、いまだに国家の独立についての話が数多く存在します。 節税についてお話をしています。 遺言書について、作成から実効性の担保まで紹介をしました。 もう少し、節税に寄ったお話も紹介してみます。 実務でよくトラブルになる名義預金について簡単に。 ある程度の資産家が、孫の誕生にあ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

遺言書に書く内容

おはようございます、今日は世界気象デーです。 世界的な異常気象増加の中、災害に国境はないのだとあらためて。 節税についてお話をしています。 遺言書を書くことで、自らの死生観に向かい合うことをご紹介しました。 具体的に遺言書へ書く内容についても、注意が必要です。 というのも、せっかく遺言書を書いたのに・・・という事例がかなりあるためです。 例として...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

まず会話から始めましょう

おはようございます、今日はランドセルの日です。 大人用のランドセルを使い始めて、早八年です。 節税についてお話をしています。 死生観なしで行う相続税対策がもたらず副作用について再確認をしました。 これまた繰り返しになりますが・・・ 私が知る限り、もっとも有効な相続税対策は以下の2つです。 ・生前から家族と自分の死についてしっかりと話してお...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2019/03/21 07:00

税金を安くすることはできても・・・

おはようございます、今日はサブレの日です。 ビスケットとクッキーとサブレの違い、パッと説明できますか? 節税についてお話をしています。 相続税対策は死生観がないとできない、と紹介しました。 厳密に言うと、死生観があろうがなかろうが、相続税対策は可能です。 税金を安くするのは簡単で ・借金を沢山こさえて ・評価が下がりやすい不動産や金...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

まず死生観を養おう

おはようございます、今日はミュージックの日です。 音楽は、もっぱら聴くより歌うことの方が多いです。 節税についてお話をしています。 相続税対策について、ご高齢者がよくいう「自分も考えている」は大概当てになりません。 ここで、そもそも税金云々の前段階が問題となります。 ずばり、その人の死生観です。 例えば誰かの死について話すことについて、以...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

1,660件中 1~50 件目

「相続」に関するまとめ

  • 相続や相続税の仕組み、また事前準備、相続発生後の不安に役立つ情報をご提供します!

    相続のお悩みは本当に人それぞれ。親族同士で揉める「争族」、また遺言書が見つからない、相続発生後に知らない親族が出てきた…土地や建物の持ち主が分からない!などの問題もよく出てきます。それに加えて平成27年1月の相続税改正後、課税対象者は約5万人増えるとも言われています。 「我が家には関係ない」と思っていると、莫大な相続税が課税されてしまうかもしれません…! どういう人が相続税の課税対象になるのか、また改正内容を事前に知っておくことで自分の相続や、両親など親族の相続時に活かせる可能性が充分あります。相続税の発生、自分の相続のための生前贈与の準備や遺言書作成など、相続発生前~発生後まで幅広く専門家がサポートいたします。 ここでは、相続ってなに?税制改革で何が変わるの?という初歩的な疑問に専門家がお答えします!

「増税」に関するまとめ

  • 消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

    消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。 今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

「相続対策!生命保険の活用方法」に関するまとめ

  • 生命保険に加入しておけば相続税が安くなるって本当?気になる方はチェック!

    生命保険に加入しておけば、万が一の時も安心!それだけでなく、現金を持っているよりも相続税対策として有効とご存知でしたか?「万が一」だけでなく、生命保険を自分の死後、大切な家族を守るために相続税対策としても考えてみませんか?なぜ相続税対策として生命保険が選ばれるのか、相続を考えるときに生命保険を選ぶメリットとは、そんなお悩みを専門家が解説!

「相続税対策」に関するまとめ

  • 事前の相続税対策で節税が可能です!相続に特化した相続税対策を行いましょう!

    相続税っていくらからかかるのかしら?子供に財産を譲ったら相続税は減るのかしら?今住んでる家ってどうすればいいの?新築で家を建てるときに両親からの贈与で税金が節約できるの?贈与税と相続税、どちらも遠いと思っているかもしれませんが、税制改正によってあなたも対象になるかも。相続税はきちんと対策することで節税できるかもしれません!相続に特化した専門家たちがあなたのお悩みをサポートします!!

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索