「自然素材」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「自然素材」を含むコラム・事例

1,191件が該当しました

1,191件中 1~50件目

【予告】神奈川県で呼吸&ウォーク講座 開講

歩くことは生きること YURUKU®ウォーク (前Noriko式ウォーキング)考案者 Norikoです。 先日、YURUKU®イントラの宴会で神奈川県のYURUKU®公認インストラクターの恭子先生に尋ねられました。 「愛甲郡にNoriko先生に来て頂くことってできますか?」 YURUKUウォーカー®認定講座を終えた方々に 呼吸&ウォーク講座を受けてほしいということでした。 恭子先生自身が呼...(続きを読む

Noriko
Noriko
(パーソナルスタイリスト)
2017/07/31 09:59

建築家、設計事務所の役割とは?家づくりリフォーム相談会「住スタイルTOKYO2017」

設計事務所・建築家の役割とは? 家づくり、リフォーム、リノベーション相談会「住スタイルTOKYO2017」に出展しています。 6月8日(木)~11日(日)東京ビックサイトにて。 不安や悩み相談、間取り相談、インテリア相談、構造相談、インスペクション相談などなど 暮し手のスタイルにあった家づくりの相談にお答えしています。 建築家、設計事務所にたのむとどうなるのか? 建築家、設計事務所...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

床下暖房の平屋の木の家 エアコン設置

我孫子市で工事中の床下暖房の平屋の家でエアコンの設置工事中です。壁掛け用のエアコンを床下に設置して、床下全体にエアコンの暖気、冷気を送ります。 冬はあたたく、夏は涼しいヒートショックのない家を2台のエアコンで計画しています。1階の床の要所要所には60×600の木製床通風口が15ヶ設置されます。 建築主のYさんと2人3脚で設計の段階から先例や資料を調べながら、ここまでやってきました。...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

木目調チェリー色、天板ワイドなペニンシュラタイプキッチンの施工実例

今日は、キッチンの施工実例をご紹介いたします。 ペニンシュラタイプ(片側が壁にくっついているオープンタイプキッチン)の実例です。 東京23区内、木造2階建、高断熱・高気密、長期優良住宅認定のお住まいです。 1階LDKのキッチンです。 どちらかといいますと、キッチンには、こだわって、建て主様が、費用をかけられた施工例です。 キッチンの天板は、ステンレスをご採用いただきました。 ヘ...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(建築家)

我孫子市の「床下暖房の平屋の家」完成現場見学会のお知らせ

我孫子市の床下暖房の平屋の家は60代のご夫妻お二人のための延床面積約28坪の木造平屋の小振りな住まいです。南側に大きなデッキテラスを計画して、光と風を家中に取り込んで明るくて風通りのよい住まいを実現しています。   2つのエアコンを床下に設置して、暖気・冷気を床下に送ることにより、冬は家全体をあたため夏は涼しくする「床下暖房の家」を目指しています。   屋根なりの勾配天井のリビングには2つ...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

ゴム手袋で握る寿司

いつの頃からか、テレビでプロのお寿司屋がゴム手袋をして寿司を握るのを見かける様になりました。原因はノロウィルス対策である事は容易に想像できます。人が直接口にするものを素手で調理するのは如何なものかと言う配慮なのでしょう。 しかし私はゴム手袋で握られた寿司が何か汚いモノに見えて仕方がありません。 理由は、ゴム手袋さえしていれば、見た目清潔そうで仮に集団食中毒が発生していても、衛星管理はしていたと言い...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)

11月に入居した青梅市のKさんからお便りをいただきました

11月に完成して入居したKさんからお便りをいただきました。Kさんのお住まいは中庭のある平屋の家です。中庭にはヤマボウシを植えて、四季の移り変わりを楽しみながら暮らせる住まいになっています。Kさん、お頼りをありがとうございました。   「早いもので、新居に引っ越してからもう少しで1ヶ月になります。 住んでみて感じたのは、断熱性能の高さです。 冬暖かい家をとお願いしていましたが、期待以上です。...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

「自然素材でつくる呼吸する住まい」の本をプレゼント

「自然素材でつくる呼吸する住まい」を出版して12月でちょうど2年になります。出版2周年を記念して、「自然素材でつくる呼吸する住まい」を先着5名の方にプレゼントします。   自然素材の情報や自然エネルギーを利用する住まいの情報など家づくりを計画中の方にお役に立つ情報が満載の本です。   メールなどでお気軽にお申し込みください。先着5名の方に無料で郵送します。  メール:kurihara@k...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

