A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: getimagesize(https://d32372aj5dwogw.cloudfront.net/home/profile/front/html/img/column/t/1324388996.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden

Filename: Webservice/getColumnList20110601.php

Line Number: 772

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: getimagesize(https://d32372aj5dwogw.cloudfront.net/home/profile/front/html/img/column/t/1324388997.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden

Filename: Webservice/getColumnList20110601.php

Line Number: 772

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: getimagesize(https://d32372aj5dwogw.cloudfront.net/home/profile/front/html/img/column/t/1324388250.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden

Filename: Webservice/getColumnList20110601.php

Line Number: 772

「狭小地」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

「狭小地」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「狭小地」を含むコラム・事例

100件が該当しました

100件中 1~50件目

狭小地における日照確保

(専門家プロファイルからはこちらから←)新築注文住宅において、リビングの位置と採光に拘るクライアントが大半で、狭小地に建てる場合は設置階数や方角がポイントになります。 建ぺい率(敷地に対して建物の水平投影面積)が沢山とれる土地なら、敷地境界近くまで壁を設け、中庭方式で採光を得ることで近隣の建物からの影響を受けないのですが、それ以外の場合、「天窓」からの採光方式が増加してくると感じます。  今ま...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2020/11/13 00:11

狭小地で、断熱性能の高い家ならば、リビング階段(オープン階段)はお勧め

狭小地で、断熱性能の高い家ならば、リビング階段(オープン階段)はお勧め このブログでたまにご紹介しております、オープン階段。 オープンといいましてもセミオープンですが・・・。 リビングというか、ダイニングから直接2階に行かれるように設計した階段です。 リビング階段とも呼ばれているようです。 東京23区内 高断熱高気密 木造2階建+ロフト付のお住まいです。 敷地面積は約26坪あり...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(建築家)

玄関の庇

世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。 狭小地の為、道路境界線ギリギリまで建物となっている。 敷地が台形の為、建物のと道路境界線までに、三角形の隙間が出来、そこを上手く利用して、玄関ポーチ及び玄関の庇としました。 世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。 狭小地の為、道路境界線ギリギリまで建物となっている。 敷地が台形の為、建物のと道路境界線までに、三角形の隙間が出来、そこ...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)

真正面のアングル

世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。 竣工写真のご紹介の続き。 真正面からのアングル写真です。 敷地形状が台形であり、建物に対して道路が斜めに接道しています。 角地の為、見通しをよくする為の「隅切り」も有る。 異形な敷地形状であり、しかも超狭小地。 そんな条件の中で、最大限のボリュームを確保した外観形状となっています。 世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
2016/06/01 10:10

ついに全貌が露わに!!!

世田谷区で進行中の「ミニミニハウス」。 外部足場が解体され、ついに全貌が露わになりました!!! 真っ黒なガルバリウム鋼板の外壁に、真っ黒なガルバリウム鋼板の屋根、真っ黒なアルミサッシ。 そこにアクセントとして、木目の玄関ドアと、これから設置する木目のルーバーで構成した外観デザイン。 台形形状の変形地であり、角地であるがための厳しい道路斜線規制の制限内を目一杯を利用した建物形状。...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)

『ファンタジー住宅建築』はいらない。

計画中の都内狭小地の長屋計画。 建築確認の検査機関への事前申請が完了。やっと、新年を迎えられた心境です。 この計画では、東京都の安全条例の規制から、屋根に軒の出が全く作れません。 敷地内通路のためです。(安全確保と何の関係なのかは?ですが、さておき‥) ここで、計画上ケアが必要なのは、雨水のおダレによる外壁の汚れ対策 です。 ジョリパットなど左官系仕上げでは、雨のたびに外壁が黒ずむ懸念...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋(続)

