「公的年金」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家コラムランキングRSS

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
小川 勇人
(建築プロデューサー)

閲覧数順 2024年07月17日更新

「公的年金」を含むコラム・事例

415件が該当しました

415件中 1~50件目

“今日の数字”「69.3%」

こんにちは! さて、今日の数字は、 私たちの老後に直結する公的年金に関する数値です。 この数値、8年連続で改善していますが、 その実体は。。 (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

老後『働いて生活』48%

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。   昨年の記事になってしまいますが日本経済新聞の記事によると、 金融広報中央委員会は『家計の金融動向に関する世論調査』を公表した。 老後の生活資金を『就業による収入』で稼ぐと答えた世帯は48.2%にのぼり、 現在の調査方式になった07年以降で催行になった。 年だけに頼ることへの不安や、高齢者の働...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

老後のお金試算 備え促す

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。   ちょっと前の記事になってしまいますが日本経済新聞の記事によると、 老後のくらしにはどれくらいのお金がひつようなのか。 金融庁の審議会が『2000万円が必要』との報告書を出したのを受け、 民間調査期間が個別の事情を深掘りするなど、独自の試算を相次ぎ公表している。   どの機関も公的年金だけで...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

世界年金指数、日本は先進国中○○位

公的年金についてアメリカの大手コンサルティング会社「マーサー」が『世界年金指数ランキング2019』を発表しました。日本は先進国37カ国中、何位なのでしょうか? 『世界年金指数ランキング』は「十分性(ADEQUACY)」「持続性(SUSTAINABILITY)」「健全性(INTEGRITY)」の3つを軸に40以上の項目の評価で導き出されているようです。マーサー社独自のランキングでは対象...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2019/11/15 13:45

夫婦ともに所得がある場合に係る扶養控除の取り扱い

夫婦ともにそれぞれ所得があり、子供を夫の扶養親族とする予定で、妻の勤務先に給与所得に係る扶養控除等申告書を扶養親族の記載をしないで提出していた場合であっても、その後の事情で扶養親族を夫の確定申告書を提出する際に除外して、妻の扶養親族として扶養控除の適用を変更し妻の確定申告書を提出することは認められます。 確定申告書の提出によって、夫が妻に扶養親族を変更しようとする場合には、扶養親族を減少させよう...(続きを読む

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(税理士)

「NISA」「iDeCo(イデコ)」は非課税だからいい?

人生100年時代と言われていますが、預金金利などの金利はほとんどゼロに近い金利です。そんな現状において、少しでも貯められる方法はないかと検討されている方が多いのではないでしょうか。 最近ご相談で多いのが「NISA」や「iDecCo(イデコ)」のご相談です。金融機関などに勧められるなどしてご相談にきます。「NISA」とは、毎年一定額の範囲で利益が非課税になる制度です。通常は株式や投資信託などの金融...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

2,000万円問題も含めた、今後の老後資金について

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。   日本経済新聞のきじによると、厚生労働省は公的年金制度の財政検証結果を27日に公表しました。 財政検証は5年に一度実施する公的年金の『定期検診』にあたります。 手法としては、現役世代の手取り収入に対する年金額の割合である『所得代替え率』が将来どう推移していくのかを算出しています。 尚、シミュ...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

各所得の計算段階で様々な特例が適用される

おはようございます、今日はウクレレの日です。 知己の方で、演奏から指導まで幅広くやられている方が複数います。 所得税の基礎についてお話をしています。 所得を分類した上で合算し、税金を計算することを確認しました。 分類をして合算するなら、最初から一緒に計算すれば・・・と多くの人は考えます。 しかし、実際には所得を分類した時点で、その所得に応じた様々な計算...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

どうする人生100年時代? ~「リバース60」~

  人生100年時代、65歳で2000万円貯めないとならないという報告が話題になり、新聞、テレビ、ネットなどでいろいろな情報を目にしてきたのではないでしょうか。どの情報を見ても解決策として働き続ける、または運用するしかないような書き方でした。豊かで楽しく生活するには本当にお金が必要で大変ですね。公的年金だけではカバーできない状況で、みなさんはどのようにしようと考えているのでしょうか。 今回は老後...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