青梅市の中庭のある平屋の家(長期優良住宅)完成現場見学会のお知らせ

青梅市の中庭のある平屋の家は延床面積約29坪の木造平屋の小振りな住まいです。 家の真ん中に6畳分の中庭を計画して、光と風を家中に取り込んで明るくて風通りのよい住まいを実現しています。   中庭には落葉樹のヤマボウシを植えて、暮らしの身近かで四季の移り変わりを楽しむことができます。屋根なりの勾配天井のリビングには1段上がった畳コーナがあり、ゴロッと横になって畳の暮らしを楽しみながら快適に暮らす...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

3種類の自然素材の断熱材を使っています

現在工事中の中野区のT-HOUSEには、いつもの光設計定番の3種類の断熱材を適材適所で使っています。 屋根裏にはマツナガのセルロースファイバーを厚さ15cmで吹き込んでいます。外壁の外側には厚さ2.5cmの日本インシュレーションのBau-bio断熱Nを張り、柱間には羊毛の断熱材ウールブレスを充填しています。 3種類とも自然素材の断熱材で吸放湿する機能があります。   住まいの断熱性能を上げ...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

入居後の1年点検に行ってきました

杉並区で昨年の8月に入居したM-HOUSEの1年目の点検に行ってきました。お引き渡しの日も猛暑の日でしたが、1年点検の今回も暑い!! でも家の中にはいると、エアコンは控え目運転なのですが、過ごし易い。 この家の中の快適さは、使っている断熱材のBau-bio、セルロースファイバー、羊毛のウールブレス、可変透湿気密シートのザバーン、珪藻土や無垢のくりこま杉、チークなど自然素材の相乗効果なので...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

OB建築主さんからお便りをいただきました

2015年9月に埼玉県所沢市に完成したIさんからお便りをいただきました。 Iさん、ありがとうございます。   「先週土曜から妻が出産の為に群馬に里帰りしています。   里帰りの間は平日はしばらく一人暮らしですが、日中留守にしている間に所沢は随分暑くなっている様です。   そこで毎晩帰宅してからは、一旦家中の窓を開けて風を通してやり、しばらくしてから冷房を使う様にしています。また、雨ど...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)
2016/07/08 15:26

家づくり相談会「住スタイルTOKYO2016」出展

家づくり、リフォーム、リノベーション相談会「住スタイルTOKYO2016」に出展しています。 5月26日(木)~29日(日)東京ビックサイトにて。 間取り相談、収納家事相談、構造相談、インスペクション相談などなど 暮し手のスタイルにあった家づくりの相談にお答えしています。 建築家、設計事務所にたのむとどうなるのか? 建築家の考えた55の間取り集や写真・住宅模型の展示をしています。 ...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)

「江戸Styleの家」オープンハウスを5月28日(土)に開催します。

「江戸Styleの家」オープンハウスを5月28日(土)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。約11年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。       *「江戸Styleの家」はエコの取り...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

「放射能の汚染や、有害な化学物質を使わず、電磁波にも配慮した家に暮らしたい」

3.11東日本大震災後に、福島原発の放射能による健康被害を心配して、関東からも西へ避難、移住。最近そういう方々からの相談が増えてます。 しばらく無料で、そういう相談には電話やスカイプで乗ることにしました。 「放射能も心配、安全で安心できる家がほしい」その気持ちが通じて、家を持つ相談にのれる専門家。なにせ『サバイバルデザイン』(^ ^)…。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 移住したかた...(続きを読む

須永 豪
須永 豪
(建築家)

サウジ・イラン情勢と暮らしの変化

イスラム教同士の争いでサウジとイラン間の断絶がニュースになってますが、これにより石油価格の高騰が心配ですね。 今のところガソリンの価格が久しぶりに安い状態なので喜んでいましたが、また上がるかもしれません。。 また、住宅設備機器も石油製品が多いのでユニットバスなども価格変動が起きないか心配です。 住宅において「エネルギー」に関しては、太陽光発電や省エネ技術が進化してきましたが、製品に関し...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2016/01/06 00:01