狭あい道路の端部・19坪ほど住宅地を有効活用させた 木造集合住宅。 厳しい条件の中、重層長屋形式とすることで4住居を実現させました。 この半年。計画はすすみ、現在、実施設計進行中。 来春早々には建築確認申請の予定です。 2016年 スタートの仕事となります。みなさまも よいお年を。 (続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

ミニミニハウス

世田谷区で進行中の「ミニミニハウス」。 ブログ初登場です!!! 敷地面積10坪の狭小地に建つ専用住宅の計画。 前面道路4mの角地の為、2方向からの厳しい道路斜線制限を受けてしまう敷地形状。 しかも、隣地境界線側は、民法上の50センチ以上の距離を保つ条件付。 そんな厳しい条件の中で、その厳しい条件を逆手にとる最大限に活かしたプランが完成しました。 道路を行き交う人の視線か...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)

6年経った今でも

6年ほど前に竣工した「ミチノイエ」。 近くに行く用事があった為、足を運んでみました。 黒のガルバリウム鋼板の外壁は、今なお美しいまま保っており、新築当時と変わらぬ佇まいのままでした。 手掛けた建物が、今も美しいままというのは、私どもにとっても非常に嬉しいことです。 「ミチノイエ」は竣工後、ホームページにアップしたところ、海外のいくつかの国のサイトで、「東京にはこんな道の様な細長...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)

静かな住宅街の狭小地に提案する専用住宅

20坪に満たない敷地(U20)に 40%の建蔽率と80%の容積率。厳しい条件ながら、床面積としてカウントされない地下階やロフトを活用し、最大限の居住スペースを確保します。相談に来られたご家族のかた。この土地を購入し、ご自宅を建築することは決めているのですが不動産やさんから参考にと見せられる間取に、魅力を感じません。こういったプランニング集に共通することのひとつが、既成概念に囚われて作成させている、...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋

計画中、都内19坪の敷地を有効活用した賃貸集合住宅の修正案。都安全条例の関係から、共用部をもたない長屋形式の計画です。 階数や床面積としてカウントされないロフト部分をつくることで これもひとつ、メゾネット形式の住居といえるでしょう。 単身者のみならず、二人住まいも可能な4住居が計画できました。 (続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

狭小地での集合住宅計画・スキップ形式の木造長屋

都内、接道条件のよくない19坪の敷地を有効活用した賃貸集合住宅計画。 都安全条例の関係の制約から、共用部をもたない長屋形式の計画とします。 地域性から、二人住まいでの仕様も想定しておかなくてはなりません。 容積率の対象にならないロフト部分を活用させた、トリッキーなスキップ プロアーの計画案となりましたが、クライアントの方と打ち合せしていき、 も少しシンプルなかたちに精査することにし...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

ビルトインガレージや狭小住宅の注意点

都心部の狭小住宅の注意点 東京23区内、横浜、川崎などの地価が比較的に高額なエリアでは、ビルトインガレージの狭小住宅が多く分譲されています。 特に都心部(世田谷区、大田区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、板橋区)の周辺では、ビルトインガレージの新築3階建住宅が多く分譲されています。 これらの狭小住宅と呼ばれる新築分譲住宅の問題点や注意点、またトラブル事例などをご紹介いたし...(続きを読む

田中 勲
田中 勲
(不動産業)

狭小地での集合住宅計画・木造耐火建築物

都内・城南地区 敷地面積 約24坪の敷地に計画された集合住宅。 商業系地域と住居系地域との地域境界が、計画を複雑なものにする。 軟弱地盤の基礎工事のコストを考慮し、木造耐火建築物として計画。 フラット形式(約6.1坪):2住居 メゾネット形式(約9.5~11.5坪):3住居 敷地のポテンシャルを最大限に活用した、個性的なプランの5住居 からなる都市型集合住宅の計画。 (続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)

