高橋 昌也(税理士)- コラム - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:3,004件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

3004件中 1~10件目RSSRSS

相続税の加算 NEW

おはようございます、今日は津軽弁の日です。 神奈川県にも色々と方言がある、というのは大人になってから知ったこと。   事業承継についてお話をしています。 遺言書の活用により特定の人に自社株式を遺す手段を確認しました。   超えるべき課題は色々とあることがお分かりいただけたかと思います。 そして、最後に超えなければならないのは自社株式を相続または遺言書により取得する人の税負担です。 ...(続きを読む)

2017/10/23 07:00

子供の配偶者が納得しないことも NEW

おはようございます、今日はパラシュートの日です。 予定では一生で一度も使わないものの一つです。   事業承継についてお話をしています。 遺言書を使って自社株式を特定の人に遺す場合の課題について簡単に。   昨日は相続税の計算構造上の話を取り上げました。 次は人間関係のお話です。   これは遺言書の活用に限定されないのですが・・・ これまたよくあるトラブルとして   ・子供は...(続きを読む)

2017/10/22 07:00

相続税の計算構造 NEW

おはようございます、今日はあかりの日です。 最近は敢えて暗くして過ごしていることも多いです。   事業承継についてお話をしています。 遺言書を使って自社株式を特定の人に遺す場合の課題について、簡単に。   昨日、課題を二つ取り上げました。 まず一つ目は相続税の計算構造に起因するものです。 それは   ・誰かがもらう遺産の評価額が高くなると、それ以外の人が払う相続税額も高くなる ...(続きを読む)

2017/10/21 07:00

家族が納得しているとしても・・・ NEW

おはようございます、今日はリサイクルの日です。 フリマアプリの流行もあって、リサイクルは推進されている感じですかね。   事業承継についてお話をしています。 遺言書の活用と遺留分に関する注意についてお話をしています。   さて、相続や遺言に関して考えていると、結局次のような点に課題が集まってくることがよくわかります。   ・色々制度があるけど、結局遺族やその関係者内で共通認識が出来...(続きを読む)

2017/10/20 07:00

遺産が株式に偏っていると・・・ NEW

おはようございます、今日は住育の日です。 食育など、最近は「育」と「活」を付けるのが流行りですね。   事業承継についてお話をしています。 遺留分という「最低限の取り分確保」についてお話をしています。   細かな計算は除き、簡単にまとめると遺留分は   ・普通に考えてもらえる取り分の半分   これだけ認められています。 特に配偶者や子供が生存している場合、遺留分の金額はそれな...(続きを読む)

2017/10/19 07:00

遺留分(いりゅうぶん) NEW

おはようございます、今日は統計の日です。 最近ではすっかり流行の学問になりました。   事業承継についてお話をしています。 遺言書の活用について触れると共に、その限界があることを紹介しました。   例えば、次のような遺言書があるとしたら、皆様はどう感じるでしょう?   例:妻と子供3人が生存中、しかし遺言書には「愛人であるナタリーさんに全財産を遺します」と書かれていた・・・   ...(続きを読む)

2017/10/18 07:00

遺言書の効果 NEW

おはようございます、今日は貯蓄の日です。 まぁ過度の貯蓄が景気悪化を招いているという指摘もありますが・・・   事業承継についてお話をしています。 兄弟や他人に事業を引き渡したい時に遺言書が使える、ということを紹介しました。   ここまでで確認した通り、子供が生存している状態で兄弟や他人が遺産分割協議に参加することは出来ません。 そこで遺言書という制度を利用し   ・この遺産(例...(続きを読む)

2017/10/17 07:00

実際に事業を継ぐ人が相続人でないとしたら? NEW

おはようございます、今日は辞書の日です。 辞書業界も大変に苦戦をしているようですね・・・   事業承継についてお話をしています。 相続において、そもそも遺産をもらう資格がある人が限定されていることを確認しました。   ここで問題となるのは、事業承継との齟齬です。 例えばこういう事例はどうでしょう?   例:妻は既に他界、子供がいるが事業を継ぐつもりはない。 年の離れた兄弟がおり...(続きを読む)

2017/10/16 07:00

遺産分配の順番 NEW

おはようございます、今日はきのこの日です。 エリンギとか特に好きですねぇ・・・   事業承継についてお話をしています。 相続による事業承継について、自社株式の論点を中心に色々と書きました。   ここでもう一つ、基礎的なことを確認したいと思います。 それは相続人の資格に関するお話です。   よくテレビドラマで「莫大な財産を遺した資産家一族による陰謀が~」みたいなヤツがあります(いま...(続きを読む)

2017/10/15 07:00

会社の持ち物にも注意 NEW

おはようございます、今日はPTA結成の日です。 近年、その意義が問われるようにもなっている組織ですね。 事業承継についてお話をしています。 自社株式の評価方法について、会社の規模が問題となることを確認しました。 繰り返しの指摘ですが、1.類似業種比準価額と2.純資産価額では、1.の方が低くなることが多いです。 従って、自社株式の評価では1.を中心に採用したいのです・・・が。 ...(続きを読む)

2017/10/14 07:00

3004件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム