「贈与税」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「贈与税」を含むコラム・事例

1,209件が該当しました

1,209件中 1~50件目

銀座の路線価、バブル期を超え!!

驚きの発表がありました。国税庁は3日、相続税や贈与税の計算基準となる2017年分の路線価(1月1日時点)を公表しました。全国平均は前年を0・4%上回り、2年連続で上昇。上げ幅は0・2ポイント拡大した。 その中で、東京・銀座では、バブル期の水準を超え、路線価の最高額(1㎡4032万円)を更新しました。 一坪1億3000万円です!バブルより景気良いと思えませんが、少なくとも土地だけはバブルでしょう...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2017/07/03 16:43

離婚時の財産分与 住宅の名義変更と税金。 17,8㎞走(昨日)

こんにちは 美瑛町からハーフマラソン関係の封筒が届いてちょっと喜んでいる旭川の行政書士の小林政浩です。 昨日の土曜夕方に17,8キロ走りましたが、やはり昨年よりは10分くらい遅いです。 とりあえず、給水以外には極力歩かないで制限時間内に完走する事を目標にしようと思います。 気温は20℃くらい、天候は曇り、少し風が吹いていると走りやすいかな~。と勝手な希望です。 さて、今日は離婚時の居住不動産の...(続きを読む

小林 政浩
小林 政浩
(行政書士)
2017/05/22 01:48

【不動産を共有名義で購入する際に注意すべき点とは?】

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。 共有名義とは、購入する住宅の所有者を、複数の方の名前で登記をすることです。 しかし、どのような割合で登記をしても良いわけではなく、“お金を出した割合”に応じて登記をしないと贈与税の問題が生じてしまいます。 例えば、3,000万円の住宅を購入する際に、ご両親が1,000万円を出してくれたとしま...(続きを読む

真崎 喜雄
真崎 喜雄
(ファイナンシャルプランナー)

生命保険を使った保険料生前贈与プランの効果と注意点

1.生命保険を使った保険料生前贈与プランの効果 生命保険を使った保険料生前贈与プランとは、子どもや孫に現金を贈与して、それを保険料として保険に加入する方法である。 年間110万円までは非課税で贈与が可能なため、相続対策として有効だ。 例えば、父親が子どもに現金を贈与し、それを保険料にして生命保険に加入するというようなパターンである。 契約者は子ども、被保険者は父親、保険金の受取人が子どもと...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

平成29年度税制改正大綱 タワーマンションの固定資産税の見直し

高さ60メートルを超えるタワーマンションについて、固定資産税の負担割合を「階層別専有床面積補正率」によって補正します。   「階層別専有床面積補正率」は、1階を100とし、階が増すごとに、これに10を39で除した数を加えた数値とします。   具体的には、中間階の固定資産税額は現在のルールと同じにして、1階上がるごとに約0.25%ずつ税額が増え、逆に中間階より1階下がるごとに約0.25%ずつ...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

財産分与に税金はかかるの?

財産分与の額が、夫婦が協力して形成した婚姻中の財産の額や社会的地位からして、夫婦共有財産の清算として相当な額であれば、贈与税はかかりません。 但し、不動産を財産分与した場合で利益が出た場合には、所得税法にいう資産の譲渡に当たるとして、譲渡所得税がかかる場合があります。 また、株式、ゴルフの会員権等を譲渡した場合にも同様に課税される場合があります。財産分与で損をしないために、知っておきたいことは...(続きを読む

中西 優一郎
中西 優一郎
(弁護士)

暦年贈与サポートサービスは連年贈与にあらず

国税庁の文書回答事例に、暦年贈与サポートサービスは連年贈与ではないとの回答事例がありました。 よく、110万円を毎年10年間行っていると、最初から1100万円を贈与する予定だと認識されて課税されるといわれていました。 この話はよく聞くのですが、実際課税されている話は聞いたことはありません。 今回事前照会という形式でこのような問題提起をしたのは質問した金融機関でも迷いがあったのか、確実なお...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2016/06/01 08:17

今押さえておきたい、3つの税制改正トレンド(2)

 前回に引き続き、ここ数年の税制改正の傾向について書きたいと思います。  3つの税制改正トレンドとは… 「自宅介護の促進」 「遊休不動産の有効活用」 「世代間の財産移転の促進」  今回は「遊休不動産の有効活用」「世代間の財産移転の促進」についてお話しします。   遊休不動産の有効活用  従来より国は、事業用や居住用の不動産の「買換えの特例」を設けています。そして平成26年には空家対策法...(続きを読む

