「分を知る」ということ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「分を知る」ということ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は金型の日です。
一部の製造業では、まさに要となっているものです。


自営業者の生活費についてお話をしています。
私生活の制御ができなければ、事業の制御も無理じゃない?という説について。


ここで、いろいろな社長さんと話になるのが「分を知る」ということです。
事業をどこまで大きくできるのか。
どの程度の贅沢が私生活において許されそうなのか。
事業が好調時におごらず、不調になったら身近な贅沢を再認識し、縮小させることができるか。


「分を知る」というと、なんだかマイナスな言葉のように取られることも多いのですが・・・
税理士になって早いもので13年超、それなりに色々な商売人の方とお話をしてきました。
その中で、いい感じの人生を歩まれている方々は、とても良い意味で「分を知る」を実践されています。


もちろん、その「分」は人によって大きく異なります。
ある程度大きく稼ぐ代わりに、私生活での金遣いもそれなりに荒い人。
ほんとうに質素な生活で、税額も不要で、それが故に商売も規模を求めるつもりがない人。


大切なのは、両者のバランスが取れていることです。
この当たり前のところが、結構わからないまま私生活が膨張していく人が、本当に多いです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

自覚的であること 高橋 昌也 - 税理士(2020/12/03 07:00)

倒産企業の現金残高 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/21 07:00)

どうしても区分できない人もいます 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/08 07:00)

商売用の預金残高を定点観測する 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/06 07:00)

気持ちよく、いきましょう 高橋 昌也 - 税理士(2021/01/11 07:00)