返済できるだけの儲け - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

返済できるだけの儲け

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はレトルトカレーの日です。
すごい数の種類があるのですねぇ。


資金繰りについてお話をしています。
証書貸付について、目的外の使用はご法度であることを確認しました。


証書貸付を使った場合、毎月一度は元金と利息を支払っていかなければなりません。
つまり、違う言葉でいえば「借金と利息を返せる程度には儲けていないといけない」ということです。


お金を借りて商売をしているにも関わらず、トントンの成績しか出せていないのだとすればどうなるでしょう?
トントン、ということはお金が増えも減りもしないわけです。
(厳密には色々と考えるべきことがありますが、とりあえず横においておきます)
増えも減りもしない状態で、返済を進めていくということは、それだけ手元のお金が減っていくことを意味します。


既に何度となく書いてきましたが、借金をするというのは「時間を買う」のと同義です。
お金が貯まるのを待てないから、借りて投資をして事業を発展させる。
業況が思わしくないので運転資金を借り、業務改善を目指す。
発展にしろ改善にしろ、借入の返済が正常にできている間に完遂しなければなりません。


この点が曖昧なまま、なんとなく借金をしてしまい失敗をされてしまう方は、決して少なくありません。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

個人の給与にかかるもの(2019/05/22 07:05)

福利厚生策(2019/05/21 07:05)

このコラムに類似したコラム

借入金は「時間を買うためのもの」である 高橋 昌也 - 税理士(2019/01/21 07:00)

借金を返せるくらい儲けているか? 高橋 昌也 - 税理士(2018/12/14 07:00)

税金は利益に対して課される 高橋 昌也 - 税理士(2018/12/13 07:00)

運転資金と設備投資資金を切り分ける 高橋 昌也 - 税理士(2017/12/14 07:00)

返済期間のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/04 07:00)