高原 誠
高原 誠
(税理士)

法律(金銭関係)に詳しい方へ質問です。

法律(金銭関係)に詳しい方へ質問です。 人物AとBという二人がいたとして、AがBに対して約1年間(仮に27年1月から28年1月までとして)、月に何度か不定期に数万円ずつ振り込みで送金していたとして、その合計額が約150万円だったとします。AはBに対して、お金は貸すのではなく、あくまで好意として生活の援助をしているつもりで振り込みをしていたとします。しかし、Bがこれ以上送金してもらうのはAに悪い...(続きを読む

芭蕉先生
芭蕉先生
(離婚アドバイザー)
2016/04/08 13:39

【FP継続セミナー】FPとして知っておきたい「ジュニアNISAと贈与税の基本」

いよいよ今年の4月からジュニアNISAが始まります。そこで、当講座で、ジュニアNISAを効率的な活かし方を考えましょう。 1.NISAの現状 2.ジュニアNISAについて 3.ジュニアNISAを進学資金の準備に利用する場合の留意点 4.ジュニアNISAに相応しい投資商品は? 講師 大泉 稔 日時 2016年3月2日(水)14:00~17:00 主催 株式会社ビジネス教育出版社 会場 ビジネ...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/02/29 23:18

【セミナー後記】『基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA』を行いました

本日、FP継続セミナー『基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA』を行いました。 ご参加を頂いた皆さま、ありがとうございました。 また、以前、別のテーマでご受講頂いた方で、本日もご受講頂いた方、 本当にありがとうございました。 会場の都合で、少ない定員だったのですが…満席での開講の運びとなりました。 さて、 ジュニアNISAは、私にとって初めてのテーマだったのですが。 そのために、当日の朝、...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/02/27 22:59

【2月27日のFP継続セミナー】基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA

今月、最後(2月27日)のFP継続セミナーのご案内です。 タイトルは『基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA』です。 昨年、相続税は増税されましたが、贈与税については、むしろ緩和されています。 特に、子どもや孫への贈与税減税メニューが増えていますね。 また、一昨年から始まったNISAも拡大され、ジュニアNISAが始まります。 ジュニアNISAと贈与の組み合わせは…相性が良いのでしょうか?...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/02/26 00:33

【2月最後のFP継続セミナー】基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA

おはようございます。爽やかな朝ですね。 さて、今月、最後のFP継続セミナーのご案内です。 タイトルは『基礎から学ぶ贈与税とジュニアNISA』です。 昨年、相続税は増税されましたが、贈与税については、むしろ緩和されています。 特に、子どもや孫への贈与税減税メニューが増えていますね。 また、一昨年から始まったNISAも拡大され、ジュニアNISAが始まります。 ジュニアNISAと贈与の組み合...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/02/18 07:58

離婚準備中です。不倫をした主人へ請求する慰謝料等のお金についてです。

離婚準備中です。不倫をした主人へ請求する慰謝料等のお金についてです。 1年程前に結婚3年目で主人の不倫が発覚しました。 相手とは最低でも5年の付き合いだったそうです。 相手への請求 は終わっています。 やり直す予定でしたが、主人のモラハラが酷くなったり、子供>自分で命に関わることが何度もあったので離婚を決めました。 私が請求したいお金は下記です。 ①独身時代のお金 約100万 通勤で使うとい...(続きを読む

芭蕉先生
芭蕉先生
(離婚アドバイザー)
2016/02/05 01:11

贈与税の申告に注意

平成27年から贈与税が改正されています。 父母や祖父母などの直系尊属から20歳以上の子供や孫などの直系卑属の贈与とそれ以外では贈与税の税率が異なります。 どちらか片方だけなら特に難しくないですが、両方から贈与を受けていた場合は計算が複雑になります。 さらに、父母や祖父母などの直系尊属から20歳以上の子供や孫などの直系卑属の贈与で、410万円超の贈与の場合は、贈与者と受贈者の関係を示す戸籍謄本等...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2016/01/12 16:03

【FP継続セミナー】生前贈与と生命保険

近畿地方で贈与税の申告漏れが680億円あったそうです。 (記事はこちらをクリック)。 このようなことにならぬよう、贈与もきちんと対策をとっておきたいものですね。 当セミナーでは「生命保険を贈与に活かす手法」をお話します。 実施日 :11月29日(日曜日) 時 間 :13:30~16:30 タイトル:生前贈与と生命保険 主 催 :株式会社エフピープラネット 講 師 :大泉 稔 会 場 :...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/11/15 22:51

