長く使える - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長く使える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はピザの日です。

ピザ生地は昔ながらの厚目のやつが好みかも。

 

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。

固定資産の特徴として、いくつかの点を確認しています。

 

次に取り上げるのは「長く使える」という点です。

どれくらい長く使えれば良いのか?ですが、これは一年以上と想定されています。

 

製造や建設の現場で使用する原材料の中には、高額なものもあります。

それこそ一セットで10万円以上するようなものだってあるでしょう。

ただ、それらの材料に関していえば、そこまで長期間に渡り使用するようなものはそれほどありません。

また、使用に従って材料は減っていきます。

 

固定資産における「長く使える」というのは

 

・一年以上に渡って

・同じような形態を保った状態で使用できること

 

というような意味合いを含んでいます。

 

現場で使われているものの中には、固定資産なのか原材料なのか微妙なものも混在したりはしていますが・・・

昨日紹介した金額面の物差しと、今日お話した使用可能期間の物差しを適用して

 

・固定資産かそうではないか?

 

を判断することになります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

金融庁の動向(2017/12/15 07:12)

返していく時の意識も重要(2017/12/13 07:12)

このコラムに類似したコラム

そもそもなぜ設備投資が必要なのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/25 07:00)

減価償却は「お金の出ていかない経費」 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/24 07:00)

減価償却という手続 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/23 07:00)

固定資産を買った時点で経費にはならない 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/22 07:00)

修繕について 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/21 07:00)