仕事の事例をご紹介頂きました。

住環境セラピスト&レジデンシャルオーガナイザーの小森あきです。 シルバーウィークも終わりましたが、何だか又雨模様ですね…。 うち娘の小学校もですが、来月は運動会も多いのでは?秋晴れが続くといいですね! さてさて今回は、私のお仕事が事例紹介としてレジデンシャルオーガナイザーのサイトに掲載頂きました。 お客様は御主人様の定年を、機に建て替えを決断。自然素材をウリにしたこだわりの工務店さんにお願いし...(続きを読む

小森 あき
小森 あき
(インテリアコーディネーター)
2015/09/25 09:07

「クウソウノイエ」作品ページをアップしました。

加藤幸彦(エス)です。 2014年2月に完成していました「クウソウノイエ」。 ようやく作品ページUPです。 キーワードは、 ・自然素材・ソラをおもう家・空想の世界のような家・スキップフロア・天井の高い、青空の下のリビングルーム 詳しくは「クウソウノイエ」作品ページをご覧ください。http://open-g.net/press/archives/1599 ******************...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)

「医住同源」という考え方

「医食同源」という言葉がありますが、生活習慣病の原因としては運動や食べ物だけのせいではなく、住環境も作用していると設計に携わっていて感じます。 「住居内の段差は反って運動に良い」と唱えるかたもおりますが、住宅内の安全確保は第一ですので健康なうちから段差解消はしたほうが良いと思います。 健康住宅というと「天然素材・自然素材」を使用した家が一般的に知られていますが、人間の五感を考えた間取りに...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2015/02/03 00:03

第17回ASJ東京東スタジオ建築家展に出展します

ASJ東京東スタジオが主催する第17回建築家展に出展します。建築家7組がパネルや模型などを展示して一般の家づくりを計画中の人に建築家との家づくりについてお伝えします。   私は会場内でセミナーも開催します。「自然素材でつくる呼吸する住まい」をテーマにスライドなどを見ていただきながら1時間くらいお話を予定しています。江戸川区周辺のお近くの方のご参加をお待ちしています。   会期:2015年2...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

出版記念セミナーのお知らせ

一般財団法人経済調査会から出版した「自然素材でつくる呼吸する住まい〜自然素材&自然エネルギーの家づくりハンドブック〜」をテキストにして出版記念セミナーを開催します。 これからますます大切になる環境やエネルギーに配慮した家づくりについて誌面の関係で本に掲載できなかった写真や資料なども見ていただきながら詳しくお話をしたいと思っています。 自然素材や自然エネルギーを利用した家づくり...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

光設計のムックの本が完成して出版されました

一般財団法人経済調査会さんからムックの本を出版しました。今年の初めから原稿を執筆していてようやく本の形になりました。 本のタイトルは「自然素材でつくる 呼吸する住まい」 A4変形判 112ページ 980円(税込み)です。 いままでに設計したたくさんの住宅の写真を使わせていただきながら、光設計オリジナルの自然素材&自然エネルギーの家づくりの本になっています。これからの時代に大...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

「江戸Styleの家」オープンハウスを開催します

「江戸Styleの家」オープンハウスを11月29日(土)に開催します。2005年7月に竣工した自邸です。ちょうど9年半が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともに美しく変化(経年美化)している様子を確認することもできます。自然素材の小振りな住まい、あたたかく気持ちのよい和モダンな住まいの雰囲気をご自身の目と心で体感してください。       *「江戸Styleの家...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その31見せる&魅せることの効果を活用しよう

第3章:プレイスの健康状態を調べよう ⑨こだわりを見せる伝えることの効果に気づこう 「この店は、『お店で手作りしているお惣菜』が売りで強みなのに、なぜキッチンが売り場から見えないのですか?」 あるスーパーマーケットのコンサルタントが、業績不振のスーパーマーケットを訪問した時に尋ねた言葉です。 このスーパーマーケットでは、その店のキッチンで手作りしているお総菜が自慢で、それを目当てにたく...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(ビジネスコーチ)

フルコン住宅と自然派住宅の単位時間。

知って建て知って住むということ・・3   昨今の住宅というのは・・室内環境からエネルギーまで全て最新鋭の機械でコントロールするフルコン住宅。機械機器などを極力廃し全てを自然素材で建てる自然派住宅。この2系統に完全に分かれてきているようです。  はっきり言って両極端です。究極の住宅です。  どっちが正しい?そんなん知りません。好みです。  ただ・・やはりどちらも極端すぎるような気がしています。 ...(続きを読む