キッチンプランを成功させる、意外な4つのポイント

見落とされがちなのですが、キッチンは一番モノが多く、危険も多く、また長い作業時間を要するという特異な場所。 だからこそ、押さえておくべきポイントというのは多いのですが、特に注意したい「見落としがち」とも言える点について考えましょう。 頭より高い位置に食器が? 地震で食器棚が倒れないように押さえていても、中の食器が飛び出てくることは避けられなかったり。それが頭の上から落ちてきたら大変なこ...(続きを読む

松岡 在丸
松岡 在丸
(建築プロデューサー)

50代と家(1)

先日お会いした人からの相談で、現地を見に行く事になり   その人の車で、行きました。 車の中でいろいろお話していて、 その人が50代である事を知りました。 ** 50代・・・ 自分が意識するわけではなくても、周りが変わっていきます。 社会の中で求められる役割が変わります。 親の年齢もいっきに高齢に入り、 それまで意識もしなかった 『老い』 というものを突き付けられます。 その...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)

都心の狭小住宅やデザイナーズハウスのトラブル事例

1.そもそもデザイナーズハウスや狭小住宅って何? デザイナーズハウスの明確な定義は、無い様です。 一般的な認識としては、デザイン性が高い(カッコイイ)建物の事を総称してデザイナーズハウスと呼びます。 東京23区内の都心部や横浜や川崎などの比較的に土地価格が高いエリア(大よそ坪単価150万円以上)でデザイナーズハウスと呼ばれる新築建売住宅を多く見かける事が出来ます。 その殆どのデザイナーズハウスの...(続きを読む

田中 勲
田中 勲
(不動産業)

船橋Kさんの家

実例紹介です。 Kさんの家は、船橋に建つ住宅です。 20坪の狭小地。 Kさんからいただいた御題は、 「ナチュラルに、シンプルに」 20坪の狭小敷地を感じさせない伸びやか空間をつくること考えました。 ナチュラルなフローリング、珪藻土など、自然素材も大切に使っています。 トップライトのある洗面。気持ちよさそうですね。 オフィシャルHPもぜひご覧ください! http...(続きを読む

鈴木 宏幸
鈴木 宏幸
(建築家)

軽井沢Mさんの家

  実例紹介です。 軽井沢の商業地に建つ狭小住宅です。 敷地面積15坪の狭小地。   Mさんからいただいた御題は、 「明るいお家がいい!」    狭小敷地でも、道路側はもちろんですが、 敷地南側の土地が空いていましたので、 そちらからの光の取り込み方を工夫しています。   将来的は建物が建ってしまうかもしれませんので、 階段などの滞留しない場所など、あまり気にしなくて...(続きを読む

鈴木 宏幸
鈴木 宏幸
(建築家)
2013/09/10 18:00

建物のことをよく知らない不動産業者

■建物のことをよく知らない不動産仲介業者   先日、建売の戸建ての内覧に同行の依頼があった。 もちろん、新築である。   完成してから半年ほど経過した物件。 ひどく是正しないといけないような仕上がりではなかった。 この物件の売買形態は売主は宅建業者であり、建築業者。 しかしながら、販売は売主が直接販売しない。 不動産の仲介業者に販売を任せるケースだ。 これは、よくありがちな...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

家作りを成功した人の言葉7

  東京で土地を持つのだから当然小さいものになる。 家が小さいのだから物に面積をとられたくない   ミニ と ヴェスパ を愛するご夫婦の家です。   ご夫婦は、都心に住む事が絶対条件で土地探しをされました。 東京の都心だから土地代が高く、当然購入できるのは小さな土地になり、そこに建てられる家は 当然小さな家になる、と理解されていました。 もともと多くの物を持っていらっしゃいませ...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)

「土地から探す家づくり」で最初に知っておきたい手順

東京近郊で、土地から購入して、 一戸建てを建てるというのは、 誰しも、資金的になかなか大変なものです。 建売住宅であれば、手が届くけど、 いろいろと知ってしまうと、ちょっと不安。 やはり、安心して、自分らしい家づくりを 楽しんでみたい。 そのようにお考えの方は、まず、家づくりの全てのコストを 把握することから始めましょう。 不動産屋さんに勧められるままに、 予定より高い土地を購入して...(続きを読む

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
2013/04/16 22:17

家づくりのパートナー、どんなケースにマッチするの?

