倒産企業の現金残高 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

倒産企業の現金残高

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は世界テレビ・デーです。
メディアの覇権も、どういう方向に流れるのやら。


自営業者の生活費についてお話をしています。
再度の確認になりますが、現金残高が増えてしまう理由について説明をしています。


商売に使うお金を預金から引き出してきて、それを商売以外で使ってしまう。
これが繰り返されることで、手元のお金がどんどん行方不明になっていきます。
結果、処理されていない現金が、帳面上では残っていることになり、現金残高が増えていきます。


倒産企業の中には、倒産した時点で現金残高が数百万円とか残っているケースがあります。
これはまさに


・社長が商売用のお金を長年に渡り使い込み続けた結果


そうして積み上がったものです。
預金通帳には、残高という情報が載っているため、嘘がありません。
しかし、現金の帳面上の残高というのは、その内容が常に保証されている類のものではありません。


きちんと残高まで合わせている現金出納帳がつけられていれば、こういうことは起こらないのですが・・・
実際にそういう会社は、100社あったら、20社もあれば良いところかなぁ・・・というのが正直な感想です。
そもそも、社長さんの多くは、金勘定について


「よくわかんねぇ!」


というケースが少なくなく。
まぁ、だからこそ、我々税理士が、記帳代行業務を行っているのですが。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

「分を知る」ということ 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/25 07:00)

社長貸付の意味 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/22 07:00)

倒産企業の決算書 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/18 07:00)

私生活の贅沢は無自覚 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/17 07:00)