「7-9月期 年金運用黒字に!」 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「7-9月期 年金運用黒字に!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用

こんにちは!

さて、公的年金を運用する

「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、

今年7-9月期の運用が、

2兆3746億円の黒字になったと発表しました。

 

黒字になったのは、

2015年10-12月期以来、3四半期ぶりです。

黒字の最大要因は、株価上昇です。

国内外の株式で、約3兆円の黒字を計上しました。

反面、長期金利の上昇で、

国内債券は約6700億円の赤字となっています。

 

GPIFは、2014年の10月に、

大幅な「アセットアロケーション(資産配分)」の見直しを行い、

国内外の株式構成比は、約半分を占めています。

 

2014年10月から2016年6月までに、

約1兆円の赤字となり、

「年金運用にリスクを取りすぎでは」

といった批判も出ていましたが、

ここで、通算でも1兆3000億円の黒字に転換しました。

 

そして、10-12月期は、

“トランプ・サプライズ”もあり、

約6兆円の黒字が見込まれています。

 

とはいえ、ここで指摘したいことは、

「やはり正解だった!」

といった話ではありません。

 

株式の配分比率を50%にした以上、

この程度の上下動は、十分“想定の範囲内”だということです。

 

「上がる時もあれば、下がる時もある」

その時々に、一喜一憂しても、

意味がないとうことなのです。

 

常日頃、私たちが接している

平均的な個人投資家の「資産配分」と比べても、

はるかに公的年金運用は、

“リスク”を取った運用を行っています。

 

そして、その運用成果も、

目先を観てのものではありません。

 

個人の資産運用においても、目先の変化ではなく

「中長期的な視点」で観たほうが、

結果的にも、そして精神的にもよいのではないかと思います。

 

それでは、今週も世界が平和でありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

このコラムに類似したコラム

オリンピックで景気が良くなるって本当なの? 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/08/14 16:16)

「公的年金の運用好調!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/07/04 11:56)

「国民年金の納付率改善!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/06/28 17:01)

資産運用 公的年金運用損3.7兆円とベンチマークとの比較 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/07 16:00)

資産運用と税金 見川 優香 - ファイナンシャルプランナー(2017/08/08 13:51)