A.設計事務所 一般的には ・オジリナリティーあふれる個性的な住宅がご希望の方 ・狭小地、旗竿地、変形地など、立地条件の悪い敷地に建築予定の方 にマッチすると思われがちですが それはもちろんのこと ・アレルギーがあるから体に優しい家とつくりたい ・予算は少ないけどこだわりの家をつくりたい ・ちゃんと施工されるか工事監理をしっかりして欲しい など、 言うなればオールマイティ! ごく普通の...(続きを読む

青沼 理
青沼 理
(建築家)

小さくても広く住めるデザイナーズ狭小住宅セミナー

≪注文住宅を建てたい方必見!! 建築プロデューサーとのコラボ企画≫ 都心に多い狭小地。 土地の坪単価は高くなり、手に入れられる土地の広さも限られます。 また、そもそもある程度まとまった土地にはなかなかお目にかかれないのが実情です。 そこで、都会もしくは駅近の街なかに狭小地を購入し、 そこに建築家と一緒に自分たちの生活スタイルをカタチにしたいという方向けに 『小さ...(続きを読む

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

狭小地

東京都内で家を建てる場合、20坪以下の狭小地である場合が多いです。このような敷地ではもちろんプランニングなども非常に神経を使うところではありますが、最も難しいのは「隠す」テクニックだと思います。 この場合有効になるのが、断面を利用した解決方法です。東京都練馬の家では、半地下部分の寝室の窓、そしてリビングの窓についての工夫を施してあります。半地下の寝室部分に関しては、道路から見ると足元部分に窓を配...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2012/12/18 23:54

キッチンを調理するだけの場所にしない

注文住宅において、キッチンにこだわる方は少なくありません。「食」を生み出す「基地」である台所は、家族の成長と健康を支える要(かなめ)であり、毎日の家事として使いやすいこと、快適であることが求められてくるために、相当のこだわりを抱くことでしょう。しかし、多くのユーザーと話をしていると、そのほとんどが「仕様」にばかり注目していることに気付かされます。オール電化にするかガスにするかで悩み、カウンター型に...(続きを読む

松岡 在丸
松岡 在丸
(建築プロデューサー)

練馬の家

東京都練馬区の周囲を家に囲まれたわずか80㎡ほどの狭小地で住宅の設計を行ないました。 建築面積が11坪ほどしか取れず、高さ制限により2階までしか建てられないこの敷地で必要面積を確保する為に、容積率の緩和のある地下室を利用しました。 地下に寝室等を設け、2階をLDKとして利用できるよう設計しています。 詳しくはhttp://www.masuii.co.jp/へ  (続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2012/11/21 23:01

南道路の土地は買うな!!

南道路の土地は買うな!! 「えっ、本当?」 「なんで?」っと思った方、多いのではないでしょうか? 南道路の土地は決して買ってはなりません。 南道路の土地って、良いと思っている人たくさんいると思うのですが、必ずしも最高ではないと考えています。 というのは、皆さんも普段歩いているときによ~く気にして歩いてほしいのですが、南道路の土地に建っている建物の南側の窓がどういう状態にあるのか良く観察して...(続きを読む

小島 忠嘉
小島 忠嘉
(建築プロデューサー)
2012/11/14 01:00

「障害」に対する表記について

英語で「あなた」は「YOU」としか表記しないのに対し、日本では「あなた」「貴殿」「お前」「そなた」「貴様」など感情や立場によって様々な表現があります。 相手の立場に立った表現や感情により表現をするのは日本特有なものだと思います。 「障害」という言葉は、バリア(障壁)という意味合いで、 それを克服しようとする もしくは上手く付き合っていく方を「障害者」と私は表記してまいりました。 しかし、「害...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)