「人生100年時代と日本の年金制度」その2

3.「各省庁の動き」 こんにちは! さて、現実的に「将来の公的年金の枯渇化」が進む中、 政府や各省庁においても、顕著な動きが見られます。 http://urx2.nu/twmi (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

老後資金形成のきっかけになるか?ポイント投資

6月3日に金融庁から出た報告書の中に、 「老後資金は2000万円必要だ。」 といった話がありました。この話だけでは年金不安にはつながらないのですが、公的年金だけでは老後は充実した暮らしができないということで、野党が攻撃をしてきました。公的年金だけでは老後資金が足りないのは、金融ビッグバンという言葉が流行った今から20年前から言われていたことです。 今日は、投資について考えるきっかけになればと...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

老後2000万円の罠

「老後2000万円が不足する」が話題になっています。 そもそもこれは金融庁のワーキンググループ(我々FPなどの有識者が集まった会議)がまとめた資料で、資料を示したのは厚労省年金局の課長のようです。老後資金の確保のために公的年金を補完する手段として個人年金の意義を紹介、総務省の家計調査を元に高齢夫婦無職世帯の現在の収入・支出状況の資料を示し、「実収入20万9198円と家計支出26万371...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2019/06/24 14:53

老後2千万円必要は本当か

「老後2千万円必要」との金融庁の試算について、 ネットなどで議論が巻き起こっているようです。 年金だけでは、もう老後の資金を賄うことができないのか。 年金制度はすでに破たんしているのか。 などの声があがっています。 私も金融庁の報告書に目を通しましたが、「老後2千万円必要」とは 将来の予測ではなく、今現在の平均値から導き出された数字のようです。 今現在の高齢夫婦無職世帯の...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)

終活について

皆様は「終活」をいつから始めようと思われますか?今年は平成最後の年の瀬ということで、今年限りで年賀状を送るのを終えると決断され「終活年賀状」を出された方もいらっしゃったのではないでしょうか。 アグネス・チャンさんは、51歳で乳がんの宣告を受けた時、「終活」を始められたそうです。財産や仕事の整理、どんな最後を迎えたいのか、やっておかなければならないこと、やってみたかったことを考えたり、受け継いで欲...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

日本の年金制度29位

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。 少し前の日本経済新聞の記事隣のますが、日本の年金制度は34国・地域の中で29位。各国・地域の年金政策を指数化し、優れた年金を評価する2018年度国際ランキングがまとまった。日本の年金は持続性への評価が低く、順位を押し下げた。 日本の総合指数は(0~100)は48.2。総合の格付けは七段階のうち下から2番目の...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

「変額保険で資産運用」

変額保険とは運用実績によって保険金額や解約時に戻ってくる返戻金などの受け取り金額が変動する保険です。 そのため、通常の保険に比べ投資性の高い保険であるのが特徴です。 運用がプラスになると、「変動保険金」として死亡保障金額に上乗せされます。 変額保険の場合には、保険金額も、解約返戻金も、運用がうまく行けば増える可能性があるのです。 生命保険で資産を増やすと言う事です。 なぜ、変...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

「制度の持続性が危惧される“日本の公的年金”」

こんにちは! さて、今日の数字も、日本のある順位を表しています。 世界34カ国中の順位なので、かなりの“低位”と言えます。 「日本の公的年金問題」を危惧しているのは、 どうやら日本人だけではないようです。 http://ur0.biz/Okt1      (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

「好調!公的年金の運用利回り」

こんにちは! さて、今日の数字は、 今年の7月~9月間の公的年金の運用利回りです。 この期間の運用は、順調に推移しました。 収益額は一体いくらぐらいだったのでしょうか!? (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

年金受給70歳時代へ

今回、厚生労働省が原則65歳の公的年金の受給開始時期を70歳まで遅らせた場合の年金水準の試算を社会保障審議会年金部会で公表したね。 細かいケースの記載は省きますが、一例を記載すると夫婦2人のモデル世帯の場合、受給を70歳まで遅らせると65歳から受け取るケースより最大10万円以上増えるとの試算でした。 ただ、毎回、思うのですが、試算対象としてるモデル世帯も怪しいのもがあり、数値も本当か疑わしいも...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
2018/11/04 03:53

年金を68歳に引き上げ?