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
2014/08/25 16:50

オフィスデザイン

オフィスデザインのプロジェクトです。 二週間前に、初めてお客様と会い、月曜日にプレゼンして、明日から工事が始まります。 なんてスピード感! オフィスの中に、木の箱を格子で据えます。 今更ですが、自然素材である、木を上手く使って、空間を創りたい。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所(続きを読む

小木野 貴光
小木野 貴光
(建築家)

オフィスデザイン

オフィスデザインのプロジェクトです。 二週間前に、初めてお客様と会い、月曜日にプレゼンして、明日から工事が始まります。 なんてスピード感! オフィスの中に、木の箱を格子で据えます。 今更ですが、自然素材である、木を上手く使って、空間を創りたい。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所(続きを読む

小木野 貴光
小木野 貴光
(建築家)

◆暮らしに北欧

インテリアコンサルタントの石井純子です。 ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています! 北欧インテリア、根強く人気がありますね。 今週24日(木)から、池袋西武本店で、楽しそうな催事がありますよ! テーマは「暮らしに北欧」 24日(木)~28日(月)までの開催 です。 普段の仕事で...(続きを読む

石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
2014/07/21 12:16

「吉祥寺のエコハウス」完成見学会のお知らせ

「吉祥寺のエコハウス」の完成現場見学会を開催します。 吉祥寺のエコハウスは旗竿状の敷地に建つ延べ床面積約36坪の木造2階の住まいです。太陽熱ソーラーシステムでお湯をつくり、家中のお湯と床暖房に太陽熱を利用するエコハウスです。 リビングには小上がりの畳コーナーもあり、障子の開け閉めで広くも狭くも快適に暮らすことができます。リビングの一部は屋根なりの勾配天井にして2つのトップライトから光を取り...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

大和K邸がサンワカンパニー施工写真集ARCHIVESに掲載

サンワカンパニーの施工写真集 ARCHIVES Vol.15 FLOORING 第1版に掲載された「インナーガレージと2つの中庭の家」大和K邸が 6月初めに発行された第2版にも引続き掲載されています。   使用している材料は、杉の間伐材の集成フローリング。 見た目は柾目のように伸びやかで、やわらかく温かいので素足にも優しく、 そして環境にも優しいエコな建材です。 http://m3...(続きを読む

中辻 正明
中辻 正明
(建築家)

西新小岩T邸がサンワカンパニー施工写真集ARCHIVESに掲載

「大階段LDKの家」西新小岩T邸がサンワカンパニーの施工写真集ARCHIVES Vol.15 FLOORING の第2版(2014.06.01)の16ページに掲載されています。 玄関ホールと階段にサンワカンパニーのソノクリン無塗装乱尺90を採用。 ソノクリンはローズウッドとも紫檀とも呼ばれるマメ科の高級材。黒に近い濃い紫色の独特の色合いが特徴です。その素材感を活かすために自然素材の艶消しクリア塗装...(続きを読む

中辻 正明
中辻 正明
(建築家)

自然素材の平屋の住まい「川越・平屋の家」見学会のお知らせ

「川越・平屋の家」の完成現場見学会を開催します。 川越・平屋の家は約130坪の敷地に建つ延べ床面積43坪の平屋の住まいです。太陽熱ソーラーシステムでお湯をつくり、家中のお湯と床暖房に太陽熱を利用するエコハウスです。リビングには小さな畳コーナーもあり、デッキテラス越しに庭の緑をみながら1日をゆったりと過ごすことができます。引き戸や欄間など昔の風通りの知恵をアレンジしながら、明るくて風通りのよ...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

間取り塾セミナー第2回目を6/14に開催します

間取り塾3回連続セミナーを開催しています。家をつくるときにいちばん気になる間取りの考え方や住まいに光と風を取り込む工夫、自然素材のメリット・デメリットなどを分かりやすく実例の写真をたくさん見ていただきながらお話します。最後の回は完成した住宅の見学会です。座学で学んだことが実際の家づくりでどう生かされているのかを現地で見学をしてもらいます。   家づくりを計画中の方には参考になるころがいっぱいだ...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

私の目指すものとは・・・!

