呼吸を改善すると、ストレス耐性も上がる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

呼吸を改善すると、ストレス耐性も上がる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はくつの日です。

靴は審美性より機能性を重視しています。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

身体が強張っていると呼吸が浅くなる、という理屈を簡単に説明しました。

 

呼吸が浅くなるとどうなるか?

当然、取り込める酸素の量が少なくなります。

結果、脳にも十分な酸素がいかないわけですから、当然に思考能力も落ちます。

 

強いストレス → 身体が強張る → 呼吸が浅くなる → 思考が鈍る → 能率低下 → 更なるストレス → 更に身体が強張る・・・

 

この無限循環から逃れるのに、簡単に出来るのは「自分の呼吸を改善すること」です。

 

身体の強張りを自覚する → 余計に入っている力を抜く → 呼吸が深くなる → 冷静な思考ができるようになる → 正しく現状判断をする → ストレス源に対して、適切な対応をする

 

難しいのは、そもそも「自分が余計な力を入れている」ということに気が付くことです。

人間は、既に習慣化されていることを自覚したり、疑問を持つことはとても難しいのですね。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

呼吸に潜む癖 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/31 07:00)

呼吸 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/02 07:00)

とりあえず待ってみようか 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/20 07:00)

経営における日常的なストレス 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/25 07:00)

筋力トレーニングで強度が下がる 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/10 07:00)