コーチング研修の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

コーチング研修 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

根本 雅子

経営コンサルタント

魅力・可能性開花を多角的にサポートするイギリス発コーチング

L.C.Lのロゴは、白鳥がテムズ川から飛び立つ瞬間を見て、イメージしました。「醜いあひるの子」が変化した様に、誰もが、素晴らしく、見事に、美しく自分の望む方向へ…

根本 雅子

廣瀬 孝一

人財育成/セールストレーナー/プロコーチ

人のポテンシャルを引出し一人一人の成長で業績向上をサポート

人財における「もったいない」を無くしたい。物事の捉え方/スキルの向上で結果が変わります。従業員の成長で業績が変わります。マネージャー研修などの階層別や提案…

廣瀬 孝一

南 マーサ

ビジネスコーチ

元気にキラキラ輝いて生きることを心と身体の両面からサポート

薬剤師免許を持つコーチです。医師等医療スペシャリスト、医療機関・医療関連企業のエグゼクティブ・ビジネスパーソンのビジネスコーチ、パーソナルコーチ、ビジネス…

南 マーサ

専門家が投稿したコラム

どうしてできないの? と言われ続けて育ちました

応援している人が、どんどん新しい仕事と新しい人とのご縁が繋がって、どんどん、どんどん。目指すところに前進していく姿を見せてくださる。何よりの幸せを感じます。 「小さいころ、よく『どうしてできないの?』『なぜできないの?習ったんでしょ?』と責められました。そのせいか、自分に自信がもてなくて・・・ついつい、小さなことばかり気にして、大きな問題を見過ごしてしまうので、仕事が任せてもらえないんです」とクラ...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

究極がきっかけになる

「結局のところ、受講の動機付けは、死ぬほど嫌な思いをさせることですかね?」先日、これから支援を始めさせていただく会社の経営幹部の意見は、少々乱暴ですが、的を射ています。 成長意欲は、誰にもあると言われます。確かに、誰の中にも成長意欲はあるものです。しかし、それは、案外意志の下の下の方に埋もれており、その存在を自覚している人は少ないか、あるいは、恐怖に裏付けされた「成長しなければならない」という形に...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

気づく部下ばかりでないことを知る

夏休みを過ごしている方。毎日、慣れない仕事に苦戦している人。いつも来店されないお客様のニーズを引き出そうと、工夫している人。 さまざまな時間の過ごし方をされていることと思います。 わたくしは、久しぶりに一人の事務所での仕事に。毎日、脳が異常に興奮しており、結局、集中力が続かない時間を過ごしています。 さて。今日は、上司の皆さんのコーチング力アップのために、部下との接し方について、まとめてみました。...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

チャンスは誰の手元にあるのでしょう?

7月2週目の月曜日。さぁ、後半、巻き返します!と思う人も、後半も引き続き、突っ走るぞ!と思う人も。心の中に思うだけでなく、誰かに声に出して伝えてみましょう。思いを行動につなげ、結果につなぐには。人に話すことを大事にしてくださいね。 さて、チャンスは、誰の手にあるのでしょう。チャンスは、夢のある人の手に、何度でもやってきます。夢が続く限り。チャンスも続くのです。自分を突き動かす原動力が、夢が続く限り...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

人を育てる循環

人は、「任せるよ」 で責任感をもつ。人は、「やれるさ」 で行動を起こす。人は、「ありがとう」 で育ち、育った人から育てた人へ 「ありがとうございます」 が戻ってきます。シンプルな循環。今日から、心がけてみましょう。

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • コーチング研修に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積