先日の日経新聞に厚労相が原則65歳の公的年金の支給開始年齢を一律に引き上げることについて「ただちには考えていない」と明言し現在、浮上している68歳への引き上げ案を否定しましたが、今までの年金に対する対応を見る限りこの会見を鵜呑みには出来ませんね。確か以前に100年は大丈夫と言いながら保険料の引き上げ等をした人達ですからね。 確かに記載されてる様に「支給開始年齢をさらに引き上げれば、将来世代の給付水...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
2018/10/16 11:47

「働かないオジサンの言い分」に似ていると感じたこと

 ウェブ上の記事で、「働かないオジサンの言い分」という話がありました。  50代読者からの投書だそうで、その内容は 「年功序列の給与の中で、若い頃は安月給で働かされ、会社には十分貢献してきたはずで、いま多少働きが悪くてもその頃の“貸し”がある。途中で処遇を引き下げたり、クビを切られたりするようなやり方はルール違反だ。」 「若者は“使えないのに給料が高い”と言うが、自分たちも年をとれば、...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)

「2017年度 公的年金の運用結果は!?」

”今日の数字”「10兆円」 さて、前回同様、今日の数字も、私たちの老後の生活にとって重要な要素、 「年金運用」に関する数字です。 先般、2017年度(2018年3月末)時点における年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の公的年金の運用実績が、試算されました。さて、前回同様、今日の数字も、私たちの老後の生活にとって重要な要素、「年金運用」に関する数字です。 先般、2017年度(20...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

イデコはまだ早い?! by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは 女性向け初心者のための投資スクール ブルーストーンアカデミー代表の 青柳仁子です。 今日は、有料会員さん向けの 月に1度のセミナーの日です。 本日のテーマは、 「iDeCoのメリットと賢い活用法」 です。 実は、先日の相談会で、 「iDeCoって、 50代、60代の人がするものですよね? 30代でもメリットがあるんですか?」 という質問があってびっくりしました。 ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
2018/02/18 15:33

「公的年金の運用は、絶好調!?」

今日の数字「6兆3000億円」 さて、今日の数字も、私たちの老後にとっては、とても大切なものです。 「公的年金の運用」は、今のところ上手くいっているようです。 こんにちは!さて、今日の数字も、私たちの老後にとっては、とても大切なものです。 「公的年金の運用」は、今のところ上手くいっているようです。 (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

年金支給70歳以上も選択可能に

公的年金は最終的に貰えないかもしれないですね。 政府の高齢社会対策大綱案」では年金の受給開始年齢について70歳以降を選択可能とすることを盛り込んみました。高齢者の就業促進と年金の給付改善が狙いです。もちろん70歳以降と選択す路tもらえる年金額が増えますが、もし70歳以降を選択して70歳に死亡したら、全くの払い損。(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2018/01/17 10:58

平成30年度税制改正大綱 公的年金控除額の引き下げ

(1)公的年金控除額は一律10万円引き下げ、上限は公的年金収入1,000万円超で、195万5千円までとなります。   (2)公的年金以外の所得が1,000万円超2,000万円以下の場合、10万円、2,000万円超の場合、20万円がさらに引き下げられます。     平成32年1月1日以後適用予定。(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

「公的年金の運用、好調続く!」

こんにちは! さて今日の数字は、私たちの老後の生活にも、 大きく影響する運用関連の数値です。 https://goo.gl/rgDXvs (続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

