CSR・環境経営の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

CSR・環境経営 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

中沢 努

コンサルタント・研修講師・講演講師

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。…

中沢 努

専門家が投稿したコラム

阪急阪神ホテルの偽装問題について

今回は、本コラムのこれまでの範囲から逸脱しますが、愛着のある企業が話題の渦中にあるので私見を述べる次第です。かつて私の父は阪急交通社に勤めており、自分自身が阪急の社宅で子供時分を過ごしていました。昭和30年代のことです。近くには旭化成の社宅などもあり、今では廃校となった渋谷小学校にもたくさん児童が通っていました。 当然といいますか、父も会社人間でしたので、テレビで野球観戦する時も応援するのは阪急ブ...

中西 真人
執筆者
中西 真人
研修講師

ルーメン・ルックス・ワットの違い

蛍光ランプは何ワット 電球も何ワット LED電球は何ルーメン 明るさは750ルックス・・・ 私たちには、 当たり前の「単位」。 みなさんには、よくわかりませんよね。 なんのこっちゃですよね。 最低限 ワット(W) ルーメン(lm) ルックス(lx) は知っておきたいです。 ワット(w)は、 明るさの単位ではありません、 消費電力の単位です。 テレビ100w 冷蔵庫60w なんかと同じです。...

小林 幹夫
執筆者
小林 幹夫
経営コンサルタント

電力不足解消は家庭の省エネから11

家族で省エネ 電子レンジ 「ご飯を  炊飯器で保温するのと  電子レンジで温め直すのでは  どちらが省エネか?」 という比較が、 省エネルギーセンターのサイトにありました。 結果は、 炊飯器での保温は4時間が目安で、 それ以上だと 電子レンジ加熱のほうが省エネだとのことです。 そのほかにも、 野菜の下ごしらえを電子レンジで。 料理の仕上げ行程に。 このように、 使い方によって電...

小林 幹夫
執筆者
小林 幹夫
経営コンサルタント

電力不足解消は家庭の省エネから10

家族で省エネ 節水 節水! 洗濯機の省エネで 水の節約が 省エネになると書きましたが、 水道水の節約は 水資源の節約だけでなく エネルギーの節約になること 知っていますよね? わかっていますよね! 水道水が どこでエネルギーを使うかという。 河川等からの取水ポンプ 浄水場で飲める水にする過程 各家庭への送水ポンプ 下水処理のポンプ 下水処理で海に流せるようにする過程 ・・・・・・ ...

小林 幹夫
執筆者
小林 幹夫
経営コンサルタント

電力不足解消は家庭の省エネから9

家族で省エネ 掃除機 「ほうき」って使います? 若い人で ほうきを使ったことない方・・ いませんよね・・・ 我々電気工事人は みな「ほうき」を使います。 現場で さっと出して・さっさっとちりとりへ 超省エネです。 正直、 工事現場は電気がない場合が多いから 「ほうき」を使うのだと思いますが。 でも、 家の中でも掃き出しがあるなら 「ほうき」って便利ですよ。 私は毎日使います。 ...

小林 幹夫
執筆者
小林 幹夫
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

海岸で見つけたつぶつぶ。なんだかわかりますか?

2016/06/06 13:33
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

専門家グループ

日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社

どこに相談したらよいか「わからない」 を 「わかる」に変える 相談サポートサービスをご提供。

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • CSR・環境経営に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積