都心に建つ狭小地3階建住宅-3

  東京都内においては、狭小敷地(20坪以下)において、住宅を建てなければならないケースが少なくありません。  この場合、敷地の条件から許された最大限の広さ(延床面積)を計画すると同時に、採光、通風も確保しなければ問題が発生いたします。   弊社では、このような難解な設計条件に対しても、長年の狭小敷地に対する設計ノウハウにより、快適な居住空間を創造しております。  建築事例  建設地  東...(続きを読む

菊池 克弘
菊池 克弘
(建築家)
2012/09/13 15:54

都心に建つ狭小地3階建住宅-2

 東京都内においては、狭小敷地(20坪以下)において、住宅を建てなければならないケースが少なくありません。  この場合、敷地の条件から許された最大限の広さ(延床面積)を計画すると同時に、採光、通風も確保しなければ問題が発生いたします。   弊社では、このような難解な設計条件に対しても、長年の狭小敷地に対する設計ノウハウにより、快適な居住空間を創造しております。   建築事例  建設地  ...(続きを読む

菊池 克弘
菊池 克弘
(建築家)
2012/09/13 15:23

都心に建つ狭小地3階建住宅-1

  東京都内においては、狭小敷地(20坪以下)において、住宅を建てなければならないケースが少なくありません。  この場合、敷地の条件から許された最大限の広さ(延床面積)を計画すると同時に、採光、通風も確保しなければ問題が発生いたします。   弊社では、このような難解な設計条件に対しても、長年の狭小敷地に対する設計ノウハウにより、快適な居住空間を創造しております。   建築事例  建設地 ...(続きを読む

菊池 克弘
菊池 克弘
(建築家)
2012/09/13 15:07

40代の家造り

弊方ホームページ「非常識な家の建て方教えます」より。40代の家造り http://www.jin.ne.jp/oado/hijousiki.html 既に貴方は何某かの不動産をお持ちですね?マンションですか?中古住宅? マンションを購入された方、いつ頃ご購入されましたか?結婚された頃?あの頃はまだ バブルの影響が強かったですよね・・・マンションも随分高かったでしょう。 ローンはまだ半分以上...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)
2012/09/04 08:05

狭小地での集合住宅・鉄骨造による計画案

24坪ほどの都内計画地。 5台分の駐車スペースを確保しつつ、上部を有効に活用した計画案。 北側にむかい なだらかに傾斜する地盤を利用してスキップさせる。 地上2階・地下1階(‥地上3階ではなく)という構成。 これにより 共同住宅(特殊建築物)でも耐火・準耐火建築物である必要はない。 コストもおさえ、鉄骨のあらわしの表現ができることに。 床の合成スラブは H型鋼の下のフランジ(上のフラ...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)
2012/08/29 17:21

建築家の家づくり

昨日、建築家の設計した住まいを見学。 時々コンタクトを取らさせて頂いている女性建築士の大塚さん。 TVにも時々紹介されている建築家の方です。 都内でオープンハウスを開催しているとのことで見学に伺いました。 狭小で密集した土地にどう設計されて、どう建っているか?? ちょっとワクワク感はあった。 日中はかなり暑いにもかかわらず、多くの...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

狭小住宅

東京都内で家を建てる場合、20坪以下の狭小地である場合が多いです。このような敷地ではもちろんプランニングなども非常に神経を使うところではありますが、最も難しいのは「隠す」テクニックだと思います。 この場合有効になるのが、断面を利用した解決方法です。東京都練馬の家では、半地下部分の寝室の窓、そしてリビングの窓についての工夫を施してあります。半地下の寝室部分に関しては、道路から見ると足元部分に窓を配...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2012/06/25 22:01