ビットコインの売買で損失を出したら

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)が脚光を浴びています。POSレジの会社が外国人観光客向けにビットコイン決済対応を進め、大手証券会社が暗号通貨取引所開設の準備に入っています。普及が進むにあたり、気になるのは税金の扱いです。8月28日、国税庁ホームページ「タックスアンサー」にて、ビットコインの売買に税金がかかることが公表されました。 大まかにいえば、私たち個人が、 ビットコインを資産運用...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

保険で資産形成する。(長期投資編)

お金は事業や株式、何らかに投じなければ大きく増やすことはできません。 しかしながら・・・・・・ この超低金利でどうやって資産を増やすのでしょう? 預貯金だけでは資産の目減り避けられません。 銀行に預けていても大きくお金は増えません。 そのため少々のリスクをとって資産を増やす事が大事ではないでしょうか? これからの時代は投資です。   投資となると、不安ですよね?投資ですからリスクは...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

老後の生活は若い人ほど自己防衛している

厚生労働省の調査によると、老後の生活を公的年金をあてにしている人は、65歳以上で77%に対し、20代では約38%を公的年金をあてにしようとしているようです。 ということは20代は公的年金で老後生活ではなく自分年金をしっかりと構築しようとしていることになります。, よく20代の人とFP相談していても、将来の年金不安は非常に高く、今からしっかりと老後の資産形成をしておこうと思われとる人が多い...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2017/08/04 12:00

iDeCo(イデコ)の手数料、引き下げ競争が激化

1.個人型確定拠出年金(イデコ)の加入者数が急増 先月5月末時点で加入者が55万人を超える公算が高く、昨年末(30万人ほど)と比較すれば、8割アップの勢い。 本年1月より、公務員や専業主婦まで適用範囲が広がり、特に30歳~40歳の若い世代の加入者が増えているのが現状だ。 イデコの契約者数No1であり、全体の2割強の加入者を抱えるSBI証券の調べによると、加入者のうち30歳代が3割、40歳代が4割...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

公的年金支給70歳以降も・・・

セミナー講師で今週は東京、横花、札幌と走り回っています!公的年金の受給開始年齢を70歳より後(75歳とか)にも選択でき、その分受給額を増やせる仕組みの導入を、自民党のプロジェクトチームが政府への提言案に盛り込むようです。超高齢化社会に備える政策を議論しており、元気で働ける高齢者に長く働いてもらうよう促す狙いですが、だれが70歳に伸ばすのでしょう。 今の制度でも60~70歳までの間で選ぶことができ...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2017/06/03 08:25

【セミナー後記】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

5月13日の午前中、ビジネス教育出版社主催のFP継続セミナーにて講師を勤めました。タイトルは「保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点」です。(セミナーの詳細は、こちらをクリックしてください)。 足元の悪い中、ご受講頂いた皆さま、本当にありがとうございます。アンケートの結果も、9割の方から「4点(5段階中)」を頂きました。    (続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/05/15 00:19

【FP継続セミナー】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

生命保険の見直しの相談を行っているFPが知っておいた方がよい、公的年金の基本的な知識のおさらいと改正点の確認をします。 なお、生命保険は個人契約を想定し、法人契約の生命保険は対象にしておりません。 タイトル:保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点実施日:5月13日(土曜日)時間:10時~13時主催:株式会社ビジネス教育出版社申込み:ビジネス教育出版社 03(3221)5361会場:...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/05/08 18:57

【FP継続セミナー】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

生命保険の見直しの相談を行っているFPが知っておいた方がよい、公的年金の基本的な知識のおさらいと改正点の確認をします。 なお、生命保険は個人契約を想定し、法人契約の生命保険は対象にしておりません。 タイトル:保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点実施日:5月13日(土曜日)時間:10時~13時主催:株式会社ビジネス教育出版社申込み:ビジネス教育出版社 03(3221)5361会場:...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/05/07 23:50

【セミナー後記】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

連休最終日の今日は講師のお仕事でした。 タイトルは『保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点』です。  アンケートの結果は、ご受講頂いた方の8割から「満足(5段階で上から2番目の評価)」に○を頂きました。 ただ、「もっと具体例が欲しかった」ということでしたので、次回は「制度の説明」に加えて、「具体的な事例」を盛り込んでみたいと思います。 普段、お客様と何気無く交わしている会話の中にもヒ...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/20 22:09

