最近よくするアドバイス - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近よくするアドバイス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は3億円事件の日です。
銀行振込のきっかけとなった事件なのですね・・・

商売と私生活の関係についてお話をしています。
個人での負担が法人での負担を上回ることが出てきた、という話を紹介しています。

ここ数年、私は法人のお客様にこんなアドバイスをすることが多いです。

・個人での負担が重いから、給与は無理に高くしないほうが良い
・仮に赤字になっても、給与に対する所得税等や社会保険は強制的に課される
・法人に黒字が残っても、いまはそれほど法人税率が高くないから、トータル(個人と法人の合算)でみれば損をすることは少ない

このアドバイスを基に、役員報酬の額をかなり低めに設定しているお客様が増えてきました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

やはり流れは個人負担より法人負担か? 高橋 昌也 - 税理士(2010/11/16 08:00)

個人への租税公課 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/07 07:00)

申告箇所が煩雑 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/17 07:03)

費用収益と資産負債 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/06 08:36)

法人と個人を分けるバランス 高橋 昌也 - 税理士(2010/10/30 08:34)