練馬の家

東京都練馬区の周囲を家に囲まれたわずか80㎡ほどの狭小地です。 建築面積が11坪ほどしか取れず、高さ制限により2階までしか建てられないこの敷地で必要面積を確保する為に、容積率の緩和のある地下室を利用しました。 地下に寝室等を設け、2階をLDKとして利用できるよう設計しています。 詳しくはhttp://www.masuii.co.jp/へ(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2012/05/30 22:08

未来をのぞく住宅展に参加します。

今日の札幌は、春の暖かな日差し。でも、風が強く午後には雨がパラパラと。 三寒四温の日々。 季節は冬から春へ移り変わろうとしています。 今週末は、「ASJとかち帯広スタジオ 第14回未来をのぞく住宅展」に参加します。 帯広のイベントはとても久しぶりで、とても楽しみ。 駅前のとかちプラザでの開催です。 家創りをご検討されている方は、是非、お気軽にお越しください。 とかち帯広スタジオ 第14回未来を...(続きを読む

石塚 和彦
石塚 和彦
(建築家)
2012/03/30 20:21

「狭小地の建て方、その他」

 写真は目白台の狭小現場の建て方風景です。  道路付けが悪く、住宅密集地のケースでは、普通のクレーン車ではなく、小回りのきく特殊な重機で行います。  それにしても隣家の自家用車とスレスレで、見ている方はハラハラしますね。  近隣に気を使いながらの建て方も、現場監督の大切な仕事のひとつです。  さて、昨日は朝からNCNさんと打合。  SE構法の今後の拡販に向け、私が協力できることを話あってきまし...(続きを読む

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)
2012/03/17 10:23

建て方 進行中。

今年は一段と寒さの厳しい北海道。 内陸では氷点下20度超え(未満?)の声が聞こえてきます。そんな、冬真っ盛りの季節。 今日は仕事をお休みして、早朝から富良野岳を目指します。 雪がちらつく雲の中、時折、光が差す天国のような場所を散歩です。 この空間は日常では体験することのできない、非日常の世界。 きっと、こんな体験が忘れられなくて、登山家は山に登るのでしょうね。。。 さて、昨年の12月から進行中...(続きを読む

石塚 和彦
石塚 和彦
(建築家)
2012/01/29 23:09

モニターハウスでよりよい住まいの情報と身近な家づくり

こんにちは。大阪の工務店アイデン企画の小笠原 英一(おがさわら ひでかず)です。  今回は住まいづくりの変化ですが  数年前は、新聞チラシや雑誌から住まいの情報を得ることが主でしたが、  今では、インターネット上で自宅にいながら時間を問わずに住まいの情報を得ることができます。 弊社はご紹介・リピートでの受注が中心の工務店でしたが、  お客様と共に創ってきた住まいの施工事例をホームページや某住宅ポ...(続きを読む

小笠原 英一
小笠原 英一
(建築プロデューサー)

魚藍坂の家

魚籃坂に面する狭小地に建つ2世帯住宅。敷地の背面は魚藍寺の境内になっている。 階構成は1階が店舗併用で親世帯、2階、3階が4人家族の子世帯である。 各部屋は天井高さに変化を設け、階段で立体的に連続する。 その結果、視線の抜けや異なるスケールがうまれ、限られた空間の中に広がりと変化が内包されている。 主要な居室はあえて魚籃寺側に開放し、独特の眺望を獲得している。***魚藍坂の家の詳細を見る。(続きを読む

佐藤 宏尚
佐藤 宏尚
(建築家)

設計の工夫で耐震性と採光を確保した狭小住宅

こんにちは。大阪の工務店アイデン企画の小笠原 英一(おがさわら ひでかず)です。  弊社では、狭小住宅のご依頼を多くいただきます。 狭小住宅は、狭い土地(狭小地)に建築される住宅です。 前面道路の狭い住宅密集地など特殊な立地が多く、さまざまな制約を受けてしまいます。 それでも、設計の工夫をすれば予算内で 「土地を最大限に生かした明るく広々と暮らせる家」を建てることが...(続きを読む