【FP継続セミナー】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

生命保険の見直しの相談を行っているFPが知っておいた方がよい、公的年金の基本的な知識のおさらいと改正点の確認をします。 なお、生命保険は個人契約を想定し、法人契約の生命保険は対象にしておりません。 タイトル:保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点実施日:3月20日時間:10時~13時主催:株式会社ビジネス教育出版社申込み:ビジネス教育出版社 03(3221)5361会場:ビジネス教...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/13 23:37

【FP継続セミナー】保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点

生命保険の見直しの相談を行っているFPが知っておいた方がよい、公的年金の基本的な知識のおさらいと改正点の確認をします。 なお、生命保険は個人契約を想定し、法人契約の生命保険は対象にしておりません。 タイトル:保険の見直しに役立つ!! 公的年金の基本と改正点実施日:3月20日時間:10時~13時主催:株式会社ビジネス教育出版社申込み:ビジネス教育出版社 03(3221)5361会場:ビジネス教...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/05 13:13

【FP継続セミナー】保険の見直しに役立つ…公的年金の基本と改正点

保険の見直しに役立つ…公的年金の基本と改正点 講師:大泉 稔 ━【 概 要 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 生命保険の見直しの相談を行っているFPが知っておいた方が良い、公的年金の 基本的な知識のおさらいと改正点の確認をします。なお、生命保険は個人契約を 想定し、法人契約の生命保険は対象にしておりません。 1.障害年金 2.遺族年金 3.老齢年金  4.最近の...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/02/14 21:48

表面だけを見ていては、トランプ大統領が本当にやろうと思っている事は見えて来ない ③

今回のシリーズの最後にお届けするのは、「マスコミに載らない海外記事」さんのサイトからの転載記事です。(※今回の記事は、就任式直後に書かれた記事になります) ちなみに今回チョイスした3つの記事の中で、私は今回書かれている内容に、一番"目から鱗"のインパクトを受けました! \(◎o◎)/!   だって自分も含めて、この様な観点で彼を見るという事は、他に全く見当たらなかったからです! (※なの...(続きを読む

大園 エリカ
大園 エリカ
(ダンスインストラクター)
2017/01/30 21:44

もらえる年金額が減る支払う保険料が増える

労働省は2017年公的年金額0.1%下げると発表しました。これは昨年の消費者物価指数が低くなったためのようです。 また年金保険料アップは毎年引き上げられていますが、今年の9月でその引き上げは終わります。しかし今年で保険料の引き上げが終わると思いません。もしまた上がれば約束違反ですよ。でもあげなければ将来の年金もらえる年金額が…(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2017/01/28 18:00

改正国民年金法が成立。

年金給付を今より抑える新しいルールを盛り込んだ改正国民年金法が国会で成立しました。 公的年金はもともと物価が上がれば年金額が上がるようになっていましたが、2004年にマクロ経済スライド制度が導入されから、物価が上がっても年金が上がらないが、物価が下がれば年金は下げるとなりました。今回の改正でさらに賃金の下落を年金に反映させるものです。 少子高齢化で将来世代の年金を確保するための改正はやむを得な...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2016/12/15 09:01

「7-9月期 年金運用黒字に!」

こんにちは! さて、公的年金を運用する 「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」は、 今年7-9月期の運用が、 2兆3746億円の黒字になったと発表しました。   黒字になったのは、 2015年10-12月期以来、3四半期ぶりです。 黒字の最大要因は、株価上昇です。 国内外の株式で、約3兆円の黒字を計上しました。 反面、長期金利の上昇で、 国内債券は約6700億円の赤字...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