年金を受け取ったとき

個人が個人年金保険の年金を受け取った場合には、契約者・受取人が誰であるかにより、所得税、贈与税のいずれか、もしくは両方の課税対象になります。所得税の対象になる場合、住民税も課税の対象となり、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。 国税庁のHPでは、契約者でなく、保険料負担者が誰であるかにより、税金の種類を決めてい...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

満期保険金・解約返戻金を受け取ったとき

個人が満期まで生存したときに受取人が満期保険金を受け取った場合、もしくは、解約返戻金を受け取った場合には、契約者・被保険者・受取人が誰であるかにより、所得税、源泉分離課税、贈与税、いずれかの課税対象になります。所得税の対象になる場合、住民税も課税の対象となり、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。 国税庁のHPで...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

死亡保険金を受け取ったとき

個人が死亡して受取人が死亡保険金を受け取った場合には、契約者・被保険者・受取人が誰であるかにより、相続税、所得税、贈与税のいずれかの課税対象になります。所得税の対象になる場合、住民税も課税の対象となり、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。 国税庁のHPでは、契約者でなく、保険料負担者が誰であるかにより、税金の種...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

相続財産を先にもらいたい

主婦A「相続税が高くなるなら先にもらっておいた方がいいんじゃない」   会社員C「そうだね。そうすれば相続財産も減るし。でもその場合は贈与だよね」   主婦A「そうか、贈与税がかかっちゃうのか」   会社員C「贈与税がなければみんな贈与しているから相続税払う人がいなくなるね」   主婦A「やっぱり相続税はうまくできているわね」   先生B「贈与に目を付けるあたりはさすがだね」 ...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

生命保険にかかわる税金

生命保険は税金と密接な関係があります。個人契約の場合、預貯金、投資信託、株といった他の金融商品と比較してみると、生命保険は保険料を支払っている間や、保険金・給付金等を受け取る場合に、税の優遇策があるのが大きなメリットです。ただし、保険金などを受け取った場合は、契約形態によって、相続税・所得税・贈与税と税金の種類が違ってきます。税金の種類が違えば、計算方法も税率も異なります。それによって有利不利、損...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

保険金がおりたら

主婦A「そろそろ保険が満期になるんだけど」   会社員C「もう10年経つのか。早いものだ」   主婦A「その保険金どうするの」   会社員C「知り合いの人から付き合いで入った保険だから、また新しい保険に入ることになると思うよ」   主婦A「仕事のつながりだから仕方ないわね。でももらった保険金の税金どうなるの」   会社員C「忘れてた。もし税金払うんだったら持ち出しになっちゃうか...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

マイホーム資金はおじいちゃん、おばあちゃんから

主婦A「家を買うために頭金を親に出してもらうことってよく聞くけど、あれって贈与でしょ」   会社員C「なんとなく当たり前のような話だけど、そういえばそうだね」   主婦A「頭金って大きなお金だと思うけど、大丈夫なのかしら」   先生B「マイホームを買おうとしているのかな」   会社員C「うちはまだだけど、よく親に援助してもらうって話聞きますけど、その場合税金って大丈夫なんですか」 ...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

子育て資金もおじいちゃん、おばあちゃんから

主婦A「たしかに結婚しなければ子供も増えないけど、やっぱり結婚費用よりも子育ての方が圧倒的にお金はかかるわ」   会社員C「それは間違いないね。結婚費用も子育て費用も面倒見てくれればいいのに」   先生B「やはり、結婚と子育ては一緒という考えが多いよね。子育て費用についても非課税制度があるよ」   主婦A「やっぱりあるんだ」   会社員C「それがあると助かるよね」   先生B「...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

教育資金はおじいちゃん、おばあちゃんから

主婦A「子供の教育資金って結構かかるのね」   会社員C「今は中学受験が当たり前だから早くから塾などに行ってるよね」   主婦A「みんなどうしているのかしら」   会社員C「やっぱり自分たちだけでは心もとないから両親にお願いしているところがおおいよ」   主婦A「そうよね、うちの実家の両親も心配してたから」   先生B「今日は教育資金の話だね」   会社員C「他の家ではどう...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

