経営コンサルティングの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

経営コンサルティング の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

小澤 康宏

経営コンサルタント

組織の常識を壊して企業経営を創造する

中小建設企業の経営改革に特化した経営コンサルタントです。特に、地方の中小建設企業の経営者及び後継者の皆様における経営上のお悩みにお応えするコンサルタントで…

小澤 康宏

小笠原 隆夫

経営コンサルタント

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制…

小笠原 隆夫

小松 和弘

経営コンサルタント

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓…

小松 和弘

山本 雅暁

経営コンサルタント

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた…

山本 雅暁

利用者からのQ&A相談

債務のある事業譲渡と税金

毎年赤字の個人事業です。甲会社から、運営資金の立替金の債務あります。乙法人が商号もそのまま継承で債務を肩代わりの形で、事業(営業権)譲受してくれます。債権者甲の承諾はあります。譲渡額は、債務(負債)額とほぼ同額ですから評価額はありません。このような場合に譲渡税とか消費税はどうなるのでしょうか。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

担当者の質やスキルが大きく違う取引先との付き合い

私はフリーランス歴10年超で、8年以上お付き合いのあるクライアント(A社)との今後について悩んでいます。6年ほど担当してくれたA氏が異動になり、B氏がメインの担当者になりました。この頃から、1フリーランスに1担当者制ではなくなり、プロジェクトごとに違う担当者が連絡してくるようになっていたのですが、私のメイン担当者はB氏でした。B氏はやり手で、多くの案件を獲得するのですが、スケジュール管理や請求書の...

回答者
坂上 哲也、
戦略的Webコンサルタント
坂上 哲也、

法人の屋号や契約など

主人の事業と合わせて法人に私の事業を組み込むか検討中です法人に組み込む際、現在の屋号をそのまま使いたいのですが、屋号を二つにすることは可能でしょうか?(主人の事業の屋号と私の事業の屋号)法人にした場合、他の所とお取引する場合は、業務委託契約をすれば、同業でもビジネスパートナーとして契約可能でしょうか?ご教授よろしくお願い致します。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

ITだけで当社がその地に海外展開に適するかどうか判断

中小企業の経営部門に所属している管理職の者です。海外展開を考えているのですが、最初から駐在員事務所を考えずにITだけで当社がその地に海外展開に適するかどうか意志決定をしたいと思います。手順としては1.現地のJETROなどを訪問し、おおままな調査2.日本人スタッフとコンタクトできるローカルの市場や技術に詳しい人と請負契約をする3.管理部門に関してはアウトソーシングをすると大まかに考えています。専門家方のアドバイスを頂ければ幸いです。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

海外で日本の洋服、アクセサリー、雑貨などをネット販売する

ヨーロッパ在住です。私が住んでいる町では、物価が高い上、お店が少ないので、日本から洋服、アクセサリー、又は雑貨などを仕入れ、ヨーロッパ(ローカル)を対象に販売したいと思っています。日本から商品を仕入れるにあたり、輸入税など、現地の法律を調べるにあたり、海外にあるジェトロなどに相談できるのでしょうか。又、日本の中古品の販売にも興味があります。贅沢をいえば、店舗も構え、ネット販売と平行してやっていけた...

回答者
岡村 陽介
行政書士
岡村 陽介

専門家が投稿したコラム

収益の確保は依頼人の最優先事項

 専門家にとり結果が全てです。依頼人が専門家を活用したいということは、切羽詰まった状態だということです。 この依頼人の一秒たりとも猶予のならない状況に、専門家が遭遇できたならば、依頼人に感謝すべきであり、徹底的に寄り添う覚悟で対処する必要があります。困っている状況から目をそらすような対応しかできない専門家であれば、それは問題です。 そこで収益の確保は、現状のやり方において何が問題なのかを明らかにし...

小澤 康宏
執筆者
小澤 康宏
経営コンサルタント

【IT活用・インターネット活用】無料経営相談会のお知らせ

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は無料経営相談会についてのお話です。 神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県の中堅・中小企業経営者、後継者、起業家の皆様を対象に、無料経営相談会を開催します。 今回のテーマは「IT活用・インターネット活用」です。 近年インターネットが普及し、企業におけるIT活用が急速に進んでいますが、それに伴いIT活用で悩みを抱える企業が増えています。 例...

長谷川 進
執筆者
長谷川 進
経営コンサルタント

私が依頼人に求めること

 ずばり、「経営哲学」です。経営コンサルタントの私は、依頼人の企業に対する思いや経営の原点に抱く考えなどを聞くことで、サポーティングの骨子を組み立てます。 私は、依頼人にどのように寄り添えば良いのか、又企業をどのような方向に向かわせれば良いのか、そのための課題は何なのかを知るために依頼人の「経営哲学」を知るように努めています。                                    ...

小澤 康宏
執筆者
小澤 康宏
経営コンサルタント

建設業界に特化した専門家に必要なこと

 建設業界に特化した専門家に必要なことは、業界の特徴や知識に長けていることは勿論ですが、一番大事なことは、依頼人の目の前で起こっているに、同じ目線で考えてくれる専門家なのかということです。                                                               つまり、建設業界を取り巻く地方の環境変化、具体的に言えば、公共工事の事業量減少や若者の...

小澤 康宏
執筆者
小澤 康宏
経営コンサルタント

依頼人から信頼を勝ち取るには

 専門家は、何よりも「依頼人に寄り添った指導と気配りのできる人」であるべきです。まさに依頼人が困っていること、さらに組織を構成する従業員一人一人の声も無視できません。                                                        では、すべての方々の声に一つずつ応えていくのかと言えば、それは現実に難しいことです。つまり、これらの方々に誠実に向き合う場...

小澤 康宏
執筆者
小澤 康宏
経営コンサルタント

サービス

メール相談

カテゴリ:経営コンサルティング全般

料金:無料

場所:---

佐藤 宏樹

佐藤 宏樹

(公認会計士(日本/米国))

ワンショットコンサルティング(電話)

クライアント様がお持ちの課題やテーマに沿って単発のコンサルティングを行います。

カテゴリ:経営コンサルティング全般

料金:3,240(税込)

場所:---

佐藤 宏樹

佐藤 宏樹

(公認会計士(日本/米国))

ワンショットコンサルティング(対面)

クライアント様がお持ちの課題やテーマに沿って単発のコンサルティングを行います。

カテゴリ:経営コンサルティング全般

料金:3,240(税込)

場所:出張/場所指定

佐藤 宏樹

佐藤 宏樹

(公認会計士(日本/米国))

単発コンサルティング ~対面相談~

カテゴリ:経営コンサルティング全般

料金:20,160(税込)

場所:東京都中央区

飯塚 浩一

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

専門家が投稿した写真・作品

海岸で見つけたつぶつぶ。なんだかわかりますか?

2016/06/06 13:33
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

東端吉夫ブランド研究所

2012/12/11 16:41
東端 吉夫
(ブランドコンサルタント)

【遊】言便局・遊便局・優便局

2012/12/10 20:00
東端 吉夫
(ブランドコンサルタント)

新刊 「クレーマー」を「リピーター」に変える3つのステップ

2012/09/13 17:00
工藤 英一
(経営コンサルタント)

専門家グループ

日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社

どこに相談したらよいか「わからない」 を 「わかる」に変える 相談サポートサービスをご提供。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 経営コンサルティングに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積