流行の兆し iDeCo

iDeCo(イデコ) 個人型確定拠出年金の愛称です。 従来からありました制度ですが、2017年1月から加入対象者が拡大され、ほぼ誰でも加入でき、しかも節税のメリットもあり、一気に広がりそうな気配です。   (1)個人型確定拠出年金の概要 公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。 掛金を定めて加入者が拠出し、加入者自らが運用し、掛金とその運用益との合計額をもとに給付 額...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

まだ間に合う今年の節税

今年も残すところあと1か月余りとなりましたが、まだ節税可能な方法があります。   (1)  生命保険料控除 生命保険料控除は、一般、医療介護、年金に区分され、それぞれ8万円支払うと、合計12万円の所得控除が可能です。 今から加入の場合は、年払いをしたほうがより節税になる可能性があります。   (2)  確定拠出年金 個人型確定拠出年金、iDeCo(イデコ)と呼ばれています。 201...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較

年金の繰り下げと繰り上げ公的年金の受給は現在の所65歳からとなっています。老後の働き方や、年金制度の変化はわかりませんが、予備知識として年金の「繰り上げ」「繰り下げ」を知っておきましょう。 早くもらう「繰り上げ受給」本来65歳からもらう年金を早くもらうことも可能です。ただその際は1ヶ月あたり0.5%減額されて受給します。仮に60歳まで繰り上げる場合は5年間早くもらうことになりますので0.5%×60...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

手取りが大きく変わる「確定拠出年金」の受け取り方

来年から20歳以上の全国民が原則的に加入できる個人型の確定拠出年金。制度を扱う金融機関も急速に増え、各社顧客を取り込もうとしています。大きく3つのメリットを掲げていますが、思わぬ落とし穴もあり注意をしておきましょう。 3つのメリット・掛け金が全額所得控除・運用益も非課税で再投資できる・受け取る時も税制優遇がある この3つがメリットなのですが、すぐに実感できるメリットは「掛け金の所得控除」です。仮に...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

10月19日、FP継続セミナーを行わせて頂きました

昨日、10月19日に、市ヶ谷でFP継続セミナーを行わせて頂きました。 午前の部は『FPアドバイスに必須! 富裕層の生命保険商品の活かし方』というタイトルでした。生前贈与における生命保険の活かし方、法人の設立とその活かし方、そして法人契約の生命保険…というお話をいたしました。終了後は、受講された方から熱心にご質問を頂きました。 午後の部は、『主婦も利用できる個人型確定拠出年金の運用アドバイス』...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2016/10/20 09:11

3号被保険者は確定拠出年金に加入すべき?

2017年1月より確定拠出年金に3号被保険者(主婦など)も加入できるようになります。実質20歳以上の国民全員が加入できるようになります。制度に関しては複雑な点もありますがメリットデメリットをしっかり理解しておく必要があります。 3つのメリット(個人型)確定拠出年金(個人型)でのメリットは大きく3つです。メリットの横にはそれぞれが与えるお得度合いを個人的に書いてみました。 ・掛金が全額所得控除   ...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

確定拠出年金 ~未来は自助努力次第~

来年1月から、公務員や専業主婦といった方々を含めた、すべての現役世代が確定拠出年金に加入できるようになります。 確定拠出年金とは、簡単にいえば支払う金額(掛金)が確定している年金です。保険会社の個人年金、自営業者などの国民年金基金も掛金が確定していますが、大きく違うのは、お金のふやし方によって将来の受取額が大きく違うことです。では、運用利回りによって受取額はどのように違うのでしょうか。毎月1万...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

415件中 1~50 件目

「確定拠出年金」に関するまとめ

  • 確定拠出年金(401k)の運用方法を学んで自分の力で年金額を増やしましょう!

    最近多くの企業で導入されている確定拠出年金(401k)。いきなり確定拠出年金の導入が決まって、慌しく運用を始めてしまった方いませんか?せっかく確定拠出年金の運用をすることになったのですから、運用時の注意点や確定拠出年金のメリット、節税方法方法を理解して年金額を増やしましょう。 多くの専門家がオススメしている確定拠出年金(401k)。自分で資産を増やせるチャンスです!

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索