親からお金をもらった

主婦A「親が子供に生活費として仕送りした場合は、常識の範囲内であれば問題ないのよね」   会社員C「仕送りでなくても、おこずかいでも同じでしょ」   主婦A「贈与税がかかるのは年間110万円を超えた場合だから、110万円以内であれば名目は何であれ問題ないはずよ」   会社員C「うーん たぶん、、、」   先生B「贈与の場合、基礎控除110万円という制度があるから、年間110万円まで...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

磁器婚式(結婚20周年)で得られる配偶者控除

結婚25周年を銀婚式、50周年を金婚式と言いますが、20周年は磁器婚式と言うそうです。“年代とともに値打ちが増す磁器のような夫婦”ということで、食器や置物などの磁器製品をプレゼントや記念品とすることが多いそうです。婚姻期間が20年以上の夫婦の間だけの配偶者控除があります。ご存知でしょうか?「夫婦の間で居住用の不動産を贈与した時の配偶者控除」です。結婚20周年以上の記念(感謝の気持ち)として、配偶者...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

生命保険に入った

会社員C「知り合いから頼まれて保険に入ったよ」   主婦A「えっ だってもう3つも入っているじゃない」   会社員C「仕事上の付き合いだからしょうがないんだよ」   主婦A「まったく、稼ぎが少ないのに」   会社員C「でも、会社の年末調整で戻ってくるんだし」   先生B「生命保険料控除のことだね」   主婦A「生命保険料控除っていくらなの」   先生B「今は3種類あるん...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

結婚したとき

配偶者に対する責任から、ある程度の死亡保障が必要となりますが、共働きか専業主婦(主夫)なのか、夫婦の価値観などによって保険の入り方は異なります。まずは、お互いに独身の頃から加入している保険の保障内容や保障額の確認をしたうえで、過不足分を見直しましょう。加入している死亡保障は、一般的には死亡保険金が親に指定されています。継続する場合で、保険金を配偶者に渡したい場合は、受取人を親から配偶者に変更する必...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

「住宅ローン」の基本

住宅ローンについての基本的な解説です。お役立ていただければ幸いです。 返済方法 ・元金の減少が遅く、返済が進むにつれて元金分の比率が高くなる。 ・同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる。 ●元金均等返済 ・毎月の返済額(元金+利息)は返済が進むにつれて少なくなっていく ・当初の返済額は多く、元金の減少が早い。 ・同じ返済期間の場合、元利均等返...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

結婚20年の贈り物

主婦A「私たち結婚20周年だね」   会社員C「あっという間だったね。で、何か?」   主婦A「何かじゃないでしょ。もう」   会社員C「わかっているよ。もう準備してるんだ。この家プレゼントするよ」   主婦A「イエ!?家って」   会社員C「結婚と同時に買ったこの家。もうローンも終わったし半分ずつにしよう。この家は給料も少ない時期に思い切って買った僕たちの思い出の家だよ。そし...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

【開講 間近か】相続と贈与に活かす生命保険

8月2日にエフピープラネットが主催で行った、人気&好評のセミナーを お盆期間にも行います。今度の主催は株式会社ビジネス教育出版社です。 ぜひ、お越しください。 実施日 :8月12日 時 間 :10:00~13:00 タイトル:相続と贈与に活かす生命保険 講 師 :大泉 稔 主 催 :株式会社ビジネス教育出版社 会 場 :ビジネス教育出版社セミナールーム      〒102-0074 東京都千...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/08/09 11:32

8月2日FP継続セミナー…相続と贈与に活かす生命保険

8月の最初の日曜日に行うFP継続セミナーです。 タイトルは今話題の相続です。 『相続と贈与に活かす生命保険 』 夏休みのお出かけの前に、ぜひ、ご参加くださいませ。 以下、セミナーの概要です。 タイトル:相続と贈与に活かす生命保険  主催:エフピープラネット  講師:大泉稔  日時:2015年8月2日(日)13:30~16:30  会場:ちよだプラットフォームスクウエア 5階 502   ...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/07/31 13:38

「教育資金贈与」一括贈与?都度贈与?