小笠原 英一
小笠原 英一
(建築プロデューサー)

狭小住宅について

東京都内で家を建てる場合、20坪以下の狭小地である場合が多いです。このような敷地ではもちろんプランニングなども非常に神経を使うところではありますが、最も難しいのは「隠す」テクニックだと思います。 この場合有効になるのが、断面を利用した解決方法です。東京都練馬の家では、半地下部分の寝室の窓、そしてリビングの窓についての工夫を施してあります。半地下の寝室部分に関しては、道路から見ると足元部分に窓を配...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2011/09/12 19:09

ひねくれ者・困り者・・。

なんというか・・ かんというか・・ 建築家、なんて人種はほんとにひねくれ者が多いような・・ 気がします。 どっちかと言うと・・ 「ああ言やあ、こう言う」。 「こう言やあ、ああ言う」。 なんて、嫌みな人が多いような気がします。 私は違いますが・・笑。 とにかく他の人はとにかく・・ 私なんぞは「普通」というのが大嫌いです。 「普通」って何よ? 普通はこうだから? なん...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2011/08/17 20:48

Pike 定例22  検査

RC造のようだが、木造住宅だ。   写真では、ビルのようなイメージで大きく感じるが 狭小地で高くは見えるものの ごくヒューマンなスケール感である。   しかし・・・・電柱が邪魔だ。 この写真 正面ではないが、この建物のもうひとつの「笑顔」だというのに。   先日、写真家と竣工写真の打ち合わせをしていた。 「どうする?って無理じゃない?」 どうするとは、画像編集ソフトで電柱や...(続きを読む

嶋崎 眞二
嶋崎 眞二
(建築家)

狭小地に建つ住宅

東京都練馬区にて完成した家最終引渡し確認を行ないました。 すでに暮らし始めてだいぶ経つのだが、小さな手直し工事などが残っていた為に最終的な確認を行いました。この住宅は、込み入った住宅地にある狭小地に建ちます。敷地を最大限に利用する為に、地下室が設けられており、地上部分には鉄骨構造を利用した架構が建っています。家族が集うリビングルームは最上階の2階に配置されており、そこは鉄骨造の特性を利用して非常...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2011/06/28 20:23

地下室の利用

東京都練馬区の周囲を家に囲まれたわずか80m2ほどの狭小地で住宅の設計を行ないました。 建築面積が11坪ほどしか取れず、高さ制限により2階までしか建てられないこの敷地で必要面積を確保する為に、容積率の緩和のある地下室を利用しました。 地下に寝室等を設け、2階をLDKとして利用できるよう設計しています。 詳しくはhttp://www.masuii.co.jp/へ(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2011/05/27 22:42

飯塚の家、まもなく完成します

埼玉県川口市にて進行中の飯塚の家が完成を迎えようとしています。 狭小地に建つこの住宅では家の中心部に円柱が貫いていて、その中には螺旋階段が収められています。写真はキッチンからリビングを見ている様子です。道路側に空けられた大きな開口部のあるスペースは、内部で洗濯物を干すことのできるインナーバルコニーとして利用される予定で、ワーロンなる障子風のアクリル板でリビングスペースと仕切られます。乳白色のワー...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2011/04/09 18:16

螺旋階段の効果

埼玉県川口市にて進行中の住宅の階段手摺りが取り付けられました。 この家は20坪程度の狭小地に建つ3階建て住宅です。当然1フロアーのプランは非常に小さいく、階段の面積は必要最小限におさえたいので、フロアーのほぼ中心に螺旋階段を配置することになりました。通常の螺旋階段というのは1坪で納まることができます。しかもそれをほぼ中心に配置することによって、間仕切壁としての要素も与えられます。つまり階段が空間...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
2011/02/25 21:15

100件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索