湘南にはナチュラル系な自然素材が似合いますが・・・ それが20年前に作り出した「湘南スタイル」と言われるものですが~~~! 実は私の心の奥にあるイメージは子供のころから海外の住宅に鶏頭しておりどうしても今ではモダンさを兼ね備えたモダンエレガントが好きですね! 今回のSpazio Biancoもその延長線上に創造されたデザインです。だから、今回の家具はモダンテイストの住宅にピッタリ合うんです...(続きを読む

稲垣 史朗
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

16年前に完成したTさんのお住まいに行ってきました

府中市のT-HOUSEは1998年の秋に完成しました。自然素材でできた小さな平屋の呼吸する住まいです。家の真ん中に6畳分の中庭があります。その中庭から光と風を取り込みながら気持ちよく過ごせる住まいを計画しました。   今日は雨が降っていましたが、家の中は照明なしでちょうど落ち着く感じの明るさでした。作りつけの家具は全てベネソファー家具さんのオリジナルです。Tさんが新しく購入したオーデイオのスピ...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

間取り塾3回連続セミナーを開催します。

  間取り塾3回連続セミナーを開催します。家をつくるときにいちばん気になる間取りの考え方や住まいに光と風を取り込む工夫、自然素材のメリット・デメリットなどを分かりやすく実例の写真をたくさん見ていただきながらお話します。最後の回は完成した住宅の見学会です。座学で学んだことが実際の家づくりでどう生かされているのかを現地で見学をしてもらいます。   3回の連続講座ですが、家づくりを計画中の方には参...(続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

アシスト4月 2014

今年の4月初めは少し寒かったから、 桜がちょうど入学式あたりに咲いて 花びらがはらはらと舞って、きれいでしたね 外でも春の花が咲き明るくなりました! レッスンではブーケアシストを使って花束を作りました。 自然素材ので色も紫色などのラフィアで巻かれたものです。 黄色のフリージアなどと合わせたら一層明るくできました。 (続きを読む

松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
2014/04/19 16:18

アレルギーと日常生活

アレルギーで有名なのは、この時期の「スギ花粉アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」などがありますが、最近のお子さんに多く見られるのが「食物アレルギー」ですね。 昔に比べ、今の学校給食ではアナフィラキシーショック防止のためのチェックがしっかり行われていると聞き驚きました。 食べ物の好き嫌いではなく、食べてしまったら大変なものがあるという認識は、食品を扱う業者さんにとっては重要項目になりま...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
2014/03/29 21:45

ベーキングパウダーを使わないお菓子作り

10数年前にお菓子教室をスタートさせたとき、「できることならベーキングパウダー(以下BP)を使わずにお菓子を作っていこう」と決めました。 それはパリで料理学校に通っていたときに製菓講座のおじいちゃん先生が、BPなしでお菓子をすいすいと作る姿を見たのがきっかけです。レシピには書かれていたとしても、どうしても必要なとき(たとえばマドレーヌのぷっくりしたおへそ)以外は、使われないのです。それまで...(続きを読む

塚本 有紀
塚本 有紀
(料理講師)
2014/02/23 13:11

珪藻土 左官職人施工動画3・栃木県宇都宮市

珪藻土塗り。 当社で使っている珪藻土はケイソウくん。 10年以上使っています。 ヨシダクラフトの注文住宅、リフォームでは、 珪藻土は、室内の壁と天井の仕上げ材として使用。 質感が良く調湿作用があり、間接照明を当てると柔らかな雰囲気が広がる。 自然素材ブームで様々なメーカーが珪藻土を作っていますが、 中には珪藻土の「け」の字もない、 「なんちゃってメーカー」もありますから、注意が必要です。...(続きを読む

吉田 武志
吉田 武志
(建築家)
2014/02/19 09:30

儲けるのではなくて、自然を維持して守っていく

家づくりのスタンスにおいては、事業者は次の二つのことを考えています。 すなわち、 如何にして収益を上げるか 如何にして自然を守るか これはどんな業種においても共通なのかもしれません。 とはいえ、家づくりにおいてはこれがとても大きな違いを生み出します。 家は他のどんな物的商品よりも長く使う 家は少なくとも30年くらいは使いたいものですよね? 私の建てる家は100年使うというものもあり...(続きを読む

松岡 在丸
松岡 在丸
(建築プロデューサー)

杉板は安っぽい?