2013年4月にスタートした「教育資金の一括贈与における贈与税の非課税制度」についてのお話をしたいと思います。相続税の基礎控除が見直された(減額された)こともあり、相続対策(相続税対策)としての関心も高いものと思われます。信託協会によれば、今年の3月末時点(制度開始から2年)で11万8,554件、贈与額は8,030億円となっており、その約1割にあたる約750億円が教育資金をして既に引き出されたとの...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

【FP継続セミナー】相続と贈与に活かす生命保険

8月の最初の日曜日に行うFP継続セミナーです。 タイトルは今話題の相続です。 『相続と贈与に活かす生命保険 』 夏休みのお出かけの前に、ぜひ、ご参加くださいませ。 以下、セミナーの概要です。 タイトル:相続と贈与に活かす生命保険  主催:エフピープラネット  講師:大泉稔  日時:2015年8月2日(日)13:30~16:30  会場:ちよだプラットフォームスクウエア 5階 502   ...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2015/07/26 23:35

ジュニアNISAの活用法「二重非課税の恩恵を享受しよう!」

私はマネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。先日、お客さまと「ジュニアNISA」についてお話をする機会がありました。皆様とも情報の共有をさせていただければと思います。以下、お役立ていただけますと幸いです。 いよいよ来年から『ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)』がスタートします。 口座開設は2016年1月~、運用開始は2016年4月~ となっています。 個人...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

相続税は重く…優遇された贈与税は花盛り(前篇)

皆さん、おはようございます。相続総合研究所の大泉稔です。 当研究所では「相続と生命保険」について研究しています。 本日は贈与税についてです。 今年1月からスタートした改正相続税法は「相続税を重く、優遇された贈与税は花盛り」 という色彩が濃く出ています。 ナゼでしょうか? 高度経済成長やバブルで築き上げた高齢者が抱える財産を、なるべく早く、子どもや孫などの 現役世代に移転し、現役世代に教育や...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)

贈与対策は大丈夫ですか

先日平成27年の路線価が公表されましたが、東京はじめ大都市圏では前年よりも上昇しており、相続に関する関心がますます高まっています。 相続対策として生前贈与がありますが、安易な贈与はかえって増税となります。 贈与は、「あげる」「もらう」というお互いの意思で成立しますが、客観的に見て贈与が成立しているかどうかが重要です。 以前は贈与税の申告さえしておけば大丈夫と言われたこともありましたが、さらに下...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2015/07/07 10:45

【相続税対策】平成27年の改正の要点

皆さん、こんばんは。相続総合研究所の大泉稔です。 改正された相続税法が始まって、早くも半年が過ぎました。 ここで、相続税改正の要点をおさらいしておきましょう。 ☆ 相続税の税率構造の見直し    税率が6段階から8段階へ。    最高税率が50%から55%へ。    ちなみに、最高税率55%が適用されるのは、課税財産が6億円以上の場合です。 ☆ 相続税の基礎控除の引き下げ   もっとも影響が...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)

住宅資金の贈与か金銭貸借か?

  住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税制度と相続時精算課税制度   親からの資金援助を受けて住宅を購入するケースはたいへん多いものです。 そのような場合には、その援助が贈与なのか金銭貸借なのかによって課税されるかどうかが異なってきます。   返済義務の無い贈与であれば贈与税がかかり、返済義務のある金銭貸借であれば課税はされないというのが原則となります。   ただし、住宅資金につ...(続きを読む

遠山 桂
遠山 桂
(行政書士)

ライフプラン上のリスク 離婚時の知識(婚姻費用・財産分与)と婚前契約

前回は公的資料に基づく、挙式・披露宴の費用について、各県別の違いを紹介しました。 愛の永遠を誓った二人ですが、色々なご事情により離婚しなければならないケースもありますので、裁判所の資料に基づき、結婚と離婚に纏わる費用を紹介します。   ■離婚の種類別にみた離婚の年次推移(厚労省HPより)です 期間は昭和25年~平成20年で裁判離婚と協議離婚の割合を表わしています。裁判離婚が徐々に増えている...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

平成27年税制改正 概要ー 個人税制関連

まず、所得税関連は、投資化のすそ野拡大するために、子供版NISAの創設がされています。 その他、海外へ移住するような場合、一定額以上の資産について課税される出国税が設けられています。 相続・贈与税関連では、若年者層へ資産移転をすることで消費を促すよう、住宅資金の贈与枠の拡大や、結婚・子育てのための資金も非課税の対象にするなどの贈与税の改正が行われています。 相続税の大改正が終わったとこ...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士)
2015/06/10 06:52

