グローバルスタンダード - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グローバルスタンダード

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は自然公園の日です。
我が家のご近所にも大きな指定公園があります。


粉飾についてお話をしています。
引当金の計上基準が変わったことにより起こった粉飾について紹介しました。


退職給付引当金を例にして話をしましたが、実はこの手のルール変更による粉飾は他にも起こっています。
そもそも、なぜルールが改正されるのかというと、次のような事情が絡んできます。


・国家間での競争


俗にグローバルスタンダードと呼ばれる風潮に従い、近年では国境を超えた企業同士での比較が当たり前になりました。
しかし、あっちの国とこっちの国で会計基準が統一されていなければ、公平な評価ができません。
つまり、会計基準はある程度統一されている必要があります。


そこで、その国としては「自国企業がもっとも高く評価されやすいような会計基準が欲しい」と考えます。
その中心にいるのは米国であり、現在でもやはり米国が会計の世界における強者といえます。


言い換えるなら、米国企業がより有利な評価を受けるような会計基準がグローバルスタンダードに採用されてきた。
これがここ最近まで続いている現実であり、その結果粉飾に手を染めた日本企業も実際に存在します。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

低金利時代の経営について(2018/12/16 07:12)

このコラムに類似したコラム

税務会計では引当金はほぼ認めず 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/16 07:00)

5年後の支出予測は難しい! 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/15 07:00)

引当金=費用が先、支出が後 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/13 07:00)

引当金とは何か? 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/10 07:00)

帳面整理の基本は「第三者に説明できる状態」にすること 高橋 昌也 - 税理士(2018/08/09 07:00)