杉板は安っぽい? sato*sato [木造住宅リノベーション] 「杉板ってなんだか安っぽいイメージがあるんです。 ログハウスみたいというか・・・」 私のこれまでの仕事の写真を見て それなりの年齢のある人に そう言われました。 ちょっとショックでした。 杉板とともに私の仕事に対してのイメージという事ですから。。 まあ、でも、、、 イメージだけの話ですから、 それはわからなくもな...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)

イベント用リップの色調合が難しかった…(T・T)

どもども。 昨日は私のぽっちゃりした手をご堪能いただきましたが、 本日も引き続き、この手をご覧ください 当然ですが、色を作りました で、この染料?とは言わないのかな? を混ぜて、思い通りの色を作るのが大変で大変で… 少量でもものすごーく濃い色がつくものもあれば、ほとんど色のつかないものもあり、 この調合だけでかなりの時間を費やしました。 やはり自然素材なので、どうしても色の限界が生じま...(続きを読む

安田 紀子
安田 紀子
(イメージコンサルタント)

ナチュラルハウジング誌のインフォメーションに載せてもらいました

ナチュラルハウジングは季刊の自然素材の家づくりをテーマにしているムック本です。2013年vol.5が11月15日に発売されました。 そのなかのインフォメーションのコーナーに、2013年12月15日に開催予定の「江戸Styleの家」のオープンハウスのお知らせを載せてもらいました。 このインフォメーションをご縁にして参加してくれる方がいてくれると嬉しいです。    (続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

テレビ東京の取材がありました

喜多見の家がテレビ番組の取材を受けました。テレビ東京の「7スタライブ」という朝の生活情報番組です。アイデア住宅特集の中で、5〜10分くらいの時間だと思いますが放映される予定です。自然素材のお話、雨水利用のお話などもインタビューに答える形で収録してもらえましたので、お時間ありましたら観てください。放送予定は11月18日(月)9:28〜11:13の番組の中で10:00前後だと思います。  (続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

2DKマンションを木の家にリフォーム

マンションのフルリフォームの例です。2DKのマンションを収納を充実させながら自然素材を使って木の家にリフォームしました。マンションは窓のサッシや玄関扉は共用部の扱いになることが多く自由に変更することは難しいのですが、専用部分の内装は自由に間取りを変えたり、素材を変えたりすることができます。木の家にリフォームすると、マンションとは思えないくらいの気持ちのよい空間になります。  (続きを読む

栗原 守
栗原 守
(建築家)

八千代市・まもなく完成

こちらの新築工事がいよいよ完成が近づいてきました。 昨日の写真の一部をご覧いただきたいと思います。 外壁 漆喰ハンダ壁 高知産 内壁 漆喰  栃木産 床材 杉   徳島産 塗装 プラネット ドイツ製 古材として、ケヤキの柱、松梁を再使用しています。 など、国産の内装材と特選・自然素材をつかってつくる 「木と漆喰の家」です。 ...(続きを読む

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)

1年目のメンテナンス。

 梅ヶ丘「ホットケーキパーラー・リトルツリー」昨年の9月にオープンして・・・もう1年。 偶然に店主夫妻が散歩の途中に世田谷代田の工房の前を通り、偶然にその日工房にいた私が「インテリア相談承ります!」的なチラシを出していたところから始まった「リトルツリー計画」。 なるべく自分達で出来ることは自分たちの手で…。 新木場の材木屋さんにカウンターやテーブルに使う木材を見に行って、店主自ら夜な夜なヤス...(続きを読む

斉藤 克雄
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)

広間・小間・立礼茶室/使い勝手と予算で考える

3階建てコンクリート造の戸建て住宅の1階で茶事ができるよう、寄付待合を兼ねた玄関、中庭と南庭の二つの露地庭、八畳下座床の広間、四畳向切りの小間、立礼席としても使える土間、水屋を組合せました。  茶室で使う畳は京間畳といって関東のものよりも大きく寸法も決まっています。これは炉縁の大きさや茶道具を置く位置などが畳の大きさや畳目で決まっているからです。茶室をつくるときの注意点はこの京間畳にすることが...(続きを読む

堀 紳一朗
堀 紳一朗
(建築家)
2013/10/22 10:00

一流のコックvs妻の手料理。勝ったのはどっち?

ある国で、食に関する実験をしたそうです。 妻の食事が美味しくてたまらない、という男性に対して、プロ中のプロで、その国でも指折りの一流コックと言われる料理人たちが、自らの料理で闘いを挑む、というものでした。 厳選された素材、世界中を渡り歩いて習得した技術、男性の好み。あらゆるものを駆使して数々の素晴らしい料理を整え、振舞ったのです。 男性の反応は、「どれも美味しい」というものでした。 次に、...(続きを読む

松岡 在丸
松岡 在丸
(建築プロデューサー)

1,191件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索