相続増税対策

  2015年から相続税の課税が、強化されました。 早いうちから計画的に相続財産を減らすことで、 残される家族の税負担を減らす取り組みをされる方が、 増えています。  多くの方は、次のような対策をされています。 (1)暦年課税の基礎控除の活用    1月から12月までの1年間にもらった財産の合計額が、 基礎控除額   (110万円)以下の場合は、贈与税がかかりません。  (2)教育資金贈与非...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

贈与税申告が増えている

ここ数年の贈与税の申告状況を見てみると、平成21年 31万人  平成22年 31万人  平成23年 34万人  平成24年 35万人 と年々増加しています。 これは、平成27年に相続税の改正が行われ、基礎控除が 3,000万円+600万円×法定相続人の数 と4割減、さらに最高税率が50%から55%と上がりました。 この影響でしょうか、贈与する人が増え、さらに相続対策として不動産や保険に資金が動...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2015/05/20 10:43

教育資金(5)教育資金贈与制度の活用(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  祖父母の財布に余裕がありそうなら、 サポートを頼んでみるのもひとつの方法です。  2013年4月から、 祖父母から孫などへの教育資金の贈与が 1500万円まで非課税になる制度がスタートしました。  当初は、2015年12月末までの時限措置でしたが、 今年の改正で2019年3月末まで延長されました。  贈与されたお金の使い道は、 教育資金に限られますが、1500万円のうち、500...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

住宅資金(11)親のスネをかじる(保険の見直し・山下FP企画・西宮)

  実家が比較的裕福な人の中には、 住宅取得の際に土地を譲り受けたり、 資金援助を受けたりする場合もあるでしょう。 「スネかじり」に抵抗を感じる人も いるかもしれませんが、 税制の優遇も受けられるので、 遠慮なくかじっておくのが得策です。  (以下のお話の数字は、 すべて2015年の場合です。) 現金などの贈与を受ける場合、 年間110万円までなら 非課税になりますが (暦年課税の基礎控...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2015/04/28 09:17

1億7千万円 贈与税はいくら

1億7千万円を無利息で借りられるというのは、親族間でもなかなかないでしょう。 まして第三者間でそのような行為があるということは、特別な利益供与といわれても仕方がないかと思います。 ちなみに、住宅ローンとして1億7千万円を30年、1.5%、元利均等で借りた場合の利息合計は、4100万円。 これに対する贈与税は、1770万円。 仮に、1億7千万円をもらったとしたら、贈与税は8200万円。 ちなみに...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2015/04/21 13:28

相続・事業承継

   経営者が自分で築いた会社を存続させたいのは自然なことですが、後継者を誰にするか。事業、財産はどのよう引き継ぐのか。難題が山積みではないでしょうか。私もとりあえず中小企業の経営者の一人になるのですが、なかなか人を育てる余裕がありません。今はまだ会社の売上げをUPすることに注力していますが、10年後、20年後どうしたら良いのかを今から考えていかなければと思っています。実際に相続を円滑に進めるには...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

教育資金の一括贈与にメリットはあるのか???

孫への教育資金の贈与が非課税となった教育資金一括贈与。 この制度、本当に使えるのだろうか? 信託銀行ではこの制度を利用した商品が売れている。 CMも手伝ってか、非課税枠が1,500万円までと金額も大きい。 そもそもこの制度、創設の趣旨はどこにあったのか? 巷では信託協会などの団体からの強い要望があったらしい。 特に、信託系の各金融機関は大口の資産家の引き合いが欲...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

出国税は株式以外も対象

出国税は、香港やシンガポールなど株式の譲渡が非課税とされる国に移住することで、課税回避を防止するために設けられる制度です。 出国時点において、株式等の時価の合計額が1億円以上であれば対象となり、その含み益に対して課税が行われます。 対象となるのは、株式だけではなく、投資信託や社債などのほか、匿名組合の出資持分なども対象となります。 しかし、売却していないため、納税資金もない場合もあるでしょうか...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2015/01/21 10:23

1,209件中 1~50 件目

「相続税対策」に関するまとめ

  • 事前の相続税対策で節税が可能です!相続に特化した相続税対策を行いましょう!

    相続税っていくらからかかるのかしら?子供に財産を譲ったら相続税は減るのかしら?今住んでる家ってどうすればいいの?新築で家を建てるときに両親からの贈与で税金が節約できるの?贈与税と相続税、どちらも遠いと思っているかもしれませんが、税制改正によってあなたも対象になるかも。相続税はきちんと対策することで節税できるかもしれません!相続に特化した専門家たちがあなたのお悩みをサポートします!!

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索